長寿大会でごあいさつ 東京・東久留米市   

尊敬や感謝の思いを伝えたい
 都議になり、「あいさつ」する場面がふえました。実は、私は、あいさつが得意とはいえず、毎回緊張します。なんでなんだろう、と思っていましたが、きょう9月16日、東久留米市の「いきいき長寿大会」に行き、あっそうか、と思いました。
 長寿大会は、幾多の困難を越えながら、激動の時代を生き抜き、今の社会をつくってきた方々が来られている。そのような方たちを前に、私に話すことばなんてあるのか、と思ってしまうんですよね…。でも、その尊敬や感謝の思いを伝えよう。そう思って、話しました。以下が、私のあいさつです。

こんなあいさつをしました
 本日は、おめでとうございます。ご紹介いただきました、都議会議員の原のり子です。これまでも、市議会議員で厚生委員会に所属していたので、毎年この大会におじゃましてきました。改めて、みなさんは、戦時中、戦後とずっとご苦労されながら、今の社会の土台をつくってきてくださった方々だと実感しています。どうか、さらにお元気でご活躍いただきたい、長生きしていただきたい、と思います。
 そのためにも、ぜひ、東久留米市や東京都の福祉制度をどんどん活用いただきたいと思います。例えば、東京都では、多くのみなさん使われています、シルバーパスがあります。市長会からも、もっと使い勝手を改善してほしいと東京都に要請されていますが、ぜひ多くの方が利用できるように話しあっていきたいと思います。
 最後に、きょう、この会場に来る前に、東久留米市の「いきいき長寿都市宣言」を読んできたのですが、そのなかの一節を読んであいさつとさせていただきたいと思います。
 「このまちは、老いも若きも、ともに励まし合い、生きる喜びをわかちあい、明るく朗らかに暮らせるひろば。そんな心やさしい、平和なまちを築きます」
 私も市民のひとりとしても、こうしたまちづくりが進むように努力していきたいと思います。
 本日は、本当におめでとうございました。

【いきいき長寿都市宣言】
誰にでも、父・母があり、その父母に、また、父・母がある。
わたしたちのいまは、きのうからの贈りもの、そして、あしたにつながる。
ゆたかな緑と湧水に抱かれたふるさと東久留米市。
このふるさとにそそいでくれた父母の、大きな愛と慈しみを、わたしたちは心に深く刻みます。
その長い人生で培った技と智恵に学び、いまと未来に生かします。
このまちは、老いも若きも、ともに励まし合い、生きる喜びをわかちあい、明るく朗らかに暮らせるひろば。
そんな心やさしい、平和なまちを築きます。
自然のめぐみとやすらぎの中で。
1990年(平成2年)9月15日


【平和都市宣言】
戦争惨禍を防止し、世界の恒久平和を実現することは、二度の原爆投下の体験を持つ日本国民の悲願である。
核を保有している諸国は、我々の平和を希求する声を無視し、核軍備を進めている。
核戦争を回避し、原水爆の恐れのない世界を確立するために、核を「もたず、つくらず、もちこませず」の非核三原則の完全実施を願い、人類永遠の平和樹立の決意を表明し、東久留米市が平和都市であることを宣言する。
1984年(昭和59年)1月1日


夕方は東久留米駅西口で定例の宣伝をしました
対話もはずんで

b0190576_23515970.jpg

(撮影:長島可純 転載はお控えください)


秋の始まり

b0190576_23224582.jpg

b0190576_23232442.jpg
b0190576_23233771.jpg
b0190576_23241973.jpg
b0190576_23235980.jpg



リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます

写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります



# by hara-noriko | 2017-09-16 23:53 | 活動日誌 | Comments(0)

東久留米市 いまこそ政治の流れを変えるとき   

東久留米駅東口で宣伝
 12日の朝、東久留米駅東口で、永田まさ子市議、北村りゅうた市議予定候補、地域の後援会員のみなさんといっしょに、宣伝しました。永田市議が、いま開かれている東久留米市議会で家庭ごみの有料化、自転車駐輪場の値上げなど市民負担の議案が審議されている事態を報告しました。北村さんは、安倍首相による改憲の動きを告発して、憲法を守る決意を表明。市民の声を聞かず公立保育園全廃計画をすすめる並木市政の政治を変えるためにいっしょに声を上げましょう、と訴えました。私は、北村さんの紹介も兼ねて、12月におこなわれる東久留米市長選挙、市議補欠選挙についてスピーチしました。主な内容を紹介します。

12月に東久留米市長選・市議補選
 いま、みなさんの声を聞かないですすめてしまう政治が横行しています。これをどうしても変えなければなりません。
 7月の都議会議員選挙では、日本共産党は17議席から19議席へと伸ばしていただきました。この北多摩4区、清瀬・東久留米の地域でも、日本共産党は16年ぶりに定数2で議席を獲得させていただきました。12月には、東久留米市の市長選挙と市議補欠選挙があります。衆院選挙もあるだろうといわれれいます。みなさん、今こそ政治の流れを大きく切り替えていく絶好の機会です。

思想・信条・立場の違いを超えて
 東久留米の市長選挙、市議補欠選挙では、みなさんの声を聞かない市政のありかたを変えていくことが問われています。9月3日には「新しい市政を創る会」も発足し、超党派で幅広い人たちが、当たり前の市政を実現しようと設立総会に100人以上の方が集いました。このなかで、並木市政に代わる、みなさんの声をしっかり受け止める、福祉・教育・暮らしを大事にする市長をみんなの力で誕生させようと話し合いました。これを機会に、思想・信条・立場の違いを超えて、憲法を守り地方自治を守っていく市政を実現するために、日本共産党も全力を尽くしてまいります。
市民に負担を押し付ける政治はノー
 並木市政は、市民のみなさんに負担を押し付けるプランを次つぎに発表しています。10月から家庭ごみが有料化されてしまいます。有料袋1枚80円というのは、近隣と比べてダントツに高い。待機児が多いにもかかわらず公立保育園を全廃しようなどという無謀な計画もたてています。こういう市政は、市民みんなの力で終わらせましょう。そして、新しい市長を誕生させましょう。

若い世代を代表する政治家 北村りゅうたさん
 市政を変えていくためには、市長を替えるだけでは不十分です。市議会の力関係を変えていくことが求められています。市長選といっしょに行われる市議補欠選挙は、定数2です。この補欠選挙に立候補を予定しているのが、日本共産党の北村りゅうたさんです。
 北村さんは30歳。若い世代を代表する政治家です。みなさんの声をしっかり受け止めて、福祉や教育を大事にして、子どもから高齢者まで、市民が生きいきと暮らせるまちづくりのために全力を尽くしたい、と決意をのべています。
しんかわ保育園の卒園児として
 北村さんは、東日本大震災が起きたときに、そのボランティアに参加しました。ボランティアを通じて、政治を変えていかなければならないと感じて、活動を始めた人です。
 北村さんはまた、東久留米市立しんかわ保育園の卒園児でもあります。並木市政は、公立保育園を全廃する方針です。全国的にもほとんど例がない、とんでもない計画です。廃止の第1号として名前があがっているのが、しんかわ保育園です。
「公立保育園を廃止させるわけにはいかない」と
 並木市長の計画は、すべての公立保育園を廃止してしまう、その分、民間の保育園にどんどん進出してほしい、というもので、計画性も理念もありません。
 公立保育園は、セーフティーネットの機能を果たしている点でも、本当に重要な施設です。子ども家庭支援センターとも連携しながら、困難を抱えている家庭や子どもたちの砦として活動しているのが東久留米の公立保育園です。
 この公立保育園が維持されることと同時に、本当にがんばっている民間の保育園との協力関係のなかで、子どもたちの保育が支えられています。
 しんかわ保育園の廃止計画が出て、北村さんは、自分が卒園し大事に思ってきた保育園を廃止させるわけにはいかない、と訴え続けています。
 子育てしやすいまちづくりをすすめていくために、保育園が足りない問題は一日も早く解決しなければなりません。公立保育園をなくそうなどという無謀な計画には、なんとしてもストップをかけていきましょう。
市民のみなさんといっしょに
 しんかわ保育園の保護者、OBのみなさんが署名を広げています。街中には、子どもたちの保育園をまもりたいという思いをこめたポスターがたくさん貼られています。こうした声に応えて北村りゅうたさんは、しんかわ保育園をはじめ市内の公立保育園をしっかり守りながら、さらに認可保育園を増設して待機児解消をすすめるために全力を尽くしていきます。ぜひ、おおきなお力添えをお寄せください。

東京都の豊かな財政力を活かす
 7月の都議選で私を都議会に押し上げていただきました。東久留米市が公立保育園をなくそうとしている問題では、東京都が公立保育園の運営費にたいする補助をやめてしまったことが原因の1つであることははっきりしています。しかし東京都には、補助を復活する考えはありません。一方で、待機児解消のために認可保育園の増設、保育士さんの処遇改善などの対策をとってきています。この前向きな対策を大事にしながら、いまある公立保育園をしっかり守っていく。こういうところにこそ、東京都の豊かな財政力を使っていくべきだと都に求めています。

国政・都政・市政の議員が連携して取り組み強める
 しんかわ保育園をはじめ公立保育園のお父さん・お母さん方も、公立保育園を維持・運営していくための対策を強化すべきだと東京都への働きかけもおこなわれています。私も都議会議員として、みなさんの声をまっすぐに届けていきます。共産党として、国政・都政・市政にかかわる議員が連携して、地域の保育園をしっかり守る取り組みを強めていきたいと思っています。
 みなさんの声をまっすぐ市政に届け、子どもたちが安心して通える公立保育園を守り、さらに認可保育園を増やす仕事を、北村りゅうたさんにぜひやらせてください。

【北村りゅうたさんのプロフィール】
1987年、清瀬市生まれ
5才のときに東久留米市へ
市立しんかわ保育園を卒園
市立第6小学校卒
市立東中学校卒
 バスケットボール部に所属
都立大泉高校卒
早稲田大学社会科学部卒
 バンドサークルのメンバーに
 ベースを担当
 好きなアーティスト
  ビートルズ
  スライ&ザ・ファミリーストーン
  パーラメント
  スティービー・ワンダー
  ビーチ・ボーイズ
  ボブ・ディラン
自治体の計画づくりを手伝うコンサルタント会社に就職
東日本大震災 被災地ボランティアで宮城県石巻市へ
2012年、日本民主青年同盟に加盟
2016年、日本共産党に入党
両親と妹の4人暮らし
日本共産党東久留米市生活・労働相談室長


マイクで訴える北村りゅうたさん(中央)
左は原のり子、右は永田まさ子市議
b0190576_23334266.jpg
ビラもたくさん受け取っていただきました
b0190576_23305954.jpg

b0190576_23312678.jpg



リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます

写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります



# by hara-noriko | 2017-09-12 23:35 | 活動日誌 | Comments(0)

水泳大会&水泳連盟創立40周年記念式典   

私も一言ごあいさつ
 9月9日、第24回東久留米市民水泳大会&水泳連盟創立40周年記念式典に参加しました。市長、教育長、市議会議長、市議会議員、体育協会会長、都議会議員をはじめとした来賓。プールサイドでの式典! いいですね! 短時間ですっきりと。
 私もひとことあいさつをさせていただきました。地域での水泳大会を長年続けてくださっていることに、心から敬意を表します。私も、子どもの時から地域の水泳クラブに参加し、水泳を通して、子どもから大人まで、障害をもつ方々とも交流し人として育ててもらいました。みなさんのようなスポーツの裾野を広げていくとりくみを応援させていただきたい。…というような趣旨で。

パラリンピックメダリスト
小山恭輔さんが駆けつけて

 そして! エキシビションは、市内在住のパラリンピックメダリスト小山恭輔(おやま・きょうすけ)さんが駆け付け、小学生と一緒に泳いでくれました。小山さんは、「健常者だった子どものとき、この大会に参加しました。みなさん、一緒に頑張っていきましょう」とさわやかにあいさつ!
 小山さんは、中学生のときに、脳梗塞で倒れ、麻痺が残るなか、水泳を続けパラリンピックのメダリストになりました。その過程では、本当にたいへんな葛藤や苦悩があったことを、以前講演でうかがいました。

あ~泳ぎたい!
 今日の小山さんのあいさつを聞いて、その努力のすばらしさと同時に、スポーツのすばらしさを改めて感じました。障害をもつ前から親しんでいた水泳を今も続けている。本当にグッときました。最近なかなか泳ぎに行けていないのですが、あ~泳ぎたいなあ、と思いました。


水泳大会&式典のあと、九条の会の宣伝に参加しました
b0190576_03072380.jpg
b0190576_03072956.jpg
b0190576_03074646.jpg
b0190576_03075261.jpg





リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます
写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります






# by hara-noriko | 2017-09-10 03:11 | 活動日誌 | Comments(0)

築地市場の豊洲移問題 都政の後戻りを危惧   

都議会臨時会 移転推進の補正予算を可決
 都議会臨時会が終わりました。豊洲移転を推進する補正予算(55億円)は、都民ファ・公明・自民・民進・新風自民の賛成で可決。反対したのは、共産党・生活者ネット・維新の会でした。立場は違っても、徹底審議が必要、知事への一問一答が必要、とともに求めていた自民・民進も、結局は補正予算に賛成しました。知事の委員会出席もなく終わったこの臨時会で、審議は尽くされたというのでしょうか。

小池知事 土壌も地下水も環境基準以下にする方針を撤回
 私は、今回なんといっても問題だと思った第1は、豊洲の土壌も地下水も環境基準以下にする、とした方針を知事が撤回してしまったことです。「無害化」できていないことを認めながらも、現実的な対策をとっていくといいます。「無害化」は現実的ではなかった、ということでしょうか? 「安全・安心」はどこに行ってしまったのでしょう。

カビが大量発生 なのに「調査はしない」と
 さらにカビの大量発生ということまで起きたにもかかわらず、調査しないといいます。経済・港湾委員会で共産党の尾崎あや子都議は、食品衛生上大問題だ、と追及しました。何度かのやりとりでようやく、「問題だ」と担当部長が認めました。それなら、徹底して原因究明のための調査をすべきだ、と重ねての追及に対し、清掃を十分におこなう、しかし、調査はしないと。ここできちんと調査しておかなければ、また同じことが起きるかもしれません。移転してからでは遅いのです。問題なのに調査はしない、ひたすら急いで移転をすすめる…都政が後戻りしていくことを強く危惧します。

市場関係者との合意もなしで強行
 そして第2に、肝心の市場関係者との合意もなしで強行していることです。あぜがみ三和子都議が、築地市場の6つの業界団体の合意がなくても、移転をすすめるのかと、くりかえし追及。都は、ていねいに説明し理解を得たい、とくりかえすばかり。合意なしにはすすめない、とはいいません。

問題だらけの知事方針
 その他、追加対策自体の問題点、オリンピックの駐車場にするために築地を更地にし、その後は再開発するという問題、など補正予算と知事の方針は問題だらけです。

とりくみを強めます
 補正予算は通りましたが、問題は何も解決していません。ですから、このまま粛々とすすんでいくということにはなりません! 道理のない豊洲移転を中止し、築地市場の現在地での再整備を求め、共産党はよりいっそうとりくみを強めていきます。



都民ファ・公明・自民・民進などの賛成多数で補正予算を可決
共産党・生活者ネット・維新の会は反対

b0190576_03105600.jpg


朝の宣伝でも必ず豊洲移転問題を訴えています

b0190576_03110191.jpg
b0190576_03110718.jpg





リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます

写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります



# by hara-noriko | 2017-09-07 03:13 | 都議選 | Comments(0)

市議予定候補 北村りゅうたさんが訴え   

 日本共産党は東久留米駅前や清瀬駅前で朝の宣伝を欠かさず続けています。こんど、新しい仲間が増えました。12月17日告示、24日投開票でおこなわれる東久留米市議補欠選挙に挑戦する北村りゅうたさん、30歳の若い力です。5日は東久留米駅西口で、北村さん、宮本徹衆院議員、原のり子、篠原重信市議、党後援会のみなさんと北朝鮮問題、安倍政治、築地市場の豊洲移転問題などを訴えました。今回は、北村さんのスピーチを中心に紹介したいと思います。

宮本徹衆院議員が北村さんを紹介
 北村りゅうたさんは、7月の都議会議員選挙で当選させていただきました原のり子都議会議員の後継者として、市議会へと挑んでまいります。30歳の若き政治家、北村りゅうたさんへの温かいご支援を心からお願い申し上げます。

北村りゅうたさんのスピーチ
 私は12月17日告示、24日投票の市議会補欠選挙に挑戦する北村りゅうたと申します。原さんが市議会議員から都議会議員になりました。私は、原さんの議席を必ず受け継ぐ決意です。
 私は1987年に清瀬市で生まれ、5歳のときに東久留米市に引っ越してきました。小学校に入学する前の1年間を、東久留米市立しんかわ保育園ですごしました。その、しんかわ保育園がなくなってしまうかもしれません。そればかりか、市はすべての公立保育園を廃止しようとしています。公立をなくして民間に任せてしまおうという計画です。
 待機児童が全国の問題になっているいま、どうして公立保育園をなくしてしまうのでしょうか。市の責任を投げ出すものだ、といわなければなりません。公立保育園全廃計画は何としても撤廃させたい。しんかわ保育園で育ててもらった1人として、働く世代の人たちを応援するという立場からも、市の宝である公立保育園を維持して、そして認可保育園の増設もして、待機児をなくしていく道を切り開きたいと思っています。
 市民のみなさんも全廃計画の撤廃をもとめて運動をすすめています。たくさんの市民のみなさんと一緒に、安心して子育てできる東久留米市をつくっていきたいです。よろしくお願いいたします。

私も北村さんを紹介
 12月には24日投開票で東久留米の市長選挙と市議補欠選挙がおこなわれます。
 今度の市長選挙では、市民の声を聞かない今の市政をみなさんと一緒に市民の手に取り戻していく大事な選挙になります。私たち日本共産党は、多くのみなさんと力を合わせて、民主的で市民の声が響く、当たり前の市政に転換するために全力を尽くします。
 市議補欠選挙では、日本共産党は北村りゅうた予定候補とともに、みなさんと一緒に議会を変えていく、市民の声が通る市議会に切り換えていくために力を尽くします。みなさんの大きなお力添えを北村りゅうたさんにお寄せいただきますよう、こころからお願いいたします。



訴える北村りゅうたさん

b0190576_16210926.jpg
b0190576_16211734.jpg




リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます

写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります



# by hara-noriko | 2017-09-06 16:23 | 市政報告 | Comments(0)

都議会臨時会 問われる小池知事の姿勢   

「築地を守る」といわなかった小池知事

 都議会臨時会が開会中です。30日は、一人会派の方も含め、全会派の代表が本会議質疑を行いました。小池知事は、とうとう「築地を守る」と一言も言いませんでした。


共産党 そねはじめ都議が質問に

日本共産党からは、そねはじめ団長が質問に立ちました。

 質問は、築地女将さん会の声を紹介するところから始まりました。聞きながら、まさにこれが本質だと胸に迫ってきました。「東京ガス創業由来の汚染物質は全て除去、は都議会の付帯決議であるだけでなく、私たち築地市場の関係者・消費者との約束でもあるのです」「今回、都知事は謝罪はされたのですが、約束の内容について変更の申し出はなく、また合意の手順も踏まれていません。当然、今の時点では前の約束が生きているものと私たちは考えている」との、823日の記者会見での訴えを紹介し、この声を知事はどう受け止めているのか。「無害化」の約束は生きていると明確にすべき。…と。


補正予算案の撤回を求める

 そしてしめくくりは、補正予算案をわずかな時間で押しとおすようなことがあれば、石原都政と変わらない。補正予算案を撤回し、都議会、当事者である築地関係者、都民の声を十分に聞き、それらを踏まえた合意点を探るための努力を惜しまぬことを強く求める、と。


「安心・安全」はどこへ

 知事は、築地関係者や都民の声に正面からこたえることはできず、「無害化」に代わる新しい方針をすすめるとくりかえしました。新たに大問題になった、豊洲の建物内のカビの発生という状況に対しても、調査を拒みました。あれだけ言っていた、「安全・安心」はどこへ行ってしまったのでしょう。


都知事に思い起こしてほしいこと

 さらに、築地に戻りたいと望めば戻れるように言いながら、何も構想はありません。それもそのはずです。築地は更地にしてオリンピックの駐車場用地にし、その後は民間主導で再開発を行う、と。

 私は、小池知事にもう一度思い起こしてほしいと思っています。いったん移転をたちどまり、再検討するとしたとき、視察に行った知事を築地関係者が拍手で迎えたことを。


知事との一問一答の場が必要なのに

 本会議質疑を通じて、改めて、知事との一問一答が行える場が必要だとはっきりしました。共産党都議団を代表して、原田あきら都議が動議を提出。予算特別委員会の設置を改めて提案しましたが、都民ファースト、公明党、新風自民党、生活者ネットの反対で否決されました。

 知事が出席しない、経済・港湾委員会で今審議中です。


小池知事に質問する、そねはじめ都議

b0190576_10145466.jpg

朝の宣伝でも
都議会の様子を報告
b0190576_00514679.jpeg






# by hara-noriko | 2017-09-04 00:43 | 市政報告 | Comments(0)