都営住宅 急がれる新規建設と環境改善   

 東京・清瀬市で開かれた「女性のつどい」(4月22日)。私は都議予定候補(北多摩4区=清瀬市・東久留米市)としてスピーチしました。(1)公立保育園に対する都の補助復活(2)東京都心身障害者医療費助成制度の拡充(3)都営住宅の新規建設と環境改善(4)シルバーパスの改善(5)三多摩格差の解消(6)私の政治信条―の6つです。順番に紹介します。3回目は、都営住宅です。

どうしても都議会議員が必要です
 都営住宅は、新規建設と環境改善は本当に切実で、たくさんの要望が寄せられています。
 清瀬市議団も東久留米市議団もずっと取り組んできていますが、やっぱりここは都議がどうしても必要なんです。市議会で「改善してください」といっても、市では改善できません。私が都議会に出て、都営住宅改善の問題を直接まっすぐに取り上げたい。新規建設もすすめたいと思っています。

福島から避難してきた人も入れない現実
 先日、「都営住宅はこれ以上いらない」とおっしゃる方に出会いました。希望があって入れない実態があることをお話ししました。それと、原発事故で福島から避難してきている方が清瀬にも東久留米にいらっしゃいます。こういう方たちが都政住宅を希望しても、優先されるわけでもないので、「2回応募しても入れていないんです」というお母さんもいます。そのこともお話したら、「きちんと手立てをとらないといけないわよね」とおっしゃっていました。


力強い激励をいただきました
b0190576_20384923.jpg
お知らせです
b0190576_20400444.jpg

群生するホトケノザ
b0190576_20442805.jpg



homepage   twitter   facebook






by hara-noriko | 2017-04-25 20:42 | 東京都政 | Comments(0)

<< 使いやすいシルバーパスに ぜひ実現したい東京都心身障害者... >>