水泳大会&水泳連盟創立40周年記念式典   

私も一言ごあいさつ
 9月9日、第24回東久留米市民水泳大会&水泳連盟創立40周年記念式典に参加しました。市長、教育長、市議会議長、市議会議員、体育協会会長、都議会議員をはじめとした来賓。プールサイドでの式典! いいですね! 短時間ですっきりと。
 私もひとことあいさつをさせていただきました。地域での水泳大会を長年続けてくださっていることに、心から敬意を表します。私も、子どもの時から地域の水泳クラブに参加し、水泳を通して、子どもから大人まで、障害をもつ方々とも交流し人として育ててもらいました。みなさんのようなスポーツの裾野を広げていくとりくみを応援させていただきたい。…というような趣旨で。

パラリンピックメダリスト
小山恭輔さんが駆けつけて

 そして! エキシビションは、市内在住のパラリンピックメダリスト小山恭輔(おやま・きょうすけ)さんが駆け付け、小学生と一緒に泳いでくれました。小山さんは、「健常者だった子どものとき、この大会に参加しました。みなさん、一緒に頑張っていきましょう」とさわやかにあいさつ!
 小山さんは、中学生のときに、脳梗塞で倒れ、麻痺が残るなか、水泳を続けパラリンピックのメダリストになりました。その過程では、本当にたいへんな葛藤や苦悩があったことを、以前講演でうかがいました。

あ~泳ぎたい!
 今日の小山さんのあいさつを聞いて、その努力のすばらしさと同時に、スポーツのすばらしさを改めて感じました。障害をもつ前から親しんでいた水泳を今も続けている。本当にグッときました。最近なかなか泳ぎに行けていないのですが、あ~泳ぎたいなあ、と思いました。


水泳大会&式典のあと、九条の会の宣伝に参加しました
b0190576_03072380.jpg
b0190576_03072956.jpg
b0190576_03074646.jpg
b0190576_03075261.jpg





リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます
写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります






by hara-noriko | 2017-09-10 03:11 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 東久留米市 いまこそ政治の流れ... 築地市場の豊洲移問題 都政の後... >>