宮本徹さんは こんな人   

 総選挙で東京比例ブロック・東京20区から再選をめざす日本共産党の宮本徹さん。いま、20区(東村山市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市)を駆け巡り、「この町から共産党の議席を」と訴えています。力強い訴えが評判です。そんな宮本さんの人となりを、大学の後輩、坂井希(のぞみ)さんがつづってくださいました。

坂井 希

 宮本徹さんは大学の1年上の先輩です。私が入学した当時は、東大教養学部学生自治会委員長という大役をつとめていました。

 宮本さんといえば、まずは「不屈」の言葉を思い浮かべます。大学当局や政府などの大きな相手に対し、正しいことは正しい、間違っていることは間違っていると、主張を貫き通す。学内集会や国会デモでは、ブルーハーツの楽曲を熱唱し盛り上げる。どんな困難にぶつかっても、学生の要求実現という原点から逃げない。宮本さんがいるだけで、まわりはいつも鼓舞されました。

 同時に「こわい」人ではありません。悩みを相談すれば、とことん寄り添い、話をきいて元気づけてくれる、頼りになる先輩でした。女性の後輩に「のぞみ号」(私)、「そーめん」(妻 ゆう子さん)などとセンスのない愛称をつけ、周囲に一切浸透しなくても自分は呼び続けるという謎の習性がありましたが、こちらも何だかペースにのせられてしまう。憎めない人柄は、フーテンの寅さんに重なるものがありました。

 中学生の頃は、沖縄の米軍基地の実態に怒りを燃やし、愛国主義者だったそうです。軍事雑誌も読み込んでいたとか。その後、思想的には変わったわけですが、不正に怒り、常に弱者の側に身を置き、社会変革に生きようとする純粋さは、筋金入りだと思います。

 国会議員になってからの活躍ぶりは、さすがの一言。首相質問を11回もおこない、安保法制、消費税など、国の重要問題で、臆せず国民の怒りや疑問の声をぶつけ、論戦を切り開いてきました。

 これだけパワーのある人を、必ず再び国会へ送りたい。今度は東京20区から当選し、地域の代表としても活躍してほしいです。地元の皆さんのお力添えをお願いします。私も全力で応援します。


妻 ゆう子さんの「夫を語る」が宮本徹さんのブログに掲載されています


「きよせ平和と健康まつり」で
b0190576_23482467.jpg
b0190576_23483377.jpg
b0190576_23484731.jpg
b0190576_23490612.jpg
b0190576_23491289.jpg


宮本徹さんの街頭演説です





by hara-noriko | 2017-10-02 23:49 | 選挙 | Comments(0)

<< マイナンバーの適用拡大に反対 後藤まさみさんをなんとしても川... >>