東京都農業祭 農家の皆さんの努力に感激   

 11月2日午後、第46回東京都農業祭に行ってきました。都議会議員には案内状も送ってくださり、私は初参加です。午前中の開会式には、宮本徹衆院議員、吉良よし子参院議員、大山とも子都議、尾崎あや子都議が出席。私は、午後にうかがいました。会場で、とくとめ道信都議とも会いました。

農林水産大臣賞など特別賞
清瀬・東久留米地域の農家が選ばれて
 とにかく真っ先に野菜の展示を観に行きました。都内から、数々の丹精込めた野菜が。偶然、東久留米の農家の方ともお会いし、ごあいさつ。「今年は天候がよくなかったから大変だった」「東久留米からの出品も例年の半分ぐらいかな」と。でも、そのようななかで、農林水産大臣賞をはじめ、特別賞に清瀬・東久留米地域の農家の方々が選ばれていました! さすがです。受賞されたお一人ともお会いでき、感激です。

市議時代、私に教えてくださった方にもお会いして

 お話しした農家の方のお一人は、私が東久留米市議、農業委員になったばかりのころ、学校給食に野菜を提供していたときの苦労や課題、消費者との連携などを教えてくださった方です。今も、東久留米の農業を支える中心のお一人。本当に頭が下がります。

江戸東京野菜に都市農業の奥深さを実感

 江戸東京野菜も展示されていました。江戸期から始まる東京の野菜文化を継承し、ブランド化していこうと。資料によると、登録品目は練馬大根をはじめ45種類。それに柳窪小麦(東久留米)など野菜以外の在来種も加えると約50種類。大根だけで、7種類もあります。それぞれの歴史や特徴を読むと、とても面白い。それぞれの地域の農業者が、その土地にあった野菜を工夫してつくってきたことを知り、都市農業の奥深さを実感します。こういう努力が都市農業振興基本法にもつながったんだな、と改めて実感です。

農家のみなさんの努力に学んで私も努力
 このような歴史ある農業祭を継続していくこと自体、本当に大変なご苦労だと思います。実行委員会のみなさんに心から感謝申し上げます。農家のみなさんの努力に学び、少しでも都市農業振興に役にたてるよう、取り組んでいきたいと思います。


東京都農業祭で
b0190576_01180347.jpeg
b0190576_01181239.jpeg
b0190576_01182812.jpeg


都市農業への私の思いを紹介したリーフです
写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります




by hara-noriko | 2017-11-03 01:18 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 東久留米市少年野球連盟の運動会... とちょう保育園で考えたこと >>