議場に染み渡った米倉春奈都議の代表質問   

 東京都議会の代表質問(12月6日)。共産党からは、米倉春奈さんが質問に立ちました。小池知事の姿勢を厳しく追及しながら、都民の立場にたって一歩でも二歩でも切実な声が通るように、質問。素晴らしかったです!

築地市場の豊洲移転
「今ならまだ間に合います。今一度立ち止まるべきです」と
 とくに私は、安全も全く保障されない、税金もさらにつぎこまれる豊洲移転について、「知事、今ならまだ間に合います。今一度立ち止まるべきです」と語りかけた米倉さんの姿勢にじーんときてしまいました。米倉さんの声が議場に染みわたり、議場はしーんとなりました。

石原知事以来3代の知事と同じだ
 築地の市場業者、女将さん会の思いにも触れながら、築地ブランドを守ることを投げ出し、豊洲ブランドをつくるなどといい出した知事を批判。また、入札不調が続いているため、ゼネコンの要求にそって価格を1.4倍にも吊り上げたことにふれ、これでは石原知事以来3代の知事と同じだ、と厳しく指摘しました。
 でも、今ならまだ間に合う、豊洲への移転を強行すべきではない、とよびかけるところに米倉さんの思い、みんなの思いが込められています。あきらめずに頑張ろうと改めて強く思いました。

都民の願い 運動と結んで前進したものは…
 都民のみなさんの願い、運動と結んで、前進したものもありました。いくつか紹介すると…。
 *年間、都内で約9000人にものぼる介護離職。10月から介護と仕事の両立応援デスクも開設し、職場環境の整備を推進していく。
 *福祉施設整備のための都有地貸付料減額制度が今年までとなっているが、来年度以降について検討している。
 *医療的ケアが必要な子どもたちの通学保障について。保護者の付き添いがなければ通えない、という問題の解決に向け、看護師配置や医療的ケアの範囲の検討などをすすめる。
 *木造住宅耐震助成は、木造住宅密集地域の一部に限定されているが、それ以外の地域にも広げるよう検討する。
 *都の心身障害者医療費助成制度を、精神障害の方を対象にすることを鋭意検討中であること。
 確実に進むよう、引き続きみなさんととりくんでいきます。


代表質問に立つ米倉春奈都議

b0190576_11583014.jpg

b0190576_11583919.jpg


北村りゅうたさん(中央)と一緒に清瀬駅前で朝の宣伝(12月8日)
(左から)清瀬市議の山崎美和さん、原田ひろみさん
(右から前後に)原のり子、東久留米市議の村山順次郎さん

b0190576_11584464.jpg


by hara-noriko | 2017-12-08 11:59 | 都議会 | Comments(0)

<< 代表質問であらわになった小池知... 熱気と明るさいっぱい 北村りゅ... >>