2017年 11月 26日 ( 2 )   

米軍横田基地での事故について防衛省に聞く   

日本共産党国会議員団東京事務所が主催
 11月24日、日本共産党国会議員団東京事務所主催の「横田基地でのパラシュートからの貨物脱落事故と基地強化についての防衛省レク」に参加しました。宮本徹衆院議員、吉良よし子参院議員、山添拓参院議員、基地周辺自治体の市議会議員や基地の監視活動を続けている地域の方々と。

重さ30キロの貨物がパラシュートから落下
 パラシュートに貨物をつけて落下させる訓練中、重さ30キロの貨物がパラシュートから脱落し、滑走路に落ちました。この訓練は事前に通知もなく、事故を起こした後も何もなく、住民の方が落下の瞬間を撮影していて自治体に連絡。それを受けて自治体が照会して、判明しました。15日の午前9時54分ごろとのこと。

人命にかかわる事故といえない防衛相
 しかし、その貨物の大きさも、どのぐらいの高度から落ちたかも、防衛省は把握していません。30キロの貨物なのですから、落ちたときの衝撃は相当だったのではないでしょうか。一歩まちがえば、大変な事故、人命にかかわる大問題です。
 しかし、防衛省の担当者は、人命にかかわる事故だということを決して口にしません。何度ものやりとりのなかで、ようやく、米側に改めて、詳しく聞き取ることを約束しました。

沖縄では死亡事件も起きている
 「沖縄では、過去にもパラシュート投下演習でトレーラーに小学生が押しつぶされて亡くなるなどの事件もおきているんです。物資の投下は非常に怖い訓練。どんなことをやっているのかちゃんと聞き出してください」「住宅が密集している横田基地でこのような訓練はやめるようにいってください」とみなさん口々に。

騒音もあまりにひどい
 騒音もあまりにひどい、と具体的にみなさんからお話がありました。土日は訓練しないことになっているのに、18日、19日と何度も訓練をしていて、110デシベルを超えている状況。
 「ジェット戦闘機のタッチアンドゴーではないか、それは許されない」
 「空母艦載機のFA18ではないか。空母艦載機の訓練はしないように東京都も求めているのに、問題だ」
 「東京都の要望書の1項目目で、硫黄島の代替地として横田基地で訓練をしないように求めているが、どうなっているのか」
 防衛省は改めて確認すると述べました。

日本は独立国なのか?
 しかし…日本は独立国ではないのでしょうか? 人命が大事だということすら口にできないなんて、本当にひどすぎます。東京都にある横田基地。基地強化は許されません。やはり、一日も早く撤去していくことが求められると実感します。都議会第4回定例会での議論がとても大事になってきています。知事の姿勢も問われます。


懇談会で市民のみなさんから意見を聞く(清瀬市)
b0190576_22225380.jpg
幻想的な黒目川の朝霧(東久留米市)
b0190576_22230217.jpg

初冬のスズメ
b0190576_22233901.jpg
b0190576_22234443.jpg



by hara-noriko | 2017-11-26 22:24 | 活動日誌 | Comments(0)

ますます重要 主権者教育   

都議会総務委員会で質問
選挙管理委員会の事業について
 11月21日、都議会総務委員会の事務事業質疑で、選選挙管理委員会にかかわる事業についても質疑を行いました。以下主な内容です。

18歳選挙権
 18歳選挙権が始まり、選管では、高校において出前授業や模擬投票などを実施している。ところが、提出していただいた資料をみると、毎年のように選挙が行われているにもかかわらず、都選管による高校での出前授業・模擬投票が減少している。状況をうかがう。→都選管ホームページで資料や授業の様子を公開している。それらを活用して市区町村独自にも実施されてきている。それらを含めると、高校において昨年度は109校で実施しており、増えている。

意識を高める取り組みを
 主権者教育はますます重要。教育委員会とも連携しながら、意識を高めるとりくみが必要。取り組み状況は?→中学3年生に「レッツスタディ選挙」を教材として配布するなどのとりくみや、教職員の説明会に講師として参加している。

投票の仕方がわかりにくい
 先に行われた衆院選において、最高裁判所国民審査と比例代表の投票用紙を一緒に渡され、それぞれの投票箱に入れるが、わかりにくい、戸惑った、なぜひとつずつの投票にしないのか、という声がたくさん寄せられた。本来、小選挙区、比例代表、国民審査、と一件ずつの投票にすべきではないか、と考え、都選管の見解を聞いた。
 →何度かやりとりしましたが、総務省が示しているやり方にそって実施している、とのこと。また、選挙の投票が終わったら退出してしまわないように、同時に国民審査の投票用紙も渡している、とも述べていましたが…う~ん、疑問です。また調べていきたいと思います。

<私の思い>

意見表明権などを大事にしてこそ
 18歳選挙権がはじまり、若い人達の投票率が話題になるなかで、「大人でも投票しない人がたくさんいるのに、若い人ばかり問題視されるような取り上げ方はいやだ」という声も紹介しながら、全体の投票率アップへのとりくみが大事であることを指摘しました。
 また主権者教育のおおもとで大事なのは、子どもの権利条約で位置付けられている意見表明権などが日ごろから大事にされ、子どもたちの意見が社会にいかされていくという経験をたくさん積み重ねていくことです。今後、東京都150年のとりくみが行われるとのことだが、子ども議会を実施したらどうでしょうか。
出前講座と模擬投票
 ある障害者通所施設では、選管に相談して出前講座と模擬投票を実施したとの経験をうかがった。大変有効で、自分で考えて決めるということ、そして当日わからなかったら心配しないで係の人に聞けばいいとわかり、自信をもって投票に行けた、との経験を紹介し、こうしたとりくみを選管としてさらに進めていくことを求めました。

選挙管理委員会に質問

b0190576_13433234.jpeg
答弁を聞く
b0190576_13434158.jpeg
(撮影:長島可純 ↑上の2枚 転載はお控えください)

朝の宣伝で握手(東久留米駅前)

b0190576_13434610.jpeg



by hara-noriko | 2017-11-26 13:44 | 都議会 | Comments(0)