カテゴリ:都議会( 5 )   

都民のみなさんの声を胸に刻んで   

 総選挙真っ最中ですが、都議としての今の活動を少し報告します。

決算特別委員会・総務委員会…
 10月5日、都議会定例会は終わりました。日本共産党都議団、そして私自身も、公約実現に向け、とりくみの一歩を踏み出しました。現在は、決算特別委員会に突入。また、総務委員会の事務事業質疑。文書質問についてのやりとり。…ひとつひとつが、都民のみなさんの願い実現につながるものですから、役割を果たせるよう、とりくんでいきます。

来年度予算に向けて懇談会
 さらに、福祉・教育・くらしにかかわるたくさんの団体のみなさんにお願いして、来年度予算に向けての懇談会も積み重ねています。共産党都議団は毎年この懇談会を積み重ね、そこでうかがった声を予算要望書にまとめて知事に提出しています。また、議会でも早速とりあげています。19人で手分けして取り組むのですが、私もこれまで15団体の方々との懇談に参加しました。最近お会いした2団体の方々の声を少し紹介します。

障害者の方たちから切実な声
 精神障害者の方からは、「働きたくても働けない。働かざる者食うべからず、という考え方が強くあるなかで、つらい思いをしてきた」「生きていることで価値があるのではないか」「障害者がいることで、過労死まで生み出す今のあり方のブレーキになるのではないか」と訴えが。
 医療的ケアが必要な重度の心身障害児のお母さんたちは、「きょうだいたちの行事のときにショートステイを利用できない」「自分が具合が悪くなっても、緊急で子どもをみてもらうことができない。病院に行くこともできない」…。

必ず政治の光を当てる
 もっともっと深いお話しがたくさんありました。なぜ、こういうみなさんの声に政治の光があたらないのか、という思いと同時に、どんな状況のなかでも当事者として、家族として声を上げてくださっていることに、胸がつまります。しっかりとりくんでいきたい、と強く思います。



不破哲三さん来る
10月15日午後2時 東久留米駅西口
東京20区 宮本徹候補と一緒に訴えます

b0190576_12422984.jpg


東京20区は宮本徹 比例は共産党

b0190576_12423608.jpg
b0190576_12424197.jpg
b0190576_12424694.jpg


by hara-noriko | 2017-10-14 12:44 | 都議会 | Comments(0)

共産党都議団 核兵器禁止条約で意見書案   

都議会総務委員会 ネットとの共同提案
残念ながら一致できず
 今回の都議会総務委員会に、日本共産党都議団として意見書を提案していました。「核兵器禁止条約への署名および批准を求める意見書(案)」。各会派にもよびかけ、ネットとの共同提案とすることができました。
 都議会では、意見書案は各委員会に提出し、理事会で協議され、取り扱いが決まります。今回の意見書案は、「理事会で調整つかず(一致できず)」との結果になりました。都議会は、意見書について、全会一致が原則となっているため、残念ながら、提出できないということになりました。本当に残念…。以下、意見書案を紹介します。

核兵器禁止条約への署名および批准を求める意見書(案)

 国連会議において平成29年(2017年)7月に採択された、核兵器禁止条約(以下「条約」という)への各国の署名が同年9月20日から開始され、すでに署名国数は50カ国に達した。条約は50カ国以上による批准の90日後に発効することになっており、国際政治も、市民の運動も、条約発効に向けた新たな段階を迎えている。

 これまで、核兵器不拡散条約(NPT)再検討会議等で、「核兵器のない世界」を実現すると繰り返し確認してきた核保有大国は、条約に署名することで、その一歩を踏み出すべきである。また、「核の傘」に頼る国はその政策を見直し、世界の流れに逆行して核・ミサイルを開発する国は直ちに開発を中止すべきである。条約への署名という形で、すべての国に「核兵器のない世界」への態度が問われている。

 さらに、今、政府に問われているのは、核兵器の非人道性を体験した被爆国である日本が、核兵器の使用を再び認めるのかという根本的な問題である。条約への署名、非核三原則の厳守や法制化などにより、日本の真の非核化に向けて踏み出してこそ、北朝鮮に対して核・ミサイル開発の放棄を強く迫ることができる。

 原水爆禁止2017年世界大会では、「すべての国が速やかに核兵器禁止条約に参加し、核兵器の完全廃絶に取り組むこと」を求める世論の発展を呼び掛け、ヒバクシャ国際署名を始めとする、草の根の行動をつなぐ世界同時行動(平和の波)も行なわれた。条約の署名および批准を求める意見書を可決した地方議会もあり、政府の決断が求められている。

 よって、東京都議会は、国会および政府に対し、世界で唯一の被爆国として、早急に核兵器禁止条約への署名および批准を行うよう強く要請する。


駅前や街頭で核兵器禁止条約について訴えています
b0190576_22514757.jpg
b0190576_22515547.jpg


10月4日 宮本徹さんの事務所びらき
昼の部 午後2時から
夜の部 午後7時から
東京都東村山市栄町2-25-8 ユリナスビル1階
(西武新宿線・久米川駅南口から徒歩4分)
駐車場はありません
b0190576_22512569.jpg


日本共産党緊急街頭演説 宮本徹さんのスピーチ








by hara-noriko | 2017-10-03 22:55 | 都議会 | Comments(0)

マイナンバーの適用拡大に反対   

都議会総務委員会
共産党だけが質疑と意見表明
 10月3日、都議会総務委員会でした。議案に対する意見表明と採決が行なわれました。
 総務委員会には、マイナンバーの適用対象を拡大する内容の議案が出されており、すでに9月29日に質疑は終了しています。私は、日本共産党都議団を代表して質疑と意見表明をおこないました。質疑も意見表明も、おこなったのは共産党だけでした。総務委員会では、共産党以外の都民ファ、公明、自民、民進、ネットが賛成して可決すべきものとなりました。以下、私の意見表明です。

【私の意見表明】

 私は、日本共産党都議団を代表して、議案132号について、反対する立場から意見表明をおこないます。
マイナンバーの提示がなくても申請は可能
 本議案は、特別支援学校への就学のための経費支弁事務における、マイナンバー制度による情報連携の項目に、生活保護関連情報を追加するものです。
 質疑を通じて、マイナンバー提示でなくても、従来どおり、生活保護受給証明書の提出による申請も可能であることが確認されました。このことについては、現場に周知徹底をていねいにしていただき、混乱や戸惑いが起こらないように十分な配慮を求めます。
 私たちは、一人ひとりのプライバシーを危険にさらすマイナンバー制度自体に反対しています。都が独自に、情報連携の項目をふやすことについては慎重にすべきであると考えます。

情報漏洩のリスクが高まる
 2017年6月9日の参院総務委員会において、わが党の山下よしき参院議員がマイナンバー制度について質疑を行ないました。そのなかで、アメリカのSSN(ソーシャルセキュリティネットワーク)の被害について指摘しています。
 アメリカでは、このSSNをさまざまな用途に使用できるようになっていました。それが、情報漏えいによる「なりすまし被害」が深刻になり、2014年には、アメリカの16歳以上の人口の7%にあたる、のべ1760万人が被害にあっています。他人になりすましてクレジットカードを発行し、買い物をするなどの被害です。
 このSSNとマイナンバーに共通しているのは、ひとつの番号でその用途を広げていくことの危険性です。用途が広いために、情報漏えいのリスクが高まり、被害も大きくなるのです。アメリカでは、共通番号をやめて分野別番号への転換が始まっています。
 こうした例をみても、マイナンバーの適用拡大は慎重にすべきであり、とりわけ、今回の議案のようにもっともプライバシーに配慮が必要な方を対象にしていくことについては、慎重のうえにも慎重にすべきと指摘します。

ヒューマンエラーも心配
 あわせて、マイナンバー制度は、施行されてから2年経過していますが、経年によるリスクも指摘しなければなりません。年数がたつことにより、それだけ、マイナンバーの取り扱いにかかわる人が増えます。ヒューマンエラーが心配されます。今年の2月、静岡県湖西市で、ふるさと納税をしていた人のうち、1992人について別人のマイナンバーを他の自治体に送付するという、過去最大規模の個人情報流出事故がおきました。改めて、制度開始前から指摘されていた、マイナンバー制度自体の問題を露呈しました。こうした、マイナンバー制度そのものの問題点もあわせて指摘し、本議案には反対いたします。


都議選の力を総選挙につなげます
(右から)尾崎あや子都議、宮本徹・前衆院議員、原のり子

b0190576_15381404.jpg

(撮影:長島可純 転載はお控えください)




日本共産党緊急街頭演説 宮本徹さんのスピーチ




10月4日 宮本徹さんの事務所びらき
昼の部 午後2時から
夜の部 午後7時から
東京都東村山市栄町2-25-8 ユリナスビル1階
(西武新宿線・久米川駅南口から徒歩4分)
駐車場はありません





リーフレット「こんにちは原のり子です」ができました
配布を開始しました
お手元に届きましたらぜひお読みください

b0190576_00032829.jpg





by hara-noriko | 2017-10-03 15:42 | 都議会 | Comments(0)

都議会初質問 総務委員会で多摩格差を取り上げる   

1つの議案と2つの報告について質疑
 9月29日は、都議会総務委員会でした。初の質疑を行ないました。
 私は、1つの議案と2つの報告について質疑を行ないました。
 議案は、特別支援学校の就学奨励費受給申請の際に、生活保護受給証明書がなくても、マイナンバーの提示でできるようにするという内容のもの。
 報告は、(1)首都大学東京について外部評価が行なわれ、その結果について(2)多摩の振興プランについて―です。

特別支援学校の就学奨励費受給申請の際に

マイナンバー提示は義務ではないことを確認
 議案については、マイナンバー制度の問題点、適用できる範囲を広げていくことの危険性を指摘しつつ、マイナンバー提示は義務ではなく、これまでどおり、生活保護受給証明書の提出でも可能であることを確認しました。議案に対する意見表明は、10月3日の総務委員会で行ないます。

首都大学東京 「障害のある学生への支援」が高い評価
 首都大学東京については、外部評価のなかでも、中期目標の達成状況が極めて良好である、とされた「障害のある学生への支援」について質問。誰にとっても門戸が開かれている大学であることはとても重要です。努力されていることを確認しながら、評価にあたっては、学生や教職員の意見の把握が重要であり、首都大学東京がおこなっている学生生活実態調査をふまえることが大事だと提起。10月、11月で二回にわけて、総務委員会では事務事業全般の質疑を行なうので、その機会に、学生の声にもとづく質疑を行なっていきたいと思っています。

多摩振興プランは総務委全会派が質問
 そして!なんと、多摩の振興プランは、総務委員会のすべての会派が質問しました。「三多摩格差は解消した」「かなり解決されてきた」「今後は多摩の魅力を生かすことが大事」などの意見が出されましたが、私は、多摩の魅力を生かすためにも、現にある格差の解消は必要、という立場で質問しました。
池川友一都議の一般質問を受けて
 先日の一般質問で、共産党の池川友一都議が、多摩格差ゼロを公約しながら触れなくなっている小池知事に、再質問もして迫りました! パネルも示し、公約に対しどうするのか、と。知事は、「多摩地域の持続的な発展につなげていくことはきわめて重要。そのために、日々、多摩格差をどのように削減していくか、縮減していくかということについて努力している」と答弁しました。
「格差」という言葉を使わない都の答弁者
 それを受け、では具体的にどういう努力をしているのか、と総務委員会で質問。担当部長は格差ということばを絶対に使いません。では、NICU(新生児集中治療室)=注参照=や子どもの医療費は23区と多摩には格差がある。少なくとも、違いがあるということはわかりますよね、と聞いても、違うということも言いません。
都民は同じサービスが受けられる
これは都も否定しなかった

 何度かのやりとりのうえで、私は、東京のどこに住んでいても、基本的に都民は同じサービスが受けられるということは重要ではないのか、と質問。担当部長は、基本的に同じサービスで、ということはあると思う、が、各市町村が実情に応じて個性ある取り組みをしてほしい、旨の答弁。私は、基本的に同じサービスであること、について否定されなかったことは大事だと思いました。
 多摩の魅力を最大限に生かすためにも、基本のところは同じサービスを受けられるということが重要です。そこが不十分なのに、ただ市町村が実情に応じて魅力を生かしてください、というのは成り立たないでしょう。しかし、このやりとりの最中も、「個性だ個性!」と格差といわせないかのような野次も。
多摩格差解消へ都の光を当てるべきです
 水と緑豊かな清瀬・東久留米地域を気に入って引っ越してきても、子どもの医療費は小中学校が無料でないことなど、「どうして23区とサービスが違うのか」という質問や不満が寄せられていることも紹介しつつ、自治体の財政力の違いでこういう差があることについて、東京都の光があてられるべき、と指摘しました。引き続きとりくんでいきます!

東久留米から傍聴者が! ありがとうございました

 東久留米から、わざわざ傍聴に来てくださった方々も!本当にありがとうございます。都議会の様子を直接多くの方に見ていただき、ご意見をいただければと思います。そして、委員会はインターネット放映がまだありません! 議員用公用車は22台もあるのに。一日も早く改善しなければ、と改めて思いました。

 (注)NICU(新生児集中治療室)は、出生数1万人に対し30床が基準。区部はクリアしていますが、多摩は22床。


都議会総務委員会での質問=9月29日
右は、とくとめ道信都議(板橋区選出)
b0190576_00060951.jpg

赤とんぼ
b0190576_00065572.jpg



リーフレット「こんにちは原のり子です」ができました
配布を開始しました
お手元に届きましたらぜひお読みください

b0190576_00032829.jpg





by hara-noriko | 2017-09-30 00:07 | 都議会 | Comments(0)

9月20日から都議会です   

 都議会第3回定例会(9月議会)がはじまります。
 ぜひ、傍聴にいらしてください。

<議会の予定>
 9月20日(水)   本会議・・・・会期の決定、知事の所信表明
   26日(火)   本会議・・・・代表質問*共産党は大山都議
   27日(水)   本会議・・・・一般質問*共産党は池川都議
   28日(木)~10月3日(火)・・・委員会審査
       *私が所属する総務委員会の質疑は29日(金)の予定
   5日(木)   本会議 ・・・議決

*すべて、午後1時からです。
*傍聴は、議事堂2階で1時間前から受け付け。傍聴券が配布されます。席に空きがあれば、途中からでも入れます。また、2階ロビーにスクリーンもあります。
*初日の本会議前の12時40分から、議場にて、東京交響楽団の方による弦楽四重奏があります。傍聴券を受け取ってお入りください。
*磁気ループを希望される場合は、前日の夕方5時までに議会局へ。
 03(5320)7111
*幼児ルーム(託児サービス)を希望される場合は、前日の夕方5時までに議会局へ。
 03(5320)7111
*本会議については、ネット中継、録画放映があります。
*私の初質問は、29日(金)の総務委員会の質疑になります。マイナンバーの適用対象を広げる議案や、多摩振興プランについての質疑を行う予定です。
*請願・陳情は、10月3日までに提出すると、次の第4回定例会(12月議会)で審査・採決されます。

新しいリーフレットができました
清瀬市・東久留米市で配布を開始します
b0190576_03201938.jpg
東久留米駅前での宣伝
b0190576_03090648.jpg
彼岸花とキアゲハ
b0190576_03092408.jpg

赤とんぼ
b0190576_03092753.jpg





by hara-noriko | 2017-09-20 03:11 | 都議会 | Comments(0)