カテゴリ:市政報告( 375 )   

市議予定候補 北村りゅうたさんが訴え   

 日本共産党は東久留米駅前や清瀬駅前で朝の宣伝を欠かさず続けています。こんど、新しい仲間が増えました。12月17日告示、24日投開票でおこなわれる東久留米市議補欠選挙に挑戦する北村りゅうたさん、30歳の若い力です。5日は東久留米駅西口で、北村さん、宮本徹衆院議員、原のり子、篠原重信市議、党後援会のみなさんと北朝鮮問題、安倍政治、築地市場の豊洲移転問題などを訴えました。今回は、北村さんのスピーチを中心に紹介したいと思います。

宮本徹衆院議員が北村さんを紹介
 北村りゅうたさんは、7月の都議会議員選挙で当選させていただきました原のり子都議会議員の後継者として、市議会へと挑んでまいります。30歳の若き政治家、北村りゅうたさんへの温かいご支援を心からお願い申し上げます。

北村りゅうたさんのスピーチ
 私は12月17日告示、24日投票の市議会補欠選挙に挑戦する北村りゅうたと申します。原さんが市議会議員から都議会議員になりました。私は、原さんの議席を必ず受け継ぐ決意です。
 私は1987年に清瀬市で生まれ、5歳のときに東久留米市に引っ越してきました。小学校に入学する前の1年間を、東久留米市立しんかわ保育園ですごしました。その、しんかわ保育園がなくなってしまうかもしれません。そればかりか、市はすべての公立保育園を廃止しようとしています。公立をなくして民間に任せてしまおうという計画です。
 待機児童が全国の問題になっているいま、どうして公立保育園をなくしてしまうのでしょうか。市の責任を投げ出すものだ、といわなければなりません。公立保育園全廃計画は何としても撤廃させたい。しんかわ保育園で育ててもらった1人として、働く世代の人たちを応援するという立場からも、市の宝である公立保育園を維持して、そして認可保育園の増設もして、待機児をなくしていく道を切り開きたいと思っています。
 市民のみなさんも全廃計画の撤廃をもとめて運動をすすめています。たくさんの市民のみなさんと一緒に、安心して子育てできる東久留米市をつくっていきたいです。よろしくお願いいたします。

私も北村さんを紹介
 12月には24日投開票で東久留米の市長選挙と市議補欠選挙がおこなわれます。
 今度の市長選挙では、市民の声を聞かない今の市政をみなさんと一緒に市民の手に取り戻していく大事な選挙になります。私たち日本共産党は、多くのみなさんと力を合わせて、民主的で市民の声が響く、当たり前の市政に転換するために全力を尽くします。
 市議補欠選挙では、日本共産党は北村りゅうた予定候補とともに、みなさんと一緒に議会を変えていく、市民の声が通る市議会に切り換えていくために力を尽くします。みなさんの大きなお力添えを北村りゅうたさんにお寄せいただきますよう、こころからお願いいたします。



訴える北村りゅうたさん

b0190576_16210926.jpg
b0190576_16211734.jpg




リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます

写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります



by hara-noriko | 2017-09-06 16:23 | 市政報告 | Comments(0)

都議会臨時会 問われる小池知事の姿勢   

「築地を守る」といわなかった小池知事

 都議会臨時会が開会中です。30日は、一人会派の方も含め、全会派の代表が本会議質疑を行いました。小池知事は、とうとう「築地を守る」と一言も言いませんでした。


共産党 そねはじめ都議が質問に

日本共産党からは、そねはじめ団長が質問に立ちました。

 質問は、築地女将さん会の声を紹介するところから始まりました。聞きながら、まさにこれが本質だと胸に迫ってきました。「東京ガス創業由来の汚染物質は全て除去、は都議会の付帯決議であるだけでなく、私たち築地市場の関係者・消費者との約束でもあるのです」「今回、都知事は謝罪はされたのですが、約束の内容について変更の申し出はなく、また合意の手順も踏まれていません。当然、今の時点では前の約束が生きているものと私たちは考えている」との、823日の記者会見での訴えを紹介し、この声を知事はどう受け止めているのか。「無害化」の約束は生きていると明確にすべき。…と。


補正予算案の撤回を求める

 そしてしめくくりは、補正予算案をわずかな時間で押しとおすようなことがあれば、石原都政と変わらない。補正予算案を撤回し、都議会、当事者である築地関係者、都民の声を十分に聞き、それらを踏まえた合意点を探るための努力を惜しまぬことを強く求める、と。


「安心・安全」はどこへ

 知事は、築地関係者や都民の声に正面からこたえることはできず、「無害化」に代わる新しい方針をすすめるとくりかえしました。新たに大問題になった、豊洲の建物内のカビの発生という状況に対しても、調査を拒みました。あれだけ言っていた、「安全・安心」はどこへ行ってしまったのでしょう。


都知事に思い起こしてほしいこと

 さらに、築地に戻りたいと望めば戻れるように言いながら、何も構想はありません。それもそのはずです。築地は更地にしてオリンピックの駐車場用地にし、その後は民間主導で再開発を行う、と。

 私は、小池知事にもう一度思い起こしてほしいと思っています。いったん移転をたちどまり、再検討するとしたとき、視察に行った知事を築地関係者が拍手で迎えたことを。


知事との一問一答の場が必要なのに

 本会議質疑を通じて、改めて、知事との一問一答が行える場が必要だとはっきりしました。共産党都議団を代表して、原田あきら都議が動議を提出。予算特別委員会の設置を改めて提案しましたが、都民ファースト、公明党、新風自民党、生活者ネットの反対で否決されました。

 知事が出席しない、経済・港湾委員会で今審議中です。


小池知事に質問する、そねはじめ都議

b0190576_10145466.jpg

朝の宣伝でも
都議会の様子を報告
b0190576_00514679.jpeg






by hara-noriko | 2017-09-04 00:43 | 市政報告 | Comments(0)

9月議会を前に市政報告懇談会 東京・東久留米市   

 日本共産党東久留米市議団の「市政報告懇談会」が8月26日に開かれました。会場の市民プラザは参加者でいっぱい。宮本徹衆院議員、私、原のり子も参加して、国政・都政・市政についてそれぞれが報告しました。東久留米市政をめぐって市議団からリポートが届きましたので、掲載します。ぜひお読みください。

東久留米市議団からのリポート

市議団は9月5日から始まる第3回定例会(9月議会)で取り上げたいテーマについて細かく報告しました。市民の負担増、第7期介護保険事業計画、都市計画税、障害者の就労対策、住民票・印鑑証明などの自動交付の変更、自転車駐輪場の値上げ、豪雨対策、修学援助、道徳の教科化、子ども子育て支援事業計画の見直し、家庭ごみ有料かなど多岐にわたっています。このうち、いくつかを紹介します。



【篠原重信市議の報告から】


12月に市長選・市議補選

 12月におこなわれる市長選挙は、広範な市民のみなさんの一致点で並木市政の暴走を止めて行く、新しい市長をつくっていく、そういうものにしたいと考えています。「新しい市政を創る会」の結成総会が9月3日(日)午後2時から商工会館のホールで開かれることになっています。日本共産党市議団も会派として参加する予定です。みなさんもぜひ参加していただければ、と思います。

 市長選と同時に市議補欠選挙(定数2)もおこなわれます。日本共産党から立候補します。

市民負担増と福祉削減の並木市政でいいのか

 9月議会は、並木市政の問題をただす大事な議会です。

 市には「財政健全経営計画実行プラン」というものがあります。2015年に並木市長が作成したものです。昨年の8月に改定され、今年8月に2次改定がおこなわれました。財政効果が予測されるものとして17項目があげられ、118565000円の効果が2016年度から2020年度の5年間で生まれる、としています。

 このうち、市民負担増と福祉削減は7項目にのぼり、7億5000万円を超えています。効果額全体の7割近くを占めています。ここに実行プランの実態があります。

 自転車駐輪場の値上げ             1756万円

 住民票や印鑑証明などの事務手数料の値上げ   5362万円

 保育料の値上げ              2億5152万円

 学童保育の値上げ               7823万円

 各種手当の削減                7345万円

 高齢者見守りサービスの削減           622万円

 家庭ごみ有料化(10月実施)        2億7600万円

 12月の市長選挙・市議補選は実行プランの是非が問われることになります。9月議会でも「こんな市政でいいのか」と大いに論戦したいと思っています。



【永田まさ子市議の報告から】


住民票などの自動発行機がなくなる

 市印鑑条例の一部改正案が9月議会に提案されます。市役所本庁舎の1階と東久留米駅東口のエレベーターの横に、住民票などが交付できる自動発行機が置いてあります。市民カードを持っていれば利用できるもので、市役所の窓口で交付を受けるのと同じくらいの利用者がいます。市は2つの自動発行機を廃止して、コンビニエンスストアで交付できるようにしたいと提案しています。

 コンビニは東久留米にもたくさんあるので便利になるのではないか、と一瞬思うのですが、マイナンバーカードを持っていないと交付してもらえないことになっているんです。マイナンバーの交付実績が伸びていないことから、こんな提案がされるのかと思います。市民のみなさんにとっては、かえって不便になるのではないでしょうか。これへの賛否は市議団としてよく検討します。

自転車駐輪場の値上げ

 市自転車等の放置防止に関する条例の一部改正案も9月議会に提案されます。内容は2つです。市営駐輪場使用量の値上げと放置自転車撤去料の値上げです。

 《駐輪場》「自転車屋根なし」が年間2万400円から4000円の値上げ

      原動機付き自転車についても年間2万5200円から5000円の値上げ

 《撤去料》自転車は1台につき1000円が2000円に

      原動機付き自転車は1台につき2000円が4000円に

 値上げ幅は大きいです。これについても、他の自治体の状況などもよく検討しながら、態度を決めたいと思います。



【村山順次郎市議の報告から】


家庭ごみ有料化について

 家庭ごみについては、7月から収集方法の変更がおこなわれました。不法投棄や収集方法の変更に対応できない高齢者がたくさんいらっしゃることが伝わってきています。10月から実施予定の有料化について、1リットルあたり2円、40リットルなら80円というのは負担が重すぎる、という疑問の声があがっています。40リットル袋がある22市の平均額は68.5円です。この計画のままで10月から実施するのか、ということを正したいと思っています。

高い手数料で本当にごみが減らせるのか

 有料化によってごみを減らすと市はいっています。1日1人あたり505グラムまで減らしたい、といっています。多摩地域でもっともごみが少ない府中市は539グラムですから、東久留米市の目標はかなりの数字です。505グラムを達成するために高い手数料を設定しているわけです。

 昨年度のごみ量は、1日1人あたり平均580.6グラムでした。一昨年は583.8グラム。有料化でごみを減らせるのか、高すぎる市民負担でいいのか、などをただしていくつもりです。


報告する永田まさ子市議

左は篠原重信市議、右は村山順次郎市議

b0190576_21424549.jpg
市議予定候補の北村龍一さんも参加

b0190576_21425471.jpg
国会報告する宮本徹衆院議員

左は私、原のり子

b0190576_21430108.jpg



by hara-noriko | 2017-09-03 22:00 | 市政報告 | Comments(0)

6日から東久留米市議会定例会   

 6月6日から、東久留米市議会の第2回定例会(6月議会)がはじまります。日程は以下のとおりです。

6月6日(火) 初日・本会議 上程・即決・付託・報告
  8日(木) 本会議 一般質問
  9日(金) 本会議 一般質問
  12日(月) 本会議 一般質問
  13日(火) 本会議 一般質問
  15日(木) 総務文教委員会
  16日(金) 厚生委員会
  19日(月) 環境建設委員会
  20日(火) 予算特別委員会
  21日(水) 予算特別委員会
  27日(火) 本会議 討論・採決

議員の所属委員会などを改選
 市議会議員の今任期も折り返しとなり、この6月議会から後半の2年間がはじまります。そのため、議員の所属委員会等も改選となります。初日の本会議の冒頭で、所属委員会等の決定や委員長の互選などをおこないます。

3つの委員会に 半日審議が1日審議に
 また、今回から委員会は3つになり、これまでは半日間でしたが、今後は1委員会1日の開催となります。

7月以降の今年度予算を審議
 今回の予算特別委員会(予特)は全議員が出席します。並木市長の提案した当初予算(1年間の予算)は否決されたため、現在、3カ月の暫定予算となっています。7月以降の今年度予算を議論する、大事な予特となります。

行政視察の報告書について
 <ご報告>先日東京新聞において、東久留米市は、行政視察をおこなった際の報告書の提出を義務付けていない自治体、と報道されました。私も、市民の方から「どうなっているのか」と、問い合わせを受けました。その後この件について、代表者会議でも協議し、議会運営委員会において、報告書の提出について「議会申し合わせ事項」に明記することになりました。実際には、各議員、報告はこれまでも提出してきていますが、申し合わせに文字として明記することでより明確になりました。


by hara-noriko | 2017-06-05 17:01 | 市政報告 | Comments(0)

東久留米市議団が市政報告懇談会開く   

 5月8日は、日本共産党東久留米市議団の市政報告懇談会でした。3月議会の結果を報告しながら、集まっていただいた20人ほどの方たちと意見交換しました。いろんな意見が聞けるので、毎回勉強になります。

3月議会の結果を報告
 市議団から、3月議会について報告しました。市政と都政の課題はつながっていることも強調しました。

 ▽一般会計予算案(当初予算)が否決され、市政運営の破たんが明らかになった。

 ▽市の不手際で家庭ごみ有料化が7月から10月に延期された。市民の合意も得られていないだけでなく、1世帯月400円から500円もの負担増になる有料化は中止すべきだ。東久留米はごみの量が減っている。ごみを減らしたいといいながら、有料化には減量化計画がない。

 ▽市民や保護者不在の公立保育園全廃計画の撤回を求め続けている。公立保育園を維持しながら対策をたてないと待機児の解消はできない。並木市長は、都が公立保育園に対する独自補助をなくしたことを公立保育園廃止の1つの大きな理由にした。にもかかわらず、自補助の復活を都に求めることはしないといっている。

 ▽東久留米市国民健康保険税条例の一部を改正する条例が可決された。来年度は約500万円の引き上げに。1人当たりにすると年131円ほどで、低所得者は値上げにはならない。ただ、均等割が3400円上がり、5万5600円になる。多子世帯の負担は深刻になっている。共産党は反対したが、自民・公明などが賛成。

 ▽就学援助を充実させるために、7月以降に支給されている入学準備金を入学前に支給することを求めた。市の答弁は「研究する」から「検討する」に変化している。卒業アルバム代、体育着なども援助の対象するなど拡充を図りたい。

 ▽一日も早く中学校に情緒障害固定学級を設置するよう求めている。市が検討課題にあげていることなので、実現を迫っていく。

 ▽東京都の心身障害者医療費助成制度の対象を拡充するように市は都に要請してほしい、と求めた。市は、さっそく都に伝えた、と言ってきた。

こんな意見が
 参加者からは、生活の現場からさまざまな事実や意見が寄せられました。
 「生活保護を受けている方から、生活保護を理由に診療を断られたという話を聞いた。改善できないか」
 「地震などで被災したときにペットの扱いをどうするかを真剣に考えている人たちがいる。市政の問題として扱ってほしい」
 「歩道のアスファルトがかなりデコボコしている場所があって、車イスの人が困っている。手押し車を使っている高齢者の方も歩きにくいといっている。調査できないか」

 いただいた意見を大事にして、6月議会に向けて取り組んでいきます。


保育園や障害者の問題で報告しました

b0190576_14244823.jpg
演説会のお知らせです
b0190576_20503478.jpg



【動画のご案内】
YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ1
「2人区から風穴あける 歴史を後戻りさせない」

YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ2
「自己紹介 『都政の壁』を破る」

YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ3
「豊洲移転は中止を 築地の再整備こそ」

YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ4
「日本共産党と一緒に政治を変えましょう」









by hara-noriko | 2017-05-09 14:25 | 市政報告 | Comments(0)

ここがおかしい 東久留米市の暫定予算   

暫定予算のために臨時議会
 3月29日、東久留米臨時議会でした。並木市長が提出した来年度予算案が3月議会(第1回定例会)で否決になったため、暫定予算を組むことが必要になったからです。暫定予算はあくまでも暫定。市民生活に支障のないように、当初予算成立までの間をつなぎます。
「暫定」といいながら見過ごせない問題が
 そういう性格の予算ですから、本来、中身に問題がなければ反対する理由はないともいえます。しかし…。
 市長の提出した予算案には、暫定でありながら、基準もあいまいのまま市長の政策経費や議会で大きく意見が分かれているものも盛り込まれました。
中央児童館 市の直営から民営化へ 方針転換まで見込む
 たとえば、中央児童館の大規模修繕事業の実施設計委託(1500万円)は、必要な事業ですが、暫定予算に盛り込む理由としては、平成31年(2019年)1月から指定管理者制度に移行するまでに間に合わせたいということ。
 そもそも、中央児童館は、市民参加で行われたあり方懇談会の報告書により、「市の直営で」となっており、それにそって市もこれまで運営してきました。にもかかわらず、ここにきて指定管理者制度を導入するという一大方針転換をおこなうものです。しかも、パブリックコメントでは「市の直営で」という声がほとんどであったにもかかわらず。
 議会においても、共産党だけではなく、複数の会派が反対の立場で相当な議論をかわしてきています。それでも、指定管理者制度導入のスケジュールを遅らせないためにどうしても暫定に入れたい、というのはまさに市長の政策判断によるものであり、納得できません。
時期尚早のマイナンバー対策まで盛り込む
 また、マイナンバーを活用しての各種証明書についてコンビニ交付を開始する予算(2321万7000円)も、マイナンバーカード取得者がまだ圧倒的に少ないにもかかわらず、来年度末に現在の自動発行機を停止してコンビニ交付にきりかえようというもので、多くの市民の利便性が後退します。
 マイナンバーについて私たちはその安全性から反対ですが、その是非を置くとしても、少なくとも時期尚早であり、また暫定予算にどうしても盛り込む説得性にも欠けるのではないでしょうか。これも、3月議会で私たちをふくめ、複数の会派が疑問を呈し、議論してきました。
「財政が厳しい」といいながら、都市計画道路 新規2路線の調査費
 都市計画道路についても問題があります。いったんスタートすれば、多額の費用を要するため、共産党市議団は不要不急のものは中止すること、そして、複数の路線を同時に建設すべきではないことを強く求めています。
 しかし、現在市は、3つの都市計画道路の調査および建設をすすめていますが、さらに2路線を追加する予定で、この新規2路線の調査(700万円)を暫定予算に盛り込んでいます。理由は、着実に進める必要があり、スケジュール的なことから、と。
 さらに、都市計画道路に今後どのぐらい費用がかかるのか、概算をだすように共産党の篠原重信議員が求めると、「粗々の数字がひとり歩きしてしまうので、事業認可を取得したときに示す」と担当部。市長に求めると、「担当が概算の数字は難しいということなので出せるとはいえない」。議員はどの路線が必要か、大体いくらぐらいかかるのか、検討さえできないのでしょうか? 財政が厳しいとくりかえしいいながら、道路はどのぐらい費用がかかるかわからないまま、すすめていく……。とても問題を感じました。
家庭ごみ有料化の費用まで
 そして、何より、家庭ごみ有料化(9517万9000円)について、パブコメも圧倒的に反対、議会も二分される賛否のなか、実施時期延期の条例が可決したことをもって暫定予算に盛り込まれました。しかし、質疑を通して、延期したとしてもとても間に合うとは思えない準備状況であることが明らかになりました。共産党の村山順次郎議員は、「やはり中止をすべきだ」と討論で指摘しました。
採決の結果は
 算定予算案採決の結果は、結果は賛成11人、反対10人で可決されました。
 賛成したのは、自民クラブ・公明党・久留米ハートネット。
 反対したのは、日本共産党・市議会民進党・市民自治フォーラム・社民党。
 日本共産党市議団からは、村山順次郎議員、永田まさ子議員、篠原重信議員が質疑をおこない、村山議員が討論を行いました。数日後に、インターネット録画放映されますので、ぜひご覧ください。各会派の主張もよくわかります。

雑木林は春の色
b0190576_17492682.jpg
桜も咲きはじめました
b0190576_17493270.jpg

homepage   twitter   facebook






by hara-noriko | 2017-03-30 17:53 | 市政報告 | Comments(0)

障害福祉を前進させたい 質問と答弁   

 東京・東久留米市議会の3月議会。私は本会議の一般質問で障害福祉を取り上げました。(1)東京都心身障害者医療費助成制度の対象者を拡大すること(2)65歳になる障害者の方が受けるサービスは原則、介護保険サービスに移行します。サービスが後退しないようにすること―の2点です。市の答弁を含めて、改めて紹介します。

東京都心身障害者医療費助成制度の対象者拡大を
精神障害者も対象にしてほしい
 東京都心身障害者医療費助成制度の対象者拡大について、「精神障害者も対象にしてほしい」との切実な声については、都議会において請願が厚生委員会で採択された、今後の東京都の動きに注視していく、との答弁がありました。
愛の手帳(知的障害)3・4度の方も対象にして
「東京都の課長会で要望をお伝えしたい」と担当課長
 私は、愛の手帳(知的障害)3・4度の方も対象にしてほしいとの声を紹介し、東京都に要請してほしいと求めました。1・2度の方は、所得制限はあるものの、ほとんどの方が医療費の負担はありませんが、制度対象外になっている3・4度の方は3割負担になっています。年齢を重ねる中で、医療費がかなりかかるようになってきていると、直接ご家族からうかがったことも紹介しました。(このブログでも書きました)
市の答弁 「東京都の課長会で要望をお伝えしたい」
 担当課長からは、「東京都の課長会で、そうした要望をお伝えしたい」との答弁が。引き続き取り組んでいきたいと思います。

65歳 介護サービスへの移行で心配の声が

 65歳になると、障害者の方が受けるサービスは、原則、介護保険サービスに移行します。この仕組み自体問題であり、根本からの改善が必要ですが、現状で一人ひとりのサービスが決して後退しないようにしていくことが大切です。この問題では、当事者の方からの請願を厚生委員会でも以前審議しました。また、陳情も提出されています。そして、この間車いすで要支援2という身体障害の方から、「65歳になったときに今まで受けていたサービスが変わり、ヘルパーさんも変わり不安だった。でも、仕方がないのだと我慢した。今度は、介護保険で総合事業がはじまるなかでまた色々変わるのか、と心配」という声もうかがいました。このことも紹介しながら質問しました。
半年前からの相談・調整を強く求める
 福祉保健部の答弁では、障害者が65歳になる約半年前から、障害をふまえての支援内容について相談・調整を行なっている、ということでしたが、「我慢した」という声があるということは、そこが十分に行われていない可能性があるのではないか、と感じました。予算特別委員会で重ねて質問するなかで、半年前からの相談・調整を強く求め、担当課から進めていく旨の答弁がありました。
通所サービス 機械的な施設変更をしないように
 通所サービスについても、通いなれた通所施設を65歳になったら変更することになるのか、という心配も広がっています。とくに、生活介護施設の場合、介護保険のなかでも対応するデイサービスがあるから、原則移行するとなっています。ある方は、生活介護の通所施設で活動することで精神的にも安定し、自分のリズムがつくられていること、など十分に話し合うなかで継続することが認められたケースも紹介し、機械的な施設変更が行われないよう求めました。担当課からは、「介護保険制度優先ではあるが、障害状況や生活実態を考慮し対応」との答弁がありました。
障害福祉課の人員体制強化もまったなし
 今後も引き続きとりくむとともに、障害者の方一人ひとりに適切な対応をはかるためには、障害福祉課の人員体制強化もまったなしだと改めて実感します。この点についても、市長に求めていきたいと思います。

バン
b0190576_01352277.jpg

お知らせです
b0190576_01353847.jpg

homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-03-25 01:38 | 市政報告 | Comments(0)

予算特別委員会 来年度予算案を否決   

3月中に臨時議会 暫定予算の見込み
 予算特別委員会が終了しました。行政側も「矛盾がある」「イレギュラー」と認める来年度予算案は、共産・民進・市民自治・久留米・社民の反対で否決に。27日の最終本会議で、討論・採決を行い、正式に決定します。
 4月からの市民生活に影響が出ないように、3月中に臨時議会が開かれ、暫定予算を組むことになる見込みです。その暫定予算の中身がどうなるのか、問われます。またお知らせします。

【私の議会質問から】
 さて、一般質問の質問内容はお知らせしていましたが、答弁がどうだったのか、やりとりのなかで大事だと思ったことは何か、についてまだ報告していませんでした。一般質問でとりあげ、さらに、厚生委員会や予算特別委員会でもとりくんだ課題も多くあり、その到達点を順次ご報告します。

通学路の安全対策 交通擁護員の配置を求める
旧市役所通りのパチンコ店付近(1小通学路)
小山通りの仮称おひさま保育園付近
 まず、新1年生が入学する目前ということで、通学路の安全対策から。
 旧市役所通りのパチンコ店付近(1小通学路)と小山通りの仮称おひさま保育園付近(3小通学路)についてとりあげました。保護者や地域のみなさんのご意見をうかがいながら、長年とりくんできている危険箇所で、学務課でもできる対応はしてきてくださっています。
 しかし、パチンコ店付近は歩道もなく車と歩行者がぎりぎりの状態。そのため、駐車場内を児童が通ってしまうこともあり、それも含めてとても危険です。また、おひさま保育園付近は通り抜け道路になっていて、保育園の工事中、大型車が立ち往生しその横を児童が通るようなことも起きています。さらに、4月から開園すると、保護者の車や自転車もたくさん来ます。両方とも、交通擁護員の配置が必要だと、強く求めました。
 担当課長の答弁は、「この時期の見守り強化については、保護者・地域のご協力をお願いしていきたい」という範囲にとどまりましたが、人の配置が必要であるという認識にたっていることはわかりました。また、おひさま保育園付近については、学務課だけでなく、子ども家庭部も一緒に対応すべきだと求めたところ、対応していくとの答弁がありました。
 引き続き、状況を見守りつつ、改善を求めていきます。
情報公開審査会 委員の名簿公開「前向きに検討」
 情報公開審査会については、最近5年間の開催状況は4回とのこと。委員の名簿は公開していない、との答弁でした。
 公開していない理由を問うと、名簿を公表することにより、その審議にかかる関係者などが委員に直接意見を申し出ることも想定される、と。でも、東京都も近隣の東村山市などでも公開しています。むしろ、きちんと公開することによって、不服申し立てについて見識ある人たちが審査して回答しているということを示すことになる、検討すべきだと求めました。
 また、名簿を公開していない自治体であっても、審査会とは別に、公募市民も参加しての委員会をつくり、市民の疑問に応えていく仕組みを設けている例もあります。そうした事例も検討していただき、情報公開を促進していくことを求めました。担当部長からは、他自治体の事例も含め、前向きに検討すると答弁がありました。情報公開を促進してくうえで、大事な答弁だと思います。

コゲラ(国内でいちばん小さいキツツキ)
b0190576_01040603.jpg
お知らせです
b0190576_01041352.jpg


homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-03-24 01:08 | 市政報告 | Comments(0)

予算案をめぐり迷走する並木市政   

共産党 村山議員が質す
 東久留米市議会の3月議会は、17日から当初予算案(来年度予算案)の審議に入っています。まず総括説明に対し、日本共産党を代表して村山順次郎議員が質問。とくに、今回の予算案の提出の仕方などを含めた問題点について質しました。

 村山議員が取り上げた一連の事態は、こういうものです。

【2日から3日にかけて起きたこと】
補正予算案を否決
 家庭ごみ有料化のためのごみ袋製造などの業務を委託するための補正予算案は否決されました。議会は延会し、休会日だった翌日も急きょ本会議が開かれました。
 有料袋を製造・管理・配送する業者の選定を昨年8月にプロポーザル方式で決めたものの、年度内に調整がつかず、改めて競争入札で選定し直す。そのため、繰り越し明許費の追加、2017年度末までの債務負担行為を設定する、との補正予算です。初日に即決してほしいというのが市の姿勢でした。
 村山議員の質問に市側は答弁不能に陥るなどしたため、他の会派からも批判がおこり、補正予算案は否決されました。

【10日に起きたこと】
市が新たな補正予算案提案 「当初予算案とセットで審議を」と
 一般質問終了後、議会運営委員会が開かれました。7月1日に予定していた家庭ごみ有料化を10月1日に延ばすための議案と、新たな補正予算案を提案。市側は、当初予算には矛盾があり、補正予算とセットで審議してほしい、と。
 本来、まだ成立していない当初予算を「補正する」ということはできません。すると、「あくまで、予算特別委員会に付託し、当初予算と一緒に審議してほしいということ」との説明です。しかし、本来は、いったん当初予算をとりさげて出しなおすのがスジではないか。共産党・民進党・市民自治フォーラムは付託に反対しましたが、本会議へ。
 しかし、そこで、久留米ハートネット・社民党も付託に反対し、付託はなりませんでした。そのため、補正予算案は本会議でとまっている状態です。
 本来は、付託できなかったのですから、そこで即決されるべきですが、当初予算より先に議決ができない補正なので、議会最終日に当初予算の結論が出たのちに採決するということになります。

【17日に起きたこと】
「イレギュラーな形だがご審議いただきたい」と市長
 そして、予算特別委員会。しかし、市側からはいっさいの説明もなし。村山議員が質問すると、市長は「イレギュラーな形だがご審議いただきたい」。また、副市長は、議会の判断でこうなっている(イレギュラーな形)、ととれる説明を長々と。こういう事態を招いている責任を本当に感じているのか疑問です。
村山議員 「質すべきは質す」
 村山議員は、問題を厳しく指摘するとともに、予算特別委員会において、市民のくらしや要求にたち、質すべきは質していく姿勢を表明しました。
 市議会民進党の佐藤一郎議員も、市側の姿勢、当初予算の矛盾について問題点を指摘したうえで、質問されていました。

 予算特別委員会は、残り3日間。21日、22日、23日です。ぜひ、傍聴にいらしてください。

カワセミ
b0190576_23023393.jpg

homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2017-03-20 23:04 | 市政報告 | Comments(0)

厚生委員会の結果をお知らせします 東京・東久留米市議会   

午後1時から8時すぎまで
 3月14日、厚生委員会がありました。議案5件、請願9件。午後1時から8時すぎまでかかりました。傍聴の方も多数みえました。なかには、小さな赤ちゃんを抱っこしたお母さんも。提出した請願の審査とのタイミングがあわず、聞けずに帰られた方もいらして、申し訳ない気持ちです。取り急ぎ、厚生委員会の結果をお伝えします。

【全員賛成】
▽議案第5号 東久留米市障害者地域生活支援事業の費用負担等に関する条例の一部を改正する条例…可決(全員賛成)…重度身体障害の方の訪問入浴事業を実施するための改正

▽議案第6号 東久留米市デイサービスセンター条例及び東久留米市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例の一部を改正する条例…可決(全員賛成)…4月から始まる介護の総合事業実施に伴う条例改正

【共産党は反対】
▽議案第7号 東久留米市国民健康保険税条例の一部を改正する条例…可決(共産党は反対)…来年度の国保税。約500万円の引き上げ。1人当たりにすると年131円ほどで、低所得者は値上げになりません。ただ、均等割が3400円(医療分・後期支援分・介護分あわせて)上がり、5万5600円になります。多子世帯の負担は深刻です

▽議案第20号 東久留米市廃棄物の処理及び再利用に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例…可決(共産党は反対)…家庭ごみ有料化の実施時期を3カ月延ばして、10月からとする内容。延期ではなく、中止すべきでは

【請願 共産党は採択主張】
▽請願第1号 市立さいわい保育園の1歳から3歳児クラスの空き保育室を活用することを求める請願…不採択(共産は採択)

▽請願7号 公立保育園の存続を求める請願…不採択(共産は採択)

▽請願8号 他自治体でも例のない公立保育園全園廃園計画の見直しを求める請願…不採択(共産は採択)

▽請願9号 東久留米市公立保育園の全園民間化計画の撤回及び公立保育園の存続を求める請願…不採択(共産は採択)

▽請願10号 東久留米市認可保育所及び小規模保育所の開設に当たっては運営事業者選定の公平性と透明化、保育の質の確保を求める請願…不採択(共産・久留米は採択)

*請願11号 中央児童館は公設公営での運営の続行を求める請願…不採択(共産は採択)
*請願12号 学童保育所の待機児童解消を求める請願…不採択(共産は採択、民進は趣旨採択、自民・公明・久留米は不採択)

▽請願13号 待機児童を解消するために認可保育園の増設を求める請願…不採択(共産は採択、民進は趣旨採択、自民・公明・久留米は不採択)

▽請願14号 家庭ごみ505グラム達成に向けた取り組みの実施を求める請願…不採択(共産・久留米は採択、自民・公明・民進は不採択)

【厚生委員会の構成】
 厚生委員会の構成は、委員長が小山實議員(自民クラブ)。委員は、島崎孝議員(自民クラブ)、三浦猛議員(副委員長・公明党)、原のり子(日本共産党)、富田竜馬議員(市議会民進党)、宮川豊史議員(久留米ハートネット)

【最終的な可否は最終日の本会議(3月27日)で】
 すべて、本会議(最終日)で全議員により採決をおこない、可否が決定します。


カワセミ

b0190576_13522494.jpg


homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2017-03-15 13:54 | 市政報告 | Comments(0)