<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

来年度予算案 市長の公約は軒並み後退   

 1月25日、来年度予算案の説明がありました。くわしい調査はこれからですが、市民の願いに応えるものもあり、きちんと分析していきたいと思います。ただ、市長の公約にかかわるところでは、軒並み後退しています。
コミバスは予算化なし
 とくに、コミバス(コミュニティバス)は何も予算化なし。市長が、「自分の任期中はできない」としてしまったとはいえ、市の基本計画では位置付けられている事業なのですから、調査・検討は継続すべきです。
保育のあり方を市民参加で検討することも投げ捨て
 また、市長の公約である、保育のあり方について市民参加で検討していく、ということについては投げ捨て、保育料・学童保育料の改定について社会福祉審議会の子育て支援部会で検討する、ということを予算化。請願が採択されている、認可外保育の保育料の負担軽減については、予算化されていないだけでなく、子育て支援部会で議論することにもなっていません。
保育園民営化をさらに推進
 さらに、みなみ保育園の次に民営化する保育園について、9月議会で示したい、と。また、イオンの中に、「地域貢献施設」として情報発信施設を導入するとしていましたが、それも「できない」…など。
 市長は、いったい何をやりたいと思っているのか、公約への責任をどう考えているのか…。3月議会も大変な議会になると思います。

  飛び立つコサギ(黒目川)
b0190576_14541860.jpg

by hara-noriko | 2012-01-26 14:54 | 市政報告 | Comments(0)

多摩六都フェア「ぴゅああーと展」始まる   

 1月18日、多摩六都フェア「ぴゅああーと展」がはじまりました。20日まで、市役所1階の市民プラザホールにて。午前10時~午後5時です。
 多摩六都フェアは、5市(東村山、小平、清瀬、西東京、東久留米)で構成される、多摩北部都市広域行政圏協議会が主催する市域をこえた文化事業です。「ぴゅああーと展」は、圏域に在住、在勤、在学されている障がいのあるみなさんの絵画、陶芸、書道などの作品を、専門家が選考し、展示するもので、今回で6回目。今年は、235点もの応募があったとのこと。そのなかから、94点が入選したそうです。
オープニングセレモニーに出席
 初日はオープニングセレモニーがあり、私も参加しました。選考にあたった武蔵野美術大学の大坪圭輔教授が講評されました。…年々すばらしい作品になっているのは、技術的なことだけではない。みなさんが、安心してのびのびと暮らせるその環境が充実しなければこういう作品はうまれない。この地域には、そうした支える力があるということだと感じる。みなさんの作品に個性があるのは、人と人とのかかわりがあるからこそ。これからもそこを大事にしてほしい。大学としても、地域に貢献していきたい…。こういう趣旨のすばらしいお話しでした。
 以前、のぞみの家(市内下里にある身体障害者通所授産施設)の作品展にうかがったときに、職員の方が、日々のくらしのなかで楽しかったことや悲しかったことなどを、一緒に話し合いながら作品が生まれていく、ということを話してくれたことを思い出します。そして、障がいのある人たちが、「安心してのびのびと暮らせる」ように家族のみなさん、関係者のみなさんが、息長く運動を続けていることの意味の大きさを改めて実感します。今日も、たくさんの関係者のみなさんがスタッフとして動かれていました。本当に頭が下がります。
 東京フィルハーモニーによる、木管五重奏のコンサートもこの作品展にぴったりの雰囲気で、すてきでした。
 どの作品もすばらしく、感動します。なぜでしょう、毎回、とても前向きな気持ちにさせてくれるのです。ぜひ、たくさんの方に観てほしいです。
のぞみの家の作品展も
 市役所の向かいのスペース105では、19日まで、のぞみの家の作品展も行われています。

by hara-noriko | 2012-01-18 19:31 | 活動日誌 | Comments(0)

消費税増税と社会保障改悪が一体なんて   

学習会に参加して
 1月14日、日本共産党東京都委員会の主催で、消費税増税と社会保障改悪問題での学習交流会がありました。私は篠原重信議員と一緒に参加しました。参加者は、全体で320名にもなりました。
 当初国は、社会保障のためには消費税増税はやむをえない、という打ち出し方をしていましたが、6日に示した「素案」では消費税増税もするし、社会保障も改悪する一方で、大企業大資産家の減税や「軍事費」は聖域化。二重三重に庶民の負担を重くするというとんでもない内容です。
 消費税が10%になった場合、年収400万円の世帯では年間11万円の負担増になります。その上、年金・医療・介護・保育・福祉の全域で負担増とサービス切り捨てが進められる…。くらしは壊れてしまいます。どうしてもストップをかけないと!
 そもそも、「政権担当期間中、消費税増税をしない」と選挙で公約した民主党政権に、増税法案を提出する資格はないのです。1月15日付のしんぶん「赤旗」日曜版は、この問題について、詳しくわかりやすく伝えています。ぜひ、ご覧ください。また、この機会に、ご購読いただければうれしいです。(日刊紙は、月3400円、日曜版は800円です)
市政報告・懇談会も開く
 夜は、市政報告・懇談会でした。寒い中、25名ほどのみなさんが参加してくださり、有意義な懇談となりました。みなさんからいただいた要望・意見をふまえ、3月議会・来年度予算に向けとりくんでいきます。ありがとうございました。

  ハクセキレイ(黒目川)
b0190576_11533293.jpg

by hara-noriko | 2012-01-16 11:54 | 活動日誌 | Comments(0)

新成人に訴えました   

 1月9日、成人式に出席しました。午前11時からの式の前に、村山順次郎議員のよびかけで、成人のお祝い宣伝に参加。民青(日本民主青年同盟)の人たちと一緒に、チラシを配布し、お祝いのメッセージをマイクで伝えました。
 今年の成人の日は、とても考えさせられました。被災地では、成人の日を迎えられなかった方たちもいる。そういう悲しみのなかで成人の日を迎えた方たちもいる。そして、そのことを若いやわらかい心で感じとっている多くの若い人たちがいる…。
 宣伝には無関心な感じで通り過ぎる人も多いけれど、表面だけではわかりません。3・11という事実に、多くの若い人たちが、自分はどう生きていくのか、考えていると私は感じています。
 そういう若い人たちの気持ちに寄り添う政治こそ、今、求められていると思います。必ず、社会を変えていくことはできる…。その希望を多くの人たちと語りあっていきたいです。

民青と日本共産党の共同プロジェクトで、被災地支援
 民青と日本共産党の共同プロジェクトで、被災地支援を行なっています。今後のくわしい支援計画や、民青や共産党の活動について知りたい方は、以下のところへお問い合わせください。
 日本民主青年同盟東京都委員会 03-3405-1552
 日本共産党東京都委員会     03-3370-0494
 また、日本共産党東久留米市議団(nkt-jcp@moon.odn.ne.jp)にご連絡いただければ、返信いたします。

  飛ぶゴイサギ(黒目川)
b0190576_15231458.jpg

by hara-noriko | 2012-01-10 15:24 | 活動日誌 | Comments(0)

市民のための予算実現へ 新春初宣伝   

 1月4日(火)、新年最初の共産党市議団の朝宣伝を東久留米駅西口で行ないました。その後、市役所の各部署へ新年のあいさつ。さっそく、どの部署も忙しそうでした。
 市長は、「年末年始、改めて大震災について考えさせられた」「来年度予算を成立させていくために全力を尽くす」と。市長は、この間、来年度予算を何としても成立させたい、とくりかえし意気込みを語っていますが、その前提は、市民との約束を守り、「市民参加、対話、合意形成」を貫いていくことだと思います。予算だけ形を整えよう、というわけにはいかないと思います。
 そこをしっかり追求しながら、「市民のための来年度予算」実現へ、日本共産党市議団としても努力をしていく決意です。

  新年最初の朝宣伝
b0190576_19212956.jpg

by hara-noriko | 2012-01-04 19:19 | 活動日誌 | Comments(0)

ことしも市民とともに歩みたい   

 2012年がスタートしました。昨年は、3月11日に東日本大震災があり、その直後の4月に東久留米市議選がありました。大震災の被害のあまりの大きさと、原発事故の深刻さのなかで、自分がどのように活動していくか、悩み考えさせられました。このとき、市民のみなさんと小集会をたくさんおこない、ひざづめで話し合いました。新しい事態がおきているなかで、自分としても「こうすればいい」と答えをもてないこともたくさんあります。そんななか、話しあうことで新たな知恵や希望ももてる…と実感し、確信になりました。
 3月議会で日本共産党市議団として予算組み替え案を提起しました。イオン誘致や大型道路建設、学校給食の民間委託などを見直し、くらしを守る。その一つとして、放射能汚染から市民を守るために、放射線量測定器の購入を提案しました。実は、これも市民の方から「自治体として測定器を購入する必要がある」と提案があり、組み替え案にもりこんだのです。そのときは、組み替え案は否決されてしまいましたが、その後、市として測定器を購入し、市内約300か所の測定実施に結びつきました。
 やはり、「市民のみなさんとともに考え、歩んでいく」、このことが一番大切だと思います。その姿勢で努力していく1年にしたいと思っています。
 昨年の12月18日に、このブログへのアクセスが1万人をこえました。また、今年もおつきあいいただけるとうれしいです。本年もどうぞよろしくお願いします。

  朝日に輝く川霧(黒目川)
b0190576_045616.jpg

by hara-noriko | 2012-01-01 00:05 | 活動日誌 | Comments(0)