<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

共産党市議団の予算組み替え案   

 日本共産党市議団は、3月22日の予算特別委員会に来年度予算案に対する組み替え案を提出しました。共産党市議団4人以外の賛成はなく否決されました。その内容を紹介します。

【組み替えを求める理由】
 (1)東日本大震災から2年がたったが、被災者のみなさんの生命とくらしは、今なお脅かされている状況である。犠牲になられた方に心から哀悼の意を表すとともに、真の復興に向け、できうる支援の継続を改めて誓うものである。
 東日本大震災後、わが市での防災対策も見直しが必要となり、対策がすすめられてきたが、来年度、地域防災計画を市民参加で見直すとともに、抜本的な災害対策をすすめるべきである。その立場から、緊急に対応すべき施策を予算化する。

 (2)市長は、施政方針に対するわが会派の総括代表質問に対し、「情報公開、市民参加、市民対話を基本姿勢としたプロセスを通じて合意形成を図ることに努めてとりくんでまいりました」と答弁したが、来年度予算案に突如として、くぬぎ児童館の廃止をもりこんだ。しかも、利用者の意見はいっさい聞いていないことを認めた。このような市民不在の進め方は許されない。くぬぎ児童館の廃止は中止し、耐震補強工事を行なうべきである。
 また、下里作業所への児童館新設、大道幼稚園の跡利用は関連をしている事業であり、これらは市民参加で検討し直すべきである。

 (3)2月28日、市は、みなみ保育園民営化について、法人との間での基本協定締結を強行した。専任できる園長についても決定せず、付帯意見の取り扱いも不透明なまま、三者協議も行われていないなかでの強行は許されない。
 引き継ぎ予算については、みなみ保育園の職員に相談することもなく計上したことが明らかになった。しかも、公募要項より大きく上乗せをしている。市長いわく、「公募要項にもとづき、さらに手厚くした」との引き継ぎ予算は、保育の実態にそぐわないものであると同時に、法人の要請をそのまま受け入れたというもので、予算の組み方として問題である。
 本来、このような民営化は中止すべきと考えるが、協定が結ばれたもと、まずは、いったん立ち止まり保護者との協議を求める。そして、4月から引き継ぎを行う、となっていることから、引き継ぎ予算については、公募要項で規定されている範囲に修正する。

 (4)来年度の歳入で、市民税が減額すると見込んでいることからも、市民の経済状況は厳しいことは明白であり、さらに、生活保護受給者が、昨年度よりも163名増え、2月1日時点で2157名となったことが明らかになった。
 市は、くらしを守る立場から、できうる手を打つべきであるが、実際には下水道料金の値上げをはじめ、市民負担を強化している。
 国においては、消費税増税、社会保障の切り下げがすすめられようとし、今年の10月からは3年間で年金を2・5%も削減されようとしている。もともと、後期高齢者医療制度の保険料の負担が重くのしかかっており、高齢者の暮らしは大変厳しくなっている。
 高齢者が安心して生活できるように、せめて市ができることとして、後期高齢者医療制度の健診について、自己負担を廃止することが必要である。

 (5)市長は、「市民参加で見直す」との公約を投げ捨て、イオンショッピングセンター誘致を推進した。周辺の道路状況も貧弱なうえ、交通安全対策も不十分なまま、間もなくオープンされようとしている。近隣住民の不安はまったく解消されていない。
 こうしたなかで、地区計画策定をすすめることについての合意形成は図られておらず、その関連予算は凍結すべきである。
 また、大型商業施設の出店に伴い、商店街への影響について調査するとした商店街調査業務委託については、実施の目的、方法、調査結果の生かし方などについて十分精査されたとは考えにくい。整理して、出し直すべきである。

 (6)子どもたちが、「いじめ」や「体罰」で尊い命を落とすという、痛ましい事件が起き、改めて子どもの命を社会全体で守り、のびのびと育っていけるようにできることをすべきである。
 市として、子ども議会を実施し、子どもたちの意見をよく聞き、市の施策にも反映させていくことは、子どもを大きく激励するだけでなく、行政としても大いに学ぶ機会となり、実施すべきである。
 また、政権が代わり、学力テストについては、改めて強化する方向であることが明らかになった。「全国一斉学力テスト」は地域間、学校間の競争をあおり、序列化され、テストの点数を上げる事が教育の目的のようになっている実態も指摘されている。真の学力向上のため、大切なのは、どの子どもにもわかりやすい授業が保障されることである。国の学力テストに加え、東京都の学力調査もあり、その上、市独自のテストまで実施することについては改めて検討し直すべきである。とくに、国と市のテストは、日程的に同時期に行われることからも、子どもへの負担を考慮すべきである。

 (7)以上、(1)から(6)で述べた点が、今回の組み替えを求める理由である。あわせて、組み替えには入れていないが、見直しが必要な項目について以下に意見を添える。
 現在、都市計画道路を3本同時に建設していることについて、これまでくりかえし、見直しを求めてきた。わが市の財政状況を考えれば、3本同時建設は大きすぎる負担である。しかし、見直されることはなく推進された。現在の用地買収率等も含め総合的に判断し、今回の組み替えには入れないが、今後の負担をできるだけ軽減すること、新規路線の着手は行なわないことを強く求める。
 地域交通の市民ニーズ調査については、長期総合計画にそったものとして実施することを求める。
 学校図書館司書配置事業については、突然、委託での実施に変更されたが、学校教育との連携の点からも、また、コストの点からも直営での実施を求める。

【組み替えの内容】
 (1)(仮称)北部地域児童館新築工事に伴う基本・実施設計委託を削除する。490万円
 (2)みなみ保育園引き継ぎ業務委託について、公募要項で規定されていない上乗せ部分について削除する。926万5200円
 (3)商店街調査業務委託を削除する。87万2000円
 (4)「用途地域等変更計画策定業務委託」のうち、「南沢地区整備計画策定業務委託」を削除する。206万5000円
 (5)小・中学校学力調査を中止する。150万8000円
 (6)以上、(1)から(5)により生み出される財源(1861万200円)を、以下の施策に振り向ける。
  ◇くぬぎ児童館の耐震補強設計 610万円
  ◇木造住宅耐震改修助成 300万円
  ◇家具転倒防止器具助成 300万円
  ◇後期高齢者医療健康診査の自己負担(500円)廃止 350万円
  ◇子ども議会の開催 5万円
  ◇残額(296万200円)を財政調整基金に積み立てる

  満開の桜(黒目川)
b0190576_1851546.jpg

by hara-noriko | 2013-03-24 18:51 | 市政報告 | Comments(0)

予算特別委員会 予算修正案を可決   

共産党は予算組み替え案を提出
 3月22日は予算特別委員会の最終日でした。夜中の11時55分に終了しました。
 来年度予算案に対し、共産党としては、予算組み替え案を提出。残念ながら、共産党市議団4人以外の賛成はなく否決。その後、公明・自民・民主より修正案が提出され、ほかにみんなの党、桜木議員(社民党)、白石議員、宮川議員も賛成し、可決されました。市長提案の予算案そのものに賛成したのは、間宮議員のみということになりました。
 今年度予算を専決処分したことについては、間宮議員とともに承認していた白石議員も修正案賛成にまわりました。また、社会市民会議2名は、態度が分かれました。
修正案の提案理由
 修正案の提案理由は、「現下の厳しい財政状況にもかかわらず、平成25年度予算案は新規事業が目白押しとなっており、結果プライマリーバランスが崩れ、財政規律が保たれなくなっている。特に、公有地の売却、臨時財政対策債の満額発行予定、財政調整基金の繰入れによって組まれた予算を我々は認めるわけにはいかない」と書かれています。
問われる予算案修正の立場
 たしかに、市長の提案は、精査されないまま出された新規事業など、是正すべき点が多々あります。ただ私は、是正するときに、どういう視点で行うかが大事だと思うのです。情報公開・市民参加がきちんと行われているのか、市民との約束は守られるのか、市民のくらしに負担をかけることにならないか…。私はこの点で、修正案のなかに、認可外保育施設保護者補助、私道整備補助などを削除し、学校図書館司書配置も7校の予定を4校に減らすなどが含まれていることについては賛成できません。
 なお、26日最終日に、改めて全議員で討論、採決をおこないます。
 共産党の予算組み替え案は、次回で紹介します。

by hara-noriko | 2013-03-24 17:47 | 市政報告 | Comments(0)

東日本大震災から2年   

 3月11日、東日本大震災から2年がたちました。市議会でも、午後2時46分に黙とうをし、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしました。
しんぶん「赤旗」報道を読んで
 しんぶん「赤旗」でも、毎日、被災地の状況を報道しています。そのなかで、10日付の「被災地ルポ 宮城の仮設住宅」の記事を読んで、胸がしめつけられました。
 2年たって、生活が落ち着くのでなく、悲しみと先行きの不安が被災者の方々をおそっているのだと…。72歳の女性は、仮設に入ってから1年目に自殺未遂。「津波で夫が亡くなったことも納得できない」「息子が働きにいっているあいだ、ひとりで仮設にいると、なんでこんなところにいるのだろうと思う」「復興や希望という言葉を聞くと置いていかれた気分になる」と。また、自治会長をつとめる山上さん(52歳男性)も、「つい最近、自殺しようと思い詰めていた」と。
 心を支える支援、先行きに希望のもてる政治の実現が本当に求められていると思います。私も、できることを息長くやっていきたい、そして、政治を変えるために努力したいと思います。
市議会で一般質問に立つ
 さて、11日、一般質問をおこないました。何度やっても、「うまくできたな」ということはなかなかなく…今回も反省することが多々あります…。十分でなかったことは、今後の厚生委員会や予算特別委員会で取り組みたいと思います。以下少しだけ報告です。
下里団地バス停から武蔵小金井行のバスの新設を
 *下里団地バス停から武蔵小金井行のバスの新設を(今は滝山営業所、花小金井までしか行けないうえ、本数も少ない)。すぐにできない場合、乗り継ぎ割引などの実施を。~西武バスに交渉していきたい。
通学路の危険個所に、交通擁護員の配置を
 *もうすぐ入学期となる。通学路の危険個所に、交通擁護員の配置を。~学校・PTAと協議して検討する。
 *みなみ保育園、待機児問題、保育園の駐車スペース確保についても質問しました。
 ひきつづき、委員会で議論していきます。また、報告します。

by hara-noriko | 2013-03-12 23:11 | 市政報告 | Comments(0)

あす4時すぎ、私が質問に立ちます   

 明日、一般質問の最終日ですが、共産党市議団は午後1時からになりました。私は、いちばん最後なので、4時半ごろになりそうです。

磁気ループ、好評です
 今議会から、議場に磁気ループが設置され、聞こえやすくなりました。補聴器のスイッチをTスイッチに合わせ、指定のエリアに座ります。もしくは、受信機を借りて聞くこともできます。実際に利用した方たちから、はっきり聞こえた、と声が寄せられ、好評です。本会議場だけでなく、委員会室にも設置されます。
 希望されるときは、議会事務局に申し出てください。
 磁気ループは2年半前、共産党の議員研修会でも話題になり、糸魚川議員(当時)がそこで学んだことを、難聴者の方のご意見をうかがいながら市議会でとりあげたことが最初です。その後、さいわい福祉センターに設置され、庁舎や議場にも設置するよう、市議団としても継続して求めてきました。開かれた市役所・議会への大切な施策が、議会一致しての実現…よかったです。このほかにも、「市役所や議会がもっとこうだったらいいのに」という、みなさんのご意見をぜひお寄せください。改善に取り組んでいきたいと思います。

by hara-noriko | 2013-03-10 15:49 | 市政報告 | Comments(0)

みなみ保育園民営化 保護者との合意形成投げ捨て   

 3月4日、市長が行政報告をしました。みなみ保育園の民営化では、保護者との合意形成を投げ捨て、市は法人と基本協定を締結しました。強行突破です。こんなことが起きていいのか…。行政がこんなことをしていいのか…。
 しかし、5日の総括代表質問で他の会派より、「平成26年(2014年)4月に、子どもが通う保育園がどこにもない、ということを起こさないために、議会の指摘を受けぎりぎりまで延ばしながら協定を締結した。可能な限り保護者に配慮した対応だったと考える」という趣旨の発言があり、本当に驚きました。さらに、「みなみ保育園の選定で明らかになった問題点を、より厳しい選定基準にして改善するよう、専門家も入れて見直しを」と…。
 みなみ保育園の問題は終わったことではなく、今、これからが本当に重要です。問題点を明らかにし、あいまいにしないでとりくみます。
 今回、共産党からは、私が代表質問に立ちました。馬場市長任期最後の施政方針に対する代表質問だったので、市長の政治姿勢に対する質問が中心になりましたが…正面からの答弁がほとんどなかったように感じました。なんともすっきりしませんが、今日(5日)質問したことをベースに、今後1カ月間、議会で論戦していきます。
 総括代表質問で、注目されたのは、市議会民主党の発言でした。「市長が今年度予算を専決処分にしたことは、二元代表制を否定するともとれる対応で、前代未聞」と厳しく批判し、「これまでは支える立場だったが、今後は是々非々で対応する」と。
 また、様子をお伝えします。

  タシギ(黒目川)
b0190576_074857.jpg

by hara-noriko | 2013-03-06 00:08 | 市政報告 | Comments(2)

議会初日に何が起きたのか   

 3月1日は、議会初日でした。
本会議の冒頭、市長が陳謝し減俸を自ら提案
 まず、朝9時からの議会運営委員会で、高額療養費の大幅な伸びのため、初日に補正予算を出す必要が生じ、そのため、予算特別委員会で審査を予定していた国民健康保険特別会計補正予算をいったん取り下げることが提案されました。子ども子育て会議条例のとりさげに続き、また…です。
 市長は、責任の所在を明らかにすると言いつつ、いつ示すかは明言しませんでした。結局、市長は休憩をとり、本会議の冒頭で陳謝・減俸を自ら提案する、となりました。(本会議で可決されました)
子ども子育て会議の再提案?
 ところが、今度は、先日取り下げた子ども子育て会議について、本定例会中に再度提案したいのでご了承いただきたい、と発言。質問すると、厚生委員会までに提案するとのこと。私は厚生委員なので議論できますが、すでに一般質問は終わってしまった状況で提案することは、議員の質問権との関係で、問題無いのか…? やはり、子ども子育て会議の予算は凍結し、条例案は6月議会に再提案すべきではないでしょうか? 議論したのち、市長が正式に提案した段階で、議運で議論することになりました。
市長による予算の専決処分を議会は「不承認」
 さて…、今年度予算成立を放棄した市長が、専決処分を行なった事に対し議会の結果は、19対2で「不承認」でした(不承認…自民4、公明5、共産4、民主3、社会市民1、みんな1、久留米1。承認…社会市民1、ネット1)。予算否決の時点では、15対6(否決…自・公・共・み・久、可決…民・社・ネ)だったので、市長の進め方は問題だと考える議員がふえた、いうことではないでしょうか。
 採決後、沢田議員(公)より「議事進行」がだされ、不承認となった責任を市長がどう示すのか確認がありました。そこでまた長い休憩に…。その後、「法にもとづき説明責任を果たす。広報・ホームページで周知する」との趣旨の市長の発言が…。責任の重みを感じているのでしょうか…。
 結局議会は、夜10時すぎに延会。4日(月)午前9時半から市長の行政報告が行われます。

東京農民連の総会に参加
 写真は、東京農民連の総会(3月2日)の様子です。報告しているのは、田中三五郎会長。私は、1期目のとき農業委員を務めたことがきっかけで、農民連の会員になりました。今年も、苦労しながら東京で農業を続けている方々のお話しを聞けて、とても勉強になりました。
b0190576_133949.jpg

by hara-noriko | 2013-03-03 01:33 | 市政報告 | Comments(0)