<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

多摩北部医療センターの充実を求めて要請   

 「地域の小児医療をよくする会」(旧・清瀬小児病院を守る会)は、多摩北部医療センターの充実を求めて要請を行ないました。4月24日(水)は多摩北部医療センターへ、25日(木)は東京都庁へ行きました。私は、小児病院を守る会の立ち上げから現在まで、幹事会のメンバーです。
小児外科外来の設置・産科とNICUの設置を求める
 主な要請項目は、小児外科外来の設置・産科とNICU(新生児集中治療管理室)の設置です。回答としては、設置する考えはない、というものでしたが、私は全体として大事な要請になったと感じています。
 私達は、小児病院が廃止されて数カ月たった2010年9月にも申し入れを行ないましたが、このときに救急の受け入れの改善を強く要望しました(このブログでも報告しました)。この時の要望について、多摩北部医療センターでは、努力・改善が行なわれてきたことがわかりました。東京都の病院経営本部としても、多摩北部医療センターの医師・看護師の人的支援についてはすすめていきたい、との発言もありました。私は、やはり市民の声を伝えていくことは大事だと実感しました。
看護師さんから寄せられた手紙
 私は、都庁での要請のときに、ある産婦人科の看護師さんから寄せられた手紙を紹介しました。
 多摩北部に呼吸器疾患の赤ちゃんを受け入れてもらい助かっている反面、循環器疾患の赤ちゃんは東京都府中(ふちゅう)市の小児総合医療センターまで搬送されていること。そのため、帝王切開で出産したばかりのお母さんが、1日8回の搾乳を冷凍して辛い体でタクシーなどを使って赤ちゃんに届けていること。本当は1カ月は安静にしていなければならないのに、大変なストレスがかかっていること…などの状況を説明し、多摩北部医療センターをより充実してほしい、と訴える内容です。
 その他にもたくさんの切実な声が発言されました。東京都の担当課長も、妊産婦さんの負担や一刻を争う場合もあるのはわかる、と…。
大事な都議会議員選挙
 私は、今回の要請を通じて、これからも折を見て懇談していくことが大切だと感じました。一緒に、地域の小児医療をよくしていく立場で。同時に、都議選は大事になるな、と実感もしました。
 小児医療をよくする会の副会長でもある畠山まこと北多摩4区都政相談室長は、小児病院を守る会の立ち上げのときから、地域のみなさんととりくんできました。選挙のときだけこの問題にとりくんでいるわけではないのです。小児病院存続の公約を破って廃止容認に転じた人、もともと廃止推進だった人…がこの地域の現職都議ですが、安心して子どもを産み育てられる地域をつくっていくためには、畠山さんを今度こそ送り出さなければ、と強く思っています。

 *この要請には、畠山まことさんのほか、尾崎あや子さん(北多摩1区都政相談室長)、清瀬市、東村山市の共産党市議団、東久留米市議団からは、永田まさ子さん(よくする会副会長)と村山順次郎さんも参加。25日は大山とも子都議も同席してくれました。

  多摩北部医療センターの事務長(左)に申入書を手渡す「よくする会」の小野幸子会長
b0190576_20423362.jpg

  東京都庁の病院経営本部との懇談
  看護師さんからの手紙を読み上げる原。右は原田ひろみ清瀬市議
b0190576_20425765.jpg

by hara-noriko | 2013-04-28 20:43 | 活動日誌 | Comments(2)

くぬぎ児童館をなくさないで   

 馬場市長は、市民の声も聞かず、くぬぎ児童館(前沢4丁目)を今年度中に廃止すると、3月議会の施政方針でうちだしました。市長は、下里の放置自転車集積所(下里2丁目)に「移転」し、ここに新しく北部地域の児童館をつくるといいます。そして、その自転車は、旧大道幼稚園(前沢4丁目)の園庭に運ぶといいます。旧大道幼稚園の園舎については、防災倉庫と教育相談室(西中の横から移転)として使うといいます。
共産党市議団が市長に申し入れ
 しかし、今年度の予算は修正可決となり、そのなかでは、下里への新設児童館の設計予算は削除となりました。これによって、くぬぎ児童館の廃止をはじめ、市長の計画は動かせないはずであり、この計画の市民参加での見直しを求め、共産党市議団として18日に申し入れを行ないました。
 市長は、「今日は申し入れを受けました、ということでお願いしたい」という対応でした。私は、くぬぎ児童館は運動できる庭がある貴重な児童館で、子どもたちにとても人気があること、地域にも根差し、とても大切にされていることを話し、一方的な廃止はしないように求めました。耐震診断の結果、補強が必要であるとなっており、早急に手立てをとるべきです。
市長は市民の声を聞くべきです
 北部地域に児童館を、ということももちろん重要です。以前に、小山・幸町のお母さん、お父さんたちと一緒に、児童館設置を求めるとりくみに参加しました。しかし…下里2丁目の大きな道路を挟んで向かいに氷川神社があるあの場所が、果たして「北部」といえるのでしょうか。市民の声を聞くべきではないでしょうか。
計画は白紙に戻して
 いずれにしても、いったん白紙に戻して検討し直すべきです。情報公開も市民参加も対話もないまま、子どもたちの大切な居場所が無くなる…こんなことは許されないです。大道幼稚園にしても、子どもたちの大切な幼稚園を廃止したのですから、少なくとも、跡利用は子どもたちに寄与するものでなければいけないと私は思います。自転車置き場になってしまう…本当にそれでいいのでしょうか。
 とにかく、問題は子ども・市民不在でことを進めていることです。「くぬぎ児童館をなくさないで!」と改めて求めていきます。

  馬場市長(左)に申し入れる共産党市議団
b0190576_0365695.jpg

by hara-noriko | 2013-04-25 00:36 | 市政報告 | Comments(2)

柳久保小麦でまちおこし   

 4月7日、NHKの「サキどり」という番組で、東久留米市の柳久保小麦についてとりあげられ、改めて話題になっています。
 4月19日には、農民連発行の「農民」新聞の勝又編集長が、東久留米市の柳久保小麦についての取材に訪れ、私も同行しました。まず、産業振興課長に市のとりくみや課題について説明を受けたうえで、生産者の方、小麦を使っての製品をつくっている方、販売している商店の方にお話しをうかがいに行きました。
幻の小麦が復活して10年余
 2003年(平成15年)に作付けしてスタートした、柳久保小麦でのまちおこし。幻の小麦が復活して、10年余となります。柳久保小麦は、丈が長いので倒れやすいが、病気には強く農薬に頼らなくていい、根っこに土壌殺菌の効果がある、などの優れた特性があるそうです。また、高齢化などで農地を手離すことを検討していた人でも、小麦は比較的手がかからないので続けることができる、という声もあるそうです。畑が荒れるのを防ぎ、消費者には、畑の多面的な機能を理解してもらえる、と。ただ、野菜をつくるときと同じようなレベルでの収益があがるわけではないため、どの農家でもとりくむというわけにはいかない、ということが課題ということです。
おまんじゅう、うどん、かりんとう、パン…
 製品化するうえでも、様々苦労はあるとのことですが、香りがあるので食べたときの風味がいいと…。これは、本当にそうですね。おまんじゅう、うどん、かりんとう、パンなど。
 今回、取材の同行をさせてもらって、とても勉強になりました。「農民」新聞に記事が載ったら、また、お知らせします。「たまろくナビ」を検索すると、東久留米の特産品として歴史も含め紹介されています。


  柳久保小麦です
  寒くて曇った日でしたが、緑がきれいで、もう穂が出ていました
b0190576_22463535.jpg

b0190576_2247036.jpg

by hara-noriko | 2013-04-23 22:47 | 活動日誌 | Comments(0)

東久留米にも国民救援会の支部が誕生   

 4月17日、東久留米にも国民救援会の支部が誕生しました。夜にもかかわらず、会場いっぱいの参加者でした。私も、娘(15歳)と一緒に参加しました。
 その娘と、先日、映画「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」を観ました。仲代達矢さん、樹木希林さんなど、俳優の方たちの素晴らしいお芝居により、事実がより迫ってきました。冤罪により人生を狂わされる、こういうことが本当にあってはならないとつくづく思いました。高齢になった奥西さんが今なお無実を訴え続けている、それを支えている弁護士さんや救援会の人々…人としての尊厳をかけたとりくみに胸がしめつけられます。あたりまえのことが通らない理不尽な社会を変えていかなければならない…心の底からそう思います。
 今回の結成総会では、「三鷹・バス痴漢冤罪事件」の津山正義さんがお話しをしてくださいました。無実を証明し、教職に復帰したいと…。津山さんが痴漢したと勘違いしている女性の立場まで考えて話しをする誠実な姿勢に、本当にすごい人だな…と思いました。総会が終わってからそのことを伝えたら、「それは自分の彼女に教えられたことなんです」と。支援の輪を広げたいですね。ぜひ、日本国民救援会のホームページをごらんください。


  宣伝活動妨害弾圧事件とその教訓について講演する、田所良平弁護士
  とても勉強になりました
b0190576_2156108.jpg

by hara-noriko | 2013-04-22 21:56 | 活動日誌 | Comments(0)

請願28件のうち26件が不採択に   

すべての請願の紹介議員となった共産党
 3月議会に寄せられた請願は28件でした。どの請願も本当に切実で、共産党市議団はすべての請願について紹介議員となりました。
 そのうち採択となったのは、「市内施設の今後の計画について住民説明会を求める請願」のみ。この請願は、くぬぎ児童館、大道幼稚園跡地などの計画の説明を求めるもので、全会一致となりました。
 また、趣旨採択となったのは、「3歳で待機とならない緊急対策を求める請願」。2歳までしか通えない認可外保育施設で待機しながら、3歳になるのに認可保育園に入れない事態の解決を求めているもの。共産党としては、当然採択すべき、との立場ですが、自民・公明・民主などにより「趣旨採択」となりました。
 そして…、残る26件はすべて不採択でした。
子どもたちを守るために出された請願まで、なぜ不採択?
 みなみ保育園の保護者のみなさんから出された、「無責任な公立みなみ保育園民営化計画は一旦立ち止まり、きちんと協議、精査することを求める請願」(共産党以外は反対)、「子どもを中心とした引き継ぎを求める請願」(自民・公明・民主が反対)まで不採択になったことは、本当に驚きました。民営化が強行されるなかで、子どもたちを守るために出された請願まで、なぜ不採択にしてしまうのでしょう。
 また、コミュニティバスに関する請願も不採択。イオンSCオープンに際し、交通安全対策や市民の苦情等を受ける統括窓口の設置についての請願まで不採択…。
議員一人ひとりが問われている
 前回も書きましたが、市民の切実な声に対し、議員一人ひとりが問われています。市民の声が生きるよう、努力を強めていきたい、今回の議論を無駄にしない、と改めて決意しています。
今後につなげる
 結果は不採択でも、たとえば、7000名近い署名とともに提出された「無計画なさいわい保育園の民営化計画の撤回を求める請願」のように、請願が出されたことによって、あまりにも中身がなくずさんであることが明らかになりました。これは、今後につながります。
 なお、全請願に対する各会派の態度は、今後、市議会のホームページにアップされる予定になっています。

  カルガモ(黒目川)
b0190576_22112975.jpg

by hara-noriko | 2013-04-03 22:12 | 市政報告 | Comments(0)

市民の正当な願いに立ちきった市政運営こそ   

予算は修正可決 共産党は反対しました
 遅くなってしまいましたが…3月議会は26日に終了しました。予算が修正可決となったので、久し振りに、臨時議会はありませんでした。
 修正可決後、付帯決議案も提案されました。私は、提案者の沢田議員にいくつか質問したうえで、共産党市議団としては反対の立場をとりました。
 決議案に示された項目には、みなみ保育園の引き継ぎ予算の精査や、事業執行にあたりコストを抑える努力など、同意できるものもあります。しかし、方向性としては、「行革」メニューをふやし、さらなる民間委託化と職員削減を進めることを求めています。
 また、馬場市長に、財政危機を認識して事にあたるように強く求めていますが、私は、市民に「危機感」をあおるのでなく、市民にしわ寄せをしない財政運営の努力を追求しながら、ありのままの財政状況を市民に伝え、知恵をだしてもらうことが必要だと思っています。市長が公約したはずの、情報公開、市民参加、対話、合意形成…これらが守られていないことこそ問題であり、守っていないのに、市民に負担をおしつけていることが問題だと思います。
市長のコメントについて
 さて…いくつかの新聞に、修正可決になったことについての市長のコメントが載っていました。「予算原案が可決されなかったことは大変残念だ。子育て支援などを削った修正が市民の理解を得られるか疑問だ」。う~ん…
 おそらく、認可外保育施設保護者助成を削ったことを言っているのでは、と思います。私自身も、これは削らず実施すべきとの立場であり、修正案に盛り込まれたことについては本当に残念だと思っています。一日も早く実施に踏み出すよう、働きかけていきます。
 しかし、「子育て支援を削った修正が理解を得られるか」などということを、本来、市長は言えないはずです。子どもたちをはじめ利用者の声をいっさい聞かず、くぬぎ児童館廃止をトップダウンで打ち出したのは誰ですか?保育のあり方検討委員会も実施しないまま、問答無用で保育園民営化を強行しているのは誰ですか?
 さらに、今年度予算を専決処分にしてしまったことについて、全く反省していないこともよくわかりました。
 混迷した市政を正していくためには、市民の正当な願いに立ちきることだとつくづく痛感します。議会のあり方、一人ひとりの議員の姿勢も問われていると思います。

  桃の花にシジュウカラ(東久留米市内)
b0190576_22432574.jpg

by hara-noriko | 2013-04-02 22:44 | 市政報告 | Comments(4)