<   2013年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

公約実現へ気持ち新たに   

参院選の結果を報告
 22日は、夕方、中央地域の共産党後援会の皆さんと一緒に、東久留米駅西口とイトーヨーカドー前で宣伝しました。23日朝は、駅西口において共産党市議団で宣伝。参院選の結果を報告し、公約実現に向けた決意をスピーチしました。「よかったですね~」「おめでとうございます!」「がんばってください」など声をかけてくださる方、「仕事仲間に配りたいから」と何枚もチラシをもっていってくださる方…。改めて、がんばっていこうと気持ちを新たにしました。

平和行進に参加
 23日の午前中は、原水爆禁止世界大会の東久留米代表団の結団式と平和行進がおこなわれました。共産党市議団も4人そろって参加しました。今年の代表団は9名です。かわいいお子さんも参加。共産党市議団からは、村山順次郎議員が参加します。平和行進では、コールにあわせてみんなが気軽にできる掛け声など、とても楽しく歩けました。
 平和行進については、こちらをご覧ください
 原水爆禁止世界大会については、こちらをご覧ください

  中央地域後援会のみなさんとヨーカドー前で宣伝
b0190576_056446.jpg

  平和行進に参加した共産党市議団
b0190576_057310.jpg

by hara-noriko | 2013-07-24 00:57 | 活動日誌 | Comments(0)

ご支援いただき比例で5議席、選挙区で3議席を獲得   

 参院選が終わりました。たくさんのみなさんにあたたかいご支援をいただき、共産党は比例で5議席、選挙区で東京の吉良よし子さんはじめ、大阪、京都で議席を獲得することができました。本当にありがとうございました! 改選3議席に対し8議席を獲得。これで非改選議席とあわせ11議席となり、議案提案権を得ることができました。
 テレビのインタビューで、「共産党は野党共闘をどう考えていくのか」というニュアンスの質問が、志位さんや吉良さんなどにくりかえしなげかけられていました。共産党は、国政でも地方政治でも、一致点での共同を大切にしています。国民のためによいことは、「一点共闘をこれからも、よりすすめていく」と志位さん。吉良さんも堂々と、「政策によって、一致して共同していくことに努力していく」と。
 国民にとってよくないものはよくない、とはっきりとりくみ、国民にとってよいことは共同を追求する…。それは、国民のみなさんと一緒に運動することによってできることです。消費税増税、TPP(環太平洋連携協定)、原発推進、憲法改悪にストップをかけていくなど、大事な課題は山積しています。頑張りたいと思います!
 また改めて、票数などお知らせしたいと思いますが、東久留米市では、吉良さんは自民党の丸川さんに次いで2位。そして、比例代表でも、共産党は自民党に次ぐ2位でした。今回の選挙で、自分は保守だけど…という方々から、「比例は共産党に入れるよ」とお話しがありました。「自民党は憲法までかえようなんて、調子にのっている。共産党にブレーキをかけてもらいたい」と。真剣に考え、共産党を選択してくださったことに感激します。みなさんの思いに応えられるよう、努力していきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

 当選者の一覧はこちらからご覧いただけます。

  新宿駅西口で当選の報告と決意を語り、声援に応える小池・吉良参院議員ら
  (左から)笠井亮衆院議員、小池晃参院議員(党副委員長)、
       吉良佳子参院議員、山下芳生参院議員(党書記局長代行)
b0190576_1627110.jpg

by hara-noriko | 2013-07-22 16:28 | 選挙 | Comments(4)

東京選挙区候補 吉良よし子さん渾身の訴え   

 参院選挙最終日の20日、東久留米市の滝山団地センターでの吉良よし子さん渾身の訴え…胸に迫りました。声も少し枯れていて、きっとのども痛いのでは…。候補者に決まってから今日まで、本当に全力で走り抜けてきたんですね。それもただ走ってきたのでなく、実態を調査し、一緒に考え一緒に運動してきているのです。だから、演説も聞くたびに説得力が増していると実感します。
比例5議席を必ず
 吉良さんは、今日の演説の中で「比例5議席を必ず勝ち取らせてください!」と力をこめました。その大きな理由は、改憲へ暴走する安倍首相・自民党の動きです。この選挙戦のなかで、安倍首相は9条改憲を明言しました。戦争する国にするわけにはいかない、どうしても暴走を止めなければ、との吉良さんの真剣な思いが伝わってきます。そのためには、党をつくって91年、反戦平和を貫いてきた共産党を大きくしてほしい、そして、この東京選挙区で憲法改悪にストップをかけ、皆さんの声実現のためにとりくむ、吉良よし子を送り出してほしい、と。
 私が共産党に入ったのも、戦争反対を貫いた共産党の歴史を知ったからでした。18歳のときでした。弾圧され、拷問まで受けながらも、侵略戦争は間違っているとの考えを貫いた…そういう政党があった。自分にそこまでの強さがあるかは自信がないけれど、そういう人間らしい生き方をしたい、と思ったのです。吉良さんの演説を聞きながら、自分なりの初心・原点を思いました。
 いよいよ明日が投票日。平和を守り、国民のくらしを大事にするあたりまえの政治を願うみなさん、党派をこえて共産党にご支持をお寄せください。

 比例代表は、共産党へ。
 東京選挙区は、吉良よし子さんへ。

  写真は、滝山団地センターで訴える吉良よし子さん
  右は、応援弁士の村山順次郎市議。奥は、司会の原田ひろみ清瀬市議
b0190576_23435015.jpg

by hara-noriko | 2013-07-20 23:43 | 選挙 | Comments(0)

戦争反対を貫く共産党を大きくしてください   

 とうとう選挙運動期間はあと1日となりました。
 19日は、東久留米駅西口で中央地域の党後援会のみなさんと宣伝。たくさんの人に声をかけていただき、本当にうれしかったです。今、多くの方が真剣に考えていると感じました。
 私達がもっていた「原発再稼働許すな」のポスターを指差し、「これ大賛成です」と若いお母さんが声をかけてくれました。放射能が心配で九州に移住したといいます。移住を決断した思い、不安を話してくれ、「原発をなくすことだけが解決の道だと思う」と。
 わざわざチラシをとりに来てくれ、そっと「がんばってください」といってくださる方や、「共産党のいっていることはあたりまえのことだと思う。それが通じるといいですね」と話してくださる方も…。激励に応えて、がんばります。
 宣伝に来る直前に、市の平和祈念資料展に寄りました。そのとき高齢の女性3人が、戦時中の写真をみながら、「思い出すわね。本当に復興するまで大変だった」「辛かったね」と話している様子に出会いました。改めて、安倍首相の憲法9条改悪発言、自民党石破幹事長の軍法会議発言は許されない、と強く思いました。
 党をつくって91年、侵略戦争反対を貫いてきた共産党へ、みなさんのご支援を心からお願いします。力をあわせて、「戦争する国」へ踏み出す流れにストップをかけましょう!

 20日(土)午前11時50分~午後12時20分の間、東久留米市の滝山団地センターにおいて、吉良よし子さんが街頭演説します。ぜひお聞きください。

 参院選挙は投票が2回あります。
 東京選挙区は、吉良よし子さんへ。
 比例代表は、共産党とお書きください。

  比例代表候補の小池晃さん
b0190576_020288.jpg

  東京選挙区候補の吉良よし子さん
b0190576_0201521.jpg

by hara-noriko | 2013-07-20 00:21 | 選挙 | Comments(0)

20日(土)正午前 吉良よし子候補来る!   

 お知らせです!
 投票日前日の20日(土)、午前11時50分~午後12時20分の間、東久留米市の滝山団地センターにおいて、日本共産党東京選挙区候補、吉良よし子さんの街頭演説が行われる予定となりました!
 この選挙戦、吉良さんが東久留米に来る最後の機会です。ぜひ、いらしてください。なお、最終日全体のスケジュールについては、吉良よし子ホームページをごらんください。
 
 この選挙期間中、市民のみなさんのさまざまな声が寄せられています。傷んでいる道路のこと、熱中症の心配、生活保護のこと、保育園に入れない問題、家族の介護の問題…などなど。選挙の機会に、こういう声が表に出てくるということが本当に大事だなと思います。解決のために力を尽くしていきたいと思います。そして、共産党として一貫して訴えている、「国民の声で動く政治に」していくために最後まで頑張りたいと思います。
比例は日本共産党へ
 ここのところ、「比例は誰に入れたらいいの?」という質問も何件かありました。比例は、「日本共産党」あるいは「共産党」とぜひお書きください! 全国どこの1票でも必ず議席に結びつきます。どうぞ、よろしくお願いします。

  支持を訴える吉良よし子候補
b0190576_023976.jpg

by hara-noriko | 2013-07-19 00:23 | 選挙 | Comments(0)

一緒に考え行動する共産党と吉良よし子さん   

 7月16日付のしんぶん「赤旗」に、昨年6月1日、首相官邸前抗議行動での吉良よし子さんのスピーチが話題になっている、と紹介されていました。
 …東京にたくさんの放射能が降り注いだと思われる日は水を飲まないように気をつけたが、外を歩いた。被ばくした可能性が十分にある。将来生まれるかもしれない子どもに何かあったらどうしようと不安でいっぱい…。こういう思いをもっているのは私だけではない。原発事故を起こさないためには、原発をなくすことが一番の方策。原発が日本からなくなるまで声をあげ続ける…(要旨)。
 自分自身の不安も率直に語りながら、みんなと思いを共有して、一緒に政治を変えようという姿勢がとてもいいな…と共感します。一緒に考え行動し政治を動かす…それが共産党です、と広げたいです。
 比例は日本共産党へ。東京選挙区は吉良よし子さんへ。

  訴える吉良よし子さん
b0190576_11544938.jpg

by hara-noriko | 2013-07-17 11:54 | 選挙 | Comments(0)

コミュニティバスで質疑応答   

 7月12日、多摩北部都市広域行政圏協議会の審議会が行なわれました。協議会は、西東京・清瀬・東村山・小平・東久留米の市長によって構成されています。そして審議会は、各市から2名ずつの議員により構成されており、協議会会長からの諮問に応じ、重要な問題で調査審議する役割をもっています。東久留米市からは、津田議員と私が委員です。
 今回の審議会では、昨年度の事業報告と今年度の方向性について報告を受け、質疑応答が行われました。
 私は、各市の担当職員により調査研究が進められている専門委員会の報告について質問しました。(1)公共バス路線等検討専門委員会では、民間バス路線の増強等について要望することになっているが、実施されたのか。(2)コミバスの相互乗り入れの検討は、具体的にどういうルートを検討したのか。
 これについての回答は、(1)今後実施していく方向ですすめたい。(2)具体的なルートにまでは至っていない。とのことでした。
 事業報告には、こういう一文が…。「圏域の中央部にあたる東久留米市ではコミュニティバスが運行されておらず、路線設定にも課題が残ります」…。コミバス実現の公約を破棄してしまった馬場市長は、どのように受けとめているでしょうか。東久留米市としての検討が急がれます。たとえば、多摩北部医療センターや昭和病院などに行きやすくするためにどうするのか、など具体的に検討していくことが必要だと思います。

by hara-noriko | 2013-07-17 11:52 | 活動日誌 | Comments(0)

共産党の躍進で自民党の憲法改悪を止めたい   

 12日夕方6時から東京・立川駅北口でおこなわれた日本共産党街頭演説に行ってきました。尾崎あや子・新都議会議員の訴えのあと、吉良よし子東京選挙区候補の若々しく力強い訴え、そして志位和夫委員長が演説しました。北口は、集まった人、立ち止まる人でいっぱいでした!
 志位さんは、「4つの転換」をこの選挙戦中の状況も踏まえながら話されました。自民党が9条を変えること、そして基本的人権は永久の権利だと規定した97条をまるまる削除することまで、改憲案にはっきりもりこんでいることを改めて指摘されたとき…私は本当にそんなことにならないようにストップをかけたい…と心の底から思いました。
憲法97条を読み直す
 家に帰ってきてから、97条を読みました。本当にすばらしい条文です。
 「この憲法が、日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在および将来の国民に対し、侵す事のできない永久の権利として信託されたものである」
 97条は、第10章の憲法の最高法規性について述べられている中に位置づけられ、基本的人権の本質について述べているものです。憲法の大事な本質を守り、平和な社会を未来に引き継いでいけるように…と強く思います。

比例代表は共産党へ 東京選挙区は吉良よし子候補へ
 政党を選ぶ比例代表の選挙は、票の積み重ねが必ず議席に結びつきます。ご支援を心からお願いします。そして、東京選挙区は、吉良よし子候補へ。よろしくお願いします!

  演説前に手を振る志位委員長と吉良候補
b0190576_23565819.jpg

by hara-noriko | 2013-07-12 23:56 | 選挙 | Comments(0)

比例は共産党へ 東京選挙区は吉良よし子さんへ   

 9日、東久留米駅西口で、笠井亮衆議院議員を迎えての日本共産党街頭演説をおこないました。猛暑のなか、200名の方々が耳を傾けてくださいました。候補者カーの上からだと、集まってくださった方々だけでなく、駅のホームで聞いてくださっている方、お店の前で聞いてくださっている方、仕事の手を休めて聞いてくださっている方などもいらっしゃることがよくわかります。本当にどうもありがとうございました。
 笠井さんのお話は、原発問題、憲法問題で先頭にたってとりくんでいるからこその、とてもリアルでわかりやすいお話しでした。そのなかで、赤旗日曜版に登場した自民党の元幹事長古賀誠さんの話を紹介しました。古賀さんはそのなかで「憲法の平和主義は世界遺産に匹敵する」と述べていました。笠井さんは、「富士山や三保の松原と同じように、日本がずっと大切にしていかなければならないもの」と。
 原発問題も、改めて、福島の人たちの苦しみに立っての訴えに胸を打たれました。笠井さんは、被ばく2世。ことばの一つひとつに重みがあります。
 選挙戦も明日で1週間。期日前投票もすすんでおり、毎日が投票日です。
 1票1票の積み重ねが必ず議席に結びつく比例代表は、ぜひとも共産党へ!
 東京選挙区は吉良よし子候補へ!
 この声を一日も早く広げていきたいです。

  写真は、(左から)畠山まこと北多摩4区都政相談室長、笠井亮衆議院議員、司会の私
  訴える笠井さんのひじからは、ポタポタと汗が落ちていました
b0190576_23231520.jpg

by hara-noriko | 2013-07-09 23:23 | 選挙 | Comments(0)

市のタウンミーティングに参加して   

 7月6日、午前中は「タウンミーティング」(会場は久留米中)に参加しました。参加は、20名ほどだったと思います。最初に馬場市長が市の財政状況について報告。そのうえで、市民の方々と市長の間での意見交換となりました。
市民のみなさんから真剣な発言が
 市民のみなさんの発言は、どれも本当に考えさせられました。
 「市としてはこれまで財政が厳しいなか努力してきたが、これからは市民のみなさんに負担してほしい、と聞こえた」
 「保育園民営化、下水道使用料値上げなどなどいっぺんに進められたら若い人たちは戸惑う。どんどん進められてしまい、市民で話し合う時間もない。タウンミーティングも討論できる運営にしてほしい」
 「どんな市にしたいのか。市長のビジョンは?」
 「行革アクションプランを全部やって余剰分が出たらどこに充てたいのか?」
 などなど。要するに、なんのためのタウンミーティングなのか、なんのために財政状況を報告したのか…ということが問われたのだと思います。私は、市の財政状況を市民の方に分かりやすく伝えることは大事だと思っています。しかし、ビジョンのないまま、ただ「厳しい」と強調することが中心ではいかがなものでしょうか。
 「もっと東久留米の魅力である自然を生かし、子育てにぴったりのまちだよとアピールするなど、長期的なプランをもってとりくんでほしい」という意見も出され、本当にみなさんそれぞれ真剣に東久留米市の今とこれからを考えている、と実感しました。
 ほかにも、久留米中の正門前の危険や地区センターの問題など切実な発言もあり、市が誠実に向き合うことが求められています。私も、一議員としてとりくんでいきたいと思います。

共産党の政策と政治姿勢を多くの人に届けたい
 今日の夕方は、中央地域の日本共産党後援会のみなさんと東久留米駅西口で共産党のビラを配布しました。恒例の土曜日宣伝の日なので、「今日はマイクでしゃべらないの?」と聞かれました。選挙法により、拡声器を使っての宣伝が制約されているんですよね。インターネット解禁となったものの、候補者の名前を自由にビラに出せないなどまだまだ見えにくい選挙です。そんな中でも一人でも多くの方に、共産党の政策と政治姿勢が届けられるようがんばります。

  ツバメの子育て(東久留米駅西口)
b0190576_065229.jpg

by hara-noriko | 2013-07-07 00:08 | 市政報告 | Comments(6)