<   2013年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

くぬぎ児童館の閉館を強行してはなりません   

 9月25日、くぬぎ児童館閉館に向けた説明会に村山順次郎議員と参加しました。
 保護者のみなさん、近隣住民のみなさんの意見は、本当にうなずくことばかりです。
重みを感じた保護者や近隣住民の声
 「廃止しないで、という請願が議会で継続審査になっているのに、どうして廃止するという説明会が開けるのか」
 「決まったことを説明するだけで、ここで市民が意見を言っても一方通行」
 「新設児童館の予算は削除されているのだから、くぬぎだけ廃止先行はおかしい」
 「次の児童館が決まるまでの間でも、耐震補強して継続して使わせてもらえないか」
 「子どもたちの安全をいうなら、耐震補強をしてほしい」など…。
子どもの権利という視点から考えても
 考えさせられたのは、「今、子どもたちが遊んでいる場所をとりあげていいのか」「くぬぎが好きで遊んでいる子たちに、他に行くように言うのか?」などの意見です。
 子どもの権利、という視点から考えて、市の方針は本当に問題です。
 「学校の1年生の保護者会で、夏休みどこにも連れていってあげられなかったが、子どもはくぬぎで工作をやったり、楽しかったと言っているという発言があった」
 「子どもにとっても親にとっても大切なもの。40年の歴史…だからこそできていることがあり、それをそんなに簡単に取っ払ってしまうなんて…本当に悲しい」…。
 どの意見も重みがあり、心にじーんと染みいってくるのです。担当の職員のみなさんにもきっと伝わっているのでは…と思います。
とりくみを強めたい
 9月議会でも、くぬぎ児童館廃止しないで、という請願は継続審査になりました。署名は3884名にもなっています。また、予算特別委員会の質問で資料請求した、耐震診断結果が議会最終日に配布されました。耐震補強の必要な場所が具体的にしめされており、耐震補強すれば使えることも明確になっています。
 間もなく任期を終える馬場市長が、くぬぎ児童館の閉館を強行しないように、とりくみを強めたいと思います。

  早朝のコサギ(黒目川)
b0190576_22584947.jpg

by hara-noriko | 2013-09-27 22:59 | 活動日誌 | Comments(0)

子ども子育て会議を傍聴して   

 9月24日、東久留米市が設置する「子ども子育て会議」の2回目の会合があり、傍聴しました。子育て支援計画をつくるための「ニーズ調査」(要望調査)についての検討が中心的な議題でした。事前に、委員のみなさんから提出された修正・補強の意見をもとに検討されました。委員のみなさんが積極的に意見をだされていること、可能な限り事務局でも生かす方向で検討したことがわかりました。就学児童へのニーズ調査(小学校2年生全員対象)を実施していく方向も確認されました。
十分な子育て支援計画ができるのだろうか
 ただ、問題なのは、それでも本当にこのニーズ調査の結果、十分な子育て支援計画ができるのだろうか…ということです。
 たとえば、子ども子育て会議で議論になっている、障がい児の保護者の思いや願いをどうつかむか、ということについては、市から国に問い合わせもしたが、今回のニーズ調査は全体的な子育てのニーズの把握であり、障害の有無等ではない、とのことだったと…。
 さらに、2014年度までの計画である次世代育成支援行動計画について、2014年度以降も延長される可能性もあるということだそうです。なんとも不透明…。このまま新制度がスタートするのは本当に無理があると改めて感じました。
一般質問で公聴会の開催を提案
 私は、9月議会の一般質問で、市としてまずニーズ調査が終わった時点で、公聴会を開くべきではないか、と提案しました。今回、新制度の弱点として、障がい児問題がほとんどないこと、また、「会議」の委員のなかにも障がい児の療育、相談機関(子ども家庭支援センター、わかくさ発達相談室など)、認証保育などの関係者は入っていません。だからこそ、意見を聞く機会があるべきです。市民の方からも、「会議」に向けて要望書を出されたそうです。実現されることを期待しています。

  秋の風情(東久留米市内)
b0190576_00749.jpg

by hara-noriko | 2013-09-27 00:00 | 市政報告 | Comments(0)

馬場市長に陳謝を求める決議を可決   

市長の教員委員人事をめぐり
 20日(金)、夜11時近くまでかかり、9月議会が終了しました。議案・請願の討論・採決ののち、市長の教育委員人事をめぐって、緊急質問をおこない、最後は、馬場市長に対し陳謝を求める決議を可決(反対は1名のみ)しました。正直なところ、緊急質問での市長とのやりとりは本当にむなしいものでした。
「自分の任期中、教育委員の任命は見送る」と
 市長が、「自分の任期中、教育長を前提とした教育委員の任命は見送る」と発言したことは、任命権者の発言としてはあってはならないことであり、適切ではなかったことを認めるべきです。市長は、「選任に引き続き努力していく」と発言の補強をしたので問題はない、ということを繰り返し述べていますが、「任期中見送る」という発言自体は今も残ったままであることが問題なのです。
任命権放棄はありえないこと
 議会で、不適切な発言をすれば、誰でも訂正しなければなりません。とりわけ、今回の場合、任命権者は市長だけであり、その市長が任命を放棄する発言を行なうことはありえないのです。
 また、「6月議会で議会から問責決議を受けたことは不本意だ。それが私の本心だ」と何度も発言。反省はないことがわかりました。また、市民・教育関係者からも心配の声が寄せられているなか、発言を訂正し、この間の事態を正式に陳謝すべき、という議会からの指摘にも、その考えはない、と。
 9月議会を終えて、市長は任期中最後の議会(11月)にどう向かうのか…。こんな議論をしなければならない状況を一日も早く改善したいです。12月の市長選は、ますます大事になってきていると思います。

 写真は、21日(土)の定例宣伝。9月議会の報告も行ないました。ニュースを「仕事仲間にも渡したいから」と数枚持っていってくださった方、また、切実な相談も寄せられました。
b0190576_7273885.jpg

by hara-noriko | 2013-09-24 07:27 | 市政報告 | Comments(0)

きょう最終本会議 9月議会   

 きょう、20日(金)が最終本会議となりました。ここで、すべての議案・請願の採決が行われます。午前9時半開会の予定です。
教育委員選任について市長が議会運営委員会に報告予定
 ただその前に、9時から議会運営委員会が開かれます。そこで、市長から、教育委員人事について、この間の選任に向けてどのようにとりくんでいるのか報告があります。この報告は、議運委員長の要請によって行われるものです。どういう報告がされるのか…。
 先日のブログにも書いたように、予算特別委員会が途中ストップして、市長からの誠意ある回答を待ちましたが、結局、自分の任期中選任は見送るとの発言は適切ではなかった、という市長の発言はありませんでした。委員会としては、委員長から不十分な答弁であることを指摘したうえで、議案審査をすすめました。明日の報告が、自らの発言は行き過ぎであったことを認め、選任に向けて努力している、という内容であればいいのですが…。また、報告します。

  オシロイバナ
b0190576_0372036.jpg

by hara-noriko | 2013-09-20 00:37 | 市政報告 | Comments(0)

認可外保育料助成の削除案を可決 予算特別委   

 17日、予算特別委員会が終わりました。結果は、認可外保育料助成を削除する修正案(自民・公明・民主提出)が通り、修正可決となりました(最終日に議員全員で採決がおこなわれます)。残念…。
早期の助成実施を求めて
 認可外保育料助成は、認可外保育施設の保育料が高いことから、月5000円の助成を行うというもの。すでに2年前に請願は採択されており、一日も早く実施することが求められています。ひきつづき早期の実施を求め、働きかけます。
 予算特別委員会が2日間行われたため、議会日程を変更する必要がでてきています。明日19日(木)、予定どおり午前9時半から本会議は行ないますが、20日(金)も本会議を開き、議案・請願の討論と採決はそこで行う見込みです。…またお知らせします。

  コサギ(黒目川と落合川の合流点)
b0190576_2027547.jpg

by hara-noriko | 2013-09-18 20:28 | 市政報告 | Comments(0)

予算特別委員会が途中でストップに   

 13日は予算特別委員会でした。今回、共産党からは、村山議員と私が委員になっています。が、途中で委員会がストップ。教育委員人事に関する、津田委員(公明)の質問のときでした。
 教育委員人事について、任期中選任することは見送る、との6月議会での発言から、市長の認識が変わったのかどうか、との質問に対し、市長は「選任出来るよう努力している」と繰り返し答弁するものの、任期中選任することは見送るとの発言自体は、あくまで状況の厳しさを説明したとし、問題はないとの認識でした。
 しかし、教育委員人事について、市長が任命を放棄するような発言をしたことについて、訂正も反省もないままでいいのかが問われています。委員会は、17日(火)午前9時半からに延会となり、改めて市長からの発言を受けることになります。そこできちんと問題が解決され、補正予算案の審議が続けられるように委員の一人として努力したいと思います。質問順は、17日(火)の6番目が私、7番目が村山議員なので、午後になる見込みです。

by hara-noriko | 2013-09-16 00:34 | 市政報告 | Comments(0)

一般質問から(4)難病福祉対策   

 9月9日、一般質問に立ちました。その内容を4回にわけてお知らせします。今回はその最終回です。

 難病福祉対策についてうかがいます。
慢性肝炎 インターフェロン以外の治療に支援がない
 難病のひとつと思われる慢性肝炎は、平成14年度に東京都の難病医療費助成制度の対象疾病からはずれました。しかし、その後、薬害肝炎訴訟のとりくみのなかで、インターフェロン治療に該当した場合は、医療費助成が実施されるようになりました。ところが、インターフェロン治療以外の治療の場合は、何も支援がありません。
市の難病者福祉手当の対象とすることを検討できないか
 ある患者さんの場合、インターフェロン治療は適さないということで、ウルソという薬をずっと飲み続けています。また、少なくとも2カ月に1回は検査をして、肝臓の状態をみます。通常は、診察や薬代で月5000円程度ですが、検査が入れば1万円近くになってしまいます。制度のはざまにおかれている状況であり、せめて市の難病者福祉手当の対象とすることを検討できないでしょうか。見解をうかがいます。

  ハグロトンボ(落合川)
b0190576_2342049.jpg

by hara-noriko | 2013-09-14 23:04 | 市政報告 | Comments(0)

一般質問から(3)みなみ保育園民営化   

 9月9日、一般質問に立ちました。その内容を4回にわけてお知らせします。今回はその3回目です。

 みなみ保育園民営化についてうかがいます。
 先日、みなみ保育園民営化対策委員会より、緑色の封筒に入った手紙が議員に届けられました。そもそも、民営化は、市の判断によって進められているものであって、保護者や子どもたちから望まれてすすめているものではありません。民営化は、子どもにとって、先生も場所も変わってしまう大変な激変です。この中で子どもたちを守るためにとりくんでいる、保護者・関係者のみなさんに敬意を表したいと思います。引き継ぎ連絡会が始まったと聞いていますが、前議会までずっと問題になってきた、専任できる園長の配置や引き継ぎ業務の改善について、どのように整理されたのかうかがいます。

  オオスカシバ(東久留米市内)
b0190576_025540.jpg

by hara-noriko | 2013-09-14 00:03 | 市政報告 | Comments(0)

一般質問から(2)子ども・子育て支援新制度   

 9月9日、一般質問に立ちました。その内容を4回にわけてお知らせします。今回はその2回目です。
このまま実施することを認めるわけにいきません
 子ども・子育て支援新制度についてうかがいます。
 新制度は、2015年10月から実施予定の消費税10%を財源とするとしており、消費税の動向によって計画の実施が左右される、という根本問題をかかえています。また、内容的には、市町村が責任をもつ福祉から、市場原理にもとづく福祉へときりかえようとしています。このまま実施することを認めるわけにはいかない、という内容です。法が成立したもとで、自治体としてよりよい子育て支援の計画をつくっていく必要がありますが、法の根本問題については、きちんと問い続けなければならないと思います。今後、計画については、子ども子育て会議で議論が尽くされていくことと思いますが、市としての姿勢が問われることから、3点についてうかがいます。
市として姿勢が問われる3つのこと
 1つは、ニーズ調査するにあたってどういう地域分けでのぞむのか。
 2つめに、ニーズ調査の結果をどのように公表するのか。
 3つめに、国から、国有地の活用なども提案されています。子ども子育て会議はすすめながら、時期を逃さず、待機児解消のために自治体としてできることをすすめていくべきです。児童福祉法第24条1項の市町村保育実施責任に立ち、待機児解消のため、保育園の増設などの検討をすすめるのかどうかうかがいます。

 児童福祉法第24条1項 市町村は、保護者の労働又は疾病その他の政令で定める基準に従い条例で定める事由により、その監護すべき乳児、幼児又は第三十九条第二項に規定する児童の保育に欠けるところがある場合において、保護者から申込みがあつたときは、それらの児童を保育所において保育しなければならない。ただし、保育に対する需要の増大、児童の数の減少等やむを得ない事由があるときは、家庭的保育事業による保育を行うことその他の適切な保護をしなければならない。

  キアゲハ(東久留米市内)
b0190576_2239232.jpg

by hara-noriko | 2013-09-12 22:41 | 市政報告 | Comments(0)

一般質問から(1)「行革」の考え方   

 9月9日、一般質問に立ちました。その内容を4回にわけてお知らせします。今回はその1回目です。

 まず、最初に「行革」の考え方についてうかがいます。
「弱者と共にある政治」という姿勢はどこへいってしまったのか
 市は、8月に「行財政改革アクションプラン」を改定しました。このなかで、行財政改革の推進が求められる理由を、「市民サービスの維持・向上を図り、安定した市政運営をおこなうため」としています。果たして、そういう中身になっているのでしょうか。
 馬場市政になってから高齢者福祉電話が一気に廃止されました。そして今度は、ひとり親家庭と障害者の住宅手当を切り下げようとしています。馬場市長が当初かかげていたはずの、弱者と共にある政治、はどこへいってしまったのでしょうか。
無駄は省き、必要なことは充実していくべきです
 私は、市の事業・施策についてふりかえり、見直すことは必要なことだと考えています。見直すとは、無駄は省き、必要なことは充実していくことです。市民に一方的に負担だけをおしつけることは本当の改革とはいえません。
市民の声を聞きましたか
 また、仮にどうしても市民の負担にかかわるような場合、あるいは、施策を変更したいと市が考えた場合は、まず考え方を示し、市民参加で協議し、合意形成に努めることが不可欠です。市長は今議会、情報公開と市民参加をすすめてきたとくりかえし発言していますが、住宅手当をはじめ、アクションプランの改定にあたり、市民の声は聞いたのでしょうか。まさか、決まったこととして今後説明をするだけ、ということはありえないと思いますが、いかがなのでしょう。まずは、今回の住宅手当の適正化とはどういう内容なのか、見直しの考え方はどういうものか、うかがいます。

  アカトンボ(市内)
b0190576_23132917.jpg

by hara-noriko | 2013-09-11 23:14 | 市政報告 | Comments(0)