<   2014年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

映画「ゆずり葉」に感動   

 6月29日、イリアンソス後援会主催の映画上映会で、「ゆずり葉」を観てきました。この映画は、障害者排除の法律の「欠格条項撤廃運動」をふまえながら、ろう者とその周りの人達の生き方が伝わってきて、とても感動的でした。職業選択する、結婚する、出産する…そうした一つひとつを大変な苦労と葛藤をくぐりながら歩んでいく、本当に胸に迫ります。
手話は言語だ、と実感
 そして、手話の美しさ、手話を通して心を通わせる人と人の関わりに魅せられました。映画の台詞のほとんどは手話。それがとても説得力があるのです。手話は言語だ、と実感です。
 今回の映画会は、活動センターかなえ(重度障害者の通所施設)の建て替えに向けたとりくみとしても位置づけられていました。映画を一緒に観ることを通じて、障害のある人達が安心して暮らしていけるまちづくりを考え合えることは、とてもいいな、と思いました。今回、市議会にもご案内をいただき、こういう機会を得たことに感謝しています。
「手話言語法(仮称)の早期制定を求める意見書」を提案・可決
 2011年8月に障害者基本法改正が成立し、法的に手話を「言語」として認め、国や自治体に、情報保障施策を義務付けました。これを受け、手話言語法を制定する動きが強まっています。6月議会に、共産党市議団として「手話言語法(仮称)の早期制定を求める意見書」を提案し、自民以外は賛成で可決されました。引き続き取り組んでいきたいと思います。

by hara-noriko | 2014-06-30 00:56 | 活動日誌 | Comments(0)

緊迫する集団的自衛権容認   

 6月議会が終わりました。いろいろ報告したいことがありますが、まずは、緊迫している集団的自衛権について…。
集団的自衛権行使容認に反対する請願2件は不採択に
 集団的自衛権行使容認に反対する請願2件は、不採択となりました。まず、公明党(5人)から継続審査の動議がだされました。公明以外の賛成はなくこの動議は否決。そして、賛否をとったところ、採択=共産、民主、ネット、社民、市民自治の10名。不採択=自民・久留米・みんなの6名。採択にあと1名足りず、惜しくも不採択に。
1票差に迫ったのは世論と運動の力
 24日現在、地方議会で114自治体が反対、14自治体が慎重に、との意見書を提出しています。東久留米からもぜひ提出したかったですが…残念…。ただ、1票差にまでなったのは前進であり、世論と運動の力です。
共同を広げて押し返そう
 安倍政権は、7月の初めにも閣議決定しようとしています。国会閉会中に与党協議でこんな重大なことを決めようとする…あってはならないことです! なんのための議会なのか、と言いたいです。立場のちがいをこえた共同を広げ、押し返していくために力を尽くしたいです。
人権侵害ヤジ 都議会はこれでいいのか
 都議会での「人権を侵害するヤジ」問題についても、本当に都議会はこれでいいのか、と憤りを感じます。真相究明なしに、再発防止はできません。名乗り出た人も、名乗りでてきていない人も含めて、辞職することを求める共産党の意見書は否決。自・公・民・みんな・維新・ネットなどの反対…。なぜでしょうか。もうこれでいいということでしょうか。
 名乗りでてきた自民党の鈴木都議は、いったんは「言っていない」とうそをついていました。また、それ以外にも、一緒になってやじをとばしたり、笑いあっていた議員たちがいますが、なんら反省がありません。しかも、鈴木都議が議会の場で謝罪することを求める共産党の動議も受け付けない…。謝罪を求めることについては、議会運営委員会で合意にならなかったとのこと。しかし、本会議の場で、必要と判断した場合は、誰でも動議を提出することができるのです。こうしたものまで認めないのは、議会制民主主義を踏みにじるものです。
これで終わりにしない
 女性都議の過去のことを取りざたするなど、いろいろな報道も出てきていますが、それ自体、問題を感じるものが多くあります。わが家でも娘たちが話していました。長女は、「発言した人がどういう人かじゃなくて、言ってはいけないことを言ったということが問題だと思う」と。本当にそうだと思いました。これで終わりにしない、ということは本当に大事です。

  「戦争する国」にするな、と声を上げる人たち=17日、東京・日比谷野外音楽堂
b0190576_23191789.jpg

by hara-noriko | 2014-06-27 23:19 | 市政報告 | Comments(2)

明日24日 6月議会最終日です   

都議会のセクハラやじはすべての人への侮辱
 明日24日(火)は6月議会最終日です。そこに向けて、共産党市議団の打ち合わせをおこないました。
 都議会のセクハラやじ問題について、「私たちとしても看過できない問題だね」と話し合っていたところ……ようやく自民党都議が謝罪したとのニュースが。文字にすることすら辛いですが、「自分が早く結婚しろ」「子どもを産めないのか」など、ひどいことばを大声で言う…本当に悲しい、許せない思いです。明らかに、女性蔑視発言であり、人権侵害です。やじを飛ばしたのは一人だけなのか?
 質問に立っていた塩村都議に対してはもちろんですが、女性をはじめすべての人に対する侮辱だと思います。こういう人権感覚で、議員の仕事が続けられるのか…。何をどのように反省したのか、都民のまえに明らかにし、都議会としても再発防止を徹底してほしいと思います。
集団的自衛権行使容認に反対する請願を採択したい
 さて、議会最終日は、すべての議案・請願の討論と採決を全議員で行います。緊迫している集団的自衛権行使の問題では、反対する二つの請願が総務委員会で審査され、「採択すべきもの」となりました(賛成…共産・民主・社民、反対…自民、継続審査…公明)。全議員で採決したとき、採択になるかどうか…注目です。ぜひ、東久留米からも、国に対し反対の意見書をあげたいです。

 ぜひ、傍聴にいらしてください。午前9時半からの予定です。

  カルガモ親子(落合川)
b0190576_2001777.jpg

by hara-noriko | 2014-06-23 18:54 | 市政報告 | Comments(4)

学童保育の充実・連携で子どもたちの生活を守る   

 市議会厚生委員会で議論したことのなかから、今日は、学童保育について報告します。
 学童保育について、国から、子ども子育て支援新制度における基準が示されました。特徴的なものとしては、対象児童の学年が6年生までになったこと、児童一人あたりの保育面積がおおむね1.65平方メートル以上となったこと、子どもの人数の単位はおおむね40人以下となり、その単位ごとに2人の指導員、という内容です。この基準をふまえて、自治体として条例をつくっていくことになります。
 担当課に請求した資料によると、わが市の一人当たりの保育面積は、神宝学童が1.63平方メートルで若干下回っていますが、それ以外は基準をクリアしている、ということになっています。しかし、実際には、「今でも満杯状態」という学童保育所もあると聞いています。現状をよく把握することが必要だと感じています。
第9小の学童で12人もの待機児童が
 今回、私が重点的にとりくんだのは、第9小学校の学童保育所で12人もの待機児がうまれている問題です。他の学童は、南町学童が定員いっぱいですが、待機はいません。なぜ、9小だけなのか。…よく分析する必要がありますが、中には、くぬぎ児童館が利用停止になってしまったので、学童保育所を利用するようになったケースもあります。12人のなかには、1年生も2人います。
改めて くぬぎ児童館をなくさないで
 1年生は、学校に慣れるだけでもたいへんなうえ、放課後も安心して過ごせないのでは本当に心配です。以前5小学童があふれたときに、一定期間、児童館のランドセル来館を認めたケースもあり、一日も早く対応することを求めましたが…くぬぎ児童館は利用停止なのです。滝山児童館があるとはいっても、家から遠い子どもはどうするのでしょう。改めて、子どもが安全に遊べる場所をなくすことの問題を痛感しました。くぬぎ児童館をなくさないで!と改めて思います。
急がれる夏休み対策
 いま、急がれるのは、待機している子どもたちの夏休み対応です。保護者のみなさんにうかがうと、夏休みだけでも利用できるように工夫している自治体もあると…。長い夏休みを楽しく安全に過ごせるように、行政は手立てをとるべきです。担当課長は、「夏休み期間、職員を加配するので、そのなかで検討したい」と答弁。ひきつづき対応を強く求めていきます。
留守家庭の子どもたちの放課後は
 今議会、放課後子ども教室の必要性が多くの議員から質問がありました。すべての子どもたちの放課後の遊び場・居場所づくりは、大切な課題だと私も思います。同時に、留守家庭の子どもたちの放課後や長期休暇の生活を守る学童保育を、そこに解消することはできません。それぞれが充実され、連携できるように提案していきたいと思います。

  巣立ったばかりのツバメ(落合川)
b0190576_23351.jpg

by hara-noriko | 2014-06-21 02:03 | 市政報告 | Comments(0)

みなみ保育園民営化―保護者の皆さんの手記が届けられ   

 6月16日、市議会厚生委員会でした。
共産党、すべての請願の紹介議員に
 寄せられた請願は、保育園関係(民営化反対、待機児解消など)は9件、子ども子育て支援新制度については2件、成年後見制度の報酬助成改善についてが2件の合計13件。共産党は、すべてに紹介議員となってとりくみました。
「行政、議会に民営化の現状を知ってほしい」と
 まず、みなみ保育園のことについて報告します。
 みなみ保育園が4月1日から民設民営化され、民営化対策委員OBの方たちから、保護者のみなさんの手記集が届けられました。市長は6月議会初日に、「落ち着いた安心できる保育が実施されている」と言い切りましたが、手記には民営化のなかで子どもたちと保護者のみなさんが悩んでいる現状が記されています。同時に、「先生方と対立したいわけではなく、一日も早く子どもたちが楽しく通えるように、力をあわせていきたい」、だからこそ「行政、議会に民営化の現状を知ってほしい」と…。
 民営化は慣れない場所に行き、まったく新しい先生たちに変わっての保育になります。簡単に「落ち着いて安心できる」はずがないのです。そのことを心から理解して、子どもたちが一日も早く安心できるように、市としても努力を惜しまない、ということが大事なのです。
民営化の検証を求める請願は不採択に
 厚生委員会では、ほとんどの議員がこの手記に触れて質問しました。本当に声を届けてくださり、良かったと思います。しかし…「みなみ保育園の民営化について検証を行うことを求める請願」が不採択…。なぜなのでしょう。現状の子どもたちへの支援、そして検証を求め引き続きとりくんでいきます。(請願に賛成=市民自治・共産。反対=公明・自民・民主)
みなみ保育園の引き継ぎをめぐって納得いかず
 先日このブログでもお伝えしましたが、行政報告で、みなみ保育園の引き継ぎについて質問しました。その時に、2月3月で行なわれるはずだった栄養士の引き継ぎについて、その分の委託料が返還されていることがわかりました。しかし、それでも引き継ぎは完了したと市が説明しました。その問題を質問したところ…
 栄養士の引き継ぎを、園長が代わりに実施したと。栄養士さんは専門職なのに、それは成り立つのか。でも、途中から少し話が変わり、栄養士さんが引き継ぎを実施している時期もあったことも明らかになりました。だとすると、栄養士さんの分を全額返還するということはおかしくないか。そもそも委託料は総価契約ですが、部分的な返還をどう考えたらいいのか。…なんともはっきりせず、「納得いかない」ということで休憩となりました。その後、市側から、問題を整理して改めて報告したい、と発言がありました。それを受け、問題を明らかにしていきたいと考えています。

手記の一部を紹介します
 今回、手記をまとめてくださった、民営化対策委員OBの方におことわりして、手記の一部を紹介したいと思います。子どもに説明できないことをやってはいけない、と改めて深く考えさせられます。
 
◇一ケ月がたち、二ケ月が経とうとして、我が子が「みなみ保育園が良かったな・・」。「なんで先生たちはわらべじゃなかったの?」と訊きます。「みなみ保育園は古くなって壊れたら大変だから新しい保育園になったんだよね。」そこまではみなみの先生も説明してくれ、子どもたちも理解しています。でもなんで先生が行かないのか。民営化だから、民設民営だから・・なんと説明すればよいのでしょう? 市役所の人が決めたからだよ、とか誰かのせいにはしたくないので言いません。でも、大人が納得できないのに、子どもはどうやって納得するのか、もっと小さい子は何が起きたのかわからないまま、その不安を言葉で伝えられないまま過ごしているのかと思うと本当につらく、また憤りを感じます。
 予算のことだけを考え、子どもたちにこんな犠牲を科すやり方、民営化が本当に必要なものなのか。この質問や議論はこの何年間も繰り返してきましたが改めて問いたいと思いますし、今後の民営化に関してももう一度考え直していただきたいと思います。

◇民営化の話が出た時には、思い出いっぱいのお世話になった園が無くなる事は、とても、悲しいことでしたが、民営化されても、今まで通りのこういった保育が引き継がれるなら、たとえ表向きの行事や形式が変わったとしても、それは仕方ないと思っていました。ですが、実際には、一番大切に引き継いでもらいたかった事は、長い時間をかけて築き上げていくものであって、形式的に引き継げるような内容ではなかったんだと気づき、失ったものの大きさを実感しています。……民営化は、長い年月に築き上げたものを壊して、新しいものを作っていくことであり、同時にいくつかの、犠牲を払っているんだと思います。その犠牲になっているのが、まだランドセルも背負えない小さな子と、それを想う親や先生たちだともう一度知ってもらいたいです。

◇うちの子も泣きますが、「保育園は好きだけど、今の保育園は嫌だ、前の保育園がいい」と理由を言いながら泣きます。幼児ともなれば、きちんと理由を言う事ができます。体調を崩し、処方された薬を飲みながら泣く子どもをなだめ、親も多大なストレスを抱え、どちらが先に倒れるか…という日々を過ごしてきました。2013年度におこなった引き継ぎ連絡会で、市の担当者はちょっとの間くらいは不適応を起こしてもしょうがない、という趣旨の発言をされましたが、4月以降今日まで、とても辛い日々を送っています。いまだに子どもからは「なんで前の園は無くなっちゃったの?」と訊かれていますが、答えられません。

  アジサイ
b0190576_0294285.jpg

by hara-noriko | 2014-06-19 00:30 | 市政報告 | Comments(2)

児童手当差し押さえ問題で進展が   

一般質問で取り上げる
 一般質問が終わりました。児童手当差し押さえの問題について、今までより進展があったように思います。それは、広島高裁判決での、預金に入ったからといって、差し押さえ禁止債権である児童手当としての属性が認められれば、それは差し押さえてはいけない、ということについて、担当部長がその通りだといったことです。
 これまで東久留米市でも、実際に子ども手当や児童手当が口座に入って、間もなく差し押さえられたケースもあったが、そういうことは今後は起こらないということですね、と意見を述べましたが、市側は否定しませんでした。
 今回、総務省通知を資料請求し、それを読みながら質問しました。その通知には、広島高裁判決だけではなく、それについての佐々木憲昭議員の国会での質疑も紹介されており、生活を窮迫するようなことはあってはならない、という趣旨の担当大臣の答弁も載っています。
 悪質な滞納者に対し、厳正に対応していくことは当然です。しかし、本当に慎重にすすめないと、時として命にかかわるようなこともあります。この判決が、滞納整理について慎重になるきっかけとなっているのではないか、と思います。
職員には十分な人員配置とケアが必要
 同時に、職員のみなさんは、たいへんな業務を人員削減のなかでおこなっています。滞納している市民それぞれの複雑な事情に対応することは、大きなストレスもかかえることにもなります。十分な人員配置と必要なメンタルヘルスケア、そして、市民の相談にていねいに対応することこそ評価されるような市役所になっていくことが大事だと私は思います。
悔やまれること
 一般質問は毎回毎回、反省…ばかりですが、今回とくに、わかくさ学園発達相談室について時間切れになってしまい、本当に悔やまれます。
 このブログでも少し触れましたが、4月からわかくさ発達相談室は2カ所で事業をすすめているのですが、さまざまな課題があることがわかりました。安心して相談できる環境か、というとそうとはいえない問題があります。そこを議論しながら、保護者・関係者との協議を続け、一日も早く抜本的な対策をとること、そして、児童発達支援センターの実現をすすめること、を求めたかったのですが…。
 次の機会に質問することはもちろんですが、すぐに必要なことは担当課に申し入れたいと思います。また報告します。
 その他の質問については、後日報告します。

  花と水滴
b0190576_23365748.jpg

by hara-noriko | 2014-06-12 23:37 | 市政報告 | Comments(0)

きょう12日(木) 日本共産党市議団が一般質問に立ちます   

 12日の市議会本会議で、日本共産党市議団4人が一般質問をおこないます。ぜひ、傍聴におこしください。
 午前9時半から        村山順次郎議員
 午前10時45分ごろから    永田まさ子議員
 午後1時から          篠原重信議員
 午後2時15分ごろから    原のり子
 主な質問の内容はこちらから

超満員だった緊急学習交流会
 下の写真は、6月8日、超党派議員で主催した「集団的自衛権行使容認ストップ 緊急学習交流会」の様子です。会場は超満員! 宇都宮健児弁護士の話しのしめくくりは、立場の違いをこえてつながりあう大切さ、小さな力も合わせれば大きな力になる、とよびかけるものでした。
 「やってよかった!」と7人の議員で喜びあいました。ご参加いただいたみなさん、ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。安倍首相は、閣議決定を急いでいます。共同をさらに広げて、必ずおしかえしましょう。
 緊急学習交流会を呼びかけた4会派7人の議員は次のとおりです。
 桜木善生(社民党)、篠原重信(日本共産党)、白石玲子(ネットワークひろば)、永田まさ子(日本共産党)、原のり子(日本共産党)、間宮美季(さわやか市民自治の会)、村山順次郎(日本共産党)=五十音順、敬称略=
b0190576_23575099.jpg

by hara-noriko | 2014-06-11 23:58 | 市政報告 | Comments(0)

6月8日、緊急学習交流会を開きます   

集団的自衛権行使容認ストップ!
 いよいよ!「集団的自衛権行使容認ストップ 緊急学習交流会」。超党派議員による企画です。今こそ、立場の違いをこえて、「戦争をする国にさせない」「憲法9条を守ろう」と力をあわせる時ですね。多くの方のご参加をお待ちしています。
講師は宇都宮健児弁護士
講師は、宇都宮健児弁護士です。ご期待ください。
 6月8日(日)午後6時半より
 市民プラザホール(市役所1階)
 参加費300円
 主催:緊急学習交流会実行委員会
市議会4会派7人の市議が呼びかけ
<メンバー>桜木善生(東久留米市議会議員 社民党)、篠原重信(同 日本共産党)、白石玲子(同 ネットワークひろば)、永田まさ子(同 日本共産党)、原のり子(同 日本共産党)、間宮美季(同 さわやか市民自治の会)、村山順次郎(同 日本共産党)=五十音順、敬称略=

市民プラザホール(市役所1階)の地図はこちらから

b0190576_050543.jpg

by hara-noriko | 2014-06-08 00:49 | お知らせ | Comments(0)

市長の行政報告に市議団全員が質問   

 6月5日、市議会初日。市長の行政報告がありました。多々疑問があり、共産党市議団は、全員、それぞれの角度から質問しました。取り急ぎお伝えします。
 
 永田まさ子議員は、3月議会で東中体育館について、新設するのか、それとも方針変更して既存体育館の耐震補強にするのか、市長自ら「再検証する」と答弁していたがどのように再検証したのか。また、これを決定した教育委員会の議論はどうだったのか。保護者に対する説明についてはどうだったのか。などを質問。
 篠原重信議員は、現在の体育館が通りをはさんで新座市側にあり、危険性もあるため敷地内に移そうという議論が、かねてからあったことを指摘。その問題はどうするのか質問しました。
 村山順次郎議員は、新設を断念したのは、財政問題だけが理由か、上の原の土地利用構想が背景にあるのではないか、質問。
 これらのやりとりをふまえ、来週の一般質問にのぞみます。
私は、みなみ保育園民営化について質問しました
 私は、みなみ保育園民営化について質問。「開設当初においては、いくつかの課題はあったものの、現在は子どもたちにとって落ち着いた安心できる保育が実施されております」と市長が述べた点について質しました。
 何をもって「落ち着いた」「安心できる」といい切れるのか。現状は、そこに向けて、引き継ぎ連絡会も行いながら、努力をしている過程ではないのか…。民営化の現場で子どもたち・保護者・保育者がどんな思いでいるのか、どんな苦労があるのか、これからしっかり議論したいと思います。
 また、栄養士の引き継ぎが2月・3月実施できず、委託料をその分、法人が自主的に返還していることもわかりました。これで、3月までの引き継ぎは完了したといえるのか…。
 さらに、今後、今回の民営化をどのように検証していくのかも言及がなかったため、質問。担当課長は、「第三者評価や保護者アンケートを実施していく」と。その内容については、今後の質問のなかで充実を求めます。

 市長の姿勢などについては、きょうの質問をふまえた一般質問の報告の中でお伝えしたいと思います。

  テントウムシ
b0190576_23382158.jpg

by hara-noriko | 2014-06-05 23:38 | 市政報告 | Comments(0)

明日から6月議会が始まります   

 いよいよ、明日から6月議会です。今回の議会は、たくさんの重要課題がある、と感じています。
初日の本会議では…
 まず、初日の本会議で、行政報告が行われますが、みなみ保育園民営化と東中学校体育館問題について報告されます。みなみ保育園の引き継ぎや現在の状況について、市長がどのように話すのか。東中学校の体育館については、お金をかけて実施設計まですんでいるのに、新設をとりやめる理由は何か。そのことをどのように説明してきているのか。…注意深く聞きたいと思います。この行政報告をふまえて、そのあとの一般質問などで、議論をしていきたいと思っています。
新たなアクセス道路の計画が
 また、5月22日の議案説明会において、上の原の土地利用構想(案)の説明があり、そこには、企業誘導のため新たなアクセス道路をつくることが示されていました。高低差13メートルほどのところに、延長250メートル、幅員12メートルの道路をつくりたいと。6月議会には、そのための測量予算1200万円が提案されています。予算特別委員会で議論することになります。
問われるまちづくりのあり方
 東中の体育館は、お金がかかりすぎるので新設方針をとりやめる。しかし、一方で、企業誘導のために道路建設は進める…。まちづくりのあり方、税金の使い方が問われていると思います。また報告します。

  アオサギ(黒目川)
b0190576_19421230.jpg

by hara-noriko | 2014-06-04 19:42 | 市政報告 | Comments(0)