<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

子ども・子育て会議を傍聴して   

 7月30日、子ども・子育て会議があり、村山順次郎議員と一緒に傍聴しました。他会派の議員の人たちの姿も。傍聴者が多く、椅子を何度も追加するほど…。お子さん連れのお母さんなど、全体で40人ほどが熱心に議論を見守りました。
パブリックコメント100人を超える
 今後、東久留米の幼児教育・保育・学童保育がどうなっていくのか、条例はどうなるのか、多くのひとが関心をもっていることを実感しました。それは、パブリックコメント(パブコメ)が、100人を超える人から寄せられたことにもあらわれています。
 会議では、「パブリックコメントが予想をこえる件数だったため、今日は資料が間に合わなかった」と担当主幹が説明したことについて、意見がだされました。
 「パブコメを受けての今日の会議。その内容をふまえず条例案を決めるのはいかがか」「資料がないのにそれでも今日決めないといけないのか」
 「スケジュールが厳しいなかでの行政の苦労はわかる。改めて議論する日を決めて会議をすべきだ」
 行政の見解はまだできていないが、パブコメの意見については資料をだす、ということになり、会議の終わりごろに、配布されました。
パブリックコメントの資料が配布されて
 パブコメが配布され、委員の方々は…。
 「具体的な意見がたくさんあり、とても大事。よく受け止めて考えていきたい」
 「100を超えるなどすごく関心が高い。保育について有資格者をきちんと配置することを求める意見多い。検討いただきたい」
 「保育事業者が新規参入しても、今の基準より下げないでほしい」などなど…。
市の姿勢に対して委員から
 行政側は、今日の意見をふまえ条例案をつくっていく考えでしたが、それに対してもこんな意見が。
 「ここで議論は何もしないのか。条例化されればそこに従っていくしかないのだから、もっと慎重にすべきだ」
 「以前質問したとき、ここで条例案を決めていくと言っていたはず」
 「この会議に出て意見だけ言ってそれで終わりでは、会議の意味がないと思う。条例案は会議で確認する必要があると思う」
 結局、今後の進め方について行政側がもちかえって検討し、改めて提案することになりました。
行政は十分な議論を保障すべきです
 私は、委員のみなさんが、責任感をもって会議にのぞまれていることを実感しました。議会に提案する前に、子ども子育て会議での十分な議論を行政は保障すべきだと改めて思います。どういう条例になるかが重要ですが、それだけでなく、そこに向けてどういう取り組み方をするのかも本当に大切です。そうした積み重ねそのものに、とても意味があると思うのです。東久留米の子どもたちのために、市民、行政、議会が真剣に考えあい、議論を尽くしていくことを大事にしていきたいと強く思います。
「スケジュールに無理がありすぎる」の意見も
 そして、今回の会議でくりかえし委員の方々からだされていたのは、「本当に来年4月から新制度はスタートできるのか」「スケジュールに無理がありすぎる。国に対し、急がないよう意見をあげてほしい」ということです。市長会をはじめ、さまざまな形で自治体として声をあげていく必要があると強く感じました。

  セミの羽化(市内の公園)
b0190576_23261579.jpg

by hara-noriko | 2014-07-31 23:27 | 市政報告 | Comments(0)

「子ども・子育て支援新制度」で市に申し入れ   

 7月29日、日本共産党市議団で「子ども・子育て支援新制度に関する申し入れ」を市長あてに行ないました(別項)。子ども家庭部長、子育て支援課長、保育課長、子ども家庭部主幹が対応してくださいました。
 保育や学童保育の基準に関する条例案に対するパブリックコメントは、100件を超えて寄せられたとのこと! 現在整理をしている途中だそうです。これらをふまえ、子ども子育て会議において十分な議論を経たうえで、議会に提案するよう強く要請しました。さまざまやりとりをさせてもらいましたが、7月30日の子ども子育て会議を傍聴したうえで、改めて報告したいと思います。

  写真は、申し入れの様子
  右から、西川子ども家庭部長、村山議員、永田議員、篠原議員、原
b0190576_1352168.jpg


                子ども・子育て支援新制度に関する申し入れ
 2015年4月より、「子ども・子育て支援新制度」が実施される予定になっています。しかし、未だ不透明な点も多く、市の子ども子育て会議においても、委員の方々から、今後の方向性について簡単には決められない、などの意見が出されています。新制度はこれまでの制度を大きく変えることになりますが、具体的にどのように変更され、子ども・市民にはどのような影響があるのか、よくわからないなかでの拙速な実施は避けるべきです。
 また、新制度においては、保育園待機児問題の解決が大きな課題ですが、保育施設での事故が全国的に問題になっているなか、現状の保育の質を後退させず、待機児解消をすすめていくことが求められます。子どものいのちに関わる問題であり、慎重に検討していくことが必要です。よって、以下の項目について要請するものです。

【1、条例制定について】
(1)条例案についてのパブリックコメントをふまえ、明日、子ども子育て会議で議論されますが、十分な検討の時間を保障してください。子ども子育て会議で条例案を練り上げたうえで、議会に提案してください。
(2)事務局案は、ほぼ「国基準通り」となっています。このままでは、現状の保育・学童保育の水準が後退しかねません。議会において、国基準以上になっているものは、それを維持する旨の答弁がありました。その内容を条例案に明記してください。
(3)パブリックコメントに対しては、ホームページ上できちんと回答してください。

【2、事業計画について】
(1)「事業計画」については、案の段階で、市民への説明や懇談などを実施し、子ども子育て会議での十分な議論を保障してください。
(2)計画づくりには、ニーズ調査結果を生かしてください。

【3、今後のスケジュールについて】
(1)市民に今後のスケジュールを明らかにしてください。とくに、幼稚園や保育所の申込について、どのように変わるのかなど、わかりやすく示してください。
(2)現時点でも国からすべてが示されたわけではなく、スケジュール的には非常に無理があります。国に対し、実施の時期を延期するよう要請してください。

by hara-noriko | 2014-07-30 01:36 | 市政報告 | Comments(0)

夏の平和行事に参加して   

 夏の平和行事が続いています。この間、参加した行事から…。
平和祈念資料展
 7月17日、東久留米市の「平和祈念資料展」を見学。今年は、写真もふえ、人々の戦時中、戦後の様子がよくわかりました。出兵するときの写真と、骨壷が帰って来た時の写真は、やはり辛いです。また、郷土資料室の資料をもとに、東久留米での戦争についても展示され、とても大事な記録だと再認識しました。
Tシャツ100人展
 7月20日、ピースの木主催の「Tシャツ100人展」。平和を願う市民が緩やかにつながりあいながら、地道にとりくみをつづけ、今年で6回目とのこと。毎年楽しみにしていますが、今年のTシャツも個性豊かで素敵でした。ストレートに平和を訴える作品から、日常の幸せ、日々のくらしの大事さが伝わってくるものなど…。
平和行進
 7月22日、原水爆禁止世界大会(8月2日~9日、広島・長崎両市)に向かう平和行進に参加。行進前に、東久留米代表団の結団式がありました。今年も、村山順次郎議員が代表団の一人として参加します。集団的自衛権行使容認の「閣議決定」や原発再稼働の動き、米軍新基地問題、オスプレイ配備など、安倍政権が暴走するなかでの世界大会。本当に重要な大会になると思います。成功に向けてとりくみを強めたいと思います。
 原水爆禁止世界大会や平和行進については、こちらから。

 22日の平和行進に参加した共産党市議団
 (左から)村山順次郎議員、永田まさ子議員、原のり子、篠原重信議員
b0190576_2165894.jpg

by hara-noriko | 2014-07-23 02:18 | 活動日誌 | Comments(0)

スポーツってすばらしい   

 サッカーワールドカップが終わりましたね。わが家でも夫を中心に盛り上がりました。
 7月18日付「しんぶん赤旗」のスポーツ欄にとてもいい記事がありました。「人種差別問題から見たW杯 移民受け入れ意識変化」と題し、サンパウロ大学でサッカーと黒人、人種問題を研究しているマルセウ・ジエ-ゴ・トニーニさんへのインタビューです。
 大会全体としては、ルセフ大統領が「人種差別撲滅の大会にしたい」と述べていたが本格的な前進は見えなかった。しかし、サポーターの交流や移民系選手を登用した国が増えていることなど、積極的な面として触れられていました。
 そのなかで、印象に残ったのは、フランスのベンゼマ選手のことです。フランスでは、過去に、移民はフランス代表に適していない、と極右政党の国民戦線のルペン党首が攻撃するような状況まであったそうです。今回、ベンゼマ選手は「移民の歌ではないから」と国歌(ラ・マルセイエーズ)を歌わないことを公言し、実際に歌わなかったそうです。でも、それが受け入れられていた、と。それぞれのルーツ、内心が大事にされ、代表として堂々とたたかう…民主主義の成熟を感じ、感動します。
 インタビューの最後の方で、「スポーツは社会の影響を受けますが、同時にそれが持っているフェアな立場は、社会の意識を変えることにつながります」と述べられていますが、本当にそうだなあ、スポーツってすばらしい、と思いました。
 改めて、ワールドカップに出場した日本代表もきっと多くのことを感じ、学んだのだろうな、と思いました。そのかけがえのない経験が今後に生きることを期待し、応援していきたいと思います。

  親から子へエサ渡し(東久留米市内)
b0190576_1638.jpg

by hara-noriko | 2014-07-19 01:06 | 日記 | Comments(0)

不透明すぎる「上の原地区土地利用構想」   

「案の段階で広く市民の意見を聞くべきだ」と指摘したにもかかわらず
 市の「広報ひがしくるめ」7月15日号をご覧になりましたか? 1面をすべて使って、「上の原地区土地利用構想がまとまりました」との報告です。6月議会の直前に案が示されたばかり…。予算特別委員会で、共産党の永田まさ子議員は、「案の段階で広く市民の意見を聞くべきで、決めてしまってからの報告にならないように」と厳しく指摘しました。が、案の段階での「市民説明会」は行なわれないまま8月3日に決まったことを報告する説明会が行われます。
「財政難」といいながら道路建設は聖域扱い
 また、企業等誘導をすすめるために、新たな道路建設を進めるとし、そのための測量費が補正予算として計上され、公明・自民・民主・みんな・社民などの賛成多数で可決されました。しかし、どういう企業がくるのかもわからない、道路をつくる場所も未定、道路建設全体の予算も不明…それでも、測量費を認めてください、ということにはとても賛成できない、と共産党市議団としては反対しました。
 市は、「財政が厳しい」と繰り返しながらも、やはり道路は聖域なんだと思わざるをえませんでした。しかも、東中の体育館の新設は、財政を理由にしてとりやめているのです。
「決まったから終わり」とはいきません
 この問題は上の原地域だけの問題ではありません。税金の使い方のあり方、まちづくりへの市民参加のあり方、そして市政において何を大事にしていくのかが問われています。市は、正式に決定したということですが、その中身をみると、案の段階からの大きな変化はまったくありません。つまり、予算特別委員会で問題になった不透明さは、残されたままなのです。決まったから終わり、とはできません。引き続き、とりくんでいきます。

★「説明会」は、8月3日(日)午前9時半~11時半、東部地域センター1階講習室。
★上の原地区土地利用構想の詳細は東久留米市のホームページに掲載されています。

  「広報ひがしくるめ」7月15日号の1面
b0190576_0431374.jpg

by hara-noriko | 2014-07-15 00:44 | 市政報告 | Comments(0)

学童クラブ条例学習会で考えたこと   

 7月13日、三多摩学童保育連絡協議会主催による、「自治体議会議員向け 学童クラブ条例学習会 第2弾」に参加し、学んできました。東久留米からは、間宮議員も出席されていました。いよいよ、9月議会で条例案を審議することになるので、東久留米でもパブリックコメントがおこなわれており、とてもタイムリーでした。(東久留米市の条例案については、こちらの記事をご覧ください)
学童保育の質が後退しないように
 学童保育の条例についても、わが市の条例案は「国基準通り」なので、現在の水準を下回ってしまうことにならないか、と心配です。指導員の資格も、国基準はかなり緩やかになっていますが、わが市では、児童厚生1・2級指導員または保育士、幼稚園、小中学校教諭の有資格者とされてきているのです。
 また、現在、15人の児童に対し1人の指導員が配置されていますが、これも国基準の20人を上回っています。これらは、学童保育の質が後退しないように、守られてきた基準です。とくに、東久留米は、正規職員はすでに廃止されているなかでの、「最低基準」といえます。…など、東久留米の実情をきちんとふまえるように求めていきたいと思います。
保護者や指導員の声を反映させたい
 今日の学習会でとくによかったのは、指導員の方、保護者の方のお話しを聞けたことです。
 「人数が多すぎると、子どもたちがほっとしたいと思っても、なかなかできない。学校が終わった後、好きなことをして過ごせることを大事にしたい。基準で示されている数字だけでなく、実際をみて感じてほしい」(指導員)
 「障害をもっている子どもは、6年生になるまで学童で過ごし、本当にありがたかった。障害児についての国基準がないので、条例にぜひもりこんでほしい」(保護者)
 「放課後子ども教室と学童保育の関係が心配。一体化で学童保育の機能が失われない様にしてほしい。子どもたちには心休まる場所(学童保育)が必要」(保護者)
 などなど…。こうした声が反映される条例が求められていると強く感じました。
 パブリックコメントは7月22日までです。ぜひ、保育や学童保育についてのみなさんの声がたくさん寄せられ、よりよい東久留米の条例がつくられるように…と思います。
 (パブリックコメントについては、東久留米市のホームページをご覧ください)

  ハクセキレイ(落合川)
b0190576_2332776.jpg

by hara-noriko | 2014-07-13 23:33 | 活動日誌 | Comments(0)

子ども子育て会議を傍聴して   

パブリックコメントを募集中
 7月1日から、子ども子育て支援新制度における、保育・学童保育についての条例案についてパブリックコメントがはじまりました。意見は7月22日まで。市役所のホームページをぜひ見てください。
条例案についての説明が
 6月30日の子ども子育て会議を傍聴しましたが、そこで初めて条例案について説明がありました。「特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業」「家庭的保育事業」「学童保育事業」の運営等に関する基準です。そして議論に…。とはいっても、一件一件議論するわけではありませんでした。委員の方からは、公定価格との関連や国の動きが遅れている中ですすめていくことについての疑問も出されていました。
保育料の上乗せ徴収
 また、保育料の上乗せ徴収(入学金や課外活動費用など)についても意見が出されていました。私もこの問題について一般質問でとりくみましたが、上乗せ徴収については、認可保育園などは事前に市町村との合意のうえで実施するとのしばりがありますが、子ども園や小規模保育などはしばりがありません。しかも、これについては、自治体の条例には、国基準通りに入れないといけないのです。自治体の裁量で変えることができません。本当にさまざまな問題を抱えているのが新制度だと実感します。
 子どもたちのために、どういう保育・子育て支援が必要なのか、という議論をしっかり深めることこそ必要であると思います。
「国基準通り」というが…
 事務局の案は、ほぼ国基準通り。議会での答弁では、「国基準を上回っているものについては、それを下げることはしない」とのことでしたが、それは守られるのか…。また、国基準は、従わなければならない項目と、参考にしてそれを上回ることのできるものがあります。たとえば、家庭的保育事業について、保育士(看護師等)資格を必須とするということも可能です。実際に、そのように提案している自治体もあります。そこは十分に検討されたのか…。
9月議会に提案
 子ども子育て会議でよく検討されてから案になるのかと思っていましたが、今回の会議で出された事務局の案で、パブリックコメントが行なわれています。問い合わせたところ、パブコメと会議での議論を並行させてすすめ、9月議会に提案していきたい、とのこと。…進め方として課題がありますが、市民の意見を出せる大切な機会なので、ぜひ、多くの方の意見が寄せられるように、と思います。

憲法学習会で9条を学ぶ
 下の写真は、7月5日に行われた、小山・幸町9条の会の憲法学習会の様子です。講師は、明日の自由を守る若手弁護士の会の鈴木律文弁護士でした。「憲法9条と集団的自衛権」のテーマで、国際法の登場、第一次世界大戦、不戦条約…までさかのぼって、戦争に対する考え方、自衛権の考え方がどう変わってきたのかをていねいに話してくださり、そこから9条の大切さ、集団的自衛権行使容認の誤りがよくわかりました。参加者の方々からも活発な意見が続きました。このような学習会は今改めて大切になっている、と感じました。
b0190576_051428.jpg

by hara-noriko | 2014-07-06 00:51 | 市政報告 | Comments(0)

注目される政務活動費   

 兵庫県議の「号泣会見」により、議員の政務活動費について改めて注目されています。日帰り出張195回に政務活動費を300万円も充てていたというが、領収書も報告書もない。自ら会見を開きながら、まったく説明になっていない。…税金であるという意識があまりにも稀薄です。きちんと問題を明らかにし、責任をとるべきです。
 また、昨年、法改正により政務調査費が「政務活動費」と名称を変え、基本的に「調査研究」に限定していたものが、さまざまな「活動」にも充てることができるようになってしまいました。このこともあわせて考えながら、議員としての活動のあり方を改めて律していくことが必要になっていると思います。…それにしても、こういうことが起きると、議員はみんな、こんな風に政務活動費を使っていると誤解されるのではないか、と心配です。ここでは、東久留米の状況についてまずお伝えします。
東久留米市の場合は…
 東久留米市の政務活動費は、1市議あたり、月7625円、年間9万1500円。東京26市でも最低金額で、次に低い清瀬市、武蔵村山市、国立市でも月1万円、年間12万円です。
 議員にとって、調査研究はもっとも大切であり、どんな経済状況の人でも議員になれば、必要な調査研究ができるようにしておくことが必要です。ですから、安ければ安いほど良い、とはなりません。共産党市議団では、4人の政務活動費で、市議団としての議会報告の発行や調査研究を行なっていますが、正直なところ、この金額では足りないため、持ち出しで活動しているのが実際です。政務活動費の使途については、市議会のホームページに載っています。(東久留米市議会政務活動費収支報告書は、こちらから)
 これ以外に、議員それぞれの学習や勉強会などへの出席、調査活動、個人版の議会報告発行などは、一人ひとりが議員報酬(月45万6000円、所得税・住民税含む)から負担しています。
 これからも、地道な調査研究を大事に活動し、その内容を市民のみなさんにきちんと返していけるように、努力していきたいと思います。

  コサギ(黒目川)
b0190576_1151173.jpg

by hara-noriko | 2014-07-05 01:15 | 市政報告 | Comments(0)

ひどい! 「閣議決定」の強行   

 ひどい!集団的自衛権容認の「閣議決定」が強行されました。世論調査では、集団的自衛権に反対する意見が過半数をこえ、その危険性が広く伝わりはじめるなか、これ以上反対の声が増える前に決定してしまおう、ということなのでしょうか。
 閣議決定の撤回を求めるとともに、具体化を許さないとりくみを強めたい、と決意を新たにしています。
 6月30日、7月1日と連続して首相官邸前で抗議行動がおこなわれ、30日は4万人、1日は6万人が「閣議決定するな」「閣議決定撤回」「憲法守れ」「9条壊すな」と声をあげました。
 「日本を戦争する国にしない」「若者を戦場に送らない」…これからが本番です!
 日本共産党の志位和夫委員長は1日、「憲法を破壊し、『海外で戦争する国』をめざす歴史的暴挙―集団的自衛権行使容認の「閣議決定」の撤回を求める」とした声明を発表しました。ぜひごらんください。(声明は、こちらから)

  1日朝の市議団の駅頭宣伝です
b0190576_0255517.jpg

  首相官邸前で行われた抗議行動(6月30日)
b0190576_031217.jpg

by hara-noriko | 2014-07-02 00:26 | 活動日誌 | Comments(2)