<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

学童保育所と児童館を視察しました   

 8月28日、共産党市議団で、南町学童保育所、くぬぎ学童保育所、滝山児童館の視察をおこないました。子育て支援課長が同行し、必要な説明もしてくださり、とても有意義でした。
南町学童保育所
 子どもたちは、ちょうどお昼寝前。先生の読み聞かせがはじまるところでした。夏休みとはいえ、46人が出席(欠席は23人)。とても落ち着いた雰囲気です。でも、これ以上の人数になると満杯状態になるな…と思いました。南町小学校には特別支援学級ができたので、今後障がいのあるお子さんの入所がふえることも考えられます。スペースにゆとりが必要ではないか、と感じました。
くぬぎ学童保育所
 今年、待機児童が12人にもなった学童です。93人在籍のところ、55人出席。翌日の縁日ごっこに向けて、あつまって準備したり、そのあとのおやつも手際よくグループごとに和やかに。でも、全員出席したら、ここでゆったり活動できるのだろうか…と思いました。切実なのは、この人数なのに、トイレが男女共用で、個室は3つしかないこと。さまざま改善が必要だと感じます。
滝山児童館
 西部地域センター内の児童館。複合施設内のなかで、館庭がありません。そういうなかでも、子どもたちは、ホールで楽しそうにドッジボールをやっていました。そこここで、工作したり、本を読んだり、先生とお話しをしたり…思い思いにすごしている姿が。子どもたちの大切な場所になっていることを実感しました。同時に、児童館の部屋全体を見渡せないので、安全面の十分な配慮が必要だということも感じました。

 途中、子ども家庭支援センターにも寄らせていただきました。子育てひろばは、満員! ここなら、気兼ねなく子どもと来れて、お弁当も食べられる、と好評です。こういう場所がたくさんほしいですね。
 視察で学んだことについて、9月議会のなかでもとりくんでいきたいと思っています。

  視察したくぬぎ学童保育所で
  (左から)原のり子、篠原重信、村山順次郎、永田まさ子の各議員
b0190576_050950.jpg

by hara-noriko | 2014-08-30 00:52 | 活動日誌 | Comments(0)

共産党市議団 5日と8日に一般質問   

 9月議会でおこなわれる一般質問の順番が決まりました。
 公明(5人)、社民(1人)、久留米(1人)、民主(3人)、ネット(1人)、みんな(1人)、市民自治(1人)、共産(4人)、自民(4人)の21人が質問に立ちます。

 共産党市議団の質問日時は次の通りです。いずれも予定です。
 村山順次郎議員 5日(金)午後2時すぎから。
 永田まさ子議員  5日(金)午後3時半ごろから。
 篠原重信議員   8日(月)午前9時半から。
 原のり子      8日(月)午前10時45分ごろから。

共産党市議団の質問内容は
★村山議員…くぬぎ児童館、ネグレクトによる事故の予防、旧大道幼稚園跡地の利活用、庁内組織機構の見直し、ごみ減量のとりくみ、地域公共交通の充実、弥生1丁目地域の道路冠水
★永田議員…上の原地区土地利用構想、交通不便地域対策、木造住宅耐震化、就学支援の充実について、いじめ防止条例、学校図書館司書配置、教育振興基本計画、給食食材の放射性物質検査
★篠原議員…公共料金など市民負担増の実態と負担軽減、介護保険、非婚のひとり親家庭への寡婦(夫)控除のみなし適用、まえさわ保育園への駐車場設置、学校の洋式トイレ増設、教育における保護者負担の軽減
★私 原のり子の一般質問は…
 (1)子ども・子育て支援について
  新制度への対応について
  保育・学童保育の課題について
  相談業務の充実について
 (2)国民健康保険について
  保険税の考え方と減免について
  滞納対策について
 (3)地域公共交通の充実について
  交通不便地域の対策をどうするのか
 (4)公共施設の利用について
  使用料改定後の課題について
  使用基準について
切実! コミュニティバス早期実現を求める請願
 コミュニティバス早期実現を求める請願が、5276名の署名を添えて提出されました。およそ4年前にも、同趣旨の請願(4180署名)が提出され、圧倒的多数で採択されました。そして、コミバスの実験運行まで位置付けた市の計画がたてられました。しかし、前市政では実施を一方的に断念してしまいました。その後は、議会でも請願に賛成するのは共産党のみ、という状況がつづいています。
 今回の請願の署名数からみても、ますます切実な課題になっていることがわかります。共産党市議団は、この請願を審査することになる建設委員会で委員の篠原議員がとりくむとともに、村山議員、永田議員、私も一般質問でコミバスを含む地域公共交通の充実に向けてとりくみます。
共産党 15件の請願すべてで紹介議員に
 請願は15件寄せられ、共産党市議団はすべてに紹介議員になりました。それぞれ、各委員会で審査し、最終本会議で討論・採決をおこないます。

  葉っぱに隠れたカワセミ(落合川)
b0190576_081739.jpg

by hara-noriko | 2014-08-28 00:08 | 市政報告 | Comments(0)

9月議会の日程決まる   

 8月25日、議会運営委員会が開かれて、9月議会の日程が決まりました。
 9月1日から18日までの18日間です。詳細は次のとおりです。
  1日(月)本会議(初日)議案上程、諸報告
  3日(水)本会議 一般質問
  4日(木)本会議 一般質問
  5日(金)本会議 一般質問
  8日(月)本会議 一般質問
  10日(水)午前 総務委員会  午後 厚生委員会
  11日(木)午前 文教委員会  午後 建設委員会
  12日(金)予算特別委員会
  18日(木)本会議(最終日)討論、採決
 基本の時間は、午前は9時半から、午後は1時からです。
 場所は、すべて市役所3階です。

保育や学童保育の基準条例について議論
 9月議会では、4月から実施される予定の「子ども・子育て支援新制度」における、保育や学童保育の基準条例について議論することになります。共産党市議団では、100件をこえるパブリックコメントや子ども子育て会議の議論を十分にふまえて提案するよう強く求めてきました。提出された議案によると…
 家庭的保育事業では、国基準は保育士の資格がなくても研修により保育にあたれることになっていますが、わが市は、保育士等の資格を条例に位置付けます。
 小規模保育B型では、国基準は、保育士のうち半分が保育士資格があればよいとされていますが、わが市は、6割以上と位置付けます。
 学童保育では、国基準は資格がなくても研修により保育にあたれることになっていますが、わが市は、児童厚生員などの資格を条例に位置付けます。…などの国基準への上乗せがわかりました。
 また、担当課に問い合わせたところ、職員配置などが書かれた学童保育所運営マニュアルについては、整理し、公開できるようにしていくとのことです。
 現状の保育を後退させないでほしい、安全・安心な保育であってほしい、との市民の声による大切な成果ですね。もちろん、残った課題もあります。そこは、十分に議論していきたいと思います。

  キバナコスモスとツマグロヒョウモン
b0190576_0414216.jpg

by hara-noriko | 2014-08-26 00:42 | 市政報告 | Comments(0)

祖母の戦争体験に思う   

 久し振りのブログになってしまいました。先週、三日間ほど実家(川崎)へ行ってきました。97歳になった祖母に、「今日は終戦記念日だね」というと、「ああ、今日?」と。そして、戦争中、教員だった夫(祖父・すでに他界)と一緒に「朝鮮に行っていた」と、そのときの話をしてくれました。
 祖母の話の中心は、現地の人から親切にしてもらったことでした。「いっぱいおかずをもってきてくれるんだけど、どれもとても辛くて、水で洗って食べていた。『内地の奥さんは、一番おいしいところを洗い流している』と言われた」「ここに残って暮らしたらいいのに、と言われた」など。
 本当はたいへんな苦労もあったと思いますし、現地の人の見方はとても厳しかったのでは、と想像します。でも、祖母が「親切にしてもらった」と感じていることもまた本当のことなんだと思います。あらためて、日本政府として、アジア諸国への「加害」の反省を明確にすることが大事だと実感しました。
 しかし…。安倍首相は、昨年につづき、アジア諸国への「加害」の反省も、「不戦の誓い」も表明しませんでした。そのうえ、靖国神社に玉串料を奉納しました。過去の戦争を反省出来ない人に、平和は守れない…。安倍政権は一日も早く退場してもらわなければと思います。

  コサギ(黒目川)
b0190576_3575096.jpg

by hara-noriko | 2014-08-18 03:57 | 日記 | Comments(0)

保育合研の集会宣言をぜひ読んでみてください   

 8月2日から4日まで、福岡市で開かれた第46回全国保育団体合同研究集会(保育合研)。4日の閉会集会に参加しました。会場では、東久留米から参加された方々の姿も!
 次女と一緒に、アーサービナードさんの記念講演を聞きました。「どうしてどうして?」と考え続けることの大切さ…心にひびきました。
 そして、閉会セレモニーへ…。福岡合研の実行委員会のみなさんの心を込めた歌、発言、集会宣言…。胸がいっぱいになりました。困難ななか、力をあわせて準備されてきたことに心から感謝です。すばらしい集会宣言、ぜひ読んでいただきたいと思います。
 来年は、東京です!

 集会宣言   2014年8月4日 第46回全国保育団体合同研究集会
 第46回全国保育団体合同研究集会は、2015年4月に子ども・子育て支援新制度がスタートするという緊迫した時期に、九州・福岡で15年ぶりに開催され、厳しい状況のなかでも全国47都道府県から6310名の人達が参加しました。
 九州は、全国と比べて公立の保育所・幼稚園が圧倒的に少なく、認可外施設の比重が高いところです。公的保育という点で、保育行政は立ち遅れています。だからこそ、今回の新制度をめぐる運動でも、福岡の保育関係者は、立場の違いをこえて公的保育を守り発展させるために大きな力を発揮して、全国の保育関係者を励ましました。
 運動の力で自治体の保育実施義務を定めた児童福祉法第24条1項を復活させた意義は極めて大きいといえます。
 今回の合研の分科会に提案された報告は、全体で182本にもなります。その提案をもとに、保育の制度はもちろんのこと、都市部の待機児童問題や過疎の保育の問題、子どもたちが日々安心して過ごせる環境、生活・遊びと豊かな発達などについて、保護者、保育所・幼稚園職員、広範な保育関係者がともに語り合い、学び合うことができました。
開催地福岡は、炭鉱から保育所が誕生した日本で最初の地域です。これからの時代を担う若い保育者が中心になり、忙しい合間をぬって、この歴史を学び、集会の準備をしてきました。また、集会参加を呼びかけるなかで1人、2人と送り出してくれる保育園や幼稚園も広がってきました。このつながりを大切にし、どの子どもも家族もすべてひとしくその幸せと発達を保障されるという福祉と教育の精神に立って、各自治体における新制度の具体化に働きかけていきましょう。
 いま、世界では、戦争によって多くの子どもが犠牲になっています。平和なくして子どもたちの幸せな今と未来はありえません。国は、第二次世界大戦に対する痛切な反省を踏まえて、「二度と戦争はしない」と誓い制定された日本国憲法の改悪を狙っています。「集団的自衛権」を容認し、日本を「戦争する国」に導こうとしています。私たちは、子どもたちを二度と戦場に送ることのないよう、人が人を殺し殺されることがなくなるよう、力を尽くしましょう。
 日本の各地でも、幼い子どもが巻きこまれる事件が後をたちません。子どもの貧困率も上昇を続けています。保育所・幼稚園は、こういう事件や貧困のもたらす悲劇から子どもと家族を守る最後の砦の一つです。困っていながら、声をあげることができず、保育所や幼稚園にたどりつけない子どもや家族を作らないために、私たちは手をつなぎ、国・自治体が責任を負う公的保育制度を守り発展させていきましょう。
 今回の集会のテーマ「輝け!子どものいのちと笑顔、語り合おう保育・子育ての未来を!」の実現に向けて、全国津々浦々で、一人ひとりが元気に声をあげていきましょう。
 「子どもは未来の宝」です!
 
  舞台と会場が一体となった閉会集会
b0190576_23532533.jpg

by hara-noriko | 2014-08-08 23:55 | 活動日誌 | Comments(0)

保育合研に参加して   

 8月2日から4日まで、福岡市で開かれた第46回全国保育団体合同研究集会(保育合研)に参加しました。
公立保育園民営化の分科会で学ぶ
 私は、公立保育園民営化の分科会で学びました。来年4月から本格実施するとされている、子ども子育て支援新制度について考えるうえでも、今年は、民営化の問題をしっかり考えたい、と思って参加しました。参加者は20名ほどだったので、全員が発言をして交流することができました。
子どもをどう育てるか
 まず、垣内国光先生(明星大学)より、新制度ともあわせながら基調となる報告があり、その後、各地のとりくみの報告が。それぞれのとりくみに学びながら、私がいちばん思ったのは、民営化は財政難などを理由に打ち出されるが、どういう保育が子どもたちにとって必要なのか、が本質的な問題ではないか、ということです。垣内先生は、民営化の問題は、「子どもをどう育てるのか」の問題だと話されました。
 以前、民営化問題の学習会で、ある退職した元園長先生が、「理不尽なことに対し、なんでだろう、おかしい、と感じることのできる子に育てたいと思って、私たちは保育してきている」と話してくださったことを思い出しました。
子どもに説明できるのか
 民営化は、ある日突然、先生方が入れ変わります。子どもにとって理不尽以外のなにものでもありません。そのときに、「おかしい」「どうして」と感じることは当然であって、そこに答える責任が民営化を進める大人にはあります。子どもに説明ができないなら、それはやってはいけないのです。
保育を受ける権利を保障する
 民営化のなかで辛い思いをした子どもたちに思いを寄せ、子どもの保育を受ける権利を保障していくこと。そして、焦眉の課題である待機児解消、障がい児保育の充実。また、児童虐待件数の増加、貧困率の上昇…、という状況のなかで、たとえ新制度になっても、公的保育が守られるようにしていくことが本当に大事だと思います。公立保育園をこれ以上減らすわけにはいかない…と強く思います。

  保育合研の会場で
b0190576_043452.jpg

by hara-noriko | 2014-08-08 00:04 | 活動日誌 | Comments(0)

市議団が市政報告会開く   

 8月2日、日本共産党東久留米市議団の市政報告会でした。猛暑の中、60人ほどの方々が参加してくださいました。ありがとうございました!
 私たち4人の任期もあと9カ月をきりました。今回の市政報告会では、市議団長の篠原重信議員から、これまでのとりくみと市議団の決意を述べさせていただきました。村山順次郎議員、永田まさ子議員、そして私も、それぞれ決意表明と、市政の重要課題についての報告を行ないました。
 今回は、懇談の時間を十分にとることができなかったので、今後、小集会や茶話会などをたくさん開いていきたいと思っています。
 市政報告会のあと、福岡市で開かれた全国保育団体合同研究集会へ。たくさん学び、考え、感動の福岡合研でした。後日報告します。

  市議団として、これまでのとりくみを報告し決意を述べました
  (左から)原、篠原、永田、村山の各議員
b0190576_1373388.jpg

by hara-noriko | 2014-08-06 01:37 | 活動日誌 | Comments(0)

小学校教科書採択で教育委員会を傍聴   

 8月1日、2015年度から2018年度に使用する小学校の教科書採択を行なう、教育委員会を傍聴しました。永田まさ子議員も一緒でした。市民の方も多数かけつけ、傍聴席はほぼ満席の30人ほどでした。
 審議はていねいにすすめられました。教育委員長は、採択にのぞむ姿勢について、「小学生なりに社会の動きについて学んでいくべきで、それがどう反映されているかみていきたい」と述べられました。
教科書展示を見ていちばん感じたこと
 私は、事前の教科書展示を見に行き、いちばん感じたことは、歴史や社会の事実をありのままに伝えてほしいということです。都合の悪いことを隠したり、逆に必要以上に強調したり、ということでなく…。たとえば、東日本大震災を伝えながらも、どの教科書も原発事故に触れていないのはなぜなのか? 憲法前文の平和主義に触れながらも、9条に言及がない教科書もあるがなぜなのか? ハンセン病やナチスのユダヤ人迫害に触れている教科書と触れていない教科書がある…。日本軍「慰安婦」問題などは全く触れられていない…などなど。
 今日の採択の状況をみながら、「あたりまえの教科書」をつくれないところに、本当に問題があると改めて考えさせられました。
 教育委員長は、最後のまとめで、「今後も、より公平・公正にとりくんでいく」と述べられました。とても心強く感じました。

全国保育合同研究集会に参加します
 2日から、全国保育合同研究集会が福岡で始まります。私も、市政報告会終了後、参加します! そのため、定例の土曜日宣伝は休みます。

  木漏れ日のなかのアオサギ(黒目川)
b0190576_0581645.jpg

by hara-noriko | 2014-08-02 00:58 | 市政報告 | Comments(0)