<   2015年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

30日は「国会10万人行動」へ   

 8月30日(日)、いよいよ「戦争法案廃案!安倍政権退陣!国会10万人行動」です!
 しんぶん赤旗日曜版で、室井佑月さんが「私も参加します」と語っていました。娘が「室井さん、テレビでも行くっていってたよ」と教えてくれました。
 また昨日、何人かの方から「30日行く?」と声をかけられました。すごい、みんな自分の思いで参加しようと決めているんだ…! 私ももちろん参加します! 戦争法案を必ず廃案に追い込みましょう!

 「国会10万人行動」は、午後2時から4時まで、国会周辺と日比谷、霞が関を中心におこなわれます。政党から日本共産党の志位和夫委員長、民主党の岡田克也代表、社民党の吉田忠智党首らが参加してスピーチします。作家の室井佑月さん、映画監督の神山征二郎さん、名古屋大学名誉教授の池内了さん、沖縄・ヘリ基地反対協議会共同代表の安次富浩さんらがスピーチを予定しています。

b0190576_19185182.jpg

by hara-noriko | 2015-08-29 19:19 | 行事 | Comments(0)

9月議会 一般質問の順番決まる   

 9月議会でおこなわれる一般質問の順番が決まりました。以下の通りです。(敬称略)
 佐藤(維新)→梶井(民主)→富田(民主)→白石(市民)→間宮(市民)→村山(共産)→永田(共産)→篠原(共産)→原(共産)→桜木(社民)→宮川(久留米)→関根(公明)→津田(公明)→沢田(公明)→三浦(公明)→阿部(公明)→島崎孝(自民)→小山(自民)→島崎清二(自民)→篠宮(自民)→野島(自民)

9月3日に共産党の4人が質問
 共産党は、9月3日(木)、午前9時半~村山順次郎議員、10時45分ごろ~永田まさ子議員、午後1時~篠原重信議員、2時15分ごろ~原のり子の見込みです。

共産党市議団 一般質問内容は…
 村山議員…コミバス実現に向けて、路線バスの充実、旧大道幼稚園跡について、家庭ごみの減量、上の原地域の新アクセス道路、くぬぎ児童館跡地について、防災備蓄倉庫の充実、文化財の保存施設。
 永田議員…上の原土地利用構想について、飼い主のいない猫への去勢手術補助、小中学校サポート業務あり方検討委員会、特別教室のエアコン設置、図書館運営について。
 篠原議員…家庭ごみ有料化問題、都市計画道路・市道みついて、介護保険、防災。
 原のり子…財政健全経営計画実行プランについて~保育園民営化の考え方・さいわい保育園民営化・各種手当の適正化、特別支援教室と情緒障害等通級指導学級について、生活保護について、道路や歩道の安全対策。

共産党市議団 すべての請願の紹介議員に
 請願は20件提出されました。すべてに、共産党市議団は紹介議員になりました。
 さいわい保育園民営化の一時凍結を求める請願は、4979人もの署名とともに提出されています。

魚を探すアオサギ(黒目川)
b0190576_21554119.jpg


by hara-noriko | 2015-08-25 21:56 | 市政報告 | Comments(0)

9月6日に「第2回 戦争はいや!市民パレード」   

 「第2回 戦争はいや!市民パレード」(戦争はいや!声をあげよう実行委員会主催)が9月6日(日)午後4時~5時半に行われます。
 市役所前広場に集まり、西口公園までゆっくりパレードします。歩くのはちょっと…という方でも、出発前のスピーチだけでも聞きにきてください!
 すでに、賛同者が500人近くまで広がっています! みなさんぜひ!
 7月におこなわれた前回の記録はこちらから。

前回の「戦争はいや!市民パレード」
b0190576_01432640.jpg


by hara-noriko | 2015-08-25 01:43 | お知らせ | Comments(0)

超党派議員有志が安保関連法案反対の宣伝   

 8月24日の夕方、超党派議員有志で東久留米駅西口にて安保関連法案反対の一致点で、宣伝を行いました! 参加したのは、市議会民主党の富田議員・梶井議員、市民自治フォーラムの間宮議員・白石議員、社民党の桜木議員、日本共産党の篠原議員・永田議員・村山議員・私の9人です。
 写真(上)が小さいですが、「アベ政治を許さない」ポスターを持っている人で、左から一人置いて梶井さん、篠原さん、マイクを持っている永田さん、間宮さん、富田さん、白石さん、原のり子、一人置いて桜木さん、村山さんです。
 一致点での共同に、拍手を送ってくださる方、手を振って下さる方も。必ず、廃案に追い込みましょう!

みんなで「安保関連法案反対」を訴えました
b0190576_01313712.jpg
b0190576_01314940.jpg



by hara-noriko | 2015-08-25 01:33 | 活動日誌 | Comments(0)

9月議会の日程決まる   

8月24日、議会運営委員会が開かれ、9月議会日程が決まりました。

 8月31日(月)本会議…議案上程、即決、付託、諸報告
 9月2日(水)本会議…一般質問
   3日(木)本会議…一般質問
   4日(金)本会議…一般質問
   7日(月)本会議…一般質問
   9日(水)午前 総務委員会  午後 厚生委員会
   10日(木)午前 文教委員会  午後 建設委員会
   11日(金)予算特別委員会
   17日(木)本会議…討論・採決

 *初日の行政報告では、上の原地区土地利用構想について、旧大道幼稚園跡の新児童館について、財政健全計画について、子ども子育て支援新制度における利用者負担について(子ども子育て会議の答申)が市長より報告されます。
 *マイナンバー制度にかかわる議案は総務委員会、保育料・学童保育料の値上げの議案は厚生委員会で審議されます。
 *予算特別委員会で審議する補正予算には、家庭ごみ有料化導入基礎調査、教育大綱に伴う教育振興基本計画の見直し、くぬぎ児童館解体工事実施設計、児童館新設工事基本設計などが含まれています。

今年も市内でツバメが巣立っていきました
b0190576_01233274.jpg

by hara-noriko | 2015-08-25 01:23 | 市政報告 | Comments(0)

歴史に向き合わない安倍首相   

 8月15日、定例の土曜日夕方宣伝。戦後70年の終戦記念日。戦争法案(安保関連法案)反対のチラシは、いつもより受け取りがよかったと思います。安倍首相の談話により、不安と心配を感じている人がふえたのではないでしょうか。「侵略」「植民地支配」「反省」「おわび」などの言葉をちりばめたものの、どれひとつとして自分自身の考えや思いから発せられたものはありませんでした。しかも、記者会見で「侵略」について認めない姿勢をあらわにしました。
 冒頭部分で、日露戦争はアジアやアフリカの人々を勇気づけた、と述べ、途中の部分で、戦争にかかわりのない子どもたちに謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない、と述べ、最後は「積極的平和主義」を強調する…。この流れのなかに、安倍首相の本音がはっきりと出ていると感じました。もう70年の節目で区切りをつけたい、ここで切り替えるんだ、ということではないでしょうか。
 これからも平和を守り続けるためには、なぜ戦争は起きたのか、なぜ他国を侵略したのか、なぜ日本は間違ったのか、その事実を学び、決して風化させないことが必要です。「謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」という言葉に、子どもたちの知る権利、学ぶ権利を奪うのか、と思わずにはいられません。歴史に向き合わない安倍首相は本当に退陣してほしい。より強く思います。

【関連リンク】
戦後70年にあたって―「安倍談話」と日本共産党の立場 志位和夫委員長
安倍首相談話

セミの羽化
b0190576_12115799.jpg

by hara-noriko | 2015-08-16 12:05 | 活動日誌 | Comments(2)

東久留米から戦争を考える   

 8月8日、中央図書館で、「第2回『語ろう!東久留米』東久留米と戦争~戦後70年を迎えて」という企画がありました。視聴覚ホールは満員! 100名ほどの参加があったのではないでしょうか。
不発弾処理
 第1部は「不発弾処理について」の講演。元消防長や教育長を務められた當麻好雄さんと現職員で市民部長の鹿島宗男さんがお話しされました。
 當麻さんは、投下された爆弾の5~10%は不発弾といわれ、市民の情報を寄せてもらい、市の職員が処理にあたったこと。その際、国からの支援が弱く、要請を続けたこと。
 また鹿島さんは、不発弾処理にあたりながら、人を殺すためにこういうものが使われたと実感し、戦争はあってはならないと強く思ったこと…を語られ、胸に染みました。
戦争はあってはならない
 第2部は、「語ろう!東久留米 戦時中の久留米村」と題し、郡司恒夫さんの司会進行で、小学生のときに久留米村に疎開で来た林綾子さん、久留米国民学校の児童だった竹内俊雄さん、農兵隊隊員だった奥住和夫さんがお話しされました。
 「父が一度会いにきてくれたとき、『連れて帰って』と書いたメモを父のポケットに入れた。でももうすぐ帰れるから、と父は帰って行った。悲しくて駅でずっと泣いてしまった。父も、ハンカチで涙をぬぐっているようだった。その光景が忘れられない」。林さんは当時の小学生だった自分の目線で話してくれました。そして、「あんなに辛く悲しいことは二度とあってはならない。子どもや孫たちをそんな目に合わせてはいけない」と。戦争は絶対にだめだという林さんの切々としたお話しは胸に迫りました。
 残念ながら仕事の関係で、途中で帰らなければならず、後ろ髪をひかれる思いでしたが、参加できて本当によかったです。また、参加者のなかに、市の職員の方々の姿もあり、とてもうれしい気持ちでした。中央図書館ならではの、すばらしい企画でした。
 
 お知らせ
  8月16日(日)午後2時~4時 中央図書館1階視聴覚ホールにて(入場無料)
   「~戦後70年講演会~北多摩の空襲と戦争遺跡」
    講師:牛田 守彦氏(法政大学中学高等学校教諭)
    問い合わせ先:東久留米市立中央図書館 042‐475‐4646 地域資料担当


 1944年(昭和19年)、西武線・東久留米駅から西東京市(当時は田無町)の中島航空金属田無製作所まで、「引き込み線」が走っていました。戦闘機のエンジンを鋳型でつくるため、大量の砂などを運びました。落合川には当時の跡が残っています。駅を出た引き込み線は写真左にある空き地あたりから右にある家のあたりを走っていたようです。
b0190576_00000352.jpg


by hara-noriko | 2015-08-13 00:02 | 活動日誌 | Comments(0)

歴史の事実を歪める教科書は選ばれなかった   

中学校教科書採択に100人を超える傍聴者
 8月11日、教育委員会があり、2016年度~19年度に使用する、中学校教科書採択が行われました。100人を超える傍聴者が見守る中、社会科(歴史)は東京書籍、社会科(公民)も東京書籍に、教育委員5人全員が投票し決定しました。どよめきが起こりました。歴史の事実を歪める教科書は選ばれませんでした。
 今回よかったのは、傍聴者を全員受け入れられるように、教育委員会事務局が準備をしてくれていたこと、そして、教科別資料作成委員会報告の資料なども配布されたことです。選定調査委員長と教育委員のやりとりもていねいに行なわれました。
歴史教科書の審議で特徴的だったのは
 歴史の教科書についての審議で特徴的だったのは、歴史を学ぶ点で多面的な視点から学べることが大切、という議論が中心だったことです。歴史の事実がどうか、という直接的な議論はありませんでしたが、広い視野で歴史を学ぶことの大切さが発言されるなかで教科書が選ばれました。
子どもたちにとってどういう教科書が適切か、と真剣に考えて
 改めて感じたのは、社会科の教科書だけでなく、他の教科でもさまざまな形で「愛国心」を強要するような特定の内容がもちこまれる流れが表れていることです。そういうなか、子どもたちにとってどういう教科書が適切か、と真剣に考えられて判断された教育委員さんに敬意を表したいと思います。
151人の市民が意見を書いて
 今回の教科書採択においての教科書展示会には、151名の市民の方が参加し、意見を書かれたこと、そしてその意見のほとんどは社会科についてだったことが紹介されました。市民のみなさんが関心をもって働きかけたことはとても重要であったことも強く感じました。
特別支援学級の教科書採択も
 また、来年度使う、特別支援学級の教科書採択もありました。各学校、子どもたちの様子をふまえながら、一般図書も含め発達段階にふさわしいものを選び、それが教育委員さん全員の賛成で決定しました。一人ひとりの子どもにふさわしいものを、と現場の先生たちが真剣に検討されてきたことがよくわかりました。

キバナコスモスとツマグロヒョウモン
b0190576_22181815.jpg


by hara-noriko | 2015-08-11 22:15 | 市政報告 | Comments(0)

保育合研で学んだこと   

 保育合研(全国保育団体合同研究集会)は、1万人を超える参加で幕を閉じました。私は、公立保育園民営化を考える分科会で学びました。昨年は人数が少なく、その分いろいろと交流できましたが、今年は40人ほどの参加で、時間が足りないぐらいでした。全国各地の取り組みは、地域の状況にあわせながら、創意工夫にあふれています。民営化問題は、「この取り組み方が絶対に正しい」というモデルがあるわけではなく、それぞれの場所でそれぞれ考えあいながら進めることが大事だと思います。
公的保育を守る意味
 各地の報告を聞きながら、改めて、公的保育を守る意味と子どもにとってどういう保育がいいのか、ということを考えることの大事さを感じました。「早期教育」や「目玉保育」ではなく、食べる・寝る・遊ぶことを子どもたちに十分保障し、そのなかで発達を支える保育(教育)をすすめる努力を続けている東久留米の公立保育園の役割は大きいと思います。もちろん、すばらしい実践をしている民間保育園も多々あります。それぞれが共存し、東久留米の子どもたちを支えていってもらえたら…。並木市長の全園民営化方針は撤回してもらわなければ、と強く思いながら帰ってきました。

首相補佐官、自民党国会議員の暴言 戦争法案は廃案しかない
 さて、戦争法案。「法的安定性は関係ない」などという暴言をはいた磯崎首相補佐官は辞任を拒否。首相も更迭せず。今度は、自民党の現職国会議員がツイッターで、SEALDs(シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動)のとりくみについて、「戦争行きたくない」という自己中心、利己的考えだと非難。信じられません。許されません。次々と問題が出てきていて、これで法案を通そうなどとはありえないです。4日(火)朝の市議団の駅頭宣伝でも「がんばろう」など激励の声が寄せられました。

みこしを担いで舞台を回る園児たち=保育合研の全体会で
b0190576_23472357.jpg

by hara-noriko | 2015-08-04 23:47 | 活動日誌 | Comments(3)