<   2015年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

教育振興基本計画の改定は市民の意見をふまえてこそ   

 10月28日、「教育振興基本計画策定等に関する懇談会(第2回)」を傍聴しました。今回の懇談会は、市長が策定した「教育大綱」と「教育振興基本計画」との整合性をはかることが主目的となっています。
市は「教育大綱」との整合性を図る、と
 1回目の議事録を読むと、「あくまで大綱ありき、ということか」「大綱も少し手を加える必要があるということもありうるのか」という質問が出されており、これに対し、「大綱は市長が決定したものなので変更することはない」と教育部の答弁。「教育振興基本計画の改定の内容が大綱に沿ったものか、ということか」という質問にたいしては、「沿った、というか大綱との整合性を図るということ」との答弁。……やはり、「教育大綱」案を市民に示し、議論する、というプロセスを踏んでいないことは問題ではないでしょうか。
「教育大綱」についての市民意見は反映されない仕組みでは
 教育振興基本計画改定案には、計画の位置づけが書かれていますが、今後の教育振興基本計画は「教育大綱」を取り込んだ形で、さらに具体的施策を示すものとなっています。でも、「教育大綱」そのものを変えることはできない。基本計画の肝となっている「教育大綱」についての市民意見は反映されない仕組みとなっている、といえるのではないでしょうか。
改善を求めたい
 懇談会の委員のみなさんは、本当に熱心に発言されていて、勉強になることが多々ありました。こうした議論を「教育大綱」案の段階で行われていたら…と思います。懇談会での議論が生かされるように求めるとともに、引き続き、市民意見をふまえての計画づくりについて、改善を求めていきたいと思います。
 懇談会は、「みなさんのご意見から、基本計画改定案は大綱との整合性ははかられている、といえる」との確認があり、終了しました。傍聴者は、間宮議員と私の二人でした。

スズメ(落合川)
b0190576_00185125.jpg

by hara-noriko | 2015-10-30 00:19 | 市政報告 | Comments(0)

「戦争はいや!市民パレード」に参加して   

 10月24日、「第3回 戦争はいや!市民パレード」(戦争はイヤ!声をあげよう実行委員会 主催)に参加しました。
清水雅彦さんが講演
 今回は、パレードの前に、「この間の運動の盛り上がりと戦争法廃止の展望」と題して、清水雅彦さん(日体大教授・憲法学)の講演会がありました。戦争法案反対の運動のなかで、さまざまな違いをのりこえて共同がすすめられてきたこと、野党の共同も国民の運動によって前進したことなど、とてもリアルに語ってくださり、「そうだったのか」と知ることもたくさんありました。
国民の共同を広げて戦争法廃止へ
 同じ「反対」と思っている人のなかにも、それぞれの微妙な違いもあり、そこをのりこえて共同することはとてもねばりづよさが必要であることも感じました。この間、そうした積み重ねをしてきているからこそ、戦争法を発動させない、戦争法を廃止する、という展望があることを実感しました。
 日本共産党の「国民連合政府」の提案についても、「ひとつのたたき台として、野党の協議をしていくことが大事ではないか」と指摘されました。そうだ、議論して、共同して、本当に選挙で戦争法廃止の国会議員を多数にしていきたい、と強く思いました。
 講演会は会場あふれる、200名を超える参加者でいっぱいになりました。赤ちゃん連れのお母さん、高校生や若い人たちの姿も。市議会議員は、社民党の桜木善生さん、共産党市議団の篠原重信さん、永田まさ子さん、村山順次郎さん、私。講演会後のパレードには、清水先生も参加してくださいました。

夕方は定例の土曜日宣伝
 夕方は、東久留米駅西口で定例の土曜日宣伝。いつも、ビラ配布に参加してくださっている後援会員の方が、「わざわざ戻ってきてビラを受け取ってくれる人もいて、ちょっと変わってきたなと思う」と。激励も多くいただきました。ひきつづき、とりくんでいきます。

パレードの前におこなわれた清水雅彦さんの講演
b0190576_23225049.jpg


by hara-noriko | 2015-10-24 23:23 | 活動日誌 | Comments(0)

戦争法廃止へ 力を合わせましょう   

共産党市議団として駅前で宣伝
 10月20日、共産党市議団の定例朝宣伝。東久留米駅西口で、篠原重信議員と永田まさ子議員、私で行いました。「国民の力で、戦争法(安保法制)なくす政府を」と題したしんぶん赤旗の号外チラシを配布。いつもよりも受け取りがよく、わざわざ取りに来てくださる方や、激励の声も寄せられました。とくに、ちょうど戦争法が強行成立して1カ月。SEALDs(シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動)による渋谷ハチ公前での宣伝や、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」による国会正門前集会が行われた直後だけに、改めて関心が高まっていることを実感しました。

10月24日 講演会と市民パレード
 夕方は、「戦争はイヤ!声をあげよう実行委員会」の駅頭宣伝へ。24日の講演会と市民パレードのチラシを配布しながら、市民のみなさんとともに、市民自治フォーラムを代表して白石玲子議員が、共産党市議団を代表して私がスピーチしました。
 第3回目となる市民パレードの賛同者は、600人を大きく超えました! 今回は、パレードの前に、憲法学が専門の清水雅彦教授(日体大教授)に講演していただきます。戦争法廃止の展望を学び合います。ぜひ、多くの方にご参加いただきたいと思います。
 講演会は午前10時から、市役所にある市民プラザホール・室内ひろばで。
 市民パレードは午前11時半から。

講演会と市民パレードのお知らせ
b0190576_00352063.jpg
講演会と市民パレードへの参加を呼びかける実行委員会の人たち
b0190576_00351402.jpg


by hara-noriko | 2015-10-21 00:35 | 活動日誌 | Comments(0)

障害者スポーツがもっと広く浸透していくように   

 秋は、市民参加の大切なイベントが続きます。10月17日(土)、「第45回 市民文化祭」のオープニング式典に出席したのち、歯科医師会主催の「第22回 歯と歯ぐきの市民健康フェスタ」へ。
ハードル(障害)を跳び越えて!
 18日(日)は、「第19回 市民手話まつり」に参加。市長や多数の議員も参加。共産党市議団からは、篠原重信議員、永田まさ子議員、私が出席しました。
 講演会は、「ハードル(障害)を跳び越えて!」と題し、高田裕士氏と高田千明氏のお話し。二人はご夫婦。裕士さんは最重度の聴覚障害者。デフリンピック(聴覚障害者のオリンピック)日本代表でプロスポーツ選手。400メートルハードル日本記録保持者。千明さんは、全盲のママさんアスリート。走り幅跳びと短距離走の選手。お二人とも、国際大会で何度もメダリストになっている、第一線のアスリートです。
 おおらかで前向きな二人。子育ても自然体。客観的には、違う障害をもちながら家庭を営んでいくことは、とても大変に思えるけど、こんな風にできるんだな、素敵だな…と思いました。
海外で感じた日本との違い
 興味深かったのは、海外の試合に行ったときに、日本との違いを感じたという話。台湾でのデフリンピックは、国をあげておこなわれていて、開会式も満員。千明さんが行ったフランスの大会でもたくさんの人が観に来ていて、自分の国の選手が勝つかどうかにかかわらず、ものすごく盛り上がっていた。障害者のスポーツが日本よりも確立されていることが伝わってきました。
多くの人がスポーツできる環境を整える
 今、日本でもオリンピック・パラリンピックに向け、連帯感が強調されたり、五輪相がメダル何個などという話がされますが、大事なのは、多くの人がスポーツできる環境を整えること、「スポーツは人権」の立場にたつことではないか、と改めて思いました。デフリンピックでは、補聴器をつけずに参加するそうですが、それは、高価な補聴器を買えない貧しい国の選手が不利にならずに参加できるように、ということだそうです。知りませんでした。
 ぜひ、お二人にますます活躍してほしいです! そして、障害者スポーツがもっと広く浸透していくように、応援したいと思いました。
障害福祉の前進へ
 手話まつりのフィナーレは、聴覚障害者のみなさんの和太鼓演奏。新作も発表され、ますます腕をあげていて、すばらしかったです! また、展示も、手話言語法をわかりやすく説明していてとても勉強になりました。
 今年も、学び、楽しむことができる多彩な企画を準備してくださったろうあ協会をはじめ、実行委員会のみなさんに心から感謝し、障害福祉の前進へ一議員としても努力していきたいと思いました。

市民手話まつりの様子
b0190576_02214960.jpg

by hara-noriko | 2015-10-19 02:22 | 活動日誌 | Comments(0)

戦争法を廃止する国民連合政府の考え方   

 定例の土曜日夕方宣伝。若い女性が、チラシを配っている私に、「ちょっと聞いてもいいですか?」と声をかけてきました。「共産党は、安保条約廃棄の立場をやめてしまうんですか?」と。「やめないですよ。これからもその立場でとりくんでいきます」と話し、まず、憲法違反の安保法制(戦争法)をそのままにしておくわけにはいかない、一日も早く共同して廃止するために、違いを置いて一致することが必要であることなど、戦争法廃止のための国民連合政府の考え方などをお話ししました。
 「共産党の考え方が変わってしまうわけではないとわかり、安心しました」。そして、「何か学習会のような企画はありませんか?」と。ぜひ、多くの方に国民連合政府の提案の内容と意味、また、この機会に、共産党の考え方を知っていただき、意見交換をしていけたらと思いました。

【外国特派員協会での志位委員長の講演と質疑もぜひごらんください】
 講演の動画は、こちらから。
 質疑の動画は、こちらから。
 講演の全文は、こちらから。
 質疑の全文は、こちらから。
 国民連合政府の提案全文は、こちらから。
 

<お知らせ>25日午後2時半から東久留米駅西口で共産党街頭演説
 10月25日(日)午後2時半から東久留米駅西口にて、日本共産党の街頭演説をおこないます。弁士は、田村智子参議院議員です。ぜひ、いらしてください!

by hara-noriko | 2015-10-18 02:18 | 活動日誌 | Comments(0)

人権を考える   

奥西さんが獄中で亡くなって
 人権について考えさせられることが次々と起きています。ひとつは、名張毒ぶどう酒事件の奥西さんが獄中で亡くなったことです。半世紀、無実を訴え続けて…。
 私は、2013年10月のブログに、「裁判所は、命が尽きるのを待っているのか」と書きましたが、本当に奥西さんが亡くなってしまいました。外に出られないまま…。奥西さんの生涯は…と思うとたまらないです。こんなことがあっていいのかと。でも、奥西さんの妹さんが再審請求を引き継ぐことになったとの報道に接し、すごい、奥西さんのたたかいが引き継がれていくんだと胸がいっぱいになりました。必ず無罪が勝ち取れるように、私もできる支援をしていきたいです。
沖縄・翁長知事の決断
 そして、もうひとつ。沖縄の基地問題です。翁長雄志知事は、辺野古新基地建設に関し、前知事の「埋め立て承認」を取り消すことを発表しました。共産党の志位委員長は、この決断を強く支持し、連帯してとりくみを広げる立場を表明しています。
 私は、知事が国連に行って、沖縄の基地問題を人権の問題だと訴え、そして、今回の決断についても民主主義を国民のみなさんに考えてほしいと話されていることに、本当に感激しました。
 その知事に対し、知事の行動が危険な普天間基地を固定化していると責任をなすりつける議論があること、本当に許せないです。まったくの筋違い、悪質な主張です。これに対しても、知事は明快です。基地移転先を頼み歩くようなことが知事の責務ではない。ここに国の政治の堕落があらわれていると。しんぶん赤旗日曜版(10月18日付)は、この問題を特集しています。那覇市議会議長の話も必見です! ぜひ、この機会に。

スズメ(黒目川)
b0190576_02012357.jpg

by hara-noriko | 2015-10-18 02:01 | 日記 | Comments(0)

さいわい保育園の運動会で感じたこと   

 10月10日、さいわい保育園の運動会を見学しました。小さな園庭に飾られている万国旗は、子どもたちの絵。とても素敵です。議会からは、白石議員、間宮議員の姿も。
 それぞれの年齢に応じたプログラムは、こうやって成長していくのか…とよくわかり、とてもよかったです。また、ずっと交流を続けている、学芸大特別支援学校幼稚部ひかり組のお友達も一緒に参加。その参加の仕方も本当に自然で、いかに、日ごろからの交流が大事にされているのかが、伝わってきます。しかも、何十年も積み重ねてきている交流です。その意義を多くの人に知ってほしいです。
 
 虫取りにきた男の子(先生)に捕まらないように逃げる、せみになりきったすみれさん(3歳児)。捕まってはいけないのに、「せみはどこかな?」と男の子が言うと、いっせいに「み~ん、み~ん」。かわいい!
 
 つくしさん(1歳児)、たんぽぽさん(2歳児)はお散歩から戻って来て、お父さん・お母さんたちと対面。にこにこの子もいれば、びっくりして「わ~ん」と泣いてしまう子も。ふ れあい遊びでは、お父さんお母さんに甘えたり、安心している様子にこちらも気持ちがほっこり…。

 そして、ばらさん(年長児)の戸板のぼりは、会場が一体になって一人ひとりの挑戦を応援し、見守ります。何度も挑戦してよじ登って行く姿、やりきった誇らしい顔…。保育園での成長がそこに凝縮されて表現されていて…感動してしまいます。そして、その子どもたちを見守る大人たちや子どもたちの様子に胸を打たれます。涙をふきながら写真を撮っている写真係のお父さんの後ろ姿。わが子だけでなく、みんなを大事に思っているお父さん、お母さんたち。失敗しても、せかさず、子ども自身の思いを大事にしてじっくり見守る先生たち。なぜ、この保育園をなくさないで、と保護者のみなさんがとりくみを続けているのか、本当によくわかります。
 安心して育ちあう保育園の大事さを実感した運動会…。市は、合意もないまま、民営化を強行する姿勢を改めてほしい…強く思います。


by hara-noriko | 2015-10-15 02:09 | 活動日誌 | Comments(0)

ファミリースポーツフェスティバル   

 10月12日、第30回ファミリースポーツフェスティバルが開催され、開会式に参加しました。市から体育協会に委託して行われている事業で、ニュースポーツをはじめ、さまざまな競技を無料で体験できる場として、市民にすっかり定着しています。並木市長、野島都議、そして市議会議員も14名参加。共産党市議団からは、永田まさ子議員と私が出席しました。
 開会式後、開始時間になったらすぐに、クライミングの受け付けには子どもたちが並んでいました。続々と集まってくる市民の方々。こういう、だれもが気軽にスポーツできる機会は本当に大事だと改めて実感しました。この事業をずっと続けていただいていること、関係者のみなさんに心から感謝したいです。
スポーツと人権
 12日付のしんぶん赤旗「主張」は、「体育の日」にちなんで、国民のスポーツ環境の整備をと題して書いています。その結びに、「オリンピック憲章は根本原則の一つに『スポーツを行うことは人権の一つ』とうたい、その実現に努めることが開催都市とホスト国の役割だとしています。『体育の日』は1964年の東京オリンピックの開催を記念して設定されました。その原点に立ち返り、国民のスポーツ環境の整備に力をそそぐ時です」とあります。遠藤五輪相の「メダル30個」「とれなきゃクビ」というような発言は改めて問題だと思います。

木漏れ日
b0190576_01384478.jpg

by hara-noriko | 2015-10-13 01:39 | 活動日誌 | Comments(0)

横田基地もいらない! 市民交流集会に参加   

 10月10日、「横田基地もいらない!沖縄とともに声をあげよう 市民交流集会」に参加しました。東久留米からも、反核平和市民実行委員会のみなさんをはじめ、何人もの方が参加されていて、会場の福生市民会館でお会いしました。
戦争法の成立-若者たちは絶望していない、と雨宮処凛さん
 雨宮処凛さんと若者のステージ、「処凛さんといっしょに『戦争と平和』を語る」はとてもいい企画でした。貧困と戦争の関係、経済的徴兵制についてなどが語られ、とても考えさせられました。
 雨宮さんは、高校生デモの様子を映像で紹介しながら、若い人たちをはじめ、世代をこえて運動が広がり、戦争法(安保関連法)が成立してもまったく絶望していないことが大事と指摘。そして、「国会を傍聴して、(戦争法の)賛否の札の数が圧倒的に違うことを改めて目の当たりにして、ここを選挙でひっくり返すという明確な目標がみえた」と話されました。「そうだ」と共感の声や拍手が!
「戦争する国」への道を許さないとりくみ広げたい
 また、「関心のない人に、関心を持ってもらえるようにするにはどうしたらいいか?」との質問にたいして、雨宮さんの話もさすが、と思いました。「関心を持てないようにさせている社会が問題。そういうなかで、話して説得するというのでなく、その人がどう考えているのか、何に悩んでいるのか、徹底して聞く側にまわることが大事ではないか」と。本当にそうですね。共感を大事に、戦争する国への道を許さないとりくみを広げたいです。
組曲「砂川」の合唱
 そして、集会の最後に、組曲「砂川」の合唱がありました。素晴らしかったです。改めて、基地拡張を許さなかった砂川闘争の意義を実感しました。
 集会は1100人をこえる参加者で大きく成功し、その後デモ行進が行われました。

デモ行進する参加者。横断幕を持つ尾崎あや子都議(上の写真、左から2人目)
b0190576_23463824.jpg
b0190576_23480005.jpg

by hara-noriko | 2015-10-10 23:49 | 活動日誌 | Comments(0)

教育委員会を傍聴 通級指導学級の廃止をめぐって   

保護者説明会の結果が報告された
 10月5日、教育委員会を傍聴しました。特別支援教室を導入し、情緒障害等通級指導学級を廃止する問題(東京都の方針)での保護者説明会について、その結果報告がありました。
 今回の説明会は、2日間設定され、小学校の保護者や幼稚園・保育園の年長児の保護者が対象で、35人参加されたとのこと。さまざまな意見や要望が出されたことが報告されました。
通級指導学級の保護者に別途説明することが確認されて
 よかったのは、情緒障害等通級指導学級の保護者のみなさんには、別途、説明するということがはっきり確認されたことです。保護者のみなさんの意見を十分に聞いて、計画に反映させてほしいと思います。
通級指導学級は廃止すべきでない
 私は、今も、多くの発達障害のお子さんに支援がゆきとどくために、情緒障害等通級指導学級を廃止すべきではないと思っています。発達障害は一人ひとり違います。先生が巡回する特別支援教室で合う場合もあれば、合わない場合もあると思います。考えれば考えるほど、この方針は矛盾があると感じます。
 市は、回数は減らすものの、現在の通級タイプの指導を当面継続するという案を出しています。これ自身は、保護者の声が一定反映されていますが、本当に回数を減らして大丈夫か…。また、特別支援教室は、誰にとっても落ち着いて過ごせる場所になるのか…。先生の体制は…。
 発達障害とは? 情緒障害とは? という原点にたって、ひきつづき関係者のみなさんから学びながら、取り組みたいと思います。

決算特別委員会が開かれています
 さて、現在、市議会では、決算特別委員会(7~9日)が行われています。共産党市議団からは、篠原重信議員と永田まさ子議員が委員になっています。また報告します。

赤とんぼ(黒目川)
b0190576_00571493.jpg


by hara-noriko | 2015-10-09 00:57 | 市政報告 | Comments(0)