<   2015年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

共産党市議団が市内で訴えました   

 12月29日午前中、共産党市議団4人そろって宣伝カーで市内をまわりました。1年間のご協力への感謝と、来年も頑張る決意をこめて。今日は快晴。空気は冷たいけれど、気持ちの良い日でした。振り返ると、今年は、4月に市議選がありました。もうずいぶん前のように感じます。そして、9月19日には安保法制・戦争法の強行成立。怒涛の1年でした。
戦争法廃止は必ずできる 参院1人区の熊本で
 私は、まず、戦争法廃止は必ずできると考えていることを訴えました。ひとつは、熊本で市民のみなさんのとりくみのなかで、野党5党も一致して、女性弁護士さんを参院選の候補として擁立すると決まったことです。1人区でこうした流れがどこでもつくることができれば、戦争法廃止へ大きく前進します。
東京は、山添拓さん
 同時に、6人区の東京選挙区で、共産党含め戦争法廃止の立場の議員が確実に当選していくことが欠かせません。31歳の弁護士・山添拓さんを必ずおしあげたい。そして、「戦争法廃止のための国民連合政府を」ととりくんでいる日本共産党を、比例代表で伸ばしていただけるように、とりくみを強めたいです。
障害者自立支援法を廃止した力
 もうひとつは、障害者自立支援法廃止の経験です。障害者があたりまえの生活をするためにお金がかかる、障害が重いほど負担が重くなる、いう自立支援法は、憲法に反していると障害者のみなさんが訴訟もおこし、命がけの運動をつづけました。そうしたなか、国から和解をしたいと申し入れ、基本合意をかわし、自立支援法は廃止されました。このことをふりかえったとき、たとえいったん成立した法律でも、間違っている、道理が通らないとなれば、運動でおしかえすことができるということを教えてくれます。もちろん、その後できた障害者総合支援法にも課題はあり、運動は続いているのですが、自立支援法を廃止させた意味は本当に大きいと改めて確信になります。
市民のみなさんと一緒に平和とくらしを守る
 市政の状況も報告しました。並木自民・公明市政のもとで、大切なセーフティーネットまで崩していく障害者福祉手当と難病者福祉手当の切り下げが決まり、消費税増税予定の2017年の7月から家庭ごみの有料化を進めようとしていること…。「市政もアベ政治と似てきている」と議会を傍聴していた市民の方からも声がありました。平和とくらしを守ることが政治の土台。その立場で、市民のみなさんと力をあわせて、とりくんでいきたいと決意しています。

宣伝カーから訴える共産党市議団
(左から)村山順次郎、永田まさ子、原のり子、篠原重信の4市議
b0190576_23005925.jpg


by hara-noriko | 2015-12-29 23:01 | 活動日誌 | Comments(0)

さいわい保育園民営化 事業者を都が発表   

 さいわい保育園の民設民営化園を整備運営する事業者が決まりました。昨日、東京都が発表しました(東京都福祉保健局のトップページに項目が出ています)。
 選定は2法人でおこなわれ、選定された事業者は、社会福祉法人おひさま会。埼玉県所沢市で認可保育園を1園運営しているとのこと。
公開プレゼンも、選定委員会への保護者参加も認められず
 今回は東京都の土地を活用して行う民営化のため、選定の方法も今までとは異なりました。うえのはら保育園民営化のときは、応募事業者による市民・保護者向けの公開プレゼンテーションが行われ、みなみ保育園民営化のときは、選定委員会に保護者が2名参加しました。
 しかし、今回は、市が主体になって選定作業はすすめるが、あくまで候補事業者を選定し、最終決定は東京都が行うというかたち。当初市は、選定は市がすすめるので、これまでの選定と大きく変わらないとの説明をしていましたが、結局、公開プレゼンも、選定委員会への保護者参加も認められませんでした。
保護者の声をすべて選定委員会に提出
 保護者のみなさんはそうしたなかでもあきらめず、選定委員会への要望書や、保護者アンケートをおこない保護者の声をすべて選定委員会に提出。そして、「保育の継承」と公募要綱にも書かれているのだから、公立さいわい保育園をきちんとみて判断してほしいと訴え、選定委員全員がさいわい保育園を訪問することも実現しています。
保護者の思いに市は誠実に向き合ってほしい
 そうしたなか行われた選定委員会の結果をふまえ、東京都が事業者を決定しました。さいわい保育園民営化問題は新たな段階に入りました。「一度たりとも民営化に合意はしていない。でも、子どもたちの最善の利益を守るためにとりくみを続ける」という保護者のみなさんの思いに、市は、誠実に向き合うべきです。
 みなみ保育園の民営化では、1位の法人が辞退したり、引き継ぎ経費を過大に見積もったり、事業者が決まってからもさまざまな混乱がありました。こうしたことを市は検証もしないまま、さいわい保育園の民営化をすすめ、さらにすべての公立保育園を民営化しようとしている…。これからが大事。私も、子どもたちのために最善を尽くしたいと思います。

イソシギ(黒目川)

b0190576_12222915.jpg


by hara-noriko | 2015-12-26 12:22 | Comments(0)

東久留米市民大集会に参加して   

 23日、「政治に声を届けよう!東久留米市民大集会」が開かれ、参加しました。会場は追加の椅子を出すほどの超満員に! 11団体の方がそれぞれの分野の運動を報告。会場からも、意見が。そのひとつひとつが、本当に胸にひびき、学ばされました。
説得力があった宇都宮健児弁護士の話
 みなさんの発言につづき、宇都宮健児弁護士がお話しをされました。
 「これだけの人があつまり、お互いの運動を一つの場で交流できる機会はとてもいいと思う」と。そして、戦争法の廃止を求める2000万人署名のとりくみの大事さ、戦争法と社会保障削減は表裏一体の関係であること、子どもの貧困の深刻さなどをわかりやすく話してくださいました。実際にたくさんの人の話を聞き、相談にのり、運動をする宇都宮さんの話は、説得力があります。あきらめずに、力をあわせていく大切さを改めて実感しました。
 市議会議員は、白石議員・間宮議員、そして共産党市議団から篠原議員と私が参加しました。

子どもの貧困などについて語る宇都宮弁護士
b0190576_01265887.jpg


by hara-noriko | 2015-12-24 01:27 | 活動日誌 | Comments(0)

市民を信頼してごみの減量化・資源化を   

12月議会終わる
 12月議会が終わりました。22日の最終日は、夜11時をまわってしまい、その後議会報編集委員会もあったので、帰宅したときは12時すぎでした。さすがに、疲れましたね…。
家庭ごみ有料化の実施計画案を市長が報告
 なぜ、こんなに時間がかかったか…それは、家庭ごみ有料化の実施計画案がまとまったということで、市長報告が行われ、議員の質疑があったからです。今議会直前に家庭ごみ有料化実施計画原案が示され、議会の初日の議運で、まだ議論もしないうちから、今議会中に原案から「案」にする考えを市長が発言しました。そのことについては、厚生委員会でも批判しましたが、結局市長は案を報告したのです。
有料化の対象=燃やせるごみ、燃やせないごみ、プラスチック
 共産党市議団からは、篠原重信議員と村山順次郎議員が質疑を行いました。正直なところ、実施計画案の中身は準備が十分ではない、と感じました。有料化の対象は、燃やせるごみ、燃やせないごみ、プラスチックです。
 示されたスケジュール案では、来年の6月に条例提案し、実施は2017年7月からとしています。そして、条例提案前の来年4月から資源ごみボックス撤去をはじめようとしています。
有料化は「無関心な市民に意識をもってもらう動機づけになる」?
 アンケート調査結果では、ごみ問題に関心をもっている市民が多数なのに、「無関心な市民に意識をもってもらう動機づけになる」と有料化をすすめるといいます。もともと、とても協力的な東久留米の市民のみなさんを、もっと信頼して、有料化せずさらなるごみ減量、資源化の努力をすすめていくべきではないでしょうか?
年間2億4500万円ほどの市民負担
 有料化されると、年間2億4500万円ほどの市民負担になります。ストップをかけられるように、とりくみを強めたいと思います。

キセキレイ(黒目川)
b0190576_01192818.jpg

by hara-noriko | 2015-12-24 01:19 | 市政報告 | Comments(0)

活動センターかなえ 新築工事完了   

 活動センターかなえ(重度障害者の通所施設)の新築工事が完了し、12月18日に内覧会がありました。利用者さんの立場にたった、よく考えられている設計だな、と素人ながらに思いました。多動の方への配慮、クールダウンできるスペース…など。エレベーターも大きく、車いすはもちろん、ストレッチャーも大丈夫。これまで受け入れられなかった、車いすの方も可能になりますね。本当によかった…。
保護者や関係者の努力で
 保護者をはじめ関係者の努力が議会と行政を動かし、今回の建て替えが実現しました。みなさんに心から敬意を表します。
 玄関に飾られた、みなさんの作品をみながら胸があつくなりました。

12月議会は22日が最終日 ぜひ傍聴にいらしてください
 さて、12月議会は22日(火)の本会議を残すだけとなりました。すべての議案・請願の討論・採決をおこないます。そして、市長から2つの報告が行われる予定です。ひとつは、家庭ごみ有料化の実施計画案について、もうひとつは、マイナンバー通知カードを市役所で誤配布してしまった件について。どちらも大変な問題です。質疑にかなりの時間を要するのではないかと思われます。本当にたいへんな議会になっています。
 ぜひ傍聴にいらしてください。また、後日、本会議の様子は、インターネット放映されます。

活動センターかなえの玄関
b0190576_23293489.jpg

by hara-noriko | 2015-12-20 23:29 | 市政報告 | Comments(0)

市議会厚生委員会 空転の経過   

障害者福祉手当と難病者福祉手当を切り下げる議案をめぐって
 15日の厚生委員会は午後1時から夜9時半近くまでかかり、16日は午前9時半から午後6時前まで予算特別委員会。私は、両方とも委員だったので、さすがに疲れが…。でも、たくさんの傍聴者のみなさんのほうが、本当にお疲れだったと思います。なぜ、厚生委員会が空転してしまったのか…。経過と私の考えを書いて報告したいと思います。
質疑が終わり採決の場面で議員から休憩の申し出が
 15日午後1時、厚生委員会開会。審査する議案は5件、請願12件。
 最初の議題は、議案「心身障害者福祉手当条例」。あわせて、「障害のある人の手当の見直しに関する請願」も議論します。このブログでも何回も書いていますが、これは障害者福祉手当と難病者福祉手当を切り下げる議案で、請願のほうは、切り下げないでほしいと求めている内容。短期間で1079人もの署名を添えて提出されています。
 質疑は、全議員が行い、その後、討論は省略(私は、討論については最終日の本会議で行います)。そして、採決の場面で、三浦議員から、休憩の申し出があり、休憩に入りました。午後3時です。討論を終結してからの休憩というのは、あまりないのではないかと思いましたが、採決前に、賛否について、会派で改めて検討・確認する必要性が出たのではないか、と思いました。そういうことは、どの会派にもありうることです。しかし、なかなか再開する動きがみえず…。
いったん開会、再び休憩に。傍聴の市民から怒りの声が
 4時57分にいったん開会し、時間延長がはかられ、4時58分再び休憩に入りました。そこで、傍聴者のみなさんから、「どういうことなんだ」「なぜ、休憩したままなのか」「厚生委員会は何をやってるんだ」と厳しいお叱りの声が。本当にもっともなことです。
時間を割いて傍聴にきてくださっている市民のみなさんに、申し訳ないです。
市長が「採決前に発言させてほしい」と
 その後、市長から、答弁が不十分だったため、採決前に発言させてほしい、との申し出がありました。質疑も討論も終わっているなかでの市長発言がなぜ必要なのか、今までの議論を覆すようなものはありえない…。市長に趣旨を聞き、厚生委員メンバーで対応を協議。委員長が市長からの申し出を受け発言を許可する、ということを確認しました。
 そして、5時40分に開会。市長の発言は、難病者にとってニーズの高い福祉サービスの提供に努めること、ニーズ調査を行うこと、についてでした。正直なところ、なぜ、この発言があえて必要だったのか…と感じました。
委員会採決の結果は
 そして採決を行い、議案については、島崎孝議員(自)、三浦議員(公)、富田議員(民)の賛成、宮川議員(無)と私(共)の反対で、可決すべきものとなりました。請願は、宮川議員と私が賛成、島崎孝議員、三浦議員、富田議員の反対で不採択すべきものとなりました。
市長は責任の取り方を示すべきです
 その直後、私から「議事進行」をかけ、市長が発言をするまでの間、これだけ長時間議事を停滞させ、傍聴者にも多大な迷惑をかけた、市長の責任は重大であり、最終日に責任の取り方をきちんと示すべき、と発言しました。議員からの休憩でしたが、なぜ、市長発言をするということになったのかは、結局はっきりとはわかりません。
根本にあるのは、拙速に議案を提出したこと
 そもそも、障害者のみなさんの声を十分に聞くこともなく、拙速に議案を提出したため、あまりに問題が多いということが根本にあるのです。市長が、どう応えるのか、待とうと思います。
 それにしても…大変な議案です。翌日の予算特別委員会では、この手当の見直しのために、システム改修費945万円もかかること、その作業は来年の7月末までかかると見込んでいること、などの問題も指摘し、補正予算にも反対しました。22日の最終日、各会派がどういう意見を述べ、最終的な判断をするのでしょうか…。


カルガモ(黒目川)
b0190576_01054137.jpg

by hara-noriko | 2015-12-18 01:06 | 市政報告 | Comments(0)

考えさせられた「新制度と障害児保育」   

 12月12日は、保育研究所の新制度公開研究会へ。そのため、残念ながら、毎年楽しみにしている「にぎやかカーニバル」は参加できず…。今年もきっと、障害のある人もない人も、一緒に、楽しいひとときだったのだと思います。
 さて、学習会のテーマは「新制度と障害児保育」。講師は、中村尚子先生(立正大学)。最初に、新制度では障害児保育について、どう位置付けているのか、各地域の事業計画ではどうなっているのか、研究所より報告がありました。そのうえで、中村先生が話されました。
障害をどうとらえるのか、が大事
 実は、私が思っていたイメージとは少し違う学習会でした。が、いろいろと学ぶことができ、考えさせられました。とくに、根本的には、障害をどうとらえるのか、が大事ではないか。営利企業が、障害児の放課後事業や発達障害児支援にどんどん参入している状況もくわしく話されました。遊びのなかでこそ人とのかかわりがつくられ、成長していくことを、保護者に寄り添いながら支えていくことが大事だが、事業者のなかには、障害という余分なものを消す、治す、という発想で保護者に働きかけるものも多い。子どもの障害に悩んでいる保護者は、心が揺れる…。
子どもの発達や年齢によって支援の仕方は変化するとしても、「終了」ではない
 聞きながら、小学校の情緒障害等通級指導学級の保護者の方のお話しを思いだしました。来年度からスタートしようとしている、特別支援教室には、支援の開始と終了が位置づけられています。このことについて、「『終了』というが療育には終わりはないのに…。とても違和感を感じる」と。子どもの発達や年齢によって支援の仕方は変化するとしても、「終了」ではない。障害をどうとらえるのか、の本質的な大事な指摘だと思いました。
 新制度における障害児保育の考え方もいろいろと問題を感じました。また勉強してとりくんでいきたいと思います。

恐竜ライブショーを見学
 13日、市主催の「次世代向け観光シンポジウム」がありました。私は、他の予定の関係でこちらには出席できなかったのですが、午後の企画、子どもたち向けの恐竜ライブショー(DINO―A―LIVE)を見学しました。大きくてリアルな恐竜が出てきて動き回り、子どもたちは大喜び。なかには、びっくりして泣いてしまう子も。15分間のショーですが、とても盛り上がりました。担当の職員の方は、「こんなに喜んでもらえる企画は初めてでうれしい」と。

カワセミ(落合川)
b0190576_21313028.jpg


by hara-noriko | 2015-12-13 21:31 | 活動日誌 | Comments(0)

自治体のあり方が根本から問われている 一般質問   

 一般質問が終わりました。
 傍聴してくださったみなさん、ありがとうございました。今回、質問しながら、自治体のあり方が根本から問われている、大変な時期を迎えている…とつくづく感じました。時間切れで、十分再質問することができなかった課題は、厚生委員会・予算特別委員会で取り組んでいきたいと思います。

 質問した中からいくつか…。
障害者や難病者の手当切り下げは撤回してほしい
 障害者総合支援法の見直しがどうなるか不透明なまま、市は障害者や難病者の手当を切り下げようとしています。
 この見直しは、財政健全経営計画実行プランにあげられています。が、9月に質問したときには、「まだ検討中」ということで、市民への影響はわかりませんでした。今議会、議案として提出されたので、実行プランでいうところの、見直しによる「効果額」はいくらだと試算しているのか質問したら、それはわからない、3月には出せる予定と…。
 それはないのではないか。実行プランというのは、市民への影響、市財政への「効果」が不明でも、とにかく削りたいものを載せるというものなのでしょうか? 私は、この議案は撤回すべき、と求めました。議場では、他の議員の方からも、「おかしい」「出し直し」の声も聞かれました。
いったんとりさげて、障害者・関係者のみなさんと議論すべきです
 市は、障害者福祉手当(6700円)を現在受けている人は受け続けられ、新規の人を認めないだけから影響はない、と考えているのでしょうか。差別解消法が来年4月から施行されるというときに、このような切り下げをすすめる…障害者のなかに差別をうんでしまうことにならないか…考え直してほしい…。いったんとりさげて、障害者・関係者のみなさんと議論すべきだと思います。
 つづきは、15日の厚生委員会でおこないます。

公共施設のあり方をめぐる市民アンケート 市は安易な廃止に走らないように
 公共施設のあり方の市民アンケートについて質問しました。
 このアンケートでは、どういう公共施設を利用しているか、利用していない施設を利用しない理由は何か、を聞いています。そして、最後には、「将来的な財政負担抑制のため、既存施設の数を削減したほうがよいと考える施設」は何か、まで踏み込んで聞いています。この結果、男女平等推進センターと文化財展示室等が1位、2位でした。
 でも、これらの施設を利用していないという方の回答をみると、「利用する必要がない」という理由の次に、「施設の存在やサービス内容を知らない」ということが高い割合になっています。一方、市立保育園は、「利用する必要がない」がその施設の目的や内容を知らない人は少ない…だから削減したほうがよい、と答える人は極めて少ないです。
 私は、そのことを示しながら、単純な公共施設廃止に走らないよう、十分な分析をすることを求めました。男女平等推進や、文化財保護は市としてきわめて重要な事業です。そのことをふまえての検討が必要です。
 現在、「公共施設のあり方に関する基本方針検討委員会」がおこなわれており、私は、11月25日に傍聴しましたが、その場でも、このアンケート作業を受託したコンサルが、「この結果だけでこれを廃止する、という極論につながらないようにしたい」と発言をし、委員の方からもいろいろとご意見が出ていました。委員会でどう考えていくかは委員会の判断ですが、このアンケートは市としても今後の基礎資料、と述べている以上、市としてよく分析し、慎重な取り扱いをしてほしいと思います。
増やす必要がある施設のトップは「市立保育園」 市はどうフォローするのか
 また、アンケートで増やす必要がある施設のトップは「市立保育園」でした。増やしてほししいという声に対するフォローはどう考えているのか質問すると、そこはとくにないとのこと。…公共施設の維持管理はコストがかかります。その議論はしなければなりません。しかし、当然のことですが、その施設の目的に照らしてどうか、市としてどういう施設が必要か、など、さまざまな角度から深めていく必要がありますね。

東久留米の夜明け(黒目川から)
b0190576_21393807.jpg


by hara-noriko | 2015-12-11 21:39 | 市政報告 | Comments(2)

予算特別委員会のネット配信に関する請願は趣旨採択に   

 12月11日、議会運営委員会があり、「東久留米市議会予算特別委員会のインターネット映像配信に関する請願」が審査され、趣旨採択すべきもの、との結果になりました。採択にはならず残念ですが、前回は意見が分かれて不採択だったので、一歩前進です!
 採択を主張したのは、白石議員(市民自治)と篠原議員・村山議員(共産)。趣旨採択を主張したのは、津田議員(公明)、富田議員(民主)、野島議員・島崎清二議員・島崎孝議員(自民)。前回、不採択の立場だった自民クラブが、公明党の趣旨採択の動議に賛成しました。
 開かれた議会にしていくため、現在実施している本会議のインターネット映像配信に加え、委員会での議論も配信していくべきと思います。他の自治体での低コストでの実施例や、予算特別委員会をカメラのある本会議場でやる例など、議論のなかで出されました。 工夫をして東久留米市でもスタートさせたいですね。

朝焼けに飛ぶ鳥(黒目川から)
b0190576_21193049.jpg

by hara-noriko | 2015-12-11 21:19 | 市政報告 | Comments(0)

質問準備をしながら大事な催しに参加   

 この土日も大事な催しが続きました。質問準備をしながら、参加しました。

 【5日(土)】
 のぞみの家の作品展を鑑賞。
 その後、「人権週間 市民のつどい」へ。小中学生の作文・標語・ポスターの表彰式に出席しました。市長賞・教育長賞の作文を、受賞した児童・生徒が読み上げてくれました。聴覚に障害のある中学生は、ろう学校の人達との交流のなかで、障害は恥ずかしいことでない、と学んだことをまっすぐに表現。また、いじめる側になってしまった自分ととことん向き合ったことを話してくれた中学生も。
 どの作文も本当にすばらしかったです。あんなに自分を見つめることができる子どもたち…その感性に胸を揺さぶられます。「自分はどうか?」と考えずにはいられませんでした。
 夕方は定例の夕方宣伝。戦争法廃止を求める署名にたくさんの方が協力してくださいました。

 【6日(日)】
 フラワーネットの植栽ボランティアに参加。駅前の通りは、パンジーで明るくなりました。
 午後は、南沢氷川神社拝殿へ。大小島真木さんの天井画を鑑賞(東久留米アートプロジェクト主催)。今日は最終日で、たくさんの見学者が。
 「戦後70年 東久留米にあった三つの軍事施設」と題した、市教育委員会郷土資料室主催の講演へ。講師は、山崎丈さん(市文化財保護審議委員)。改めて、戦争をきちんと記録していくことの大切さ、郷土資料室や中央図書館の役割の大事さを実感しました。
 夜は、東久留米のフットサルチームのカフリンガ東久留米とカフリンガBOYS東久留米、社会人サッカーチームのFCフエンテの創設10周年パーティーへ。女子フットサルチームのカフリンガBOYSの選手には、子育て真っ最中の人も多く、赤ちゃんを抱っこしている姿も。男子選手のなかには、地元のコンビニの店長さんも。また、海外のチームで選手をしていた方も。仕事と家庭を大事にしながら、スポーツを続けるというのは、本当にいいですね! ぜひ、応援したいと思いました。

黒目川の朝霧
b0190576_22045717.jpg

by hara-noriko | 2015-12-07 22:05 | 活動日誌 | Comments(0)