<   2016年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

いただいたご意見に学んで   

共産党市議団が市政報告懇談会
 2月27日、共産党市議団の市政報告懇談会でした。会場いっぱいの40名をこえるみなさんにご参加いただきました。ありがとうございました!
 たくさんのご意見をいただきました。財政状況、都市計画道路、公共施設の在り方、保育園問題、中央図書館の今後、家庭ごみ有料化問題、上の原の開発について、学校統廃合について、「反問権」についてなどなど…。
 どのご意見にも共通しているのが、自治体の在り方が問われている、ということだと感じました。いただいたご意見に学びながら、3月議会、頑張りたいと思います。

市政について報告する篠原重信市議
b0190576_22551118.jpg
私も報告しました
b0190576_22552365.jpg


by hara-noriko | 2016-02-28 22:55 | 活動日誌 | Comments(0)

3月議会 一般質問の順番決まる   

 3月議会の一般質問の順番が決まりました。(敬称略)
 久留米ハートネット(宮川)
 自民クラブ(島崎孝、小山、篠宮、島崎清二、野島)
 市議会民主党(梶井、富田)
 社民党(桜木)
 市民自治フォーラム(間宮、白石)
 日本共産党(村山、永田、原、篠原)
 東久留米維新の党(佐藤)
 公明党(沢田、関根、津田、三浦、阿部)
 一般質問は、1人1時間以内。共産党は、10日の見込みです。
 3月議会の日程は、こちらをご覧ください。

日本共産党市議団の質問は…
村山順次郎議員
 家庭ごみ有料化問題、生活保護行政、公共施設使用料値上げによる影響、公共施設の在り方、コミバスなど地域公共交通の充実について、道路冠水、小中学校校舎の大規模改修とプールの改修
永田まさ子議員
 上の原土地利用構想、新アクセス道路、介護保険制度、学校統廃合、5小の増築、「道徳」の教科化、中央図書館の今後
篠原重信議員
 子どもの貧困対策、防災対策、税金の滞納整理、都市計画道路、歩車分離式信号機の設置

原のり子
(1)子育て支援と保育行政
 「東久留米市保育サービスの施設整備・運営及び提供体制に関する実施計画」について質問します。並木市長は、公立保育園全園民営化をかかげてきましたが、こんどは、「公立保育園全園『民間化』」という名の、公立保育園全園の廃止計画を打ち出しました。本当におどろきました。市長は、いったい、保育や子育て支援をどう考えているのか…。市民の声を聞くこともないままたてられた、この計画の問題点について質問し、実施計画は白紙に戻すよう求めます。
(2)障がい福祉行政
 障害福祉計画の推進について質問します。2月11日に行われた自立支援協議会は、市民に公開する形でおこなわれ、たくさんの意見がだされました。「障害者や難病者の手当の切り下げはおかしい」「グループホームをふやしてほしい」など、切実な意見に対し、今後、どうすすめていくのか、質問します。

請願は13件
 市民のみなさんからの請願は、13件寄せられました。
生活扶助切り下げ関連2件、家庭ごみ有料化問題、保育関係6件、安全保障関連2法の廃止、上の原の開発関連2件、交通不便地域解消のために市民参加の地域公共交通会議の設置を…。これらは、各委員会で議論される予定です。

モズ(黒目川)
b0190576_00394127.jpg

by hara-noriko | 2016-02-27 00:39 | 市政報告 | Comments(0)

3月議会の日程決まる   

 2月25日、議会運営委員会で3月議会の日程が決まりました。ぜひ、傍聴にいらしてください。

3月3日(木)  本会議 市長の施政方針演説、議案上程、行政報告など
  7日(月)  本会議 総括代表質問(自民・公明・共産・民主・市民)
  8日(火)  本会議 一般質問
  9日(水)  本会議 一般質問
  10日(木)  本会議 一般質問
  11日(金)  本会議 一般質問
  15日(火)  午前 文教委員会  午後 総務委員会
  16日(水)  午前 建設委員会  午後 厚生委員会
  17日(木)  予算特別委員会(補正予算)
  18日(金)  予算特別委員会(当初予算)
  22日(火)  予算特別委員会(当初予算)
  23日(水)  予算特別委員会(当初予算)
  24日(木)  予算特別委員会(当初予算)
  28日(月)  本会議 討論・採決

 ★すべて、市役所3階です。時間は、午前9時半~、午後1時~。
 ★傍聴は簡単。氏名などをカードに書いて、入室します。
  途中の入退室もできます。
 ★本会議は、数日後にインターネット録画放映されます。
 ★3日の施政方針演説は、午前9時半に開会してすぐにおこなわれます。また、その施政方針に対する総括代表質問は7日、共産党は永田まさ子議員がおこないます。

さいわい保育園民営化 市長の行政報告を求める
 先日のブログでも書きましたが、さいわい保育園民営化について市長が行政報告を行うべきである、と議案説明会で求めました。その件について、篠原重信議員(共産党)から、どのように検討されたのか質問。副市長は、「東京都の福祉インフラ整備事業によって、決定した法人も東京都がプレス発表しており、市として行う必要がない」との答弁。篠原議員は、市が保育園民営化を実施するという判断をして、主体的にすすめている大きな課題、市民に向けて市として報告すべきだ。納得できないと指摘。白石玲子議員(市民)も、到底納得できない、と追及しました。
市が主体の事業でなぜ報告しないのか
 もともと市の民営化方針のもと行われている事業。公募要項にも「保育の継承」を位置付け、選定は市が行なって候補事業者を決め、それを受けて東京都が正式決定しています。東京都の事業を活用していても、さいわい保育園民営化自体は、市が主体の事業なのです。それを報告しないとは…。理解に苦しみます。
 しかも…市長が一言も発言しないことにも驚きました。自分が発言するほどの重要な案件ではないと考えているのでしょうか…。3月議会でしっかり議論しなければと思いました。

ジョウビタキ(黒目川)
b0190576_23513478.jpg


by hara-noriko | 2016-02-25 23:51 | 市政報告 | Comments(2)

2月27日に市政報告懇談会を開きます   

朝の宣伝で訴え
 2月23日、定例の朝宣伝。今週の火曜日は、東久留米駅西口で行いました。先週よりも気温は上がっているとはいえ、まだまだ朝は寒いですね。
 今日は市議団ニュースを配布しながら、5野党合意の中身や3月3日から始まる市議会定例会について報告しました。

市政報告懇談会は午前10時から生涯学習センターで
 お知らせです。2月27日(土)午前10時~11時45分、共産党市議団の市政報告懇談会をおこないます。会場は、生涯学習センター2階、第4集会学習室です。資料代として100円ご用意ください。ぜひ、いらしてください。

朝宣伝で訴える篠原市議(左)とビラを配布する永田市議(右)
b0190576_23020005.jpg
私も訴えました
b0190576_23023539.jpg

by hara-noriko | 2016-02-24 23:03 | 活動日誌 | Comments(0)

ごみ問題は市民と行政が一緒に考えてこそ   

「家庭ごみ有料化を考えるつどい」に参加
 2月19日、「家庭ごみ有料化を考えるつどい」(主催=家庭ごみ有料化を考える会)に参加しました。家庭ごみ有料化に向けた実施計画(案)とパブリックコメントの実施結果について、ごみ対策課課長が説明。その後、質疑応答が行われました。
市民のみなさんから質問や意見、アイディアが
 市民のみなさんからたくさんの質問、意見が出されました。「有料化すべきではない」「なぜ有料化しなければならないのか、わからない」との意見。「有料化は条件付きで賛成だが、条件が整っていない」などの意見もありました。また、改めて市民のみなさんは、さまざまなアイディアを持っていると実感しました。
 ごみ減量・資源化の進め方や収集方法の変更については、有料化と切り離して、十分に市民のみなさんと話し合いながら方向性を決めていくべきだと強く思いました。
パブリックコメントの結果は
 パブリックコメントは、106件。そのうち、有料化の計画に肯定的な意見は10件のみ。反対は77件、内容についての意見19件、とのことでした。市長は、この声を受け止めるべきです。
 集会では、ごみ対策課の方たちへ感謝の言葉もあり、司会者からも、「行政の方たちと市民で一緒に考えていきたい」と。市長には、こうした市民の力を信頼し、有料化先にありきの立場を改めることを求めたいです。

たくさんの意見が出された「家庭ごみ有料化を考えるつどい」
b0190576_00180622.jpg

by hara-noriko | 2016-02-22 00:18 | 市政報告 | Comments(1)

戦争法廃止へ 5野党の合意 すごい!   

国民の声と運動で政治は動く
 やっぱり、国民の声と運動で政治は動いていくんだ!と実感です。2月19日、5野党(民主・共産・維新・社民・生活)が戦争法(安保法制)廃止法案を共同で提出。そして、国政選挙での選挙協力を確認したと。すごい! 「野党は共闘」をよびかけ続けた、たくさんの国民の力です。いよいよ、戦争法廃止を求める2000万人統一署名が重要ですね。圧倒的な世論を広げ、戦争法を必ず廃止したいです。
一致した4項目はとても重要
 私は、昨年の9月19日、戦争法が成立してすぐに、共産党の志位委員長が戦争法廃止のための国民連合政府を提案した意味は大きい、と思います。そこから議論が始まりました。まだ、国民連合政府の提案については、温度差があり一致はみられません。が、今回一致した4項目は、とても重要な内容…。ここにたって、各野党が誠実に努力していくことが今いちばん大事だと思います。
【党首会談での確認事項】
(1)安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を共通の目標とする。
(2)安倍政権の打倒を目指す。
(3)国政選挙で現与党およびその補完勢力を少数に追い込む。
(4)国会における対応や国政選挙などあらゆる場面でできる限りの協力を行う。
土曜日宣伝で激励をいただく
 定例の土曜日夕方宣伝でも、私のニュースに書いて配布しました。若い男性が、「昨日のことですよね。がんばってください!」と声をかけてくれたり、雨で寒い中でも激励があり、うれしかったです。
『この力が日本を動かす―戦争法阻止に動いた人びと』を読み返す
 改めて、『この力が日本を動かす―戦争法阻止に動いた人びと』(赤旗編集局編)を読み返しました。時間を追ってすすんでいくので、どきどきしながら読み進みます。一人ひとりの意思で行動していることが伝わるたくさんの写真、自分の言葉でのスピーチ。「民主主義ってなんだ」「これだ!」というコールにグッときます。それらが共産党の国民連合政府の提案につながったことが改めてよくわかります。そして、今さらにこの本の続きが生きいきと展開している…。多くの人に読んでもらいたい中身です。

空を行くコサギ(黒目川上空)
b0190576_22580094.jpg

by hara-noriko | 2016-02-20 22:58 | 活動日誌 | Comments(2)

さいわい保育園民営化 行政報告はしないのか?   

3月議会の議案は38件
 2月18日、3月議会前の議案説明会でした。全議員が出席。議案は38件! そして、初日の市長の行政報告も7項目予定しているとのことです。
ありえない市の対応
 ところが…そのなかに、さいわい保育園民営化についてがありません。12月議会後の重大な課題は報告すべきですが、市長は必要ないと思っているようなのです。法人が決まり、住民説明会も実施されたのに、その報告もしないとはありえません。
必要な資料を議会に提出すべきです
 みなみ保育園民営化では、2012年(平成24年)第2回定例会で当時の馬場市長が法人の決定について行政報告しています。私は、正式に行政報告すべきであること、また、法人の概要や選定の経過・結果など、必要な資料を議会に提出することを求めました。どう対応されるでしょうか。

梅にモズ(東久留米市内)
b0190576_23405542.jpg

by hara-noriko | 2016-02-19 23:41 | 市政報告 | Comments(0)

安倍政権の閣僚による暴言・失態   

 2月18日付の「しんぶん赤旗」の1面は、「口利き・放送介入・暴言撤回…閣僚の失態止まらず」との見出しで、安倍政権の閣僚をめぐる暴言や失態がまとめられています。本当にひどい…。安倍首相の任命責任は重大です。
福島の人たちの苦労がわからない丸川環境相の発言
 丸川環境相が、除染目標(年間被ばく線量1ミリシーベルト以下)について、「何の科学的な根拠もない」と発言したことが問題になり、結局発言を撤回し、陳謝する事態となりました。この発言自体問題ですが、私は、その講演で、「『反対放射能派』というと変ですが、どれだけ(線量)を下げても心配だという人が世の中にいる。そういう人たちが騒いだ」と言っている部分が本当に問題だと思います。
 福島の子育て中の方たちが、子どもへの影響を心配し自主避難したり、家計を支えるためにお父さんだけ福島に残って離ればなれになっていたり、たいへんな日々を過ごしていることを何もわかっていない。東久留米にも避難されてきている方たちがいますが、もう移動するように言われている実態があります。
どの人も必要な支援が受けられるように
 福島の方たちは、原発事故のせいでたいへんな苦難を強いられています。避難している人も、福島に残っている人も。どの人も必要な支援が受けられ、生活していけるように政治の光が当てられるべきです。原発推進のアベ政治はストップを!

by hara-noriko | 2016-02-19 23:28 | 日記 | Comments(0)

議会運営の懸案課題を議論   

議会運営委員会で
 2月17日、議会運営委員会でした。議運メンバーは、自民3、公明2、共産2(篠原議員と村山議員)、民主1、市民自治1の9名。委員長は沢田議員(公)、副委員長は白石議員(市)。細谷議長とともに、副議長として私も同席しています。
 現在、議運では、議会運営における懸案課題について、議論を重ねています。議運メンバーではない一人会派の方も含め、各会派から議会運営について改善・改革したいことについてもちより、それを議長から諮問。答申は、9月30日となっています。
市長など特別職の「反問権」を認めるかどうか
 今日は、市長など特別職の「反問権」を認めるかどうか、災害時の議員の安否確認や役割についての規定をどうするか、がテーマでした。反問権については、4対4で意見が分かれ、委員長のとりまとめで「合意に至らず」となりました。
 「論点整理の範囲で認めたら」「議会の活性化という点で重要」「現状の議長・委員長の議事整理の範囲で不都合はないのではないか」「一般質問に限って議員の持ち時間の範囲で認めたらどうか」「議会基本条例制定のための特別委員会を設置するかどうか、今後議論されるが、もし設置されればそのなかで検討したほうがよい」「行政側の情報量は議員とは比べものにならない。議会と行政の役割、あり方の検討のなかで考えていくべき」など、さまざまな意見がありました。
議員は市民の代表として
 私は、議員は市民の代表として、自由に質問でき、行政をチェックし必要な提案もおこなう役割を担っている。それに対し、行政側はきちんと答えていく責任がある。そこがきちんと果たされているかどうかが大事であり、反問権が必要とは考えていません。でも、さまざまな意見を聞きながら、この議論そのものが大事だな、と感じました。
 災害時の問題については、引き続き、次回に議論されます。

カワセミ(黒目川)
b0190576_23505615.jpg

by hara-noriko | 2016-02-17 23:51 | 市政報告 | Comments(0)

子どもたちを守り育てる市の事業   

 2月15日、共産党市議団の篠原重信議員、永田まさ子議員、そして私で、中央児童館と子ども家庭支援センターを訪ね、それぞれの事業についてお話をうかがいました。
中央児童館では
 中央児童館では、斉藤館長が対応してくださり、改めて児童館の役割のかけがえのなさを実感しました。茶髪でオートバイに乗って児童館に来た若者に周囲はびっくり。でも、「斉藤先生!」と手を振ってくれて…。小学生のころからずっとかかわってきた子。良さもよくわかっている。長い期間、子どもを見守ることができるのが児童館、と。その意味でも、市直営の中央児童館の存在意義は本当に大きいと感じました。
 現在、中央児童館が核になって、指定管理者と連携して児童館全体の事業をすすめていることや、子どもたちをとりまく貧困問題や虐待問題などに、さまざまな機関と協力しながら対応していることなど、くわしく学ぶことができました。
子ども家庭支援センターでは
 子ども家庭支援センターでは、井上主査が対応してくださいました。虐待に関連する相談がふえている実態と真摯にとりくむ専門職の嘱託職員の状況…常に、一人あたり50~60ケース継続して担当しているなど…をうかがいました。子どものいのちを守る連携の要になっている子家センターの役割はますます重要になっていると実感しました。また、親子連れで子育て広場に遊びに来て、そのなかで悩みを話せるようになったり、ママ同士が仲良くなったり、ということの大切さを改めて感じました。
市の直営だからこそ
 たくさん学んだことがあり、胸にぐっとくるお話しもたくさんうかがいました。私は、この二つの施設が市の直営であることから、現場の問題がよくわかり、連携も強化されてきていると感じました。そして、とても専門性が求められる施設だと実感…。子どもたちを守るために、もっと応援していきたいと心から思いました。

中央児童館で
(右から)篠原市議、永田市議、私
b0190576_23001086.jpg

by hara-noriko | 2016-02-16 23:00 | 活動日誌 | Comments(0)