<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

市政報告懇談会で出された意見とは   

 4月29日、ゴールデンウイークの初日。共産党市議団の市政報告懇談会を行ないました。50名近い方にご参加いただきました。ありがとうございました!
 質問・意見もさまざま出され、学ぶことばかり。とくに、東久留米市のあり方、自治体としてどうあるべきか、が問われていると実感しました。
学校や保育園は防災の拠点にもなるところ
 「公共施設の統廃合などが言われているが、学校や保育園は防災の拠点にもなるところだが、市はどう考えているのか?」
 「市の職員が減らされているもとで、熊本地震のようなことがあったとき、対応できるのか?」
 「なんでも民間へということで、市は何をやるのか? 直営のものも残さないと、市民の状況を把握できなくなるのでは?」
 「上の原のアクセス道路をすすめ、さらに都市計画道路も新たにすすめるという。税金の使い方として問題ではないか?」
若い人が入ってくるのに…
 「農家が相続のため、農地を維持できないなか、戸建て住宅やスーパーなどが新たに計画されている。若い人が入ってくるのに、公立保育園を廃止し、小学校も統廃合では、あまりに見通しがたっていないのでは?」
 「家庭ごみ有料化をどうおしかえしたらいいのか?」
 などなど、次々と発言があり、意見交換をしました。
 いただいたご意見・ご提案を大事に、6月議会に向けて、取り組んでいきたいと思います。

小山・幸町地域9条の会の学習会に参加
 午後は、小山・幸町地域9条の会の学習会へ。「立憲主義を壊すなんて! 主権者は私たちだ」と題して、塚田勲先生(歴史学習会講師)が講演。とてもわかりやすく話してくださいました。憲法第13条では、「すべて国民は、個人として尊重される」。自民党憲法改正草案では、「全て国民は、人として尊重される」。たった一文字だけれど、とても大きな違い…。さまざま、考えさせられ、勉強になりました。

新緑(東久留米市内)
b0190576_21445663.jpg

by hara-noriko | 2016-04-29 21:45 | 活動日誌 | Comments(0)

市政報告懇談会を開きます   

 お知らせです。
 日本共産党東久留米共産党市議団は、「市政報告懇談会」を開きます。
 4月29日(金・休日)午前10時~11時45分
 生涯学習センター2階の第1・第2集会学習室で
 3月議会報告を中心に。ぜひいらしてください
 なお、資料代として100円ご用意ください
 生涯学習センターへの行き方は、こちらから

ハナミズキ(市内)
b0190576_23193677.jpg

by hara-noriko | 2016-04-26 23:19 | お知らせ | Comments(0)

共産党を応援する「ほいくのつどい」に参加   

 4月25日、「子どもに平和な未来と豊かな保育を!」と題して、「日本共産党を応援する『ほいくのつどい』」が東京都内で行われました。仕事帰りの保育士さんを中心に続々と集まってきました。
山添拓さんと大山都議が対談
 弁護士の山添拓さん(参院東京選挙区予定候補)と大山とも子都議の対談。山添さんは、「自分は保育園育ちで、広い園庭があるのが当たり前だと思っていた」と。この間、保育園をたずねて、状況が大きく変わっていることを実感しつつ、「大変ななかでも子どもたちのためにと、多くの保育士さんが頑張っていることを実感した」「保育士の処遇改善と、児童福祉法にもとづき、子どもの保育を受ける権利を守ることが重要」と。拍手が起こりました。大山都議が東京都の状況もわかりやすく話しながら、子どもたちの今と明日を守る思いを話してくださったこともとてもよかったです。
世論が政治を動かすことを実感するのは待機児問題だ、と宮本徹衆院議員
 衆院議員の宮本徹さんの国会報告。とてもおもしろかったです! 大接戦になった、衆院北海道5区補選の結果について、「悔しいが希望が見える」と、無党派の動き、野党共闘の力などくわしくお話しされました。そして、やはり世論が政治を動かすと実感するのが、保育園待機児問題だと。国会で保育問題をそれほどとりあげてこなかった党も質問したり、野党で共同して保育士の処遇改善について議員提案したりと、大きな変化が。北海道では、共産党とは一緒にやらないといっていた民進党の議員が、共産党の議員と一緒に演説するという状況も生まれた。物事を固定的に見てはいけない、子どもも成長するように、野党共闘も発展していくと感じている、との話に、拍手と歓声が。
 本当は、参加者のトークも聞きたかったのですが、予定があり途中で失礼しました。でも、3人のお話を聞けて、とてもよかった…。「子どもに平和な未来と豊かな保育を!」のタイトルにこめられた思いをかみしめました。

山添拓さん(右)と大山とも子都議の対談
b0190576_23122966.jpg
国会報告をする宮本徹衆院議員
b0190576_23123502.jpg

by hara-noriko | 2016-04-26 23:13 | 活動日誌 | Comments(0)

共産党街頭演説にたくさんの方が   

熊本地震への救援募金も寄せていただきました
 4月24日、心配していた朝までの雨もあがり、東久留米駅前のハナミズキがとてもきれい! 日本共産党の街頭演説に、たくさんの方に参加していただきました。また、熊本地震への救援募金にもたくさんのお気持ちを寄せていただきました。ただちに被災地に送らせていただきます。本当にありがとうございました。
初めて投票する20歳の人も
 「近くだからぜひ行きたい」と車椅子で参加してくださった方。「少し離れたところで聞いています」と初めて参加してくださった方。「応援演説の人の話しもよかった。戦争は弱い立場の人を犠牲にしていくんだなと考えさせられた」と今度初めて投票する20歳の人。「山添さん、宮本さんの話に、がんばって、じゃなく、自分たちががんばって押し上げたいと思った」と80代の支持者の方…。たくさんの声が聞かれました。
衆院北海道5区補選、残念。でも…
 衆院北海道5区補選、残念でした。でも、本当に接戦でしたね。市民と野党の共同でとりくまれた画期的な選挙から学ぶものは本当に大きいです! 必ず、参院選での前進へつなげたいです。

マイクで訴える宮本徹衆院議員(中央)と山添拓弁護士・参院東京選挙区予定候補(右)
左は司会をつとめた永田まさ子市議
b0190576_00434948.jpg
たくさんの方に共産党の訴えを聞いていただきました
b0190576_00435410.jpg

by hara-noriko | 2016-04-25 00:44 | 活動日誌 | Comments(0)

シンポジウム「女性参政権70年の荒野で叫ぶ」に参加   

女性都議に向けられた「やじ事件」をきっかけに
 4月23日、東京新聞主催のシンポジウム「女性参政権70年の荒野で叫ぶ」に参加しました。このシンポは、『女たちの情熱政治』(明石書店)出版記念として行われました。
 2014年、東京都議会で塩村都議に向けられた「早く結婚した方がいいんじゃないか」との「やじ事件」。そのことをきっかけに、東京新聞は、女性議員にアンケートを実施。私もそのアンケートに回答しました。
 その生の声をふまえて、さらに取材が行われ、それをまとめたのが、「おんなの議会みち」という連載です。このブログでも2015年3月7日に紹介しましたが、私も取材を受け、その内容が一部紹介されました。今回出版された「女たちの情熱政治」には、アンケートの内容もくわしく載せられ、また連載も掲載。そして、ほかにも、東京新聞・北陸中日新聞の記事や記者の方の思い、学識者への取材などとても充実した内容です。
「おまかせ民主主義じゃだめなんだ」
 シンポでは、「PeaceにVote!ママの会@いしかわ」呼びかけ人の市井早苗さんのお話しが印象に残りました。安保関連法について説明してほしいと石川県の国会議員や県議会、市議会に働きかけてきたこと、その中で、ある国会議員の報告会に出たら後援会長の人から「こんなところまでくるなんて、あんたら普通の主婦じゃないだろう」といわれたこと、市議会に傍聴に行ったら「何のために来るのか?」「子どもを預けてくればいいのに」「意見があるなら議員になればいい」といわれたこと、「ママの会には、ある団体からお金が出ている」といわれなき誹謗中傷も受けてぺしゃんこになったこと…。でも、そのなかで「おまかせ民主主義じゃだめなんだと気付かされた」。国民の権利を守るには、不断の努力が必要だと規定した、憲法第12条が大事だと。「不断の努力を普段から」を合言葉にやっていきたい。……
しなやかにしたたかに
 当たり前のことが通らない壁にぶつかりながらも、しなやかにしたたかに、等身大で一歩一歩前進し、憲法第12条に行きついたママたち。「情熱政治が始まっていると実感する話し」と林寛子さん(中日新聞社取締役・東海本社代表)。私もそう思いました。同時に、それは、70年のたくさんの運動の積み重ねが今につながっているんだと思いました。
 パネリストは他に、塩村文夏都議、岡田憲治専修大学教授。いろいろ学べた、有意義な時間でした。フロア発言、記者の方の発言も含め、本音で語り合う雰囲気でとてもよかったです。
本の帯より
「女に何ができる?」「女のくせに生意気」…。ずっとそう言われ続けてきました。でも、私たちは黙らない。女性たちの高まる政治意識。議会で、路上で、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、女性たちが声を上げ始めた。もうこの流れはとめられない。

シンポジウム「女性参政権70年の荒野で叫ぶ」
b0190576_14144177.jpg

by hara-noriko | 2016-04-24 14:14 | 活動日誌 | Comments(0)

4月24日 駅西口で共産党が街頭演説します   

 お知らせです。
 4月24日(日)午後3時より、東久留米駅西口において、日本共産党の街頭演説をおこないます。
 お話しするのは、宮本徹衆議院議員と山添拓弁護士(参院東京選挙区予定候補)です。
 ぜひ、いらしてください!
b0190576_00574817.jpg


  



by hara-noriko | 2016-04-22 00:45 | お知らせ | Comments(2)

家庭ごみ有料化はまだ決まっていません!   

説明会のお知らせです
 4月1日付の「広報ひがしくるめ」はご覧になられましたか? 1面は、家庭ごみ有料化に向けた実施計画を策定しました、との大見出し。「有料化は決まったんですか?」と何人かの方に聞かれました。…そうですよね。この記事をみれば、そう思えますよね。でも、家庭ごみ有料化はまだ決まっていません!
 市長としては、自分も出席する説明会を数回開いて、6月議会で議案を出す予定です。毎日のくらしにかかわる重大な問題です。ぜひ、多くの方に説明会に出席していただき、質問や意見を出していただけたら良いと思います。
 4月17日(日)午前9時半~11時半  7小 体育館
        午後2時~4時    5小 体育館
   24日(日)午前9時半~11時半  神宝小 体育館
        午後3時~5時    小山小 体育館
 *上履き持参のこと。

熊本地震 救援募金をはじめました
 熊本地震で犠牲になられた方に、心からの哀悼の意を表します。また、被災された多くのみなさんに心からお見舞い申し上げます。共産党としても、救援募金にとりくみはじめました。すこしでもできることをしていきたいと思います。

by hara-noriko | 2016-04-16 00:24 | お知らせ | Comments(4)

沖縄ツアー その4   

沖縄戦を風化させない
 沖縄県・平和祈念公園にも行きました。たいへんな広さで、すべてを見ることはできませんでしたが、沖縄戦を風化させず、正しく後世に引き継いでいきたい、という沖縄の方たちの強い意志を感じました。平和の礎(いしじ)は、沖縄戦で亡くなった人たちが分け隔てなく刻銘されています。また訪れる機会があったら、子どもたちの平和学習もできる、資料館をゆっくり見学したいと思います。(写真1・2・3・4)
「不屈館」と沖縄の心
 私にとって、今回のツアーの初日に、「不屈館」(写真5)に行けたことが、実り多い3日間になったポイントだったと思います。入館時間ぎりぎりのところでかけこんだ24人に、館長さんやスタッフの方があたたかく受け入れてくださり、説明をしてくださいました。
 私は、瀬長亀次郎さんの資料館、という認識でいましたが、瀬長さんの生き方はもちろんですが、沖縄の人たちの祖国復帰への不屈のとりくみ、そして、それが現在につながっていることがよくわかる資料館でした。「不屈」「弾圧は抵抗を呼ぶ 抵抗は友を呼ぶ」との瀬長さんの直筆でのメッセージ。「屈しない」を合言葉にしたオール沖縄のとりくみ。…沖縄の人たちのねばりづよさは、たいへんな歴史のなかで培われてきたんですね。それでいて、おおらかで。尊敬と感動でいっぱいです。
手作りツアーに心から感謝
 今回、夫と三女(18歳)と一緒に、思い切って参加し、そして、平和のとりくみをすすめている市民のみなさんと交流しながら学べたこと、本当によかったです。企画から運営まで手作りのツアー。中心になってくださった方々に心から感謝します。まだまだ、いろいろな経験をしましたが、このへんでツアー報告は終わりたいと思います。

(写真1)平和祈念公園の式典広場
b0190576_21402150.jpg
(写真2)平和の礎(いしじ)をバックに篠原市議と
b0190576_21402766.jpg
(写真3)平和の礎のなかを通ってきた最後にある平和の広場
b0190576_21403355.jpg
(写真4)平和の広場から見える海
b0190576_21403988.jpg
(写真5)「不屈館」で詳しい説明を聞きました
b0190576_21404742.jpg
沖縄ツアー その1
沖縄ツアー その2
沖縄ツアー その3

by hara-noriko | 2016-04-15 21:43 | 活動日誌 | Comments(0)

沖縄ツアー その3   

ひめゆり平和祈念資料館へ
 最終日(4月6日)は、まず、ひめゆり平和祈念資料館へ(写真1・2・3)。資料館の概要を説明してくださった職員は若い女性。高齢になっている学徒隊だった方たちから聞き取りをしながら、一歩一歩引き継ぐ努力をしていることをお話しされました。
 資料館は、戦後43年がたった1989年6月23日に設立しています。それまで長い間、戦争体験を話すことができなかった方たちが、亡くなってしまった友人たちのことや沖縄戦の事実がこのままでは消えてしまう、と語り出したそうです。学徒隊だった方たちの意見で資料館の展示は行われているとのこと。だからこそ、胸に迫ります。一人ひとりが証言している様子や米軍が撮影した写真やビデオが上映されています。また、亡くなった方たちの写真も飾られています。
戦争がまた起きないように
 学徒隊だった語り部の方が来て下さり、お話をしてくださいました。一緒にいた友人の写真を教えてくださり、「いつもこの写真に、○○ちゃん今日も来たよ、戦争がまた起きたりしないように今日も話すからね、とまず声をかけるんですよ」と。
 実は、そのあとのお話しを聞いていたのに、もう気持ちがいっぱいいっぱいで…。断片的ですが…。
言葉の重み
 <爆音がして目をおさえて(目の玉が飛び出ないように)、しゃがんだら一人はぐれていた。友達もほかの人もみんな死んでしまった。それでも、最後まで軍国少女だった。教育というのは本当にこわい。教育によってそうなってしまう、教育が大事…。>
 そして最後の言葉を忘れられません。「みなさん、命を大事にしてくださいね」。その言葉の重さが胸にズシリと…。
先生たちの苦悩、生徒たちの思い
 今、資料館では、戦後70年特別展「ひめゆり学徒隊の引率教師たち」が開催されています。そこには、こう書いてあります。
 あの場合はしかたなかったと
 いくら言い訳をしてみても
 それは言い訳にはならない
 胸がしめつけられます。先生たちの苦悩、生徒たちの思い…とてもすべてを見ることができず…。展示ガイドブックを買ってきて、今日ようやくページを開いています。つらいけれど、教師に焦点をあてた展示というのは、歴史の事実を学ぶうえでとても大事だと思いました。語り部の方の「教育が大事」ということばが何度も思い返されます。
 戦争へという流れが心配される今、本当に多くの方にみてほしいと思いました。
喜屋武岬へ
 その後、喜屋武岬(きやんみさき)へ(写真4)。沖縄最南端、沖縄戦で米軍に追い詰められ、自決したという…。その事実を決して忘れてはいけないと思いました。

(写真1)ひめゆり平和祈念資料館の入り口で
b0190576_23235001.jpg
(写真2)ひめゆりの塔の入り口にある案内
b0190576_23235177.jpg
(写真3)ひめゆりの塔で
b0190576_23235048.jpg
(写真4)喜屋武岬
b0190576_23235046.jpg
沖縄ツアー その1
沖縄ツアー その2
沖縄ツアー その4

by hara-noriko | 2016-04-14 23:25 | 活動日誌 | Comments(0)

沖縄ツアー その2   

どうしても行きたかった辺野古
 どうしても行きたかった辺野古。どんな海を埋め立てようとしているのか、それをさせまいと現地でどんなふうにとりくんでいるのか…。4月5日の朝、県庁前から島ぐるみ会議の「辺野古バス」に乗って現地へ向かいました。
座り込みをしている市民の方々
 現在、国と県の和解成立のもと、話し合いに入っており、工事は止まっています。しかし、安倍首相は和解受け入れの会見で、「辺野古が唯一」とも表明。その後も、安倍政権は「辺野古が唯一」と繰り返しています。こうしたなか、学習や交流をしながら監視が続けられています。「写真1」は、篠原さんと。広い道路を隔てた金網の向こうがキャンプ・シュワブ(在日米軍海兵隊の基地)のゲートです。座り込みをしている市民の方々がいるのは、道路を隔てたこちら側。ゲート前や歩道を封鎖するわけではなく、整然と。おばあさんがニコニコと、来てくれてありがとう、と声をかけてくれます。
海を見守り続けて
 また、海へ行くと、そこにも長年海を見守り続けている市民の方々が。海の色が変わっているところにサンゴ礁があること、サンゴ礁もさまざまな種類があること、辺野古はジュゴンの採食場所であり、生息のために不可欠であること、これまでの取り組みの経緯…などなどくわしく説明してくださいました。(写真2)
 浜には、金網があり、その先には行けません(写真3)。海の向こうには防衛省の監視船が(写真4)。私は写真の技術がなくて、海のすばらしさが伝えられないのが残念ですが、その場に行ってみて、こんなにすばらしい貴重な海をつぶすなんて、本当にありえないと実感です。しかも、辺野古は単なる普天間の移転ではありません。普天間以上の増強された新基地なのです。
「もう基地はつくらせない」の「もう」に思い込め
 バスのなかで沖縄の方が話してくれました。「もう基地はつくらせない、というステッカーの、『もう』というところに私たちの思いが込められています。もうたくさんなんです」と。人間関係も含め、ほんとうに言葉にできない苦労があるのだと思いました。新崎盛暉沖縄大名誉教授が、それでも、保守も革新もこえて一緒にとりくむのは、沖縄戦の歴史、由美子ちゃん事件をはじめ基地の事件を通じての人権を守るとりくみ、それらを通じての沖縄の人の誇りがあると辺野古で話してくれました。すごい…。
これまで以上の確信をもって
 1回たずねただけの私に言えることなんてあるのか…と思うほどの衝撃を受け、深く考えさせられ、今も考え続けています。でも…、普天間基地は無条件返還、辺野古に新基地はつくらせてはいけない。沖縄だけの問題でなく、日本全体の問題なんだと、これまで以上の強い実感と確信をもって言いたいです。

 名護市が米軍基地のことや辺野古移設のことについて解説したパンフレットをつくっています。「米軍基地のこと、辺野古移設のこと」は、こちらから。

(写真1)米軍キャンプ・シュワブのゲート前で篠原さんと
b0190576_00055787.jpg
(写真2)辺野古の海。海の色が変わっているところにサンゴ礁が
b0190576_00060716.jpg
(写真3)浜を分断する米軍基地の金網
b0190576_00260516.jpg
(写真4)防衛省の監視船。左の金網はキャンプ・シュワブ
b0190576_00061133.jpg
沖縄ツアー その1
沖縄ツアー その3
沖縄ツアー その4

by hara-noriko | 2016-04-14 00:07 | 活動日誌 | Comments(0)