<   2016年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

市の公立保育園全廃計画について厚労省の見解を聞く   

宮本徹衆院議員と一緒に
 5月30日、共産党東久留米市議団(4人)は、国会にある宮本徹衆議院議員室にて、市の公立保育園全廃計画にかかわり、厚生労働省と総務省の担当者の方からレクチャーを受けました。忙しいなか、東久留米の保育問題は重要だと、宮本議員が今日のレクをセットしてくれ、一緒に担当者に質問や要請もしてくれました。
 この計画は、2年間で312名分の待機児解消策をすすめ、一方で公立保育園すべてを廃止するというもの。しかも、子どもの人数をだんだんと減らし、最後は年長さんだけの保育になって、卒園と同時に廃止する。そして、廃止後、その地域に代わりの保育園もつくらない……。これは、児童福祉法、保育指針に照らして問題があるのではないか。その問題意識を話し、厚労省の見解をうかがいました。
6月の市議会でしっかり取り組みます
 そして、4人で、行政の手続きの進め方、説明責任の問題・公立保育園の役割・公立保育園の国の負担金の一般財源化・4月7日付の待機児解消のための国の緊急対策など、さまざまな角度から質問し、意見交換ができました。よかったです。これらをふまえ、6月議会でしっかり取り組みたいと思います。
力をあわせてがんばります
 写真は、レクのあと、宮本議員の執務室で。資料や新聞がたくさん積まれていて、この間の国会での大奮闘ぶりが感じられました。子どもも親も安心の保育園をまもり、ふやすために、力をあわせてがんばります!

宮本衆院議員を中央に(左から)篠原、永田、原、村山の各市議
b0190576_00182212.jpg

by hara-noriko | 2016-05-31 00:18 | 活動日誌 | Comments(0)

「戦争はいや!市民パレード」に参加しました   

 5月28日、「第5回 戦争はいや!市民パレード」に参加しました。200人の市民のみなさんが参加。市議会からは、市民自治フォーラムの間宮議員・白石議員、社民党の桜木議員、共産党市議団の永田議員・村山議員・私。天気もちょうどよい感じで、気持ちよく歩けました。
 パレード出発前のスピーチでは、戦争法廃止へさらに共同を広げよう、平和を守ろうという思いが口々に。広島出身の方の思い、障害者運動を続けている方の思い…二本松はじめさんは素敵な歌でみんなと思いを通わせて。みなさん、たった2分ずつなのに、本当にすばらしかったです。政治学を学ぶ大学院生が寄せてくれたメッセージも紹介されるなど、さまざまな立場、考えの人たちが、このパレードに気持ちを寄せていることもわかりました。
 パレード賛同者も732人(6日現在)に広がっています。この一人ひとりの思いが結実されるように、さらに力をあわせたいです。
 パレードのあとは、定例の土曜日宣伝を行いました。チラシを受け取って下さる方も多く、いよいよ参院選が近づいていることを実感です。

「戦争法は今すぐ廃止」とコールしながら進むパレード
b0190576_00284852.jpg
市議会議員も参加してスピーチ
(左から)白石、間宮、村山、永田、原の各議員
b0190576_00290990.jpg


by hara-noriko | 2016-05-29 00:33 | 活動日誌 | Comments(0)

家庭ごみ有料化の条例提案は見送るべきです   

共産党市議団の申し入れについて市長と懇談
 5月24日、共産党東久留米市議団は、あらかじめ18日に提出したふたつの申し入れ文書について、並木市長と懇談しました。ひとつは、家庭ごみ有料化に関する申し入れ。もうひとつは、熊本地震被災者への支援および市地域防災計画の見直しについて、です。
なぜ条例提案を見送るべきか―4つの理由
 懇談の中心は、家庭ごみ有料化についてです。市長は、6月議会に有料化の条例提案を予定していますが、これは見送るべきだと求める内容です。理由としてあげているのは次の4点です。
 (1)4回の説明会でも積極的に賛成との声がきわめて少なく、反対の声や心配の声がたくさんあげられている。また、パブリックコメントでも反対意見が圧倒的であったことなど、有料化に対する市民の理解は広がっていないこと。
 (2)市民のくらしは改善されておらず、新たな負担増になる有料化は避けるべきであること。
 (3)ごみ減量のとりくみはまだ道半ばであること。
 (4)有料化についての説明会は決定的に不足していること。
有料化推進の立場であっても、市民の理解がないまま強行してはなりません
 たとえ、有料化推進の立場であっても、市民の理解がないまま強行することはあってはならないです。議案を出すかどうかの最終判断は市長です。賢明な判断をされるよう求めました。
 市長は、有料化をすすめていく考えを示すとともに、4回の説明会を通じて、実際にどう変わっていくのか質問も多く、ていねいに進めないといけないと感じたと述べていました。26日の議案説明会で、どのように説明されるでしょうか。
 いよいよ、6月議会が目前です。

市長(中央)と懇談する共産党市議団
b0190576_01465240.jpg

by hara-noriko | 2016-05-25 01:47 | 市政報告 | Comments(0)

コミュニティバスの早期実現に向けて   

市民連絡会が武蔵村山市地域公共交通の見学ツアーを実施
 5月20日は、「コミュニティバスの早期実現を求める市民連絡会」による、武蔵村山市地域公共交通見学ツアーに参加しました。
 玉川上水駅から、武蔵村山市内循環バス「ММシャトル」に乗り、市役所へ。村山医療センターに行くという乗客の方が、「このバスは敷地の中まで入ってくれるので、とても助かっている」と。
 市役所では、都市整備部都市計画課の交通施策を担当している職員の方が説明してくださいました。質問にもていねいに答えていただきありがたかったです。
市の特性やニーズをふまえながら
 印象に残ったのは、武蔵村山市には鉄道駅がないという特徴をふまえて、公共施設への移動などにおける利便性向上のため、路線バスを補完する目的で市内循環バスをスタートしたこと。市内循環バスの利用が少なく廃止した地域には、乗り合いタクシー「むらタク」を走らせることにしたこと。…など、市の特性やニーズをふまえながらとりくんでいることです。市民参加でさまざまな検討を積み重ねながら進めているのだと感じました。
 また、市内循環バスに、市として1億1000万円(年)投入していることについても、他市と単純な比較はできないと思いました。鉄道駅がないため、運行ルートが長くなることや、日中だけでなく、通勤・通学時間帯にも対応していることなど、武蔵村山市の特性からきていることも含んでみていくことが必要なんだと。
乗り合いタクシーについても受託会社から意見を聞く
 乗り合いタクシー「むらタク」の運行を市から受託している村山運送株式会社にもおじゃましました。車は12人乗りで、想像より大きかったです。説明してくださった担当の方に、さまざまお聞きすることができ、とても参考になりました。
東久留米でも真剣な検討が必要と実感
 東久留米市の並木市長は「コミバスは難しい」と大幅に発言を後退させていますが、まず改めて、東久留米の地域公共交通の充実に向け、地域によってどのような特徴やニーズがあるのか、真剣な検討が必要だと実感しました。とりくみを強めたいです。

武蔵村山市の「MMシャトル」。右から永田まさ子議員、村山順次郎議員
b0190576_23362103.jpg
同市の「むらタク」。見学ツアーに参加した(右から)村山、原、永田の3市議
b0190576_23362509.jpg

by hara-noriko | 2016-05-23 23:38 | 活動日誌 | Comments(0)

戦争法廃止へ 2000万人署名を訴えました   

 5月19日夕方、「戦争はいや!声をあげよう実行委員会」による、駅頭での宣伝に、永田まさ子議員と一緒に参加しました。「戦争法廃止を求める2000万人統一署名」のよびかけに、「やりましたよ!」と声をかけてくださる方も多くなりました。うれしいことです。同時に、まだまだ新たに協力してくださる方も多く感激です! 署名は、思いを形であらわすもの。平和を願う多くの人たちの思いがあらわせるように、とりくみを続けたいです。

5月28日 戦争はいや!市民パレード
 5月28日(土)午後1時半から3時、「第5回 戦争はいや!市民パレード」(主催:戦争はいや!声をあげよう実行委員会)が行われます。市役所前ひろばからスタートします。ぜひ、ご一緒に!

実行委員会の宣伝。署名の輪がそこここに
b0190576_22263189.jpg
市民パレードの告知ビラ
b0190576_22263586.jpg

by hara-noriko | 2016-05-22 22:27 | Comments(0)

沖縄でまた起きてしまった米軍犯罪   

たまらない思い
 沖縄で、元米軍海兵隊員で、嘉手納基地に働く男が20歳の女性の遺体を遺棄するという、卑劣で残酷な事件が起きてしまいました。米軍基地があるゆえに繰り返される犯罪、事件。たまらない…本当に許せない思いでいっぱいです。亡くなられた方に、心からご冥福をお祈りいたします。
 どれぐらい犯罪が繰り返されているのか。1972年の復帰から2015年の間に、米軍関係者の犯罪の検挙状況は、5896件。そのうち、凶悪犯罪は、574件にものぼるそうです。
 4月に訪ねた、嘉手納町の学習展示室で、「基地の重圧」と題した年表の展示を思い出します。そして、道の駅「かでな」から見た嘉手納基地…。巨大な米軍基地の脇に町民の人達が住んでいる、というぐらいの威圧感…。何の罪もない、何の関係もない、20歳の女性が犠牲になってしまった。リアルに胸に迫ってきます。
米軍基地があるから
 今日のしんぶん赤旗のコラム「潮流」を読んで、改めて20年前の事件を思い出しました。12歳の少女を3人の米軍海兵隊員が拉致し、暴行し…。不平等な地位協定により、犯人の引き渡しを米軍が拒み、島ぐるみで基地はいらない、との声が沸き起こりました。それなのに、事件がまた起き、日米政府は新基地さえ建設しようとしている。絶対にストップをかけないといけないです!
新基地建設止めよう
 土曜日夕方の定例駅頭宣伝で、この事件のことを訴えました。沖縄の新基地建設を止めよう、地位協定の抜本見直しも急務、そして、この問題は沖縄だけの問題ではない、日本全体の平和と民主主義の問題、と。沖縄県議選はもちろん、参院選でも鋭く問われることになります。

by hara-noriko | 2016-05-22 00:55 | 日記 | Comments(2)

開かれた議会へ   

議会運営委員会で議論
 5月18日、議会運営委員会でした。議会運営における懸案事項について、午前9時半から午後4時半ごろまで、熱心な議論が交わされました。共産党市議団からは、篠原重信さんと村山順次郎さんが委員になっています。私は、副議長として、細谷議長とともに同席しました。
 
決まったことは…
 ★現在4つの常任委員会(総務・厚生・文教・建設)を3つに再編成する。その際、各委員会1日ずつ確保する(現在は半日)。委員会が取り扱う分野は、今後、十分に検討して決める。
 ★市長が就任しての所信表明演説と、それに対する各会派の総括代表質問は、多くの方が傍聴できるように、土日に実施する。
 ★子どもや乳幼児連れの市民の議会傍聴への配慮を、できるところからすすめていく。 ★本会議のインターネット録画放映について、タブレット端末やスマホでも観られるようにする。
 ★議員の税などの納付状況について、議会だよりで公開する。

 議論を交わしながら、いくつかの項目で一致点をつくれたこと、本当によかったと思います。開かれた議会にしていくために、さまざまな角度から検討していくことは大事だと実感しました。会派はそれぞれ主張も立場も違いますが、議会運営については一致点を大事にしてすすめていくことが大切です。
合意に至らなかったものも
 残念だったのは、私たちの会派で提案したことのうち、インターネット録画放映を、常任委員会・予算、決算特別委員会でも実施しよう、という提案については合意に至りませんでした。昨年、市民の方からの請願も趣旨採択されています。実現に向け、取り組みを強めたいと思います。

カルガモ親子(黒目川)
b0190576_08155864.jpg

by hara-noriko | 2016-05-19 08:16 | 市政報告 | Comments(0)

広がる野党の共闘   

 「野党は共闘」。国民の声がさらに状況を動かしました! 5月13日、4野党書記局長・幹事長の5回目の協議会が行われ、衆院選も「出来る限り協力」するための努力を行うことが確認された、との報道が。もちろん衆議院の解散は論外ではあるけれど、安倍政権の状況から可能性は否定できないなか、協力の確認をしたことは本当に大きいです。
 確認した4点は、(1)32ある参院選の1人区で25まで統一候補が決まった(現在は26)が、最後のひとつまで一本化へ努力する(2)今国会で13本の法案を共同提出し、政策的な一致を広げている(3)衆院選でも「できる限り協力」するために模索と努力を行う(4)沖縄県議選で翁長県政を支える立場でのぞむ。
 いま、もっとも力をあわせたい課題での確認がなされたこと…うれしく、力強いです。野党の共同で提案した法案が13本にもなった、というのはすごいですね! こうした提案が通る政治の実現へ、頑張りたいと思います。

b0190576_18252650.jpg


by hara-noriko | 2016-05-15 18:25 | 選挙 | Comments(0)

「家庭ごみ有料化を考えるつどい」に参加して   

 5月14日、「家庭ごみ有料化を考えるつどい 3」(主催=東久留米家庭ごみ有料化を考える会)がありました。50名ほどの参加者。共産党市議団もそろって参加しました。
「有料化の目的がわからない」などの声が次々と
 まず、市長が4月に4カ所で行った市民説明会について、それぞれ参加した方たちから発言がありました。有料化に賛成する意見は少なく、慎重や反対の声が多かったことがわかりました。なかでも、「そもそも有料化の目的がよくわからない」「プラはリサイクルなのに、なぜ有料なのか?」「他市と比べても袋の値段が高い」などの声が次々。
 東久留米市民のみなさんは、これまでも分別に熱心にとりくんできているので、とても意識が高いと改めて感じました。説明会での市民からのさまざまな質問に、市側が十分答えられていないとも感じました。それなのに、このまま6月議会で有料化の条例提案を行うとすれば、本当に拙速だと思います。市民の理解も得ないまま、強行することのないように、市議団としてもしっかり求めていきたいと思いました。
「市の広報も、有料化が決まったかのように受け取れる」の声も
 また、会として対市交渉をしたことや今後のとりくみについても報告や提案があり、参加者から活発な発言が相次ぎました。
 改めて市の進め方は問題だと感じたのは、「ボックスにもう貼り紙がしてあって、有料化は決まってしまったのでは?」「市の広報も、有料化が決まったかのように受け取れる」などの意見です。
問われる市の進め方
 3月議会で、収集方式の変更(ボックスを廃止して戸別収集へ)にかかわる予算を含めた当初予算が通っています。そのため、有料化はまだ決まっていないのに、収集変更はどんどん進めていく…ということになっているのです。このやり方は本当によくないです。
 今日、みなさんのご意見から学んだことをもとに、とりくみを強めたいと思います。

活発に意見が出された「家庭ごみ有料化を考えるつどい」
b0190576_23403415.jpg


by hara-noriko | 2016-05-14 23:41 | 活動日誌 | Comments(0)

第43回東久留米子どもまつり   

目をキラキラさせて遊びを満喫
 5月8日、第43回東久留米子どもまつりに行ってきました。今年も晴天に恵まれ、かき氷がとぶように売れていました。子どもたちは元気いっぱい! 目をキラキラさせて、さまざまなコーナーで楽しい遊びを満喫していました。児童館の工作コーナーは満員、ストラックアウトにも行列が。保育園のヨーヨーも大人気。野外のステージも多彩なプログラム。教室や体育館でも人形劇や新体操などなど……まわりきれないほどです!
市民のみなさんの熱意と努力で
 実行委員会への参加団体は27団体。これだけの団体が子どもたちのために、と企画・運営されていることに頭が下がります。2008年度ごろまでは、市の事業として位置付けられていた子どもまつりでしたが、現在は、市は後援し、実行委員会に生涯学習課が参加するという形。そうしたなかで、市民のみなさんの熱意と努力により継続されています。応援するとともに、市としても、改めて子どもまつりの意義を確認することが大事だと感じます。
「誰でも無料でいろいろな遊びに参加できることが大事だと思う」と
 実行委員会に長年かかわっている方が話してくれました。「誰でも無料でいろいろな遊びに参加できることが大事だと思う」と。本当にそうだなあ、と思いました。格差と貧困問題など、子どもをとりまく環境が厳しくなっている今だからこそ、子どもまつりのような企画がますます大事になっていると強く思いました。

熊本 子どもたちのメッセージ
 そして…熊本の子どもたちのことを考えざるをえませんでした。
改めて、家に帰ってから5月5日付の「しんぶん赤旗」1面を読みました。熊本で被災した子どもたちのメッセージです。「学校に行きたい」「おともだちとあそびたい」「ごろごろできるおうちがほしい」…。避難生活のなかでもなんともいえない、子どもたちの可愛い笑顔。一日もはやく、みんなの願いがかなうように、できることをしていきたいです。
 なお、日本共産党としてとりくんでいる熊本地震救援募金は、まず、第一次・第二次分を志位委員長や小池書記局長らが、直接現地にお届けしました。ホームページをごらんください。ご協力本当にありがとうございます。

5月5日付「しんぶん赤旗」
b0190576_01420908.jpg



by hara-noriko | 2016-05-09 01:35 | Comments(0)