<   2016年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

大事な最終本会議(28日) ぜひ傍聴を   

家庭ごみ有料化の議案 厚生委員会で可決
 6月21日の市議会厚生委員会。傍聴者があふれるなかで行われました。傍聴されたみなさん、本当にお疲れ様でした。しかし…残念…。家庭ごみ有料化の議案は、自民・公明・民進が賛成、宮川議員と私が反対。結果、可決すべきもの、となりました。
条例改正の延期を求める請願は不採択に
 2108名もの署名とともに提出された、「家庭ごみ有料化実施のための条例改正の延期を求める請願」は、宮川議員と私は賛成したものの、自公民が反対し、不採択とすべきもの、と。
無理やり決めず、検討し直すべきです
 市長は、なぜ今議会でなければならないか、の理由も説明できません。それなのに、強行するのです。市民のみなさんは、もともとごみ減量に努力されていて、類似団体と比べても東久留米のごみ量は少ないし、減少しているのです。今必要なのは、ボックスを廃止し戸別収集にきりかえることと、有料化を一緒くたに進めようとして市民に混乱をもちこんでいることについての是正です。まずは、今議会で無理矢理決めず、時期を延期して検討し直すべきです。
 最終本会議(28日火曜日午前9時半から)では、全会派が討論を行う見込みです。そして最終的な採決が行われます。ぜひ、傍聴をお願いします。

公立保育園全廃計画の撤回などの請願も不採択
 厚生委員会のもうひとつ大きなテーマだったのは、公立保育園全廃計画です。
 公立保育園全廃計画に対し、撤回や見直しを求める請願が3本。待機児解消策については1本出されました。すべて、不採択すべきもの、との結果。最終本会議(28日火曜日午前9時半から)で討論・採決が行われます。
認可保育園の選定については透明性と質の確保が大事
 残念な結果ですが、良かったこととしては、待機児解消策についての請願は、不採択となったものの、認可保育園の選定については透明性と質の確保が大事だということについて、民進と宮川議員は趣旨採択、私は採択を主張したことです。また、公立保育園全廃計画の撤回などを求める請願については、私以外の委員は反対で通りませんでした。しかし、障害児保育はどうするのか、という質問(民進・富田議員)などもありました。
必ずおしかえしたい
 公立保育園全廃計画については、今後の議論が大事です。まだ、市が行政計画として決めただけです。必ずおしかえしたいです。ぜひ、最終日の討論をお聞きください。

写真は、定例の土曜日宣伝で。ハンドマイクは使えませんが、要求を書いた新しいプラスターを持って、ビラを配りました。「ぜひ、参考にしてください」とのよびかけに、受け取ってくださる人たちも多くうれしかったです。
b0190576_01452627.jpg


by hara-noriko | 2016-06-26 01:45 | 市政報告 | Comments(0)

いよいよ参院選挙が始まりました   

 いよいよ、参院選がはじまりました。私の家にも、「比例代表は日本共産党」のポスターが。若者3人の後ろ姿。「さわやか」「映画みたい」「投票に行こう、っていうのがいいね」と若い人の声も。今度の選挙、本当にみんなで投票に行けば、政治を変えることができるチャンスだと思います。全国32ある1人区すべてで野党統一候補が実現しました! 複数議席の選挙区とあわせ、日本全国どこでも、政治を変えるための1票を投じることができるのです。
比例は日本共産党へ
 そして、政治を変える保障は、比例代表選挙です。ただの1票も無駄にはならない、必ず議席に結びつきます。市民と野党の共同で政治を変えるためには、それを本気で進める政党の議席を確実に増やすことが必要ではないか…と思います。日本共産党へみなさんのご支援をお願いします!
 選挙戦がはじまり、共産党のホームページもリニューアルされました。共産党のプロモーションムービー、1分間にギュッと共産党ってどんな感じかが表現されています。一瞬、知り合いの人の顔も出て来て。ぜひ、ごらんください。
東京選挙区は山添拓候補を押し上げてください
東京選挙区候補の山添拓さんが東久留米に来ます! 6人区の東京選挙区で安倍暴走政治にストップをかける人たちを当選させましょう。共産党の山添拓候補をおしあげてください。
6月29日、山添さんが東久留米に!
 6月29日(水)午後3時~3時半、滝山団地センターです。ぜひ直接、山添候補のお話しを聞いてください。




訴える山添拓・東京選挙区候補
b0190576_00100978.jpg
日本共産党のポスター
b0190576_00101341.jpg
(このポスターは、印刷して外にはり出すことはできません)



by hara-noriko | 2016-06-23 16:09 | 選挙 | Comments(0)

子どもたちを大切にする社会こそ   

「ほいくのつどい」に参加しました
 6月19日、「ほいくのつどい」に参加しました。テーマは、「子どもも親も安心できる保育園 守ろう!ふやそう!政治を変えよう!」。共産党保育後援会を中心にした、実行委員会によるつどいです。50名近い方々の参加。市議団から永田まさ子議員と私が参加しました。
宮本徹衆院議員が父親としての思いをおりまぜて
 宮本徹衆院議員は、国会での変化や小学生と保育園児の父親としての思いをおりまぜながら、話してくださいました。5月30日に宮本議員にセッティングしてもらって実現した市議団と厚労省・総務省との意見交換にも触れ、市の公立保育園全廃計画が問題あることははっきりしている、と。印象的だったのは、保育園で異年齢で育ちあうことの大事さをわが子からも実感している、とのお話です。しんかわ保育園の廃止にストップかけるためにも、政治全体の流れを変えていくことが大事。一つひとつの選挙は重要だと。
「孫は、しんかわ保育園なしには育たなかった。なくすなんて」の発言が
 市議団からは、私が報告し、その後参加されたみなさんからの発言。お子さんを抱っこしたり、遊ばせたりしながら、お母さん方から切実な発言がありました。そして、公立保育園の親OBの方々から次々と発言があったことは本当にうれしかったです。
 お孫さんがしんかわ保育園を卒園し成人したという方は、「自分の孫は、しんかわ保育園なしには育たなかったと思っている。なくすなんてとんでもないと思い、来ました」と声をつまらせて話してくださいました。
「公立保育園が必要」とみんなで運動した話も
 また、40年以上前、浅間町にあった私立保育園が閉園になるときに、公立保育園が必要だとみんなで運動したこと。自分の子どもは、ようやく年長さんになるときにしんかわ保育園に移ることができたこと。なかなか、なじめない子どもに、先生が毎日ていねいに連絡帳を書いてくれて支えられたことなど、40年の歴史とはこういうことだと実感する発言も。さらにくわしくお話しを聞きたいと思いました。
山添拓さん(参院東京選挙区予定候補)のDVDを見て
 途中で歌のコーナーもあり、最後は、山添拓さんのDVDをみんなで見てつどいは終わりました。子どもたちを大切にする社会にしていきたい、との思いを共有できたつどいでした。

参加者の発言を聞く宮本徹衆院議員(右)と私
b0190576_02014113.jpg


by hara-noriko | 2016-06-21 02:02 | 活動日誌 | Comments(0)

立川駅前の街頭演説 共産党の決意に何度も拍手が   

「すごい人だねえ」と足を止める人
 6月18日、東京・立川駅前での街頭演説へ。たくさんの人でぎっしり。私は娘たちと宣伝カーの後ろ側から聞きました。通行人の方が、「すごい人だね。なんだろう…共産党だ。志位さんだよ」と足を止めて聞き入る姿も。
 「ママの会日野」のお母さんは、子どもたちへの思いをこめて平和のスピーチ。心にしみました。清水ひで子都議会議員。田村智子党副委員長・参議院議員。そして、志位和夫委員長の演説。…国民のみなさんと力をあわせて、今度の選挙で必ず野党共闘を成功させる。そのためにも、共産党を大きく伸ばしてほしい。政治を必ず変えよう。…共産党の決意が示される訴えに、何度も拍手が起きました。
山添さんが実感込めて
 山添拓・東京選挙区予定候補は、過労死裁判にとりくんできたなかでの実感を込めて、「生きるために働くのに、働いて命を落とす。そんな社会は異常です」と。「今度の選挙で安倍政権を終わらせよう」と。山添さんをどうしても送り出したい、と強く思いました。

志位委員長の訴えを聞く人たち
b0190576_00325886.jpg
田村智子副委員長(左)と山添拓・東京選挙区予定候補(右から2人目)
マイクを持つのは「ママの会」のお母さん
b0190576_00330373.jpg

by hara-noriko | 2016-06-19 00:34 | 活動日誌 | Comments(0)

「ハコモノ」じゃないよ。「タカラモノ」   

しんかわ保育園の保護者がつくったチラシ
 今日(6月17日)、市役所に行って議員ポストを開けたら、しんかわ保育園の保護者の方々からのお手紙が。全議員に配布してくださったようです。心のこもったお手紙…そして1枚めくると、このチラシ(下の写真)が。ポスターをA4判にしたもの。心をつかまれました。
 《「ハコモノ」じゃないよ。「タカラモノ」。》…本当にそうです。このひとことに、公立保育園を廃止してはいけない意味合いが見事に表現されていて…本当に胸があつくなりました。デザインもすばらしくて。保護者のみなさんは本当にすごい…。
 来週の市議会厚生委員会に向けて、準備をすすめます。厚生委員会は、21日(火)の午後1時からです。(なお、午前中に予定されていた文教委員会は、議案・請願ともに付託される案件がなかったため、開かれません)

b0190576_00142787.jpg

by hara-noriko | 2016-06-17 23:34 | 市政報告 | Comments(0)

共産党市議団の一般質問から   

 6月15日、共産党市議団4人の一般質問が終わりました。傍聴してくださったみなさん、ありがとうございました! 少し紹介します。

家庭ごみ有料化を質す
■村山順次郎議員は質問の最後に、安倍首相は公約違反といわれることも覚悟しながら、消費税増税を延期した。そうしなければならない経済状況ということ。それなのに、並木市長は家庭ごみ有料化をするのか、と問いました。市長は、経済状況がどうあれ進めていく姿勢を示しました。
中央図書館は直営で
■永田まさ子議員は、中央図書館は直営で運営するべきとの考えを述べながら、図書館すべてに指定管理者制度を導入している自治体の状況を質問。東京都内では、千代田区、中野区、江戸川区、青梅市しかないこと。しかも、マネジメントは自治体職員が行なっていることが明らかに。
学童保育の待機者 一日も早い改善求める
■篠原重信議員は、南町小と6小の学童保育で、低学年が入所できず待機していることについて改善を一日も早くと求め、とりわけ、夏休み対策を急ぐように質問。学校の教室活用の相談をすすめながら、近隣の児童館とも相談することを担当部が答弁。
 その他、さまざまな課題のやりとりがありました。詳しくは、数日後にインターネット録画放映されますので、ご覧ください。

【私の一般質問から】
公立保育園全廃問題について若干報告します。
しんかわ保育園廃止は契約違反 計画撤回を
◆しんかわ保育園に入園するときに廃止計画は無く、入園してみたら廃止されるとなったことは契約違反。信義則に反する。→市長:反するか反しないかより、保護者が知らなかったことは事実なのでていねいに説明したい。
◆廃止計画は撤回すべき! その検討を。まず市として今やらなければならないのは、契約違反状態の解消。そのためには、今年入園の0歳児が卒園するまでは現行通りの保育園(全年齢がそろっている)運営をすると最低限決めるべき。→市長:誠心誠意説明したい。
公立保育園全廃で障碍児保育は?
◆障害児保育の多くは公立で担っている。公立保育園を全廃したら、どこが受け皿になるのかいまだに決まっていない。何も保障がないのに、公立の廃止だけは先行させることはあってはならない。→市長:検討をすすめる。
保育のあり方懇談会を設置して市民の意見を聞くべきだ
◆「東久留米市公共施設の在り方に関する基本方針」に対するパブリックコメントは、すべての意見の公表を。→担当部:しない。
◆市民はパブコメさえ公表してもらえず、実施計画に意見を述べて反映させてももらえない。保育の在り方懇談会を設置して、市民・保護者の意見を聞くべき。→担当部:しない。
 こんな状態で、公立保育園全廃計画を進めさせるわけにいかないです。ひきつづき、厚生委員会でもとりくみます。

巣立ったばかりのツバメ
b0190576_02521137.jpg

by hara-noriko | 2016-06-16 02:48 | 市政報告 | Comments(0)

15日 共産党4議員が一般質問に立ちます   

 開会中の6月議会では、13日から16日まで本会議の一般質問が行われます。日本共産党市議団の4人は15日に一般質問に立ちます。15日の順番(予定)をお知らせします。

 午前9時半        間宮みき議員(市民自治フォーラム)
 午前10時50分ごろ   村山順次郎議員(共産党)
 午後1時         永田まさ子議員(共産党)
 午後2時20分ごろ    原のり子(共産党)
 午後3時40分ごろ    篠原重信議員(共産党)

 日本共産党議員が質問する主な内容は、こちらから。
 6月議会全体の日程は、こちらから。

舞うコサギ(黒目川)
b0190576_17560597.jpg

by hara-noriko | 2016-06-14 17:56 | 市政報告 | Comments(0)

たくさん学んだ一日でした   

 6月11日は、大事な行事が続きました。

映画「幸せのありか」を鑑賞
 午前中は、イリアンソス後援会の映画会へ。今回の映画は、ポーランドの「幸せのありか」。脳性まひの障害をもつ男性、マテウシュの幼少期から青年期を描いています。とても考えさせられ、あとからあとからこみあげてくるものがあります。
 どの人も持っている力を伸ばし、発揮し、自分らしい人生を送れる社会でなければ…と強く思いました。印象に残ったのは、マテウシュの能力がようやく理解されたのも束の間、知的障害がないなら、今度は、施設を移らなければならないと面接を受けることになり、そこで理不尽さにマテウシュが怒りを力いっぱい表したシーンは胸に迫りました。
 そしてそこから部屋に戻るときに、知的障害のある他の入所者と心や目で交流している様子にも…。マテウシュがあんなに帰りたかった家に帰省しても、楽しいけれど違和感を感じている様子にも…。人として成長していく姿に胸を打たれます。
 映画は、こうすべきということを声高に伝えたりしていません。だからこそ、一人ひとりの自己実現の大事さを考えさせられます。ぜひ、多くの方に直接観ていただきたい映画だと思いました。
 すてきな映画会を本当にありがとうございました。
 イリアンソスは、市内で障害者の通所訓練施設や生活寮などを運営する社会福祉法人です。

環境フェスティバルへ
 午後は第20回環境フェスティバルへ。市民プラザはたくさんの市民でいっぱい! たいへんなにぎわいでした。45団体の参加、多彩なとりくみが紹介されていました。環境・エコLIFEガイド「エコMAP@東久留米」(100円)も購入。自然保護活動をはじめ、東久留米の環境問題にこんなにとりくんでいる方たちがいること、頭が下がります。私もできることで応援していきたいと思いました。

東久留米9条の会主催のつどいに参加
 夜は、東久留米九条の会の11周年のつどいに参加しました。
 アニメーション「戦争のつくり方」を初めて観ました。とてもわかりやすく、それでいて、もう一歩踏み出してしまっている日本の現状を認識させられ、ドキッとしました。同時に、今止められる、そのためにも参院選は大事だと実感しました。
 そして、法政大学の山口二郎教授の講演。とてもすっきり、元気のでる内容でした。「嫌な時代を吹き飛ばすのは、自分たち自身でしかできない。参院選はその大事な機会」「安倍首相は、また、アベノミクスで選挙して、終われば憲法改定も支持されたとするだろう。そういう選挙をさせないようにしよう」と。ポツダム宣言にもさかのぼって解説。さらに、アベノミクスの破たんについても、具体的に明らかにしながらわかりやすく話してくださいました。
 印象的だったのは、「シールズの若者たちには教わることが多い」と一緒にとりくむなかで実感している、シールズ世代の力、期待についてのお話です。改めて若い世代のすばらしさ、またそのことをリスペクトしている山口先生たち大人の人たちも本当に素敵だと思いました。
 学んだことを力に、がんばりたいです。つどいは300名の参加者。共産党市議団4人も全員参加しました。

東久留米九条の会のつどいで講演する山口二郎教授
b0190576_12192861.jpg

by hara-noriko | 2016-06-12 12:19 | 活動日誌 | Comments(2)

東久留米駅西口~武蔵小金井 バス路線突然の変更   

旧市役所通りの路線が廃止に
 新しい都市計画道路(東久留米駅西口からまっすぐ小金井街道へぬける3・4・19号線)を通るバス路線ができることに伴い、旧市役所通り(本町3丁目~前沢宿)の東久留米駅西口~武蔵小金井の路線が廃止されます。都市建設部より情報提供がありました。突然のことでおどろきました。
 駅西口から花小金井方面へ向かう方は、今までより時間が短縮されます。一方で、旧市役所通りのバス停(本町3丁目、東久留米郵便局、第3小学校、中央図書館入口)から、花小金井や武蔵小金井方面へ行くことはできなくなり、滝山営業所行きに乗り、途中で乗り換えることになります。
みなさんのご意見をおきかせください
 6月5日に告知され、6月16日に実施されるということで、さらに驚きです。みなさんのご意見をお聞かせください。くわしくは、西武バスのホームページをごらんください。

昭和病院行きバスの運行回数も減る
 また、昭和病院行きバスの運行回数が減ることもわかりました。
 6月16日から運行回数が減る(最終の便が廃止)とのことが西武バスより市に連絡がありました。東久留米駅発は、午前7時20分、8時40分、9時55分、午後0時35分、1時59分。昭和病院発は、午前7時45分、9時5分、11時47分、午後1時。昭和病院発の最後が午後1時というのは、昭和病院に通院している方やお見舞いの方の利便性からするとどうなのでしょう。みなさんのご意見をお聞かせください。

地域公共交通の充実へ 市に誠実な取り組みを求めたい
 東久留米の地域公共交通において、バスの役割はとても大きいです。しかし、当然ながら、バス事業者の都合での変更などはありうると改めて実感させられます。市は、地域公共交通の充実のためにバス路線の拡充を求めていくと答弁してきています。その立場から、今回の変更についても、市民の声を聞いてバス事業者に伝えるなど誠実なとりくみをすることが求められます。
 コミバス連絡会の市民のみなさんから、市自らが示したバス路線の拡充について誠実にとりくむことを求める請願も提出されています。建設委員会で議論されます。

アオサギ(黒目川)
b0190576_00471106.jpg

by hara-noriko | 2016-06-11 00:47 | 市政報告 | Comments(0)

パブコメ 市民の意見をふまえないまとめ方でいいのか   

「東久留米市公共施設の在り方に関する基本方針」をめぐり
 9日、市議会本会議で市長の行政報告があり、「東久留米市公共施設の在り方に関する基本方針」について、パブリックコメントを実施したうえでまとめたとの報告がありました。私は、そのことについて質疑をおこないました。
パブコメ82件 公表されたのは10件だけ
 パブコメは82件も寄せられています。しかし、掲載された意見は10件。その他の意見については、「基本方針は全体方針であり、個別の公共施設の方向性について示しているものではないので、個別具体の施設についての意見は掲載しなかった」と市は説明しています。
やってはならないこと
 これはおかしいのではないでしょうか。基本方針をふまえ、個別の施設についての意見をもつことはありうることであり、その意見を提出してもなんら問題ないのではないでしょうか。市として個別の施設について見解は述べられないのであれば、市民意見は掲載したうえで、「個別の施設については答えられない」と述べればいいのではないでしょうか。
 市の判断で、市民の意見を取捨選択したり、市民意見の趣旨をふまえない意見のまとめ方をしたり、ということはやってはならないと思います。行政手続法でも、ある意見を公表しない場合は、「第三者の利益を害する恐れがあるとき、その他正当な理由があるとき」、となっています。果たして、今回のやり方は、これにあてはまるのでしょうか?
抗議と公表を求める声
 パブコメの在り方についての責任ある行政の見解を求めたところ、副市長からは、少し時間をいただいて検討と。私は、検討は必要ですが、同時に、しんかわ保育園の保護者のみなさんを中心に、「意見を出したが、掲載さえされなかった」と抗議と公表を求める意見が行政に出されていることについて、早急に対応することを求めました。
「しんかわ保育園を廃止しないでほしい」と書いたのに
 意見を出した方にお話をうかがったところ、こんな意見が。
 「市のアンケート調査では市立保育園をふやしたほうがいいという意見が1位になっている。一方で廃園計画が出されている。そして今回『基本方針』がだされたなかで、しんかわ保育園を廃止しないでほしいと意見を書いた。しんかわは、公共施設であり、どうしてその意見が排除されるのか、わからない」
 「市にとって都合の悪い意見は出さないということなのか? なんのためのパブコメなのか?」
 今議会中、引き続き質問していきます。

ツバメの子育て(東久留米市内)
b0190576_14402195.jpg


by hara-noriko | 2016-06-10 14:40 | 市政報告 | Comments(0)