<   2016年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

9月議会 図書館問題が大きな議論に   

 9月議会で大きな議論となったひとつは、図書館問題です。すでに、地区館(東部・南部・西部)は指定管理者制度を導入。残る中央図書館に指定管理者制度を導入するのか、業務委託をしていくのか、現在教育委員会で検討されています。
 今年度中に方針を決め、パブリックコメントなども実施し、2018年度から新しい運営方法に切り替えると行財政健全経営計画実行プランに位置づけられています。
「慎重に検討してほしい」という請願が2件
 このことについて、「慎重に検討してほしい」と図書館を支える活動を続けてこられている市民の方々から、2件の請願が出されました。が、残念ながら不採択。しかし、反対は公明のみ。賛成は、市民自治フォーラムと共産党。継続審査は自民党、民進党、久留米ハートネット、社民党でした。各会派の見解は、市議会のホームページから、9月議会最終本会議の討論の録画をご覧ください。
図書館協議会の意見を聞きながら策定していくはずが…
 教育委員会で方針を決めていくにあたって、図書館協議会の意見を聞きながら策定していく、とこれまで議会でも答弁されています。図書館協議会からも、また教育委員さんからも、懇談を希望する声が出されています。
図書館協議会との懇談を断った教育長
 ところが、教育長は、ひとりで出席した図書館協議会の場で、懇談の場をもつことを断っています。本来、合議制の教育委員会であるにもかかわらず、要望を持ち帰ることもなく、教育長一人の判断で断るのはおかしい…。共産党市議団からは、永田まさ子議員がこの点を指摘し、是正を求めました。
議会答弁が大問題に
 そして、大きな問題となったのは、「教育委員会という合議の場に、図書館協議会委員が参加することは、教育委員会の適正な運営に支障を招く可能性がある」との教育長答弁です。間宮美季議員(市民自治フォーラム)の一般質問のときでした。
 さらに文教委員会で、永田議員が「懇談はできるはずだ」「意見交換をしたいということに応えるべきだ」と追及。さらに、桜木善生議員(社民党)が「支障を招く、とは議場の発言としてなじまない」「教育委員会に出席させろとは言っていない。懇談を求めている」と質問したことに対しても、教育長から「実態として、合議の場と懇談は区別がつかない。実態として同じになっていく」との答弁がありました。こわには、私も驚きました…。
 桜木議員は、「支障を招く、という発言は撤回すべきだ」「本会議場できちんと是正すべきだ」と厳しく指摘しました。教育長は「どう答えていくか検討する」としました。しかし9月議会最終日、議会運営委員会での教育長の発言は、指摘されたことに正面から答えるものではありませんでした。「自分の発言は、間宮議員に答えたものと、桜木議員に答えたものとに齟齬はない」と…。
教育長としてやるべきことは
 誰も教育委員会の合議の場に出席を求めているわけでもないのに、そうであるかのように答え、しかも、懇談も合議も区別がつかなくなるとまでいう。図書館協議会の意見を聞きながら、としているのに、委員さんとの懇談は断る…。意見を聞くと教育委員さんの判断に支障が出ると考えているのでしょうか?
 教育委員さんが、幅広く専門家や市民の意見を聞きながら判断してもらえるようにしていくことこそ、教育長の姿勢として大事ではないでしょうか?
議会として看過できません
 これは、指定管理者制度にするかどうか、という話以前の問題です。今後の教育委員会の在り方としても大事な問題であり、「支障を招く」との発言が是正されないままということでは、議会として看過できません。
 議員の質問は終わっており、そのときに是正を求めていないのだからやむをえない、という意見もありましたが、この問題は自分への答弁が不十分だから納得できない、というようなレベルの話ではありません。
 議会最終日、「教育委員会の長としてふさわしくない発言を議会の場で繰り返したことは、東久留米市議会として容認することはとうていできない」とする「教育長に猛省を促す決議」を市民自治フォーラムが提案。共産党。社民党が賛成しましたが、否決となりました。結果は否決ですが、問題を提起したことは重要だったと思います。この重みを理解していただきたい、と強く思います。

キアゲハ(東久留米市内)

b0190576_19065577.jpg


by hara-noriko | 2016-09-29 19:07 | 市政報告 | Comments(0)

共産党提案の意見書3件 全会一致で可決   

 9月議会が21日に終わりました。いろいろと報告したいことはありますが、まずうれしかったことから。
 共産党市議団では、篠原幹事長が中心になって、意見書案を6件作成し提出。このうち、3件が全会一致による可決となりました。
豊洲問題の徹底究明を求める意見書
 「豊洲新市場の盛り土未実施問題などの徹底究明を求める意見書」は、「汚染対策が極めてずさんだったことは非常に重大で豊洲移転の是非が問われる問題」「食の安全や都民の健康にも影響を及ぼす」「都民に対する姿勢が問われる」と厳しく指摘しています。
 この内容で一致できたことはとてもよかったと思います。もともと、豊洲移転推進派が都議会の中では多数派です。そうした経緯はあっても、今起きている重大な問題で一致して解決へ取り組むことが大切だ、と強く思います。
共生社会実現を求める意見書
 私が今回ぜひ提出したい、と強く思っていたのは、「生命と個人の尊厳を相互に尊重する共生社会実現を求める意見書」です。
 この意見書は、7月26日に起きた、神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」での殺傷事件で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、再発防止対策を求める内容です。
 私は今議会の一般質問で、この事件のことをとりあげ、障がい者・関係者の声を十分に聞き取り、東久留米でも対策をとっていってほしい、と質問しました。形だけの対策ではなく、共生社会を実現していく方向での対策を求めたい…。意見書は、「障害者・家族・施設関係者等の声を聞き取り、生命と個人の尊厳を相互に尊重する共生社会の実現を目指し、事件の再発防止対策を早急に講ずることを強く求める」としています。
ホームの安全対策を求める意見書
 もうひとつは、「ホームドアの設置などホームの安全対策を早急に行うことを求める意見書」です。意見書は、ホームドアの設置のために、国が補助率を引き上げるなどの対策をとるべきことや、ホームドアだけでなく、点字ブロック上に柱があるなどの問題や駅員の適切な配置や対応などの問題にも触れ、改善を早急に求めています。

キクイモの花とベニシジミ(黒目川)
b0190576_23034712.jpg

by hara-noriko | 2016-09-28 23:04 | 市政報告 | Comments(0)

戦争法廃止! 国会正門前行動に参加   

 安保法制=戦争法の強行成立から1年。9月19日、「戦争法廃止!9・19国会正門前行動」へ。私は、遅れて娘たちとかけつけました。雨の中、続々と集まってくる人の波の中、東久留米の人たちと合流できるか心配でしたが、なんとか出会えました!
 主催者から、「2万3000人の参加者。全国では、400か所以上で行動や集会が行われた」と報告が。すごいです! 「野党は共闘」「市民も共闘」とスピーチした人が口々に。最後のコールも、「あきらめないぞ」をくりかえして…。決意を新たにしました。
 私は聞けなかったのですが、民進党の岡田克也前代表、社民党の福島みずほ副党首、生活の党の木戸口英司参院議員、そして日本共産党の志位和夫委員長がスピーチ。岡田さんが、新しい代表でも野党共闘は変わらない、と力強いスピーチだったと。志位さんは、野党共闘をやるかやらないかが問題でなく、いかにしてより良くやるかだと。本当にそうですね!

東久留米から参加した人たちと一緒に
b0190576_00430872.jpg

by hara-noriko | 2016-09-20 00:43 | 活動日誌 | Comments(2)

保育園廃止計画の撤回と公立保育園の存続を求める   

市議会厚生委員会で議論
 9月12日、市議会厚生委員会でした。このなかで、5つある市立保育園すべてを廃止して民間サービスに転換するという市の計画について議論になりました。計画にもとづいて、市立しんかわ保育園の募集停止が計画されていますが、民間の認可保育園の来年4月開園がとん挫したため、市長は募集停止を1年間繰り延べたいと本会議で発言しています。厚生委員会は、午後1時から夜7時半ごろまでかかりましたが、途中3時半ごろから6時10分まで空転しました。宮川豊史議員(久留米ハートネット・無所属)の質問の時でした。
「民間化」の撤回と民営化を主張する意見も
 宮川議員は、市長の判断でしんかわ保育園の廃止計画が1年先送りになったが、平成30年度当初に待機児がゼロにならなくても、しんかわ保育園の廃止はすすめるのか、と質問。これに対し、市長は的確に答えられず…。長い休憩ののち、「ご意見を重く受け止める」と。しんかわ保育園の廃止については、ストレートな答えはありませんでしたが、1年延ばすが廃止自体はすすめるということだと受け止めました。
 宮川議員は、公立保育園の民間化計画を撤回し、民営化計画に作り直すべきという主張。「民間化」(=廃止)は、待機児がゼロになる見込みがあるからこそ成り立つ。「民営化」であれば、定員の枠をふやしながら待機児を減らしていくということができる。そう意見を述べていました。
共産党の主張は、「民間化」の撤回と公立保育園の存続
 私も、公立保育園の民間化計画(廃止計画)は撤回を、という立場ですが、公立保育園は自治体の責任としても待機児解消を確実に進めていくうえでも存続を、という考えです。
急ぐべきは待機児解消 公立保育園を廃止する場合ではない
 今回はっきりしたのは、民営化推進の人からみても、公立保育園存続の人からみても、市長の実施計画は問題がある、ということです。やはり、市民不在でたてられた公立保育園全廃計画は撤回しかない! 急ぐべきは待機児解消。公立保育園を廃止する場合ではないです。

共産党 緊急の待機児対策を提案
 今議会には、さいわい保育園の保護者から、待機児解消のためにさいわい保育園の園児募集を継続するように請願も提出されています。初日の市長報告の際に、共産党市議団の篠原重信議員が、緊急の待機児対策として、既存の施設を活用すべきだと提案しました。さいわい保育園は4月から民営化されるが、希望する4歳児、5歳児は現在の園舎に残ることができるので、2年は少なくとも存続する。保育室は空きが出る。この有効活用がもっとも現実的ではないか。私も、厚生委員会で重ねて求めました。
 市長は、さいわい保育園の民営化は予定通り進めるとし、空いている保育室の活用について言及しませんでした。しかし、既存施設の活用はじめ、あらゆる方策を検討し、待機児解消をすすめるべきとの質問に対して、否定はしませんでした。
 4月当初、待機児は186人(潜在的待機児含む)でした。8月1日時点では、246人です! 市長が、本気で待機児解消を進める姿勢なのかどうかが問われています。

厚生委員会 保育関係の請願はすべて不採択に
 保育園関係の請願は、厚生委員会ですべて不採択…。市の実施計画について市民の意見を聞き、懇談できる場を設けてほしい、との請願まで。賛成=久留米・共産。反対=自民・公明・民進。他の6件の請願は、賛成は私(共産)のみでした。市長だけでなく、議員も問われています。
 最終本会議(21日)に、全議員で採決を行います。

宮本徹衆院議員(左)と一緒に市政・都政・国政の問題を訴える
b0190576_23103800.jpg

by hara-noriko | 2016-09-14 23:10 | 市政報告 | Comments(0)

すべての人の命と権利が大事にされる社会に向けて   

 5日、9月議会の本会議で一般質問に立ちました。その後半を紹介します。

子ども家庭支援センターについて
 次に、子ども家庭支援センターについてうかがいます。
 今年度の市長の施政方針で、北部地域の子育て支援の強化が位置づけられ、既存施設を利用して進められています。児童の居場所づくりとともに、子ども家庭支援センターの「なかよし広場」を拡充するとしていましたが、現状どのようになっているでしょうか。正規職員が少ない中、きちんと体制はとれているのか、うかがいます。
 あわせて、同センターの相談件数の現状と、その相談件数に見合った職員配置になっているのか、うかがいます。

障がい福祉行政について
 次に、障がい福祉行政についてうかがいます。
 7月26日未明に、神奈川県相模原市の知的障がい者入所施設で起きた殺傷事件で、亡くなられた19名の方とご家族のみなさんに心からお悔やみを申し上げるとともに、けがをされた方、大変な恐怖に見舞われた入所者のみなさん、苦しい思いをかかえながら仕事をされている職員のみなさん、多くの関係者のみなさんに、お見舞いを申し上げます。
 この事件は、ヒトラーの優生思想と重なる考え方にもとづく許されない犯罪であり、障碍者権利条約でうたわれている、差別のない社会、共に生きる社会という理念ともまったく相容れません。すべての障害ある人たち、ご家族、関係者に衝撃と怒り、深い悲しみをもたらしました。すべての人の命と権利が大事にされるあたりまえの社会に向けて、東久留米でも改めてとりくむことが大切だと思います。
 まずは、7月26日付で厚生労働省から、「社会福祉施設等における入所者等の安全の確保について」という通知が出されましたが、市としてのとりくみをうかがいます。
 また、平成13年に大阪府の小学校において児童殺傷事件が発生した際に、補正予算も組んで安全対策などの対応がとられましたが、今後についての市の考え方をうかがいます。

小学校の特別支援教室について
 最後に、小学校の特別支援教室についてうかがいます。
 1点目、来年度からスタートする学校について、現在、通級学級を利用している保護者への説明会を行う必要がありますが、実施の予定はあるのか。
 2点目、通級指導学級では、子どもたちの組み合わせ等も先生方がよく検討されたうえで効果的な小集団指導が行われてきました。特別支援教室において、どのように実施しているのか。
 3点目、特別支援教室で指導を受ける子どもへの理解を、他の子どもたちにどのように伝え、深めていくかがとても重要であると思います。どのようにおこなっているのか。
 4点目、特別支援教室の入級判定は、年6回だと聞いています。そのたびに、人数が増えていくことも予測されます。現状についてうかがいます。

駅前で訴える
b0190576_22565193.jpg

by hara-noriko | 2016-09-06 22:52 | 市政報告 | Comments(2)

公立保育園廃止計画は白紙撤回を   

私の一般質問から
 
5日、9月議会の本会議で一般質問に立ちました。質問の内容を2回に分けてお知らせします。1回目は、公立保育園廃止計画についてです。

市がすすめる「民間化」とは
 通告に従い、一般質問を行います。
 まず最初に、「東久留米市保育サービスの施設整備・運営及び提供体制に関する実施計画」について、うかがいます。
 実施計画について、改めてその位置づけを確認したいと思います。まず、第1章の1、計画の趣旨で次のように位置づけられています。
 「平成29年度末まで(平成30年度当初)に向けた待機児童解消策を計画的にすすめるとともに、施設の老朽化が進んでいる市立保育園の当面の方向性を示す」と明記されています。
 そして第3章では、待機児解消のための施設整備も具体的に示されると同時に、第4章において、市立保育園の民間化について述べています。
 「民間から供給される保育サービスを積極的に活用することで、多様な保育サービスの提供による保護者の選択肢の拡大や保育園の運営にかかる経費の縮減が図れるとともに、費用を発生させずに市立保育園の老朽化への対応といった課題が解決できるといった効果があることを勘案し、施設の老朽化の程度等を踏まえ、市立保育園を閉園し、民間サービスへの転換を図ることを市立保育園の民間化と定義し、この考えに基づき進めていきます」
 つまり、待機児解消策と公立保育園の廃止は、一体不可分のものとなっているのが特徴です。
待機児解消が確実にすすむ保証がないのに公立保育園の廃止を決めているのは問題
 共産党市議団としては、このことについて、待機児解消策を具体的に進めていくことは必要だが、確実に進む保証がないのに、公立保育園という安心してあずけられる認可保育園を廃止することを決めていることは問題であると、指摘してきました。
民間認可保育園の開設断念という事態のもとで
 今議会初日の市長報告で、来年度開設予定とされていた、定員60名の民間認可保育園が、諸般の事情から開設断念となったことが報告されましたが、私たちの懸念が現実のものとなったと感じています。こういうリスクは当然にしてあるのです。そのときに、公立保育園がきちんと運営されていることは行政の責任としても重要です。保育行政はすべて民間にお願いするから、公立保育園をなくしてもいいという考え方は、改めるべきではないでしょうか。
しんかわ保育園の募集停止の時期を1年先送りするのは当然ですが…
 今回の新設保育園断念に伴い、しんかわ保育園の募集停止の時期を1年先送りにすることもあわせて発表されました。1年ということには疑問はありますが、市の計画自体が待機児解消策と公立保育園の廃止を一体不可分のものとしている以上、先送りは当然の措置といえます。
待機児童の現状から見て
 とくに、今年度の待機児解消策は16名分でしたが、それをのみこんで年度当初の待機児は新定義で92名と、昨年度より5名増えてしまいました。来年度の待機児解消策は、60名の保育園計画がなくなったため、106名分となります。そうすると、今年度と同じ程度の人数でも新定義でみてもぎりぎり。先日発表された潜在的待機児の状況をふまえれば、まったく足りません。
 わが市は、年度当初の潜在的待機児が89名。新定義による待機児と合計すると、181名にものぼります。その分をどうカバーしていくのかが問われています。
しんかわ保育園の廃止だけは計画通りすすめるということはありえません
 しんかわ保育園の募集停止は当初の計画では、0歳児をまず再来年度から募集停止とするとしていますが、今後、確実な待機児解消が進むか不透明ななかで廃止だけは計画通りすすめるということはありえません。財政面だけでなく、公立保育園廃止の目的のひとつに、民間のサービスを受ける、選択肢をふやすと市が言っているのですから、予定通り民間の保育園が進んでいない以上、しんかわ保育園廃止のスケジュールを見直すことは当然です。
 また、老朽化していることを廃止対象の理由にしている点でも、地盤調査など必要な調査を行い、現在通っている子どもたちの安全確保を、と共産党市議団では強く求めてきましたが、当面すぐに保育を中断するような緊急性はない、と答弁されているのですから、しんかわ保育園廃止のスケジュールを遅らせることに問題はない、との市の判断があるのだと受け止められます。

 以上の意見を述べたうえで、4点うかがいます。
根本的な問題を解決すべきです
 1点目、先ほど述べたとおり、待機児童解消が確実に進む保証はないなかで、公立保育園を廃止していくというのはいかがなものでしょうか。今回、市長報告により、実施計画の変更が述べられましたが、そもそもの根本的な問題を解決すべきであり、公立保育園全廃計画については改めて撤回を求め、見解を伺います。
実施計画の見直しをいうのなら市民の意見を取り入れるべきです
 2点目、市長は、3月を目途に変更点についての実施計画見直しをおこなう、とのことです。これだけ大きな問題がおきたのですから、少なくとも、市民の意見をとりいれながらの見直しであるべきではないでしょうか。市長報告の質疑では、副市長より、市民参加の見直しは考えていないとの答弁がありましたが、改めて見解をうかがいます。
民設民営化される予定のさいわい保育園予定地の地盤や用水路の安全性について
 3点目、来年4月から民設民営化される予定のさいわい保育園についてうかがいます。先日の台風の際に、予定地が湖のようになっていた、との声や、程近くにお住いの方で、床下浸水だったお宅もあり、改めて、予定地の地盤や用水路の安全性が心配されています。安全性について、きちんと確認されているか、うかがいます。
園庭にトイレの設置計画がないまま常設のプールをつくるのですか
 4点目、新園に当初予定されていなかった、常設のプールがつくられるとの計画が法人から示されたとうかがいました。しかし、園庭にトイレ設置の計画はないままとのことです。園舎と園庭が用水路をはさんで離れており、改めて、園庭のトイレは必要ではないでしょうか。その後、この問題での進展はあるのか、うかがいます。

花にとまるアゲハチョウ
b0190576_23053711.jpg

by hara-noriko | 2016-09-05 23:05 | 市政報告 | Comments(0)

市立保育園全廃方針 早くも矛盾に突き当たる   

 9月議会、初日の本会議が終わりました。
急きょ行われた市長報告
 午前11時すぎごろから、急きょ議題となった、市長報告が行われました。結局、午後6時すぎまでかかりました。共産党市議団からは、篠原重信さんと私が質疑を行いました。
来年4月開園予定の民間保育園 開園できず
 市長報告のタイトルは、「東久留米市保育サービスの施設整備・運営及び提供体制に関する実施計画の進捗状況等について」。中身のポイントは、来年4月に開設する予定だった民間の認可保育所設置が、地権者のご都合でできなくなったことが一つです。
しんかわ保育園の園児募集停止を1年繰り下げる、と
 二つ目に、開園できなくなったことに伴い、市立しんかわ保育園廃止に向けた段階的な園児募集停止を1年繰り下げることにした、ということです。
 そして三つ目に、それらの変更点について、来年の3月を目途に実施計画を見直すこと。
全廃の実施計画は撤回すべきです
 今回のことは、共産党市議団でも懸念していたことが現実になった、と思います。民間活力に頼った待機児解消計画は、必ずしも予定通りいくとは限らない。それなのに、公立保育園を廃止することを先に決めてしまっていることで、逆に待機児がふえるような事態をつくりかねない。やはり、この実施計画自体、撤回すべきだと思います。そして、市民参加で今後の保育の在り方を検討して計画化していくべきです。この点については、一般質問で取り組みます。
他の会派からは…
 実施計画は、民間活力による待機児解消を3年間で312名分すすめる、そのことにより、老朽化している公立保育園を順次廃止する、市全体の保育を民間化していく、という内容です。
 この実施計画を前提に考えても、待機児解消計画のうち、60人分の保育園ができなくなり、予定通りにいかなくなったのですから、今ある公立保育園の定員を減らす、廃止するということはありえないことです。その点で、しんかわ保育園の募集停止のスタートを繰り下げるのは当然です。(1年と決めていることは問題ですが)
 しかし、質疑のなかでは、他会派の議員より、「しんかわ保育園の募集停止の繰り下げは、市長の独断。議会で議論してから決めるべきこと」「市長報告は決定ではないのだから、これから議会で議論して見直しも可能だ」という意見も。市長は、「私の考えをご理解いただくように努力する」と。市長報告は重いものです。
 私としては、根本的な計画の見直し・撤回を求めつつ、市長が市長報告の中身に責任をもって対応していくことを求めていきます。

*しんかわ保育園の募集停止は、平成30年度にまず、0歳児からスタートするとしています。つまり、その前年(29年)の入園申し込みのときには、しんかわの0歳児の募集はなくなる、ということです。これを1年繰り下げるということは、31年度に0歳児の募集停止。申し込みができなくなるのは30年度、ということになります。

毎週土曜日の定例宣伝。宮本徹衆院議員と(東久留米駅西口)
b0190576_22154994.jpg


by hara-noriko | 2016-09-01 22:16 | 市政報告 | Comments(0)