野火止用水保全対策協議会の総会に出席   

都議会議員として初公務
 都議会議員としての初公務、野火止用水保全対策協議会の通常総会に出席しました。
 この協議会は、歴史環境保全地域に指定されている野火止用水を保全していくために、立川市・東大和市・小平市・東村山市・東久留米市・清瀬市の市長と市議会委員各3名ずつで構成し、協議・調整をおこなうものです。
 私も市議会議員として委員を何度か務めてきました。構成する地域の都議会議員は、全員この協議会の顧問、という立場です。

野火止用水は歴史環境保全地域
 なぜ、この協議会が必要か。2000年(平成12年)4月に施行された地方分権一括法により、野火止用水の財産権・管理権は各市に委譲されることとなり、2007年(平成19年)3月、野火止用水は各市に引き継がれました。
 しかし、歴史環境保全地域であり、原型のまま保全することが基本となっているなか、どのように保全していくかは野火止用水が流れる地域と東京都の協議が不可欠です。また、植生管理なども多大な経費がかかり、それを各自治体だけの対応にしてしまえば、保全していくことにも支障が出ます。こうしたことから、この協議会が継続され、東京都にも要請を続けているのです。

野火止用水の価値、ゲリラ豪雨への対応…

 各市議のみなさんの質問や意見が積極的に出されました。「歴史環境保全地域である野火止用水の価値を市民に知らせる方法として、動植物などの調査も有効ではないか」という提案のほか、「ゲリラ豪雨のときなどの対応は」「高木化への対応は」「整備内容の緩和とは」「植生管理等の経費について、平成10年(1998年)時点の水準まで戻す、という目標は変えたのか」などなど。総じて、歴史環境保全地域ということから、さまざまな整備には制約があるなか、どういう対応をとっていくのかということだと思います。

東京都からの補助を来年度予算への要望としてまとめる
 事務局の答弁では、各市の対応としながらも、歴史環境保全地域であることから東京都からの補助を求めていく、と。それらは、来年度予算への要望書としてまとめられ、確認されました。
 気になるのは、東京都に求める経費について、委譲前の水準に戻すことを文章のなかで求めていない点。その分、新たな形での補助を求めていくとのことですが…。各自治体まかせではなく、東京都が積極的な役割を果たしていくように、求めていきたいと思います。

都はしっかり受け止めてほしい
 都議は私含め4人出席し、さまざまな会派ですが、野火止用水の歴史や経過にも触れながら、みなさん、保存していきたい、というあいさつでした。東京都の関係職員の方も出席されていましたので、しっかり受け止めて来年度予算に反映してほしいです。


野火止用水にはこんな看板があります
b0190576_23475368.jpg
アジサイが咲く野火止用水
b0190576_23480002.jpg

春にはツクシも見られます
b0190576_23480504.jpg

秋の野火止用水
b0190576_23482462.jpg

周辺の雑木林。初夏に咲くエゴノキの花
b0190576_23501999.jpg

晩秋の雑木林
b0190576_23490016.jpg
b0190576_23490759.jpg




リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます

写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります





# by hara-noriko | 2017-08-01 23:52 | 都政報告 | Comments(0)

待機児ゼロへ 共産党都議団が都に申し入れ   

待機児の現状は
 7月28日、共産党都議団は、小池知事あてに「待機児童ゼロに向け保育の量と質の拡充を求める申し入れ」を行いました。(申し入れ全文は都議団ホームページに)
 4月1日時点での待機児の状況が発表されましたが、これによると、昨年よりも120人増の8586人となっています。しかし、認証保育所利用者や育児休業をやむなく延長している人などを含めれば、2万人を大きく超えます。清瀬市は33人、東久留米市は67人で、昨年度に比べると若干減っているものの、やはり、実際に認可保育園を希望しながら入れていない人は、もっと多い人数になります。

補正予算を組んで5つの対策を緊急に講じてほしい

 こうした状況のなかで、安心して利用できる認可保育園を守り、ふやすことが急務となっています。共産党都議団は、補正予算を組み、5つの対策を緊急に講ずるよう強く求めました。
 (1)待機児童ゼロに見合う認可保育園の増設目標と具体的計画を明確にする。
 (2)東京都として、公立保育園の施設整備費や運営費への補助を実施する。
 (3)都有地活用のさらなる促進。
 (4)人件費補助の拡充。
 (5)認可保育園についても指導検査を強化する。

「気持ちは同じ」と都の部長
 申し入れに対し、福祉保健局子ども・子育て施策推進担当部長が、「量とともに質をふまえてやっていきたい」「気持ちは同じだと思う」とまず発言され、次いで、私たちのそれぞれの意見についても真剣に耳を傾けてくださいました。

公立保育園に対する都の独自補助の実施を求める
 私は、公立保育園に対する運営費を国が一般財源化し、それとともに東京都が支出の根拠がなくなったとして独自補助を廃止したことによる、自治体への影響について発言しました。東久留米市では、これを公立保育園全廃計画の理由のひとつとしている。公立保育園は、数字上にはあらわれにくいが、セーフティーネット機能を積極的に果たしており、廃止するわけにはいかない。形はどうあれ、東京都としての補助を実施してほしい。今ある公立保育園をはじめ、認可保育園の維持をしながら、認可保育園の増設をすすめていけるようにしていくべきではないか。……という趣旨の意見を述べました。

北区の経験に学んで
 他にも、各地域の実態をふまえた意見が次々だされました。私は、改めて、北区がこの間公立保育園を4園増やした経験に学ぶことは大事だと思いました。このことはまた改めて報告したいと思います。


東京都に申し入れる共産党都議団
b0190576_01432050.jpg
b0190576_01432388.jpg

ヤマトシジミ
b0190576_01432612.jpg
b0190576_01445025.jpg



リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます
写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります





# by hara-noriko | 2017-07-31 01:45 | 東京都政 | Comments(0)

共産党都議団 議会改革・市場問題で各会派に申し入れ   

記者会見で発表
 7月24日、日本共産党都議団は、各会派に行なった「20期開始にあたっての都議会改革、市場問題への対応等の申し入れ」について記者会見を行いました。
 冒頭、曽根はじめ団長から、都議団の役員が紹介されました。(役員については、都議団ホームページをご覧ください)

申し入れについて記者の質問に答える

 そして、「申し入れ」について大山とも子幹事長が説明し、記者の質問に答えました。
 「申し入れに対して、各会派の反応は?」
  →できることはやっていきたいとの前向きな声も寄せられた。
 「都民ファーストが大量議席を占めたなか、存在感をどう示すのか?」
  →知事の提案で、良いことは推し進め、良くないことは正していく、是々非々の立場を貫きながら、都民要求実現へとりくんでいく。
 他にもいくつか質問がありましたが、総じて、共産党が一致点を大事にしながら、都民要求実現にとりくんでいく姿勢の大事さが示された、と感じました。

【申し入れの内容は】

 さて、今回の申し入れの内容ですが・・・。改めて、都議会の改革はまだまだやらなければならないことがたくさんあると実感します。
 「都議会が全委員会のインターネット中継をしていないの?」「議員公用車がそんなにあるの?」など、みなさん驚かれることも多いのではないでしょうか。(申し入れの詳細は都議団ホームページをご覧ください)

税金の使い方・・・ただちに改善を!
 
議員公用車が22台もあるが、これを議長・副議長の公用車のみにし、公務に限定する。
  →共産党は、公用車を使用していません。
 
政務活動費について~飲食や新年会費への支出はやめる。会派地域支部への家賃支出は禁止する。自宅での新聞等は自己負担とする。
  →共産党は、すでに実践しています。
 
海外都市調査について、各会派ごとに行われているが、政務活動費外で行われている。一人当たり324万円、平均でも187万円も税金が使われている。会派ごとの調査のやり方は中止し、あり方を改善し直す。その間、海外調査は凍結する。
  →共産党は、おこなっていません。

開かれた議会、民意が正しく反映される公平な議会へ!
 
議会運営委員会前に開かれる理事会の公開を。
 
議長・副議長・監査委員2名のポストを、第1会派と第2会派で独占せず、公平に。
 
予算特別委員会を常設化し、知事との一問一答の質疑ができる機会をふやす。
 
インターネット中継は、現在、本会議場と予算特別委員会の委員会室のみ。各委員会のインターネット中継を実施する。
 
請願・陳情の審議に際し、提出者の説明を保障する。
 
議会基本条例や議会改革について、特別委員会を設置して議論していく。

市場問題への対応について
 
都議選直前に、知事は、基本方針を発表しましたが、議会には報告していません。8月に開かれる臨時会で報告を受け、すぐに質疑に入れるよう、市場問題に関する特別委員会を設置すること。
 
これまでの百条委員会において、浜渦元副知事の偽証を解明し、告発できた。しかし、「豊洲市場建設工事における契約事項」の調査はまだ全く行われていない。真相究明のため、百条委員会を設置すること。

特別委員会の設置を
 ▶東京オリンピック・パラリンピック準備特別委員会(仮称)の設置をし、都の役割や費用負担などの検討・解決をすすめる。
 ▶多摩格差ゼロ推進特別委員会(仮称)を設置し、多摩格差解消のための調査・検討をすすめること。
 →多摩格差解消問題は、都議選でも大きな争点になりました。この問題で特別委員会設置を提案したことは本当に大事な一歩だと思います!


記者会見する共産党都議団(7月24日)
b0190576_00550104.jpg

毎週土曜の定例宣伝で(7月22日、東久留米駅西口)
b0190576_00551192.jpg
b0190576_00550727.jpg
(宣伝の写真は長島可純さん撮影)




リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます
写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります




# by hara-noriko | 2017-07-25 00:57 | 東京都政 | Comments(0)

川まつりと収穫祭 東京・清瀬市   

きよせの環境・川まつり
 7月22日、午前中は、ふたつの楽しい、そして意義ある企画に参加しました。
 ひとつは、「きよせの環境・川まつり」(東京都清瀬市)。台田運動公園を会場に、川遊びは柳瀬川で。子どもたちが水着になって、水遊び。楽しそう! 本部テントに渋谷市長もいらして、ごあいさつ。「毎年7000人ほど来るんですよ」と。清流を取り戻そうと、ねばりづよくとりくまれてきた市民の方々のお話を聞くこともできました。また、環境問題というのは、本当に幅広いことを実感しました。そうした方たちが一堂に会すということは大切だと感じました。

小寺農園で収穫祭
 もうひとつは、清瀬市の小寺農園で、新日本婦人の会(新婦人)のみなさんの収穫祭です。都市農業を守るには、農業者のみなさんと消費者の共同がカギです。その大事さを実感する楽しい企画でした。
 収穫そのものには間に合わず残念だったのですが、私も、新婦人東久留米支部の会員としてみなさんと一緒にトウモロコシ、ジャガイモ、スイカを堪能! 甘味が違う! 家に帰って食べた枝豆も、プリップリ!
 都市農業の大事さを教えてくれた大恩人、小寺理一さん、武山
健二郎さんともお話できてうれしかったです。東京都の都市農業振興プランの具体化をすすめていくために、いろいろと検討していこうと話が盛り上がりました。農業者のみなさんの声に学んで取り組みたいと思います。

子どもたちの水遊び、楽しそうでした!
(左から)私、宮本徹衆院議員、原田ひろみ市議、山崎美和市議

b0190576_03100938.jpg
柳瀬川でとれた魚を見る
左の水槽にオイカワ、右の水槽にアユ

b0190576_02432088.jpg
たくさんの方と交流することができました
b0190576_02432604.jpg
b0190576_02464153.jpg

小寺農園の収穫祭へ
あいさつする宮本徹衆院議員

b0190576_02433089.jpg
スイカ割の気分(真似しているだけです)
左が農園主の小寺理一さん

b0190576_02544536.jpg
スイカも庖丁も特大
b0190576_02433432.jpg

あま~い
b0190576_02434374.jpg

枝豆もプリップリ
b0190576_02434797.jpg
都市農業の大事さを教えてくれた大恩人
(右から)武山健二郎さん、小寺理一さん、私
b0190576_02435660.jpg



リーフレット「都市農業への思い」はこちらからダウンロードできます
写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります







# by hara-noriko | 2017-07-23 03:02 | 活動日誌 | Comments(2)

党創立95周年記念講演会でスピーチ   

 7月19日、日本共産党創立95周年記念講演会が東京都中野区にある「なかのZEROホール」で開かれました。参加者は第4会場までいっぱいで、ライブ中継もおこなわれました。司会の小池晃書記局長が新しい都議19人を一人ひとり紹介。大山とも子都議団幹事長と私、原のり子があいさつしました。
 社会科学研究所所長の不破哲三さんが「日本共産党の95年の歴史を語る」と題して記念講演。つづいて委員長の志位和夫さんが「歴史的激動と日本共産党―都議選と国連会議について」と題して記念講演しました。お二人の話は、本当に確信に満ちたものでした。
 詳しくは7月20日付の「しんぶん赤旗」や日本共産党ホームページなどで、ぜひご覧ください。
 きょうは、大山とも子都議と私のスピーチを紹介します。

【大山とも子都議団幹事長のスピーチ】

個性豊かな19人の新都議会議員
 会場にお運びいただいたみなさん、そしてインターネットでご覧いただいているみなさん、こんばんは。日本共産党都議団幹事長の大山とも子です。都議会議員選挙での東京のみなさん、そして全国のみなさんの大奮闘、本当にありがとうございました。
 17議席から19議席へと前回に続いて躍進することができました。みなさんの力で勝ち取った19議席。ここに並んでおります19人は、みんな個性豊かです。一人ひとりの力を大いに発揮し、徹底した調査と論戦、そして積極的提案もいっそう磨きをかけ、19人の都議団、事務局が団結して、公約を実現するために全力を尽くす決意をまず申し上げたいと思います。

共産党の話を主体的に聞いて判断してくれた
 都議会議員選挙をたたかって私が実感しているのは、今回ほど都民のみなさんから近づいてきてくださった選挙は初めてだ、ということなんです。怖い顔をして近づいてきて「安倍、ひどすぎる。やっつけてくれ」など、安倍自公政権、森友・加計問題などへの怒りは、共産党ががんばることにつながっていました。
 もう一つは、街頭演説をしていると、通りすがりで立ち止まって聞いてくださる方が珍しくなかった、ということなんです。70代と思われる女性が、ちょうど私が話し終わったところに通りかかり、「あらっ、終わっちゃったの。誰に入れたらいいか、聞き比べて判断したい」とのことでした。
 翌日の演説カ所をお知らせすると、ちゃんと来てくださって聞いてくれました。終わってから「いかがでしたか?」「いいんじゃない」。前日に渡しておいた法定2号ビラもちゃんと読んでいただいていて、「この線でやってね」とおっしゃるんですね。ですから私も、「ぜひお友だちにも話してください」とお願いいたしますと、「大丈夫。これから友だちと会うから、話しておくわ」。とても好意的でした
 この方に象徴されるように、通りすがりで立ち止まって聞いてくださった方々は、きちんと共産党の話も主体的に聞いて判断しよう、ということだったのではないでしょうか。
忘れられないこと
 街頭で赤ちゃんを連れた若いお母さんから、「9条だけは守り抜いてください」といわれたこと、築地の仲卸だという男性からは「自分たちも築地でがんばるけれど、共産党も築地でがんばって」とぎゅっと手を握ってくれたこと、これらのことは忘れられません。 多くの都民のみなさんの願いをしっかりと受け止め、都民のみなさんの運動と力を合わせて、都政を前にすすめるために全力でがんばる決意をのべて、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


【原のり子のスピーチ】

定数2での勝利は市民の力
 東京北多摩4区、清瀬市・東久留米市の地域から都議会へと押し上げていただきました原のり子です。定数2の私たちの地域は、16年ぶりの議席獲得となりました。自民現職、そして選挙直前に民進党を離党し都民ファーストの会推薦候補になった現職、この2人が落選する結果となりました。
 石原都政時代の都立清瀬小児病院廃止に反対し、小児医療充実を求める運動をはじめ、この地域にはさまざまなねばり強い運動があり、そこへ自民党安倍政権への怒りが重なり、今回の結果を生み出した、まさに市民の力だと実感しています。

 今回の選挙で学んだことは、大きくいって2つあります。

共産党の立党の精神が響き合う
 1つは、たしかな大事な変化・前進が生まれていることです。
 共産党は、シルバーパスの負担軽減にとりくんでいますが、都議会のなかには、〝高齢者にかけているお金を他にまわす〟というシルバーパス廃止論を主張する人もいます。私は、「高齢者と若い人を天秤にかけるような考えはまちがっている。必要なところに必要な手立てをとっていくのが本当の福祉の考え方。福祉の心を取り戻そう」とスピーチしてきました。
 「対立ではなく共生を」との訴えに多くの方が共感してくださり、心が通い合ったことは深い確信になりました。国民の苦難の解決へとりくむ、格差や差別をのりこえる、共産党の立党の精神が響き合うことを感じました。

幅広い方々との共同を大切に
 もう1つは、無党派層、保守層など幅広い方々との共同です。
 大変ななかで農業を続けている方々への感謝と敬意をこめて、「都市農業への思い」というカラーのリーフを、農家の方の助言も受けながら、作成しました。農業後援会の力もかりて配布をし、対話も広がり、コピーやまわし読みもされました。
 また、政治がゆがめられているなか、「党派を超えて力を合わせよう」との呼びかけに、多数の市民の方が推薦人として声をあげてくださり、「あの人も応援しているなら」と支持の輪が広がりました。一致点を大事にした共同で、市民の力で、政治を変えようという選挙になったことに感動しました。これは必ず、12月の東久留米市長選挙、市議補選、そして衆院選につながると確信しています。

19議席は全選挙区の努力の結晶
 最後になりましたが、今回の19議席への躍進は、全選挙区の努力の結晶だと思っています。力を寄せてくださったすべての方に感謝を申し上げ、私自身、日本共産党都議団の一員としてがんばる決意をのべて、あいさつといたします。ありがとうございました。


会場は参加者でいっぱい

b0190576_21564307.jpg

紹介された19人の新都議会議員

b0190576_21490894.jpg


スピーチする大山とも子党討議団幹事長

b0190576_21530770.jpg


スピーチする原のり子

b0190576_21531349.jpg


# by hara-noriko | 2017-07-19 21:55 | 活動日誌 | Comments(0)

米軍横田基地撤去を求めるすわりこみ行動に参加   

7月23日から都議の任期がスタート
 久しぶりのブログになってしまいました。この間、朝・夕の駅頭宣伝、地域やサポーターズなどのおつかれさま会、共産党清瀬市議団の市政報告会、九州大水害の救援募金のとりくみ。また、東久留米市議会OB会総会、久留米西団地の夏祭り、東日本大震災・熊本地震復興支援「まろにえ祭り」、東久留米教育を考える会総会などにも出席しています。そして、すでに、共産党都議団の団会議も始まっています。
 いよいよ、7月23日からが任期スタートです。そして、8月はじめには臨時会が開かれ、新しい都議会の人事が決まります。気をひきしめてとりくんでいきます。

100回目となった横田すわりこみ行動
 7月16日(日)、横田基地の撤去を求めるすわりこみ行動に参加しました。8年3カ月、毎月途切れなく続けられているこの行動が、100回目となりました。会場の横田基地目の前の福生フレンドシップパークは、猛暑にもかかわらず、500人の参加者でいっぱいとなりました。
危険度を増す軍事訓練
 主催する、横田基地の撤去を求める西多摩の会代表の高橋美枝子さんが、横田基地での軍事訓練が危険度を増している状況を報告。人員降下(パラシュート)訓練は、今年に入って300人を超え、しかも夜間にも実施している。MV22オスプレイの離着陸も、すでに昨年度の倍以上。騒音被害も深刻…など、くわしく。資料も配布され、リアルな現状を学ぶことができました。
都議会からも声あげる
 各団体の連帯のあいさつのなかで、日本共産党を代表して宮本徹衆院議員が、共産党都議団を代表して私、原のり子が、ごあいさつ。私が、共産党は19人へと伸ばしていただき、そのなかで多摩地域の都議が2人から5人へとふえたことを報告すると、「いいぞ」「がんばれ!」と大きな拍手が。私は、ねばりづよいみなさんの運動に学び、都議会からも声をあげていきたい。とくに、平和の問題は政治の根幹の問題。多くのひとと共同できるよう力を合わせたい。そして、時期が若干延長したとはいえ、CV22オスプレイの配備も2019年10月に予定されている。まさに、都議会と都知事が問われている。頑張りたい。という内容のあいさつをさせていただきました。ともに都議選で奮闘した、西多摩の西村まさとさん、青梅市の寉田一忠さん(無所属・共産党推薦)とご一緒に。頑張ります。

あいさつする(左から)寉田さん、私、宮本さん、西村さん
b0190576_20421046.jpg


homepage  twitter  facebook  YouTube




# by hara-noriko | 2017-07-18 20:47 | 活動日誌 | Comments(0)