「共謀罪」強行成立させた自民・公明・維新に審判下そう   

内容もやり方も民主主義を否定
 6月23日に告示される都議会議員選挙まで1週間。「共謀罪」法の廃止とともに、強行成立させた自民・公明・維新に都議選で審判を下そう、と訴えています。「共謀罪」法の内容も、成立させた与党などのやり方も、民主主義を踏みにじるものです。「廃止」と「審判」の声を大きくあげていきましょう。

立ち向かう野党4党
 6月15日午前7時45分、参院本会議で「共謀罪」法の採決が強行されました。断じて許されません。自民党、公明党、維新の会が賛成。日本共産党、民進党、自由党、社民党の野党4党は内閣不信任決議案を共同提案するなど結束して立ち向かい、「共謀罪」法案に反対しました。

ものをいわせない社会をつくる法律
 「共謀罪」法は、2人・3人と集まって話し合いをしているだけでも、悪いたくらみをしていると勝手に決めつけて罰することが可能になる恐ろしい法律です。しかも、メールやライン、電話を監視することができる。すべての国民が監視の対象にされます。国民同士が監視しあう社会、政府にものをいわせない社会をつくっていく。これが「共謀罪」です。「現代版治安維持法」「平成の治安維持法」といわれています。
 国会審議の中で「共謀罪」法案の問題点が日に日に明らかになっていきました。これ以上審議を続けたら問題点がさらに国民のみなさんに伝わってしまう。そういう中での強行可決でした。

「禁じ手」まで使って
 今回の特徴は、法務委員会での審議を一方的に打ち切り、いきなり本会議に持ち込むという「禁じ手」をつかっての強行可決・成立です。野党議員が法務委員長だったわけではありません。与党・公明党の議員が法務委員長でした。採決でもめている状況を国民の前にさらせば批判が高まる。それが都議選にも影響していくだろう。それを避けるために委員会の採決を省略して進めてしまう。本当に許されないやり方です。

「共謀罪」は一日も早く廃止しましょう
 「共謀罪」法は、内容もやり方も認められません。「共謀罪は一日も早く廃止を」の声を声をあげていきましょう。来週からおこなわれる都議会議員選挙では、民主主義を踏みにじるやり方をして強行可決する人たちに厳しい審判を下していきましょう。平和と民主主義を守る。憲法を守る。これは政治の土台です。そこを踏みにじって強行していく安倍政権を退陣に追い込んでいきましょう。

今、声をあげるとき
 振り返ってみれば、安倍政権は、国民の「知る権利」秘密保護法、自衛隊の海外での武力行使に道を開く憲法違反の法律=戦争法(安保法制)などを通してきました。さらにここで「共謀罪」を通す。しかしこれで終わりではありません。安倍首相は「2020年には憲法9条を変える」といっています。9条に手を付けて戦争へ戦争へと駆り立てる流れを強めています。自民党は、都議選で勝ってはずみをつけていくとあからさまにいっています。
 この流れにストップをかけるのは今です。後で振り返ったとにき、「あのときに声をあげればよかった」「あのときが曲がり角だったんだ」と後悔することのないように、一緒に声をあげていきましょう。

民主主義と平和を次世代に引き継ぐために
 かつて、治安維持法でものをいわせない社会につくりかえられていくなかで戦争がすすめられました。治安維持法による弾圧・拷問で多くの方が犠牲となり、作家の小林多喜二は虐殺されました。秘密保護法、戦争法、「共謀罪」法を必ず廃止する。そして9条改憲という安倍首相の企てを止める。民主主義と平和を次の世代に引き継いでいけるように、今、ご一緒に声をあげましょう。こころから呼びかけます。


「共謀罪」の廃止を訴えています
(東京・清瀬駅北口)

b0190576_14373612.jpg
b0190576_14374192.jpg
b0190576_14374576.jpg



# by hara-noriko | 2017-06-16 14:38 | 国政 | Comments(0)

「共謀罪」法案 強行採決は許されない   

緊迫する国会情勢
 6月18日の会期末を目前にして、「共謀罪」法案の採決強行を急ぐ自民・公明の与党に対して、民進党、共産党、自由党、社民党の野党4党は書記長幹事長会談を開き、あらゆる手段を講じて廃案をめざす構えです。そんな緊迫した国会情勢のなか、私は東久留米市内で「まちかどスピーチ」をおこない、清瀬駅前で党清瀬市議団や後援会員のみなさんといっしょに宣伝しました。「『共謀罪』」法案反対の声をさらに広げましょう」「都議選で安倍政権に審判を下し、退陣に追い込みましょう」と訴えました。
 与党は15日早朝にも本会議で強行採決しようとしています。議員会館前、国会正門前では深夜まで抗議行動が続き、強行採決に備えて残る人たちもいます。

法案の危険な中身
 「共謀罪」法案は、2人・3人と集まって話し合いをしているだけでも、悪いたくらみをしていると決めつけて罰することができるという、とんでもない内容です。政府は、ラインやメール、電話なども含めて国民を監視することが可能になります。お互いがお互いを監視しあうような、自由にものをいわせない社会をつくる法律案です。法律の運用が問題になる以前に、法律案そのものが危険だと弁護士さんたちがいっています。
 民主主義を壊すものに対して、思想信条の違いを超えて、みんなで力を合わせましょう。

与党のやり方が異常
 その内容もさることながら、与党のやり方も異常です。自民党は、参院法務委員会での採決を省略して、いきなり参院本会議で採決する方針を決めました。法務委員長を野党がとっていて採決に応じないのではありません。法務委員長は公明党です。その公明党も自民党の方針をのみました。国民の意見はきかない。与党内の思惑だけで採決強行のシナリオを描く。ここのどこに道理があるのでしょうか。立憲主義の破壊、加計・森友疑惑隠しそのものです。

この地域から声を上げ続ける

 清瀬駅北口の宣伝で、一人の女性に声をかけられました。なんと12回も国会前の抗議行動に行っているそうです。かばんから国会前でもらったさまざまなビラを取り出して、説明してくださいました。「共謀罪だけは絶対に通してはならないと思っている」とおっしゃっていました。「強行採決は絶対に許さない」の声をこの地域からもしっかり上げ続けたいと思います。


「声を上げ続けましょう」と訴えました
b0190576_23271168.jpg
国会前の抗議行動に行っている方と対話になりました
b0190576_23272878.jpg

深夜まで行われた抗議行動(国会正門前)
b0190576_23273984.jpg



homepage  twitter  facebook  YouTube


# by hara-noriko | 2017-06-14 23:32 | 国政 | Comments(0)

緊迫する国会 「共謀罪」法案は廃案しかない   

 6月13日は、東久留米駅西口で朝の宣伝をおこなったあと、清瀬市内で「まちかどスピーチ」をしました。「共謀罪」法案の強行採決に与党が踏み切るのかどうか。いま国会が非常に緊迫しています。国会前では連日、市民のみなさんが「共謀罪は廃案にすべきだ」と声を上げています。この日も、日比谷野外音楽堂で野党4党の党首クラスが参加する集会が開かれ、若者たちが中心に活動する「未来のための公共」も国会正門前で緊急抗議行動を実施しました。私も、「共謀罪」法案の廃案をめざして訴えました。

加計疑惑で追い込まれる安倍政権
 「加計学園」の問題では、大きな進展がありました。加計学園の獣医学部を新設する計画をめぐり「総理のご意向」などと書かれた文書について、文部科学省前事務次官の前川喜平さんが「本物です」と証言しました。「出所不明」などといって打ち消しに躍起になっていた政府も、国民とメディアから強い批判を受け、「再調査を実施する」といわざるを得なくなりました。文科省の複数の職員もメディアの取材に答えて、「文書を見た」と証言しています。

野党4党――疑惑解明こそ最優先の課題
 「総理の意向」で行政がゆがめられたのではないか―。政府はこの疑惑にきちんと答えていかなければなりません。
 この問題の経過かたどってみると、安倍政権の無責任ぶりは目に余るものがあります。「加計学園」問題、「森友学園」問題など、安倍首相にかかわる疑惑をきちんと解明することはが最優先の課題です。
 日本共産党、民進党、自由党、社民党の野党4党は、加計疑惑の真相究明を最優先の課題として取り組むことで一致しています。その間に「共謀罪」法案を強行採決するなどということはありえない。絶対にやるべきではない。このことを与党に対して確約を求めています。しかし与党は、「約束できない」として強行採決の構えを崩していません。このため野党4党は、内閣不信任案を含めて一致して取り組むことで一致しています。国会で当たり前の議論ができるようにしていくために、いま国会は重要な局面を迎えているのです。

まともな議論ができない内閣は退陣を
 安倍首相はまともな議論ができません。野党に質問されて、すぐに逆ギレする。指をさして、名指して野党議員の質問に攻撃する。どんどん野次を飛ばしている。その野次も本当にひどい内容で、「くだらない質問」などといっている。こんな首相がいままでいたでしょうか。まともな議論ができない安倍政権は、退陣してもらうほかないのではないでしょうか。
 まともな議論ができないままに、加計疑惑もきちんと解決できない。そのなかで、「共謀罪」法案を強行採決しようとしている。世論調査を見ても、「加計疑惑をきちんと究明すべきだ」というのが国民の圧倒的な声です。
 みなさん、「共謀罪」法案は廃案に、加計疑惑の徹底究明をもとめていきましょう。そして、まともな議論ができる国会につくりかえていきましょう。私も、みなさんと一緒に声を上げていきます。

自由にものをいわせない――「共謀罪」法案の中身
 「共謀罪」法案は、2人・3人と集まって話し合いをしているだけでも、悪いたくらみをしていると決めつけて罰することができるという、とんでもない内容です。政府は、ラインやメール、電話なども含めて国民を監視することが可能になります。自由にものをいわせない。国民同士が監視しあうような社会をつくってしまおう。これが「共謀罪」法案の中身です。「現代版治安維持法」ともいうべき「共謀罪」法案は、なんとしてもストップをかける必要があります。

都議選で安倍政権に審判を下しましょう
 安倍政権は、「共謀罪」法案を通して、2020年には憲法9条を変えようとしています。国会でまともな答弁ができないぼろぼろの状態になっても、安倍首相は9条改憲するまで首相としてなにがなんでも居座ろうとしています。自民党は、はっきりいっています。都議選で勝って9条を変えていく、と。そうであれば、今度の都議選で「憲法9条を守る」の声をしっかりと意思表示していくことが必要なのではないでしょうか。安倍政権に厳しい審判を都議選で示していきましょう。

「政治を変えたい」の願いを日本共産党と原のり子へ
 私、原のり子は、「憲法9条を守る」「戦争だけはぜったにダメ」の声をみなさんと一致してあげていくためにがんばる決意です。都議選でこの声が多数になっていく流れがつくれれば、日本の政治に大きな影響をあたえることはまちがいありません。
 野党共闘をすすめる。憲法9条を守る。安倍政権を退陣に追い込む。この日本共産党に大きなお力添えをお願いいたします。日本共産党を伸ばしていただいて、都政も国政も変えていきましょう。「政治を変えたい」というみなさんの願いを、党派の違いを超えて日本共産党と私、原のり子にお寄せくいただきますよう、こころからお願いいたします。


出勤・通学する人たちに朝のごあいさつ(東久留米駅西口)
b0190576_22580380.jpg
b0190576_22580948.jpg
b0190576_22582031.jpg


「市民とともに『共謀罪』ノー」の動画は、こちら から
b0190576_21413061.jpg


小池晃党書記局長の応援演説動画は、こちら から
b0190576_21411890.jpg

原のり子のスピーチ動画は、こちら から
b0190576_21412425.jpg

原のり子リーフは、こちら から
b0190576_21433364.jpg



homepage  twitter  facebook  YouTube






# by hara-noriko | 2017-06-13 23:03 | 国政 | Comments(0)

小児医療の充実へ全力あげる   

 清瀬市と東久留米市の地域を回って訴える「まちかどスピーチ」をやっています。さまざまなテーマをお話ししていますが、今回は清瀬駅北口でおこなった小児医療の充実についてのスピーチを紹介します。

都立清瀬小児病院廃止に反対して
 日本共産党の都議予定候補、原のり子です。商店街のみなさん、いつも本当にご協力、ありがとうございます。お買い物中のみなさん、ぜひとも私、原のり子の話に少しでも耳を傾けていただけたら幸いです。
 私はこれまで市議会議員として東久留米で18年間、仕事をしてきました。先日、辞職をいたしまして、都政に挑戦してまいります。
 東久留米で仕事をしながらも、ここ清瀬でもさまざまな問題に取り組んでまいりました。長い間取り組んできたことの1つは、都立清瀬小児病院の廃止問題でした。廃止計画が出たときから、みなさんと一緒に「守る会」を立ち上げ、10年越しの取り組みになりました。

20万人の署名で痛感したこと
 小児病院の廃止に反対する20万人の署名が集まり、そういう中で多摩北部医療センター(東村山市)に小児科ができるなど、さまざまな取り組みが広がりましたが、都立清瀬小児病院は廃止されました。
 このとき私は、この地域からまっすぐに声を届ける議席が必要だと痛感しました。ぜひとも、小児医療拡充の仕事を、私、原のり子にやらせていただきたいと思います。

新生児集中治療室の新設などを求める
 私は、市議会議員として、また「小児医療を良くする会」のメンバーとして、東京都や多摩北部医療センターに繰り返し申し入れてきました。
 ▽小児整形外科を設置すること
 ▽子どもの脳血管疾患によるリハビリの実施
 ▽NICU(新生児集中治療室)の新設
 ▽障害児・者が受診しやすい環境づくり―などです。
 多摩格差を解消して、中学生までの子ども医療費を無料にすることとあわせて、実現していきたいと思います。

チェック機能がはたらく都議会につくりかえましょう
 石原都知事(当時)が都立清瀬小児病院の廃止という計画を出し、これにストップをかけられない都議会。この問題が大きくありました。日本共産党をもっと伸ばしていただいて、チェック機能がはたらき、都民の願いがまっすぐに通る都議会につくりかえていこうではありませんか。


どこでも真剣に訴えを聞いてくださる方がいます
b0190576_20250202.jpg
b0190576_20251217.jpg

摩北部医療センターに申し入れ(今年4月)
左から3人目が尾崎あや子都議、その右が原のり子
b0190576_20251656.jpg


小池晃党書記局長の応援演説動画は、こちら から
b0190576_21411890.jpg


原のり子のスピーチ動画は、こちら から
b0190576_21412425.jpg


原のり子リーフは、こちら から
b0190576_21433364.jpg


「都市農業への思い」は、こちら から
b0190576_21411480.jpg



この街から都政へ 原のり子インタビュー



homepage  twitter  facebook  YouTube


# by hara-noriko | 2017-06-12 20:32 | 東京都政 | Comments(0)

多摩のこの地から共産党の議席を   

 きょう6月11日は、清瀬市と東久留米市を宣伝カーで回りながら、9カ所で「まちかどスピーチ」をしました。どこでも聞いてくださる方がいて、うれしかったです。歩きながら手を振ってくださる方、目で合図してくださる方もいて、スピーチしながら元気が出ました。さまざまなことを訴えましたが、都政に挑戦する理由と、多摩格差解消について紹介します。

「都政の壁」を破る
 日本共産党の都議予定候補(北多摩4区=清瀬市・東久留米市)、原のり子です。
 私はこれまで、18年間、東久留米の市議会議員をしてきました。そのなかで、政治を動かしているのは市民のみなさんだ、ということを実感するとともに、もっと都政が変われば市民のみなさんの暮らし・福祉・教育がよくなることも痛感してきました。
 私が都政に挑戦する最大の理由は、都民のみなさんの願いを阻む「都政の壁」をどうしても破って、みなさんの暮らし・福祉・教育を守り良くしたい、と思ったからです。そのために私ができることを精いっぱいやっていきたい、と決意しました。

公立保育園をしっかり守り認可保育園を増やす

 とくに東久留米市は、ことしの4月、保育園の待機児が130人を超えました。にもかかわらず、さいわい保育園は民営化され、公立保育園を全部廃止しようなどという無謀な計画が出ています。
 先日も、東久留米駅の近くにある西口の公園でお母さん方と話をしましたら、「待機児がいっぱいいるのに、どうして保育園をなくすんですか?」と聞かれました。本当にそのとおりです。
 安心して子どもを預けられる公立保育園をしっかり守り、維持・運営していく。そして、足りない分は認可保育園を増設していく。こういう当たり前の姿を取り戻す必要があると思っています。
保育園は子どもたちの発達を保障する場
 保育園は、子どもを預かればいいという単なるハコモノではありません。子どもたちがのびのびと保育を受け、発達も保障される場でなければなりません。
 安心して子どもを預けることができる公立保育園を守るためには、市政を変えることももちろんですが、東京都政の姿勢を変えていくことが欠かせないんです。
公立保育園に対する東京都の補助を復活させたい
 公立保育園の運営費に対する補助を東京都は廃止しました。これをぜひとも復活させる。その仕事を私、原のり子にやらせていただきたいと思います。

子ども医療費の無料化 23区との格差をなくす
 多摩格差解消の問題も大きな課題となっています。
 23区では当たり前に受けられるサービスが、多摩地域に来ると受けられない。こういう格差がいくつもあります。たとえば、子育て世代の方たちに関係する子どもの医療費無料化です。23区は中学生まで完全無料化になっています。しかし、清瀬・東久留米を含め多摩地域の多くは、小中学生は通院するたびにお金がかかります。医療費の補助を受けるには所得制限もある。
 「同じ都民なのにどうしてサービスが違うのか」。こういう声がたくさん寄せられていいます。多摩格差はどうしても解決していかなければならないと思っています。どこに住んでいても同じようにサービスが受けられるようにする。ここにこそ都政の光を当てるべきではないでしょうか。

新生児の集中治療室の設置も切実
 子どもたちの命にかかわる問題では、新生児の集中治療室の設置も切実です。都立清瀬小児病院が廃止された後、この地域では不足しています。これを取り戻していくことがどうしても必要です。

多摩地域で共産党の議席を増やしてください
 多摩格差を解消していくためには、どうしてもこの多摩地域から日本共産党の都議を増やしていただきたいと思っています。
 共産党都議団が多摩格差の問題を繰り返し質問してきました。そのなかでようやく小池都知事が、多摩格差があることを認め、格差解消のために具体的に取り組むと答弁しました。今度の都議会議員選挙は、その意味でも大事な選挙です。この多摩地域から日本共産党の私、原のり子を押し上げていただきたいと思います。

都には十分な財政力がある 問題は使い方
 では、東京都にお金があるのか。都の財政力はスウェーデン1国と同じです。13兆円の予算規模です。問題は使い方です。1㍍に1億円もかかる道路を建設するような巨大開発推進の逆立ちした姿勢を改めていく。お金の使い方を暮らしと福祉最優先に切り替えていけば、十分に財政力はあることをみなさんにお伝えしたいと思います。
 日本共産党は、いまみなさんのお宅にお配りしているチラシにも書きましたが、一般会計の4%程度でシルバーパスの改善や保育園の増設など、さまざまな課題が解決できることを提案しています。こうしたことをすすめる都政に切り替えていく。その仕事を私、原のり子にやらせてください。

佐々木あつ子市議と一緒に清瀬市でスピーチ
b0190576_21395091.jpg
b0190576_21395679.jpg


村山順次郎市議と一緒に東久留米駅西口でスピーチ
b0190576_21400042.jpg
b0190576_21400574.jpg


小池晃党書記局長の応援演説動画は、こちら から
b0190576_21411890.jpg


原のり子のスピーチ動画は、こちら から
b0190576_21412425.jpg


原のり子リーフは、こちら から
b0190576_21433364.jpg



「都市農業への思い」は、こちら から
b0190576_21411480.jpg

「市民とともに『共謀罪』ノー」の動画は、こちら から
b0190576_21413061.jpg


homepage  twitter  facebook  YouTube


# by hara-noriko | 2017-06-11 21:48 | 東京都政 | Comments(0)

若者がスピーチ 共産党街頭演説   

 小池晃書記局長(参院議員)を迎えて東久留米駅西口で行われた日本共産党街頭演説(6月7日)では、若者を代表して東久留米市の北村龍太さん(30)さんがスピーチしました。北村さんは日本民主青年同盟で活動しています。若者たちの願いが届く都政にするために、私も全力をあげます。北村さんのスピーチをお読みください。あわせて、日本共産党東京都委員会が8日に発表した若者政策の骨子を紹介します。

【北村龍太さんのスピーチ】

 私は清瀬市で生まれ、5歳のときに東久留米市に引っ越してきました。小学校入学前の1年間を、しんかわ保育園ですごしました。1年間しかいなかったとはいえ、しんかわ保育園にはたくさんの思い出があります。近くにある竹林公園に遊びに行ったり、大晦日にお泊りをし、みんなで初日の出を見に行ったりしました。
 そんな、しんかわ保育園が数年後になくなってしまうかもしれないと聞きました。しんかわ保育園だけではありません。東久留米市はすべての公立保育園を廃止し、すべての園を民間化するという計画を打ち出しています。待機児童が全国的な問題になっているいま、「市として子どものめんどうをみることはしない」といわんばかりのこの方針には、疑問しか浮かびません。

 原のり子さんは、市議だったころから子育てにかかわるさまざなま政策に取り組んでおり、公立保育園廃止の問題についても、地域の方々と協力し、「なんとしても計画の撤回を」と働きかけてきました。
 原さんがすごいのは、この問題は市の中だけでは解決できないから、とより大きな政治の立場から解決しようとしているところです。原さんの都政での活躍を応援し、東久留米と清瀬の将来を担う子どもたちの未来を守っていきましょう。

 また、働き方の問題もわれわれ若者にとって大きな課題です。
 2015年に自ら命を絶った電通の高橋まつりさんは、月100時間を超える残業をしていたとニュースで報じられました。しかし、このようなことはいま、それほど珍しい話ではありません。私の周りでも、毎日のように終電まで働いている人や、土日も休まず自宅で仕事の続きをしている人たちがいます。「そんなつらい仕事ならやめてしまえばいいじゃないか」と思う人もいるかもしれません。しかし、一度社会で足場を失った人間に世間は優しくありません。

 私は大学在学中は公務員をめざしていたため、新卒での就職はしてこなかったのですが、その後、志望先を民間企業に変えた際は、とても苦労しました。ハローワークや求人サイトの求人には、給料が低かったり、非正規雇用のため待遇が悪かったりといったものが多くあります。なかには、履歴書を送り面接に向かったところ、その場で最初に示された求人案内とはだいぶ違った条件を示されたこともあります。

 一部報道では雇用が改善しているという話もありますが、労働者に対する待遇はまだ改善しているとはいえません。
 共産党は、いわゆる「ブラック企業」や労働に関する問題と長い間たたかってきました。原のり子さんを都政に押し上げ、都政へ、そして国政へと声を届け、誰もが働きやすい社会の実現をめざしましょう。

【共産党の若者政策 東京プロジェクト】
 日本共産党東京都委員会は6月8日、都庁内で記者会見を行い、都議選の若者政策「若者の願いにこたえる4つの『東京プロジェクト』」を発表しました。ネット上のSNSや、大型パネルを使った街頭宣伝で訴えていくことにしています。「東京プロジェクト」の骨子は次の通りです。

 全国の20代・30代の若者の8人に1人が東京に暮らしています。
 東京都の財政規模は、年間総額13兆円(福祉が充実したスウェーデン一国と同じ規模)。税金の使い方しだいで、全国に先駆けて、若者の生きやすい社会をつくれるポテンシャルがあります。
 東京都議選で、若者の願いを実現していく都議会を、一緒につくりましょう。
〔東京プロジェクト1〕お金の心配なく学べる東京へ、授業料負担の軽減、学生向け給付制奨学金をつくります
〔東京プロジェクト2〕最低賃金時給1500円、ブラックな働き方をなくし、8時間働けばふつうに暮らせる東京を
〔東京プロジェクト3〕就活のルールを作り、安心して仕事に就ける東京を
〔東京プロジェクト4〕若者への家賃助成制度を創設するなど、安心して生活できる東京を
 (「東京プロジェクト」の全文は、こちら から)
 (PDFファイルは、こちら からダウンロードできます)


スピーチする北村龍太さん
b0190576_21320291.jpg
6月10日は宮本徹衆院議員と東久留米市内で訴えました
b0190576_21320763.jpg
b0190576_21423314.jpg

原のり子リーフレットをぜひお読みください
全文は、こちら から
b0190576_21235104.jpg


小池晃書記局長のスピーチです

私、原のり子のスピーチです



homepage  twitter  facebook  YouTube








# by hara-noriko | 2017-06-10 21:38 | 東京都政 | Comments(0)