宮本徹さんは こんな人   

 総選挙で東京比例ブロック・東京20区から再選をめざす日本共産党の宮本徹さん。いま、20区(東村山市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市)を駆け巡り、「この町から共産党の議席を」と訴えています。力強い訴えが評判です。そんな宮本さんの人となりを、大学の後輩、坂井希(のぞみ)さんがつづってくださいました。

坂井 希

 宮本徹さんは大学の1年上の先輩です。私が入学した当時は、東大教養学部学生自治会委員長という大役をつとめていました。

 宮本さんといえば、まずは「不屈」の言葉を思い浮かべます。大学当局や政府などの大きな相手に対し、正しいことは正しい、間違っていることは間違っていると、主張を貫き通す。学内集会や国会デモでは、ブルーハーツの楽曲を熱唱し盛り上げる。どんな困難にぶつかっても、学生の要求実現という原点から逃げない。宮本さんがいるだけで、まわりはいつも鼓舞されました。

 同時に「こわい」人ではありません。悩みを相談すれば、とことん寄り添い、話をきいて元気づけてくれる、頼りになる先輩でした。女性の後輩に「のぞみ号」(私)、「そーめん」(妻 ゆう子さん)などとセンスのない愛称をつけ、周囲に一切浸透しなくても自分は呼び続けるという謎の習性がありましたが、こちらも何だかペースにのせられてしまう。憎めない人柄は、フーテンの寅さんに重なるものがありました。

 中学生の頃は、沖縄の米軍基地の実態に怒りを燃やし、愛国主義者だったそうです。軍事雑誌も読み込んでいたとか。その後、思想的には変わったわけですが、不正に怒り、常に弱者の側に身を置き、社会変革に生きようとする純粋さは、筋金入りだと思います。

 国会議員になってからの活躍ぶりは、さすがの一言。首相質問を11回もおこない、安保法制、消費税など、国の重要問題で、臆せず国民の怒りや疑問の声をぶつけ、論戦を切り開いてきました。

 これだけパワーのある人を、必ず再び国会へ送りたい。今度は東京20区から当選し、地域の代表としても活躍してほしいです。地元の皆さんのお力添えをお願いします。私も全力で応援します。


妻 ゆう子さんの「夫を語る」が宮本徹さんのブログに掲載されています


「きよせ平和と健康まつり」で
b0190576_23482467.jpg
b0190576_23483377.jpg
b0190576_23484731.jpg
b0190576_23490612.jpg
b0190576_23491289.jpg


宮本徹さんの街頭演説です





# by hara-noriko | 2017-10-02 23:49 | 選挙 | Comments(0)

後藤まさみさんをなんとしても川崎市議会へ   

川﨑市議補選 法政大学同窓生として応援に
 総選挙の投開票日10月22日は、川崎市議会議員補欠選挙の投開票日でもあります。立候補を予定している日本共産党の後藤まさみさんは、法政大学の1年後輩。7月の東京都議会議員選挙では、東久留米市や清瀬市まで何度も応援にきてくれました。今度は私が行かなくては! 法政大学OBが相談して9月30日、6人で応援に行きました。私は地元の活動があったため1時間ほどしかいられませんでしたが、後藤さんの選挙事務所がある桜本の商店街でスピーチすることができました。立ち止まって聞いてくださる方、拍手してくださる方、「まさみちゃんをぜひ勝たせたい」と激励の声をかけてくださる方がいて、感動しました。広島県府中町からかけつけてくれた先輩の二見伸吾町議と私のスピーチを紹介します。

【広島県府中町議 二見伸吾さんのスピーチ】
学童保育と女性労働を研究した後藤さん

 広島県府中町の町議会議員をしております二見伸吾と申します。後藤まさみさんと同じ法政大学で学びました。後藤まさみさんに、なんとしても川崎市議会で活躍してほしい、その思いで駆けつけてまいりました。
 後藤まさみさんは大学で、学童保育と女性労働について研究。なぜそういうことを研究のテーマに選んだのか、と聞いてみました。
自分は母子家庭で親一人子一人、学校が終わると自宅ではなく、近所のおじさん・おばさんの家に、その日その日違う家に行って、とても寂しくてつらかった。でも、お母さんもがんばって、一生懸命に働いている。そういう思いをしながら、小学生時代を過ごした。だから大学で、お母さん方が働き続けられることとともに、小さな子どもたちが元気で学校に行けるようにと、学童保育と女性労働の関係について研究されたそうです。
建設国保 申請書類から組合員の暮らが見える
 大学を卒業した後藤さんは、労働金庫そして建設国保に勤めました。建設国保では、けがをしたり、病気になった組合員さんが申請し、その書類を一枚一枚見て手続きをすすめていく、そういう仕事でした。地味な仕事ですけれども、組合員さん一人ひとりの暮らしが申請書類から見える、そういう思いで仕事をしてきた、と話してくれました。
議員の仕事は、地道にこつこつやらなければなりません。そういう仕事を後藤さんは十分にやることができます。
はたの君枝衆院議員秘書として
 後藤さんは、神奈川県議会の候補をし、国会の秘書、はたの君枝衆院議員の秘書にもなりました。国会議員の仕事、国会議員の秘書の仕事、これも地味で大変な仕事です。議員を支え、法案を審査し、現場を歩いて質問を考える。政策もつくる。こういう仕事も後藤さんはしてきました。
就学援助の入学準備金を3月から支給できるように奮闘
 国会秘書としてさまざまなことに取り組んできた後藤さんですが、私の仕事に直接かかわることがありましたので紹介します。
 私は広島県府中町の町議会で総務文教委員会に属しております。ここで取り上げるテーマの一つに就学援助があります。
 子どもが学校に行くための費用をサポートする制度です。そのなかに入学準備金があります。小学校でも中学校でも入学するときにはまとまったお金がいります。小学校では、ランドセル、中学校では制服にたいへんお金がかかります。入学準備金は、今までも支給されてきましたが、多くのところが学校に入った後なんです。先にお金を工面しなければなりません。そうではなくて、学校に入る前の3月に支給できないかと、共産党国会議員団と全国の共産党地方議員が力をあわせてがんばっています。
後藤さんは市議会ですぐに活躍できる
 そういうなかで、3月に支給する自治体が増えてまいりました。共産党国会議員団、各地の自治体議員団の要求が実って、文部科学省が入学前の支給も可能にする通知を出したからです。後藤さんはこの問題について、『議会と自治体』という雑誌に論文を寄せています。そこで全国の取り組みや国会での取り組みを紹介して、私たち地方議員を励ましてくれました。
 国会議員を支え、さまざまな政策提言をつくってきた後藤まさみさんなら、川崎市議会ですぐにでも活躍することができます。
 母子家庭に育った後藤さんは、常に弱い人の立場に立ってものを考え、研究し、行動してきました。そのすべてが、いまの後藤さんにギュッとつまっています。地元・桜本のみなさんのお力で、後藤まさみさんを川崎市議会へと押し上げてください。このことを申し上げたくて、広島からやってまいりました。ぜひ、よろしくお願いいたします。

【原のり子のスピーチ】
市民と力を合わせれば政治を変えられる
 私たちは、後藤まさみさんを応援しようと集まってきた元法政大学生のグループです。後藤さんと一緒に大学で勉強してきた仲間です。
 私は、東京都議会議員の原のり子といいます。7月に都議会議員選挙があって、そこで初めて当選させていただきました。私の地域は、清瀬と東久留米という地域なのですが、定数は2でした。ここで、自民党の現職都議などが落選をして、私は市民のみなさんの力で押し上げていただきました。私は都議選の経験からも、いま力を合わせれば、市民のみなさんの力で政治を変えることができると確信しています。
総選挙 はたの君枝さんが共産・社民の統一候補に
 国政を見ると、選挙で当選をしたいがために希望の党に入ったり、民進党などは党をほぼ解散状態にして、希望の党に推薦してもらおうという流れになってしまっています。私は、政治家はなんのために政治家になったのかが問われていると思います。選挙に勝ちたいがために動くような人たちがいっぱいいるなかでも、共産党と社民党は力をあわせて統一候補をつくろうということで、後藤まさみさんも活動しているこの地域では、国会議員のはたの君枝さんを総選挙で統一候補として応援しようということが決定しています。この流れのなかで、力をあわせて政治を変えていきましょう。
改憲・安保法制を容認する希望の党
安倍政権退陣へ市民とともに進みたい
 私は都議会で、小池百合子都知事と議論しています。都知事は、残念ですけれども公約を裏切っていく方向になってしまっているんです。特に、憲法9条を守る、その立場に立つかどうかということを先日質問しました。都知事は、憲法9条に限らず改憲議論を前に進める、といいました。憲法を変えようということを発言しました。さらに「希望の党」は安保法制を容認する。みんなが反対して、戦争につながる流れをくい止めようと市民のみなさん立ち上がったわけですが、これには背を向けている状況になってきています。
 こうしたなかでも、市民連合のみなさんや社民党のみなさん、他にも心ある人たちが力をあわせて総選挙で安倍政権を退陣に追い込もうと取り組んでいます。
平和と民主主義、共生できる社会を守る後藤まさみさん
 ここ川崎では大事な市長選と市議補選があります。市議補選は、ずっと無免許のまま車を運転して活動していた人が辞職に追い込まれて行われる選挙です。こんなでたらめなことをしていた人たちが議席を引き継ぐようでは困ります。後藤まさみさんは、本当に誠実で、みなさんと一緒に活動を続けてきている、大事な女性の活動家、政治家です。みなさんの大きなお力で押し上げていただきたいと思います。
 私は後藤さんと、実は高校の時から一緒でした。大学にいってからも、勉強をしながら学生の自治会を民主的なものにしようと取り組んだり、平和の問題では核兵器廃絶で広島に行き勉強してきました。
 平和と民主主義をなによりも守る、そして桜本のみなさんがこれからも共生して生きられる環境を守りつくっていくために頑張れる候補です。後藤まさみさんを押し上げてください。心から訴えて、この場での訴えとさせていただきます。


スピーチする二見伸吾さん(広島県府中町議)

b0190576_19224040.jpg
私もスピーチ
b0190576_19224545.jpg
後藤さんの事務所前で
b0190576_19225191.jpg
(撮影:いずれも長島可純 転載はお控えください)













# by hara-noriko | 2017-10-02 18:43 | 活動日誌 | Comments(0)

表彰式典と防災訓練に参加しました   

東久留米市表彰式典であいさつしました
 10月1日、東久留米市表彰式典に参列し、お祝いのあいさつをしました。
 産業、技能、保健衛生、社会福祉、防災、行政、住民自治、環境、善行、市民体育、文化。各分野の功労者の方々が表彰されました。市議時代、色々教えていただいた方々のお顔も。
 私は、表彰の考え方、あり方について、市議のときにずっと考えていました。今日、他の方のあいさつも聞きながら、少なくとも、表彰だけしてあとはよろしく、と行政は関わらない、自助・共助でやってください、となってしまってはいけないのでは、と感じ、以下のようなあいさつをしました。要旨を紹介します。
《私のスピーチ》
 受章されたみなさん、本当におめでとうございます。さまざま、多彩な分野で活躍されているみなさん方の努力により、市がかたちづくられていることを実感します。そして、受章されたみなさんの長年のお仕事や活動は、一緒にとりくまれているお仲間もいらっしゃると思います。また、ご家族も含め、みなさんにお祝いの言葉を贈りたいと思います。
 いま、改めてみなさんのお顔を拝見させていただいていると、おめでとう、と言うだけではいけない、とも感じています。
 みなさんが長年のとりくみのなかで気づかれたこと、もっとこうであったら良いのに、と感じられることなどもあると思います。そこに学び、それを都政や市政でも生かしていくことが大切ではないかと思います。ぜひ、ご意見をお聞かせいただきたいと思います。
 これからも、お元気でますますご活躍いただくことを心から期待させていただき、私のお祝いの言葉といたします。本当におめでとうございました。

清瀬市・中里地域の防災訓練へ
 1日は清瀬市・中里地域の防災訓練にもうかがいました。9自治会の参加。委員長さんは、毎年続けているがこれからも続けたい、とあいさつ。敬意を表します。炊き出し訓練の芋煮は、昨日から巨大鍋でぐつぐつと。
 会場では、地域の方の切実な要望も寄せられました。
 写真は、防災訓練に参加した深沢まさ子市議に撮ってもらいました。

b0190576_17543077.jpg



# by hara-noriko | 2017-10-01 17:54 | 活動日誌 | Comments(0)

宮本徹さんの力強いスピーチ   

 衆議院が解散され、総選挙の告示(10月10日)が迫る9月30日、日本共産党の緊急街頭演説が東京都東村山市にある久米川駅南口でおこなわれました。小池晃書記局長(参院議員)と一緒に、宮本徹・前衆院議員が訴えました。
 宮本さんは、東京比例ブロックの予定候補であると同時に、小選挙区・東京20区(東村山市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市)の予定候補です。「市民と一緒にこの町から9条改憲をねらう自民党に勝つ。支持政党の違いを超えてご支援を」と力強く訴えました。
 東京20区は、都議選の北多摩1区と4区です。1区の尾崎あや子都議が都政の問題などを訴え、4区の私、原のり子が司会をしました。
 まずはともあれ、宮本徹さんの訴えをご覧ください。


日本共産党緊急街頭演説 宮本徹さんのスピーチ





10月4日 宮本徹さんの事務所びらき
昼の部 午後2時から
夜の部 午後7時から
東京都東村山市栄町2-25-8 ユリナスビル1階
(西武新宿線・久米川駅南口から徒歩4分)
駐車場はありません


緊急街頭演説で声援に応える(右から)小池晃書記局長と宮本徹予定候補
b0190576_23081038.jpg

(右から)尾崎あや子都議、宮本徹予定候補、原のり子
b0190576_23062472.jpg





# by hara-noriko | 2017-09-30 23:10 | 選挙 | Comments(0)

都議会初質問 総務委員会で多摩格差を取り上げる   

1つの議案と2つの報告について質疑
 9月29日は、都議会総務委員会でした。初の質疑を行ないました。
 私は、1つの議案と2つの報告について質疑を行ないました。
 議案は、特別支援学校の就学奨励費受給申請の際に、生活保護受給証明書がなくても、マイナンバーの提示でできるようにするという内容のもの。
 報告は、(1)首都大学東京について外部評価が行なわれ、その結果について(2)多摩の振興プランについて―です。

特別支援学校の就学奨励費受給申請の際に

マイナンバー提示は義務ではないことを確認
 議案については、マイナンバー制度の問題点、適用できる範囲を広げていくことの危険性を指摘しつつ、マイナンバー提示は義務ではなく、これまでどおり、生活保護受給証明書の提出でも可能であることを確認しました。議案に対する意見表明は、10月3日の総務委員会で行ないます。

首都大学東京 「障害のある学生への支援」が高い評価
 首都大学東京については、外部評価のなかでも、中期目標の達成状況が極めて良好である、とされた「障害のある学生への支援」について質問。誰にとっても門戸が開かれている大学であることはとても重要です。努力されていることを確認しながら、評価にあたっては、学生や教職員の意見の把握が重要であり、首都大学東京がおこなっている学生生活実態調査をふまえることが大事だと提起。10月、11月で二回にわけて、総務委員会では事務事業全般の質疑を行なうので、その機会に、学生の声にもとづく質疑を行なっていきたいと思っています。

多摩振興プランは総務委全会派が質問
 そして!なんと、多摩の振興プランは、総務委員会のすべての会派が質問しました。「三多摩格差は解消した」「かなり解決されてきた」「今後は多摩の魅力を生かすことが大事」などの意見が出されましたが、私は、多摩の魅力を生かすためにも、現にある格差の解消は必要、という立場で質問しました。
池川友一都議の一般質問を受けて
 先日の一般質問で、共産党の池川友一都議が、多摩格差ゼロを公約しながら触れなくなっている小池知事に、再質問もして迫りました! パネルも示し、公約に対しどうするのか、と。知事は、「多摩地域の持続的な発展につなげていくことはきわめて重要。そのために、日々、多摩格差をどのように削減していくか、縮減していくかということについて努力している」と答弁しました。
「格差」という言葉を使わない都の答弁者
 それを受け、では具体的にどういう努力をしているのか、と総務委員会で質問。担当部長は格差ということばを絶対に使いません。では、NICU(新生児集中治療室)=注参照=や子どもの医療費は23区と多摩には格差がある。少なくとも、違いがあるということはわかりますよね、と聞いても、違うということも言いません。
都民は同じサービスが受けられる
これは都も否定しなかった

 何度かのやりとりのうえで、私は、東京のどこに住んでいても、基本的に都民は同じサービスが受けられるということは重要ではないのか、と質問。担当部長は、基本的に同じサービスで、ということはあると思う、が、各市町村が実情に応じて個性ある取り組みをしてほしい、旨の答弁。私は、基本的に同じサービスであること、について否定されなかったことは大事だと思いました。
 多摩の魅力を最大限に生かすためにも、基本のところは同じサービスを受けられるということが重要です。そこが不十分なのに、ただ市町村が実情に応じて魅力を生かしてください、というのは成り立たないでしょう。しかし、このやりとりの最中も、「個性だ個性!」と格差といわせないかのような野次も。
多摩格差解消へ都の光を当てるべきです
 水と緑豊かな清瀬・東久留米地域を気に入って引っ越してきても、子どもの医療費は小中学校が無料でないことなど、「どうして23区とサービスが違うのか」という質問や不満が寄せられていることも紹介しつつ、自治体の財政力の違いでこういう差があることについて、東京都の光があてられるべき、と指摘しました。引き続きとりくんでいきます!

東久留米から傍聴者が! ありがとうございました

 東久留米から、わざわざ傍聴に来てくださった方々も!本当にありがとうございます。都議会の様子を直接多くの方に見ていただき、ご意見をいただければと思います。そして、委員会はインターネット放映がまだありません! 議員用公用車は22台もあるのに。一日も早く改善しなければ、と改めて思いました。

 (注)NICU(新生児集中治療室)は、出生数1万人に対し30床が基準。区部はクリアしていますが、多摩は22床。


都議会総務委員会での質問=9月29日
右は、とくとめ道信都議(板橋区選出)
b0190576_00060951.jpg

赤とんぼ
b0190576_00065572.jpg



リーフレット「こんにちは原のり子です」ができました
配布を開始しました
お手元に届きましたらぜひお読みください

b0190576_00032829.jpg





# by hara-noriko | 2017-09-30 00:07 | 都議会 | Comments(0)

総選挙 東京20区から勝ち抜く 宮本徹衆院議員   

 9月27日の朝、宮本徹衆院議員、清瀬市議団、後援会のみなさんと一緒に清瀬駅前で出勤・通学する人たちに訴えました。宮本さんの力強いスピーチに感動しました。そのエッセンスを紹介します。ぜひ、お読みください。

【宮本徹衆院議員のスピーチ】

追及逃れの審議抜き解散
 加計学園・森友学園の問題で、私は何度も安倍首相、佐川宣寿(のぶひさ)理財局長(現・国税庁長官)を追及してきました。いよいよ今度の臨時国会で安倍政権を退陣に追いこむような質問ができると準備していました。ところが安倍首相は、追及を逃れるために臨時国会冒頭で審議抜きの解散に打って出ようとしています。とんでもないやり方です。
安倍政権の9条改憲を止めましょう
 安倍首相の最大のねらいは、憲法9条を変えることにあります。改憲政党である小池新党(希望の党)も含め改憲勢力で衆院の3分の2を占めさせるわけには絶対にいきません。憲法9条を変えれば、海外で戦争する国づくりが進みます。この道はなんとしても止めなければなりません。
東京20区から共産党の議席実現がもっとも厳しい審判に
 私、宮本徹、前回は東京比例ブロックから国会に送っていただきました。今度はこの町、東京20区(東村山市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市)からの挑戦です。20区の議席を自民党から日本共産党に変えていただく。これが安倍首相へのもっとも厳しい審判となります。改憲を許さないために、大同団結してまいりましょう。憲法9条を守る市民の共同の代表として、政党支持の違いを超えたたご支援をたまわりますよう、まず、こころからお願い申し上げます。

ライフワークは教育の無償化
 私のライフワークは、教育の無償化です。学生時代から授業料引き下げの運動にとりくみ、卒業論文のテーマも「教育の無償化」でした。今年の予算委員会では、安倍首相に対して「授業料の引き下げこそが必要だ」と迫りました。やっと首相が、教育費の負担軽減を口にするところまで追いつめることができました。
大胆な規模で授業料の引き下げを
 しかし、規模が問題です。高い授業料で困っているのは、所得が低い人だけではありません。中間層のみなさんも含めて、高い授業料に苦しんでいる方がたくさんいらっしゃいます。もっと大胆に授業料の引き下げをしなければなりません。
給費制奨学金も規模が小さすぎる
 安倍政権の給付制奨学金も、あまりにも規模が小さすぎます。お隣の韓国でも、3人に1人が給付制奨学金を受けているのに、安倍さんがつくったのは50人に1人です。これでは、希望する人たちが安心して学べる環境にはならないではありませんか。
財源は消費税増税に頼らない
 教育の無償化を大胆にすすめていくために問題になるのは、その財源です。安倍首相は、財源といえば消費税増税です。消費税は、所得が少ない人ほど負担が重い弱い者いじめの税金です。
 私はことしの予算委員会で、安倍首相に提案したんです。「あなたが黒字の大企業にばらまいている4兆円の減税分、これを学費の無償化に当てたら全員を無償にしても山のようなおつりがくるではないか」と。ところが安倍首相は、私の提言を無視して、財源は消費税増税だという。いくら企業献金がほしいからといって、あまりにも税金の集め方がゆがみすぎてるのではないでしょうか。
税の集め方・使い方の改革をすすめる日本共産党
 教育費の無償化は、消費税増税に頼らない道をしっかりとつくっていきましょう。低所得者の学費をただにするために、低所得者ほど負担が重い消費税の増税でまかなうというのは、本末転倒です。富めるみなさんへの大減税を続けながら財源はなんでも消費税増税だという誤った政治に、私はしっかりとメスを入れたい。企業・団体献金をもらわず、庶民の立場で税の集め方も、使い方も改革を進める日本共産党を大きく伸ばしていただきたいと思います。
 2019年の消費税10%実施計画の前には、こんどの総選挙、そして参院選挙があります。私たち日本共産党が伸びれば、かならず他の野党、与党のみなさんにも大きな影響を与えます。どうか大きなお力添えを比例代表では日本共産党へ、東京20区では私、宮本徹へとご支援を賜りますよう、こころからお願い申し上げます。


清瀬駅北口で宮本徹衆院議員と朝の宣伝(9月27日)
b0190576_23140504.jpg
清瀬市議団も参加して(9月27日)
b0190576_23141344.jpg
東久留米市の滝山団地センターで(9月24日)
b0190576_23141972.jpeg



リーフレット「こんにちは原のり子です」ができました
配布を開始しました
お手元に届きましたらぜひお読みください

b0190576_00032829.jpg

# by hara-noriko | 2017-09-27 23:15 | 選挙 | Comments(0)