タグ:シルバーパス ( 7 ) タグの人気記事   

新しいリーフレットができました   

 私の新しいリーフレット「この街から都政へ 原のり子」ができました。A3判の四つ折りです。清瀬市・東久留米市で配布を始めています。朝の駅前宣伝や「まちかどスピーチ」などでもお配りする予定です。お手元に届きましたら、ぜひお読みください。概要を紹介します。

 「だれもが人として大切にされる都政への改革を」として、次の7つの公約を掲げました。
 (1)公立保育園の廃止計画ストップ 保育園を守り、増設し、待機児解消を
 (2)子どもの医療費、NICUの23区との格差をなくす
 (3)3000円のシルバーパス発行 特養老人ホームの増設
 (4)障害者医療費助成の拡充、グループホームの増設
 (5)少人数学級と特別支援教育の拡充
 (6)都営住宅の新規建設、住環境の改善
 (7)都市農業を守り発展

 「母として女性としてゆずれない3つの大切」も掲げました。
 (1)健康を支える食の安全 地下も地上も危険な豊洲市場移転は中止 築地での再整備で安全な市場を
 (2)私たちの税金の使い方 1m1億円の巨大道路(東京外環道)より 子育て、介護、防災優先に
 (3)憲法9条を守り抜く 安倍首相がねらう9条改憲許さず 平和な日本を子どもたちへ

 リーフには、私のプロフィールも詳しく紹介されています。
 清瀬市・東久留米市の市民の方々が期待を語ってくださっています。陶芸家、元さいわい保育園保護者、子育て中のママ、保育園保護者、障害児・者団体の役員、元国立病院看護師長、不動産管理・商店経営者、体験農園園主(農業者)の8人です。


新しいリーフレットです
b0190576_22490182.jpg
大きくしてご覧いただけます



都市農業への思い

原のり子インタビュー




YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ1

「2人区から風穴あける 歴史を後戻りさせない」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ2

「自己紹介 『都政の壁』を破る」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ3
「豊洲移転は中止を 築地の再整備こそ」



YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ4
「日本共産党とご一緒に政治を変えよう」







homepage  twitter  facebook  YouTube



by hara-noriko | 2017-05-28 23:02 | お知らせ | Comments(0)

戦争法廃止きよせ市民の会 山田輝世さんのスピーチ   

 5月20日、東京・清瀬市で開かれた日本共産党演説会で、「戦争法廃止きよせ市民の会」の山田輝世さんがスピーチしてくださいました。無党派市民の立場からとっても大事なことを話していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ぜひお読みください。


 「共謀罪」法案の話をさせていただきたいと思います。5月19日に衆院法務委員会で強行採決されたときは、いままで委員会の議論に参加していない議員(維新)が急に出てきて採決を促すという、混沌としたありさまでした。
 法務委員会の人数を数えてみたんですけど、自民党さんや公明党さん、その他の補完勢力で27人いるんです。共産党を含めた野党議員は8人です。きちんと国民の意思を伝えようという議員は3分の1しかいない。市民が野党を、共産党を押し上げてていくことがもっとも重要なことだな、と改めて感じました。

 都政についても意見をいわせていただきます。築地市場の豊洲移転について小池都知事もいろいろいっていますが、きっぱり「待った」をかけているのは共産党しかいない。この問題で、いろんな写真の資料がテレビに出ていましたけれど、共産党都議団の提供になっていて、共産党以外は調べていないのかなという気持ちになった記憶があります。

 みなさん、おときた駿さんという都議さん(都民ファーストの会)がいらっしゃるのをご存知でしょうか。彼が、シルバーパスを廃止しようということをいい出しまして、物議をかもしました。これには私、びっくりいたしました。みなさんの足をやめようみたいな話を始めてしまう。
 この話を聞いたときに思い出したのは、原のり子さんの笑顔でした。シルバーパスについて原さんは、適正な価格帯のものをつくろうといってます。なにしろ上は2万円を超えますから。みなさんの毎日の生活について考えてくださっていることがわかります。

 原のり子さんを都政に送り出すということは、われわれの生活を支え、市民の生活を守るということになるのではないか、とつくづく感じております。

 足元の都政から勝っていって国政につなげていくことが重要なのではないかと思います。本当に野党議員を増やしていかないとまともな国会運営が実現しないんだ、ということを今さらながら感じます。
 都政で勝って、原さんにがんばっていただいて、ひいては宮本徹さんを国会に送り出して、まともな国会運営をしていただくことが重要だと思います。

 私はどの党にも所属しておりません。清瀬以外の地域にいる市民の方とも交流があり、いろいろお話をうかがっていると、共産党のみなさんが後ろにいてしっかり支えてくださっている。共産党はぶれない、ということを土台にして活動しているような部分が無党派市民の中にはあります。これからも一緒にがんばっていきたいと思います。


スピーチする山田輝世さん
b0190576_23070629.jpg
ツバメの子育て
b0190576_23071489.jpg
水浴びするキジバト
b0190576_23071954.jpg







homepage  twitter  facebook  YouTube


by hara-noriko | 2017-05-24 23:09 | 東京都政 | Comments(0)

3000円のシルバーパスをつくりたい   

 東京・清瀬市、東久留米市をまわって「まちかどスピーチ」をやっています。要望が多い「シルバーパスの改善」を訴えました。

都のお金の使い方を変える
 東京都のお金の使い方は、大企業・大型開発が優先になっていて、暮らしや福祉、教育に十分まわっていません。とりわけ高齢者福祉については、石原都政以来、大きく切り崩されてきているのが実態です。特別養護老人ホームをもっと増やしていくことや、シルバーパスの改善も急がれます。きょうは、そのシルバーパスについてお話しさせていただきます。

2万510円 「買うのをやめた」の声
 シルバーパスは、非課税世帯などの方は1000円で買えますが、それ以外の多くの方は2万510円を払わなければ買えない制度になっています。「もう、買うのをあきらめました」という声がたくさん寄せられています。

「外出しないようにしている」人もいて

 とくに胸が痛んだのは、「なるべく外出しないようにしています」という声でした。なんのための制度なのか、と思います。シルバーパスについて東京都のホームページには、「70歳以上の都民の皆様の積極的な社会参加を支援するため」と書いてあります。制度を生きたものにするには、どうしても改善が必要です。

共産党が他党に呼びかけて改善の条例提案
 いま日本共産党は、他の党のみなさんと一緒に、「シルバーパスの改善をやりましょう」と呼びかけて、条例提案をしています。3000円のパスをつくることなどが内容です。都議会で継続審査になっていて、ようやく実現の一歩手前まで来たといえると思います。

改善に反対する自民党
 しかし、都議会自民党のみなさんは、この改善にも反対しています。
 また心配なのは、「都民ファーストの会東京都議団」の幹事長の方が、「シルバーパスの廃止」と発言していることです。
 共産党を大きく増やしていただいて、シルバーパスの改善をみなさんと一緒に実現していきたいと思います。ぜひ、力をおかしください。

【日本共産党の都議選政策から】

 日本共産党は、低所得者のパスの無料化をめざします。まず、より多くの高齢者が1000円でパスを利用してもらえるようにするとともに、中間段階の方へ新たに3000円のパスをつくります。また、多摩都市モノレールなどでも使えるようにするとともに、乗車、降車いずれかが都内であれば都県境を越えた移動でもパスを使えるようにします。


マンションから声援をいただいて
b0190576_00010692.jpg

【動画の紹介です】

YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ1
「2人区から風穴あける 歴史を後戻りさせない」

YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ2
「自己紹介 『都政の壁』を破る」

YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ3
「豊洲移転は中止を 築地の再整備こそ」

YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ4
「日本共産党とご一緒に政治を変えよう」



homepage  twitter  facebook  YouTube







by hara-noriko | 2017-05-15 00:06 | 東京都政 | Comments(0)

使いやすいシルバーパスに   

 東京・清瀬市で開かれた「女性のつどい」(4月22日)。私は都議予定候補(北多摩4区=清瀬市・東久留米市)としてスピーチしました。(1)公立保育園に対する都の補助復活(2)東京都心身障害者医療費助成制度の拡充(3)都営住宅の新規建設と環境改善(4)シルバーパスの改善(5)三多摩格差の解消(6)私の政治信条―の6つです。順番に紹介します。4回目は、シルバーパスの改善です。

あちこちで「高いからパスを買うのをやめた」の声が
 要望としてものすごく多いのが、シルバーパス(70歳以上の方のバス・都営交通乗車証)の改善です。
 パスを買うには、住民税非課税または所得が125万円以下の人は年間1000円、それ以外の人は2万510円の費用を負担しなければなりません。あちこちで「高いからもうパスを買うのをやめました」とおっしゃる方に出会います。

「外出しないようにしている」という人まで
パスの趣旨に逆行

 清瀬を回っているときに、「パスも買えないし、なるべく外出しないようにしている」といわれて、胸が痛みました。高齢者の方が元気に外出できるためのパスなのに、外出を控えている。このままでは本当ダメだと思いました。

共産党都議団が条例改正案
 共産党都議団は超党派で解決していこうと、すべての政党のみなさんに呼びかけて、シルバーパス改善の条例改正案を提案しています。生活者ネットも共同提案者になっています。
 (1)シルバーパスの対象に新たに多摩都市モノレール、ゆりかもめを加える
 (2)自己負担額(住民税課税で所得年125万円超の人は年額2万510円、それ以外の人は同1000円)を所得に応じた額とする
 (3)バスの乗降車地点いずれかが都内であれば利用可能とする(現行は乗降車とも都内に限定)
 必要な財源は年52億円です。

継続審査で実現の可能性高まる 自民だけが反対
 条例改正案は、3月の都議会で継続審査になりましたので、実現の可能性が高まってきたと思っています。いままで、共産党都議団が提案するたびに否決されてきました。今回は継続審査になっています。変化しています。ところが自民党だけは反対しているんですね。おかしいです。共産党が前進して超党派で改善を実現する。これをぜひともやらせていただきたいと思います。

参加してくださった人たちで会場はいっぱいに
b0190576_21432302.jpg
「必ず勝ち抜きたい」と決意を語りました
b0190576_21432609.jpg
新緑
b0190576_21451600.jpg



homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2017-04-26 21:47 | 東京都政 | Comments(0)

都政に挑む 私の決意(5)共産党と一緒に政治を変えましょう   

 東京・東久留米市で開かれた「国政・都政報告会」。私のスピーチの5回目、最終回です。小池都政への態度、都民の切実な願い、そして決意…。

小池都政 良い施策は応援 そうでない施策は正す
 いま、選挙で生き残るために知事にすり寄る会派・議員が多くでてきていますが、共産党は違います。知事の提案で都民の願いに応えるよいものについては、それを応援する、より前にすすめる。でも、都民にとって良くないものはそれを正していくためにきちんと提案していく、是々非々の立場です。そうした立場から、小池知事の予算案に賛成しています。

大型開発優先の政治を切り替えてこそ刷新できる
 小池知事の予算案は、都民の願いに応えるものもあります。しかし、同時に石原都政以来の大型開発優先の政策は引き継がれたままです。ここを切り替えることによって、はじめて都政は刷新できます。スウェーデン1国並みの予算を都民のみなさんのために使っていくことができます。論戦のなかで、知事から、「今後事業化する道路建設について、見直すべきは見直す」、またNICU(新生児集中治療室)や子どもの医療費などの三多摩格差についても、格差解消へとりくむとの答弁を共産党都議団は引き出しています。今後につながる重要な答弁です。

大きな意味もつ都議選
 これらが本当に生かされるかどうかは、都議選にかかっています。私は、みなさんの要望をまっすぐ都政に届けるとりくみを、すすめていきます。

シルバーパス改善条例案 引く続き都議会で議論
 今、地域を歩いていると、たくさんの声、要望が寄せられます。
 ひとつは、シルバーパスです。2万510円払わなければ買えないのでやめた、という方に何人か出会いました。高齢者が元気にお金の心配なく外出できるためのものが、高いから買えない、なるべく家にいるようにします、という方もいらして、胸が痛みます。
 共産党都議団は、他の会派にもよびかけ、生活者ネットと条例改正案を共同提案しました。これが継続審査となり、次の議会で引き続き議論することになりました。とても大きな前進です。一方、自民党は反対しています。

「都営住宅ふやして」の陳情 自民・公明などが反対して不採択に
 もうひとつは、都営住宅の新規建設と住環境の改善です。生活と健康を守る会が都議会に提出していた陳情の審査が先日委員会で行われました。守る会は、石原都政以来建設されていない都営住宅をふやしてほしいと訴えていました。ところが、この陳情に自民・公明・東京改革(民進)・維新などが反対して不採択になりました。

山ほどある切実な願い
 また、特別養護老人ホーム、保育園の待機児対策も急務です。障害者の医療費助成の拡充も重要な課題です。
 都立清瀬小児病院廃止以来、子どもの骨折は府中小児総合医療センターまで行かなければならなくなってしまいました。この改善も必要です。多摩北部医療センターに申し入れと懇談を行う予定です。
 子どもの医療費も、都内から引っ越してきた方が、小中学生は通院するたびに負担が生じていること、所得制限もあることに驚いています。まさに三多摩格差であり、こういうところこそ、東京都の財政力でどこに住んでいる都民にも同じサービスを提供できるようにすべきです。

石原都政以来の冷たい政治 共産党の前進で切り替える
 私は、みなさんの切実な願いは、石原都知事が「何がぜいたくかといえば福祉」といって福祉を削ってきた、そのことの反映だと実感しました。豊洲を強行し、大型開発はすすめながら、福祉を削減してきた、この路線を切り替えなければなりません。そのために、共産党を伸ばしてください。

宮本徹衆院議員が厚労省との話し合いの場をセット
 都議選で勝利することができれば、衆院選、そして市長選にも必ずつながります。宮本徹衆院議員は、東京20区の候補になります。
 公立保育園の廃止問題で、宮本議員が厚労省との話し合いの場をセットしてくれ、その話し合いのなかで、東久留米市の公立全廃計画の進め方は、信義則に反するのではないかという厚労省の発言がありました。それをもとに市議会でも論戦、保護者のみなさんと運動してきました。そのなかで、いったん廃止計画が1年先送りになりました。

必ず都政に行かなければ、と決意
 私はこのときに、それぞれの市の問題を市の中だけでどうにかしようとするのでなく、国や都に働きかけをしていくことの大切さを改めて学びました。共産党のこのネットワークをフルに活用し、また共同を追及し、市民のみなさんの暮らしがもっとよくなるようにがんばりたい。そのために、自分自身が必ず都政に行かなければと決意しています。
 みなさんと共に考え、行動し、全力を尽くします。そのことを表明し、私の決意といたします。ありがとうございました。

みなさんからたくさん元気をいただきました
b0190576_23042928.jpg
b0190576_22540358.jpg
花粉だらけの顔で桜の蜜を吸うヒヨドリ
b0190576_22541025.jpg


homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2017-04-13 22:59 | 東京都政 | Comments(0)

シルバーパス改善へ 共産党都議団が条例改正案   

 日本共産党都議団が、高齢者の交通運賃を補助するシルバーパスについて、費用の負担を軽減する条例改正案を3月議会に提出します。2月21日に都議団が記者会見して発表しました。
 シルバーパスは70歳以上の人が対象で、パスを見せれば都営交通(都バス、都営地下鉄、都電、日暮里・舎人ライナー)や都内の民営バスを利用することができます。民営バスは乗車、降車の両方が都内の停留所である必要があります。
清瀬・東久留米でも切実な声が
 シルバーパスの発行を受けるには、住民税非課税または所得が125万円以下の人は1000円、それ以外の人は2万510円の費用を負担しなければなりません。
 私が清瀬市、東久留米市の方たちの要望をうかがっていると、「シルバーパスの改善」を訴える方がたくさんいらっしゃいます。もっとも要望が多い課題の1つです。「これでは安心して外出できない」「生きいき生活することができない」という声があちこちから聞こえてきます。何人かの方から「高いから買うのをやめた」という声もありました。
他の会派とも共同して
 記者会見した和泉なおみ都議は「所得が125万円を超える方の費用が2万円以上というのは高すぎるとの批判が多くあり、パスの利用率はかつての7割台から5割を切っています。高齢者の社会参加の促進、健康維持にとっても重要です。他会派とも共同して実現したい」と話しました。
条例改正のポイントは
 条例改正案の内容は次の2点です。
 (1)シルバーパスの発行を受ける際の費用負担を「所得に応じた」額とすることとします。この改正によって所得段階別の費用負担額を設定し、負担を軽減します。
 (2)新たに多摩モノレール、ゆりかもめでも利用できるようにします。
 (3)民営バスについて、乗車、降車の一方が都内の停留所であれば利用できるようにします。
 これを実現するための必要経費は、年間約52億円と見込んでいます。ことし10月1日からの施行をめざしています。
 シルバーパスの改善にむけて、ご一緒に声をあげていきましょう。

シルバーパスや都営住宅についてたくさん要望が寄せられています
b0190576_23131107.jpg
川面は春の表情です
b0190576_23131557.jpg

homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-02-22 23:15 | 東京都政 | Comments(0)

私の思い(3)都民の声を都政にもっていく   

 清瀬市と東久留米市の2カ所で開かれた日本共産党の国政報告会(10月22日)。私の訴えの3回目です。

■都営住宅やシルバーパス 切実な声ばかり
 いろいろな方々とお会いして、ご意見や要望をうかがっています。特別養護老人ホームの増設、在宅で介護されている人たちへの支援、都営住宅の増設・改善、シルバーパスの改善など切実なものばかりです。
 都営住宅をめぐる要求は非常に多いので、都議会に出ていってぜひ取り上げたいと思っています。
 シルバーパス改善の要求も本当に強いです。70歳以上で市町村民税が非課税の方は1000円です。課税されている方は2万510円です。中間がありません。「これでは安心して外出できない」「生きいき生活することができない」という声ばかりです。
 シルバーパスを地域に根ざしたコミュニティバス(コミバス)でも使えるようにしよう、という改善が各地で始まっています。しかし、東久留米市にはコミバスがありません。コミバスを走らせることも含め、共産党の都議団と市議団とが一体となって、みなさんの願いを実現させたいと思っています。
■命と平和をまもる
 政治でもっとも大事にしなければいけないのは、命と平和だと思っています。憲法9条をしっかり守りたい。日本を「戦争する国」にしてしまう安保法制(戦争法)を廃止したい。米軍横田基地へのオスプレイの配備が来年度から本格的に始まります。都議選と時期が重なります。なんとしても撤回させたい。オスプレイの配備に反対して座り込み行動を続けている人たちがいらっしゃいます。そうした姿から学びながら、しっかり取り組んでいきたいと思います。(つづく)

私の思い(1)「都政の壁」を破りたい
私の思い(2)共同の流れを清瀬・東久留米から
私の思い(4)みなさんと力を合わせる

みなさんの願いを一緒に実現しましょう、と訴えました
b0190576_23233205.jpg
ミゾソバ
b0190576_23233816.jpg

by hara-noriko | 2016-10-25 23:24 | 東京都政 | Comments(0)