タグ:保育園民営化 ( 11 ) タグの人気記事   

胸が熱くなった さいわい保育園保護者の請願   

待機児をゼロにするために、さいわい保育園の活用を求める 5326人
 さいわい保育園保護者から提出された、「待機児童をゼロにするために市立さいわい保育園を活用することを求める請願」。なんと、5326人もの署名を添えて提出されました! 私は、合意もないまま進められている民営化のなかでも、保育園を大切に思い、何より子どもたち、そして待機児の現状にまで胸を痛めて保護者のみなさんが請願されたことに、本当に胸が熱くなりました。
なのに請願は不採択に
 しかも、今議会前に、保護者のみなさんは市議会議員に公開質問状を送ってこられ、ほとんどの議員が回答し、さいわい保育園を一時保育などで活用することについて、前向きな意見を述べている議員が議会の半数ほどはいる、ということが明らかになっていました。
 それなのに…請願は厚生委員会で不採択に。宮川議員は継続審査を主張、私は採択を主張。しかし、自民・公明・民進は反対。なぜなのでしょう。本当に残念です。
市長の答弁に保護者たちは傷ついた
 私は質疑のなかで、「5326人という大変な署名数。市長の受け止めをうかがいたい」と質問。すると市長は、「重く受け止める」と。やりとりしながら、私も一瞬言葉を失いました。ここまできても、この請願を前にしても、それだけなの?と。傍聴していた保護者の方が、「さいわいの請願について5000筆もの署名に、重く受け止めるというだけの市長のコメント。変わらない答弁に怒りというよりとても傷ついた」と…。「傷ついた」という言葉に、本当に胸が痛くなりました。
悲しい思いをさせる政治を変えたい
 こんな悲しい思いをしなければならない政治は、どうしても変えないといけない。保護者のみなさんの努力、署名した一人ひとりの思い、請願の趣旨が必ず生かされるように取り組みを強めよう、と改めて決意しています。
さいわい保育園閉園条例の継続審議 あと1人賛成していれば…
 実は、この請願の審査のまえに、さいわい保育園の閉園条例の議案の審査を行いました。私は、さいわい保育園は本来存続すべきと思っていますが、それにしてもまだ子どもたちが新園に行くのかどうかなどが決まっていない、空き保育室の活用も何も検討されていない段階で、閉園だけ今決めてしまうというのはおかしい、今議会で決める必要性はないと考え、宮川委員の継続審査の動議に賛成しました。宮川委員は、今年度ぎりぎりまで、全員が新園に移行するように努力すべきだ、という立場なので私とは考えが違いますが、今決定する必要はないという点では一致。厚生委員会ではあと一人賛成してくれれば継続審査になったのですが、こちらも自民・公明・民進が反対。…残念でなりません。最終本会議の討論が注目されます。

~公立さいわい保育園民営化と空き保育室の活用について~
 来年4月から、新しい場所に社会福祉法人が設置し運営する私立保育園に変わる。正規保育士などはすべて入れ替わる。
 保護者のみなさんのとりくみにより、これまでの保育を引き継ぐことが位置づけられ、引き継ぎ保育も行う。また、来年の4、5歳児は現在の公立保育園に残り、卒園することも可能。来年の2、3歳児で新園ではなく、他の公立保育園などに転園希望を出した場合は、公平性を欠かない範囲で対応する、となっている。
 来年、4、5歳児が残れば、あと2年は現在の公立さいわい保育園は存続することになる。そして、来年は1~3歳児までの3つの保育室が空くことになる。その翌年は4つ。この請願は、その保育室を待機児対策に活用すべきだ、と訴えている。

ジョウビタキ

b0190576_13442233.jpg

homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2016-12-16 13:54 | 市政報告 | Comments(0)

さいわい保育園民営化 工事説明会   

 7月25日、「(仮称)東久留米おひさま保育園計画 新築工事説明会」(さいわい保育園民営化)があり、参加しました。事業者の(福)おひさま会、工事管理者の(株)佐野建築研究所、工事施工者の(株)小池工務店による説明会で、市の担当課も同席。近隣住民の方は十数名の参加でした。
質疑応答でさまざまな心配が
 短い説明があり、質疑応答がおこなわれました。質問はお2人のみでしたが、そこに多くの方の心配が集約されているのではないか、と感じました。
 *周辺道路はとてもせまく見通しも悪い。車のすれ違いも大変。通学路でもある。そこを工事トラックが行き来することは危ない。少なくとも、トラックが通るときには交通誘導員の配置を。
 *朝8時から夕方6時までの工事では、登下校の時間にあたる。歩道から工事現場に工事車両が入るというが、子どもたちが大変危険。対策を。
 *工事現場はネットフェンスで囲うというが、それでは近隣の家に土ぼこりが来て、外に洗濯物を干せない。もっとカバーできるフェンスにしてほしい。
回答は「善処します」
 これらについての回答は、「善処します」とのこと。
 そのほか、「周辺道路にトラックを停めないで」「説明された以外に、道路工事などをする場合、事前にきちんと連絡を」「工程表がとてもハード。7月27日からはじまって2月末に工事完了というが、子どもたちをあずかる施設なのに、大丈夫か」というご意見や、ごみ置き場についての確認などもありました。
市としてきちんと対応を
 「善処します」という回答で、どこまで具体的に対応されるのか…正直なところ、心配です。もう工事スタートまで時間もありません。市としても、きちんと対応されるよう働きかけをしてほしいと思います。

トンボ(市内の雑木林)
b0190576_00410630.jpg

by hara-noriko | 2016-07-26 00:41 | Comments(4)

さいわい保育園民営化 事業者を都が発表   

 さいわい保育園の民設民営化園を整備運営する事業者が決まりました。昨日、東京都が発表しました(東京都福祉保健局のトップページに項目が出ています)。
 選定は2法人でおこなわれ、選定された事業者は、社会福祉法人おひさま会。埼玉県所沢市で認可保育園を1園運営しているとのこと。
公開プレゼンも、選定委員会への保護者参加も認められず
 今回は東京都の土地を活用して行う民営化のため、選定の方法も今までとは異なりました。うえのはら保育園民営化のときは、応募事業者による市民・保護者向けの公開プレゼンテーションが行われ、みなみ保育園民営化のときは、選定委員会に保護者が2名参加しました。
 しかし、今回は、市が主体になって選定作業はすすめるが、あくまで候補事業者を選定し、最終決定は東京都が行うというかたち。当初市は、選定は市がすすめるので、これまでの選定と大きく変わらないとの説明をしていましたが、結局、公開プレゼンも、選定委員会への保護者参加も認められませんでした。
保護者の声をすべて選定委員会に提出
 保護者のみなさんはそうしたなかでもあきらめず、選定委員会への要望書や、保護者アンケートをおこない保護者の声をすべて選定委員会に提出。そして、「保育の継承」と公募要綱にも書かれているのだから、公立さいわい保育園をきちんとみて判断してほしいと訴え、選定委員全員がさいわい保育園を訪問することも実現しています。
保護者の思いに市は誠実に向き合ってほしい
 そうしたなか行われた選定委員会の結果をふまえ、東京都が事業者を決定しました。さいわい保育園民営化問題は新たな段階に入りました。「一度たりとも民営化に合意はしていない。でも、子どもたちの最善の利益を守るためにとりくみを続ける」という保護者のみなさんの思いに、市は、誠実に向き合うべきです。
 みなみ保育園の民営化では、1位の法人が辞退したり、引き継ぎ経費を過大に見積もったり、事業者が決まってからもさまざまな混乱がありました。こうしたことを市は検証もしないまま、さいわい保育園の民営化をすすめ、さらにすべての公立保育園を民営化しようとしている…。これからが大事。私も、子どもたちのために最善を尽くしたいと思います。

イソシギ(黒目川)

b0190576_12222915.jpg


by hara-noriko | 2015-12-26 12:22 | Comments(0)

共産党市議団が一般質問   

 9月3日、日本共産党市議団の一般質問が終わりました。自分自身の質問は、いろいろと反省がありますが…。感じた点をまずは、「財政健全経営計画実行プラン」にしぼって、報告します。(質問そのものは、数日後に、インターネット録画放映されます)

【「財政健全経営計画実行プラン」をめぐって】
 市が8月に発表した「財政健全経営計画実行プラン」には、「各種手当の適正化」という項目があります。そして、「ひとり親家庭住宅手当」と「障害者等に係る諸手当」の見直しがあげられています。
16世帯が「ひとり親家庭住宅手当」を受けられなくなる!
 ひとり親家庭住宅手当は、市が実施している事業です。18歳未満の子どもがいるひとり親家庭で、民間アパートなどに住み、所得約360万円以下の方が対象で、月3500円の家賃補助が実施される内容です。
 これを、市は、約192万円以下の所得に切り下げようとしています。そのことによって、現在208世帯受けているうち、16世帯が受けられなくなる、と答弁がありました。えっ…16世帯の方を切るための「実行プラン」なの?…市長は、「持続可能な市政運営のために」とくりかえし発言していますが、これでは、市民のくらしが持続できなくなってしまいます。
あまりに冷たい市長答弁
 ひとり親家庭のくらしのたいへんさ、子どもの貧困問題、市長は理解されているのでしょうか。私は、この切り下げは実施しないように強く求めましたが、市長は「議員のいうこともよくわかるが、実施していく」と。あまりに冷たい…。来年度予算に載せないように、とりくみを強めたいと思っています。
障害者手当は難病福祉手当も含めて統合し、難病福祉手当を切り下げる
 障害者手当は、難病福祉手当も含めて統合しようというもので、同時に、難病福祉手当の金額の切り下げが検討されています。「実行プラン」では、来年度実施、と書かれており、「検討」の文字すらありません。
切り下げ先にありきであってはならな
 しかし、質問するとまだ検討中なので、と何度か答弁が訂正されたり、止まってしまったり…という状況。少なくともこのような状態で、来年度から実施というのは拙速です。法律が「障害者総合支援法」に変わり、また、難病も指定疾病が大幅に増えているので、今後の手当のあり方を検討すること自体は必要です。しかし、切り下げ先にありきであってはいけないと思います。まずは、実態をよく把握し、時間をかけて検討することが必要です。
市民のくらしを支えることこそ自治体の仕事
 私は、「財政が厳しい」といいながら、まず社会的に弱い立場にある人たちへしわ寄せするというやり方には、反対です。自治体の運営はつねに見直しが必要ですが、見直すポイントが違います。市民のくらしを支えることこそ、自治体の仕事です。予算特別委員会でもそうした考えをもとに議論したいと思っています。

【「実行プラン」と保育園民営化をめぐって】
 「実行プラン」には、保育園民営化の次期対象園は明示されていません。一方で、給食の調理業務委託を2園実施することが明記されました。
年度内に次の民営化園を明らかする、と市長が答弁
 ところが…私の質問の前、富田議員(民主)の質問時に、市長は、年度内に次の民営化園を明らかにする旨の発言をしました。保護者・市民の反対や不安の声を押し切って、さいわい保育園民営化を強行しつつ、次の民営化園も出そうということです。しかも、さいわい保育園民営化の事業者候補選定委員会には、保護者は委員として入れない、というのです。…厚生委員会で引き続き議論します。

キバナコスモスの蜜を吸うナミアゲハ
b0190576_00372547.jpg


by hara-noriko | 2015-09-05 00:37 | 市政報告 | Comments(3)

保育合研で学んだこと   

 保育合研(全国保育団体合同研究集会)は、1万人を超える参加で幕を閉じました。私は、公立保育園民営化を考える分科会で学びました。昨年は人数が少なく、その分いろいろと交流できましたが、今年は40人ほどの参加で、時間が足りないぐらいでした。全国各地の取り組みは、地域の状況にあわせながら、創意工夫にあふれています。民営化問題は、「この取り組み方が絶対に正しい」というモデルがあるわけではなく、それぞれの場所でそれぞれ考えあいながら進めることが大事だと思います。
公的保育を守る意味
 各地の報告を聞きながら、改めて、公的保育を守る意味と子どもにとってどういう保育がいいのか、ということを考えることの大事さを感じました。「早期教育」や「目玉保育」ではなく、食べる・寝る・遊ぶことを子どもたちに十分保障し、そのなかで発達を支える保育(教育)をすすめる努力を続けている東久留米の公立保育園の役割は大きいと思います。もちろん、すばらしい実践をしている民間保育園も多々あります。それぞれが共存し、東久留米の子どもたちを支えていってもらえたら…。並木市長の全園民営化方針は撤回してもらわなければ、と強く思いながら帰ってきました。

首相補佐官、自民党国会議員の暴言 戦争法案は廃案しかない
 さて、戦争法案。「法的安定性は関係ない」などという暴言をはいた磯崎首相補佐官は辞任を拒否。首相も更迭せず。今度は、自民党の現職国会議員がツイッターで、SEALDs(シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動)のとりくみについて、「戦争行きたくない」という自己中心、利己的考えだと非難。信じられません。許されません。次々と問題が出てきていて、これで法案を通そうなどとはありえないです。4日(火)朝の市議団の駅頭宣伝でも「がんばろう」など激励の声が寄せられました。

みこしを担いで舞台を回る園児たち=保育合研の全体会で
b0190576_23472357.jpg

by hara-noriko | 2015-08-04 23:47 | 活動日誌 | Comments(3)

本当にたまらない気持ちです   

理不尽にも さいわい保育園民営化の事業者公募が始まった
 本当にたまらない気持ちです。さいわい保育園民営化の事業者公募が今日から始まりました。東京都福祉保健局のホームページに出ています。どうしてこんな理不尽なことができるのでしょう。言葉を失います。
「保護者の合意のないまま強行しないで」という住民の要望を切り捨て
 6月23日の住民説明会に出席した近隣住民有志の方たちが、都と市に要望書を提出していましたが、その回答も今日ファクスで市から来たそうです。
 住民の方の要望は、(1)保育園の保護者の合意がないまま、強行しないでください(2)平日の夜1回だけの説明会では、出たくても出られない住民が多くいました。土日を含め、時間も変えて、説明会を改めて開いてください。その間、事業者公募は行なわないでください(3)23日の説明会での質疑応答についてプリントし、近隣住民に配布してください―というもの。唯一、(3)については何らかの形でお知らせするとのことで、それ以外は、ゼロ回答です。
問われる市長の責任
 保護者の合意がなくても、住民が不安を訴えても強行する…。いったん立ち止まって市民の声に耳を傾けることすらしない…。行政って何なのか? 誰のために仕事をするのか? そして、なぜ、市長はこんな状態なのに問題の整理すらしないのか?
 今日で6月議会は終わりましたが、さいわい保育園問題は事業者公募の強行という新たな始まりです。絶対にあいまいにすることはできません。

カタバミ
b0190576_21570186.jpg

by hara-noriko | 2015-06-29 21:57 | 市政報告 | Comments(2)

私の一般質問から   

 一般質問が終わりました。自分自身の質問については、いつものことですが、多々反省…。不十分だったことは、今後引き続き取り組んでいきたいと思います。いろいろと報告したいこともありますが、すぐに厚生委員会があるので、しぼってお伝えします。
さいわい保育園民営化 一気に強行する動き
 先日このブログでもお伝えしましたが、さいわい保育園民営化がここで一気に強行される動きです。私は、保護者に相談もなく、話し合いもないまま、6月23日に住民説明会を行うのはおかしい、中止するように求めました。担当課は、「ぎりぎりまで遅らせてきたが、平成29年(2017年)4月の民営化を考えればもう遅らせられない」との趣旨の発言。民営化のスケジュール先にありきですね。
 今回の住民説明会が実施されれば、その後すぐに事業者の公募に入るというスケジュール。見切り発車です。さいわい保育園の保護者のみなさんから、今議会に「市はさいわい保育園保護者を切り捨てず話し合いを求める請願」が提出されているにもかかわらず…。
市は保護者の思いと向き合うべきです
 全議員に保護者から、『ひまわり』(これからのさいわい保育園を考える会のニュース)が届けられました。そのタイトルは、「委託法人も どんな園になるか スケジュールも 何も決まっていない園に子どもを預ける承諾はしていません! 『入所承諾書』の転園の承諾をしているかのような記載に対して、すべての世帯が申立人となり、東久留米市長に異議申立書を提出しました!」と。市は、いったん立ち止まり、市民と向き合うべきです。厚生委員会で議論します。(*すべての世帯とは、今年度入園した人たちです。)

これでいいのか「教育大綱」
 市長が主宰する総合教育会議で「教育大綱」が策定されましたが、昨年8月に策定したばかりの「東久留米市教育振興基本計画」には書いていないことが盛り込まれたり、新たな表現に変えられたものなどがあります。そもそも、「基本計画」は市の教育における最上位計画と明記されているのに、そこをこえて「教育大綱」がつくられることはどうなのか。しかも、その「教育大綱」について、市民意見を聞く手続きをふまないことはいかがか…。という問題意識で質問しました。
市民参加でつくった「基本計画」より市民参加なしの「教育大綱」が優先するのか
 市長答弁は、パブリックコメントなどをやる考えはない、と。また、「教育大綱」にもとづいて、「基本計画」をいずれかの時期に改定するとの教育長答弁でした。つまり、どんなに「基本計画」などを市民参加で決めても、常に「教育大綱」にもりこんだものが優先し、それにそって「基本計画」自体が書き換えられていく。しかも、「教育大綱」についての市民意見を聞く手続きはとらないのですから、総合教育会議で決めればそれが絶対になってしまう…、ということにならないでしょうか?
 私の質問の翌日(16日)、沢田議員(公明)の質問に対し教育部長が、大綱にもとづき教育委員会で基本計画を改訂していくかどうかは慎重に検討していく旨の答弁がありました。私の質問に対する教育長答弁とは違いがあることから、議事進行をかけました。教育長は、「違いはなく、私としては、大綱にもとづき基本計画を改訂する必要があると考えるが、それは合議制の教育委員会で決めていくもの」との趣旨の発言。私に対する答弁の訂正はありませんでした。
パブリックコメントの実施はあってしかるべきではないか
 今回の「教育大綱」には、基本計画では具体化されていない、学校統廃合問題も推進の方向が示されていたり、教科書採択についての記述があったり、グローバル教育が強調されたり、学童保育と放課後子ども教室の連携について示したり、とその中身がどうかという以前に、「基本計画」以上の記述があります。せめてパブリックコメントを実施するなどの手続きはあって然るべきではないでしょうか? もともとの新制度の問題点・矛盾点を感じますが、なんといっても試金石は、市民の声を聞くかどうか、にある…。引き続き、勉強して取り組みたいと思います。

カタバミ
b0190576_21313616.jpg


by hara-noriko | 2015-06-16 21:32 | 市政報告 | Comments(3)

よりよい保育をめざして   

勉強になった保育問題連絡協議会の総会
 6月13日午後、保育問題連絡協議会の総会へ。全議員にご案内をいただき、私は、共産党市議団を代表して出席しました。市民自治フォーラムの間宮議員と白石議員も出席されていました。
 民営化問題、待機児問題、保育料・学童保育料問題、非正規の保育士さんの処遇改善についてなど、それぞれ現場からの報告や発言もあり、とても勉強になり、考えさせられました。とくに、どの報告・発言も、子どもたちのことを一番に考えていることが特徴で、グッときました。今、ここにきて、さいわい保育園の民営化が一気に進められようとしていますが、子どもたちのことを一番に考えてとりくまなければ、と思いました。

市議会 さいわい保育園民営化のスケジュール示される

 さいわい保育園の民営化について、他の議員の一般質問のなかでスケジュールが示されました。また、議会の各会派にも担当課より情報提供がありました。
 6月23日に、都有地を活用しての保育園整備について、東京都が住民説明会をおこない、29日には事業者公募をはじめ、年内には事業者を決定し、2017年(平成29年)4月に新園オープン、というものです。住民説明会は予定地の周辺100メートル以内の住民が対象。
保護者の合意もないまま問答無用で強行するのか
 3月議会以降、保護者との話し合いもなく、入園承諾書の記述をめぐって保護者から異議申し立ても出ているなかでの強行です。東京都はあくまで都有地を保育園にすることについて、近隣住民の声を聞くということであり、民営化の問題を話し合うわけではない、とのこと。しかし、事実上、この説明会が終わればそのまま公募がスタートするのです。
 ではどこで、今回の民営化の進め方の問題を問えばいいのでしょう? 結局、保護者合意のないまま、問答無用で強行するということですよね…。こんなことがあっていいのでしょうか。
議会で議論した
 私は、一般質問のなかで、まず、3月議会後行政として何をやってきたのか、今後どんな風にすすめるつもりか聞き、限られた時間のなかですが議論したいと思います。もちろん、厚生委員会でもとりくみます。

カルガモのヒナ(黒目川)
b0190576_23413670.jpg

by hara-noriko | 2015-06-13 23:42 | 市政報告 | Comments(0)

市が一方的に説明会開催へ さいわい保育園民営化   

保護者のみなさんが抗議
 19日(日)午後6時半より、市民プラザホール(市役所1階)にて、さいわい保育園民営化についての市民説明会が開かれます。事前に、保護者にいっさいの相談もなく、突然の開催。保護者のみなさんは、抗議するとともに、説明会の延期を求めましたが、市は予定どおり開催するとしています。延期のお願いすら受け止められないのか…と本当に驚きます。
市は市民と向き合え、と
 また、市民説明会は保護者も要望している、というように市側はいいますが、それは話をすりかえていると思います。そもそも、保護者への説明会を実施して、民営化を強行しようとしている市に対し、民営化は今の園児と保護者だけの問題ではない、市民全体にかかわること、と保護者は説明してきているのです。決まったことを押しつけるのでなく、きちんと市民と向き合うべきだ、と保護者は訴えてきているのです。今回のような、一方的な市民説明会を強行することは、一度たりとも要望していないのです。
問われる市長の姿勢
 こうまでして進めなければならない民営化とは何なのでしょう。先生も入れ替わり、保育が変わる民営化の中におかれる子どもたちの負担は、なぜ軽視されるのでしょう。…当日は、保護者のみなさんが、どのように発言されるのか、聞かせていただきたいと思います。なお、並木市長も出席予定とのこと…どういう姿勢で臨まれるのか、注目されます。


by hara-noriko | 2014-10-18 01:28 | 市政報告 | Comments(0)

保育園民営化の説明会 市がいきなり開催へ   

 どうして、こういうことになるのだろう…。憤り、というか、なんとも悲しい気持ちです。市は、突然、「さいわい保育園民営化に関する市民説明会」を、10月19日(日)午後6時半から、市民プラザホールでおこなうと発表しました。担当部長に「保護者の合意はあるのか」と聞くと、「特にそういうことではないが、お知らせは行なった。市の責任で行う説明会」とのこと。
保護者に通知したときは、市報に載ってしまっている状態
 でも、このお知らせ、保護者から議員に配布してくださった手紙を読むと、25日に代表の保護者に1枚の通知があっただけ。そして、「広報ひがしくるめ」(市報)10月1日号で全市民に対し説明会の告知をしているのです。つまり、保護者に通知したときは、市報に載ってしまっている状態だということです。そんなやり方があるでしょうか。
説明会を中止して再考すべきです
 市は、これまでは、保護者との対話をすすめていきたいとし、市民説明会には否定的でした。それをここで方向転換したということでしょうか? この市民説明会をおこない、「説明は終わった」とするのでしょうか? 保護者との意見交換会もはじまったばかりなのに、合意のないまま強行しようということでしょうか?
 市は、いったん説明会は中止し、再考すべきです。

子ども・子育て支援新制度の説明会 3回とも夜なのはなぜ
 子ども・子育て支援新制度の説明会が、10月20日(月)午後7時~東部地域センター、22日(水)午後7時~市民プラザ、24日(金)午後7時~西部地域センターで行われることになりました。10月1日の市報にくわしく載っています。これはよかったです!…ただ…なんで3回とも夜7時なのでしょう。保育はあるとはいっても、小さい子どもさんのお父さん・お母さんが参加することを考えると、土日の昼間の開催もあったらいいのでは…。参加者の声を聞いてぜひ検討してもらいたいと思います。

「広報ひがしくるめ」10月1日号
 さいわい保育園民営化説明会PDF版はこちらから
 子ども・子育て支援新制度説明会PDF版はこちらから
 ダイジェストHTML版はこちらから(2つの説明会が読めます)
  (ダイジェストHTML版の方がパソコンの負担が軽いです)

by hara-noriko | 2014-09-29 23:56 | 市政報告 | Comments(0)