タグ:宮本徹 ( 17 ) タグの人気記事   

比例は共産党 東京20区は宮本徹さん   

比例は共産党
 あす10月22日は、総選挙の投票日です。台風が近づく大変なお天気になっています。みなさんの一票一票を無駄にしないように、ぜひ投票にお出かけいただきたいと思います。その一票一票が政治を変えます。政党を選ぶ比例代表は、一票一票の積み重ねで議席が決まります。無駄になる票はありません。比例代表は、日本共産党へお寄せいただき、一票を活かしていただきたいと思います。

東京20区 宮本徹候補と一緒に最後の訴え
 最終日の21日午後、東京20区(東村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市)の宮本徹候補といっしょに東久留米市内で最後の訴えをしました。日本共産党公認で東京比例候補でもある宮本さんは、立憲民主党、社民党、自由党だけでなく、「市民連合」をはじめとした幅広い市民のみなさん、無所属市議のみなさんたちの応援を受けて、「市民と野党の共同候補」として訴えぬいてきました。

「今、あなたに入れてきた」
 きょうも雨。しかし、声援をたくさんいただいて、うれしかった! 期日前投票を済ませた人が通りかかり、「今、あなたに入れてきたよ」と宮本さんに伝えてくれました。10代のかわいい女の子2人がずっと聞いてくれて、拍手してくれました。宮本さんが「おじさんの話し難しかった?」と聞いたら、「大丈夫です。投票したいな。応援します」と。宮本さんはパパの笑顔になりました。

笠井亮比例候補も駆けつけて
 夜、宮本さんといっしょに清瀬駅前で「おかえりなさい宣伝」をしました。拡声器を使えない時間なので、肉声です。後援会やサポーターズの人たちがたくさん集まってくれて、元気いっぱい。笠井亮比例候補が駆けつけてくれて、比例1位の笠井さんと2位の宮本さんが並ぶという豪華な顔ぶれに。電車を降りてきた人たちから握手を求められ、「入れたよ」「入れるから」という声をたくさんかけていただきました。
 宮本さんをこの東京20区からなんとしても国会に押し上げたい。「比例は共産党」「東京20区は宮本徹さん」。最後の最後までがんばりぬきます。


東久留米市での最後の訴えをする宮本徹候補
b0190576_23562471.jpg
私もいっしょにスピーチ
b0190576_23562816.jpg
(撮影:長島可純 上の2枚↑ 転載はお控えください)

清瀬駅前で、おかえりなさい宣伝
笠井亮さんも駆けつけて一気に盛り上がる
b0190576_23561721.jpg
b0190576_23563153.jpg
b0190576_23563411.jpg
b0190576_23563838.jpg




by hara-noriko | 2017-10-21 23:58 | 選挙 | Comments(0)

安倍自民党に都議選以上の審判を   

 日本共産党の宮本徹候補は、東京20区(東村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市)の市民と野党の共同候補です。東京比例候補でもあります。その宮本さんの訴えが共感を広げています。スピーチの大要を紹介します。


【宮本徹候補の訴え】

市民と野党の共同候補として全力
 市民と野党の共同候補としてたたかっております日本共産党の宮本徹でございます。この選挙戦、私たち日本共産党は、数におごり憲法を壊す安倍さんの政治を終わらせるために、そして、戦争をしないと誓った平和憲法をしっかり守るために、多くの選挙区で私どもの候補者の取り下げも含めて、同じ思いをもつ立憲民主党、社民党、無所属のみなさんと候補者を一本化してまいりました。この東京20区で一本化されたのが、私、宮本徹でございます。
 日本共産党に投票されたことがないみなさんもたくさんいらっしゃると思いますが、平和憲法を守り、戦争しないこの国を次の世代にしっかり手渡すために、安倍さんの政治を終わらせるために、今度は宮本徹に政党支持の違いを超えて、みなさんの一票を託してください。この東京20区からも自民党の議席をなくして、安倍政権を退場に追い込む審判をご一緒に下していこうではありませんか。

森友・加計学園 安倍首相の疑惑隠しは許されない
 私は、森友学園・加計学園の疑惑を国会で徹底追及してまいりました。庶民には増税を強いながら、総理の夫人が関与したらゴミは深いところになかったのに、国有地をただ同然で払い下げるのか(森友学園疑惑)。おかしいじゃありませんか。総理のご友人だったら、どうして獣医学部新設の特権がもらえるのか(加計学園疑惑)。あまりにも政治が歪みすぎています。
 私たち都民は、7月の都議会議員選挙で、安倍さんの政治にお灸をすえました。安倍さんは反省したでしょうか。私は臨時国会で森友学園・加計学園の疑惑を追及する準備をしていました。ところが安倍さんは追及から逃れるために、憲法の規定にもとづいて召集された臨時国会を冒頭解散。疑惑隠しです。都議選の結果から反省もできない。疑惑隠しのためには憲法も無視する。こういう方にはお辞めいただくしかないではありませんか。この東京20区から、都議選以上の審判を下していこうではありませんか。

北朝鮮問題 あまりにも危うい安倍政治
 平和を守るためにも、いまの安倍さんの政治を続けさせるわけにはまいりません。いま、北朝鮮とアメリカの問題で、戦争になったら大変だ、直接対話をすべきだ、と世界中で多くの人たちが声を上げています。
 ところが安倍さんだけは、トランプ米大統領に追随して、今は対話のときではないといって、圧力一辺倒です。それだけではありません。トランプ大統領が北朝鮮に先制攻撃する選択肢をもっていることについて、安倍さんだけが支持すると表明しています。あまりにも危うい外交ではありませんか。
 私、国会で総理に言ったんです。そういうことになったら韓国にも日本にも大変な被害が出る。あなたがやるべきは、トランプ大統領に戦争という選択肢は絶対にとってはならない、と説得することだ、と。しかし、安倍さんは聞く耳をもちません。戦争という選択肢を考えている方に、この国の運命を委ねるわけにはいきません。

憲法にもとづいて平和的・外交的解決に向けて努力する政治こそ
 私たちの国には、戦争をしない、国際紛争を解決するために武力の行使も武力による威嚇もしない、と明記した憲法があります。この国の政府がやるべき仕事は、この憲法にもとづいて、アメリカと北朝鮮との間に入って、平和的・外交的解決に向けて努力することなのではないでしょうか。直接対話の実現に向けて努力することではないでしょうか。私は、そういう政治をつくっていきたいと思います。反戦・平和で95年。平和を守るためにがんばってきた日本共産党を伸ばしてください。市民と野党の共同候補、私、宮本徹を勝たせてください。

大企業や富裕層に顔を向けた政治を転換
税金はくらしの応援一番に
 暮らしを守るためにも、いまの安倍さんの政治を続けさせるわけにはまいりません。新しい政治に切り替えたい。
 年金は削減される。医療や介護の負担は増える一方です。せっかく特別養護老人ホームに入れたのに、安倍さんが入居料を引き上げたために払えなくなって退所せざるをえなくなった。こんな悲鳴が全国であがっています。あまりにもひどい話です。
 その一方で安倍さんは、自民党にたくさん献金をしてくれる方には、税金をばらまいております。ゼネコン業界。大型開発は安倍さんのもとで1兆5000億円増えました。大企業には4兆円の減税です。
 応援する相手が間違っているのではないでしょうか。これだけのお金があれば、減らない年金制度をつくるべきです。老後を安心して暮らせるように特別養護老人ホームをつくっていく。介護のサービスの取り上げはやめるべきです。
 私のモットーは「税金はくらしの応援一番に」です。ひきつづき、国会でがんばらせてください。

消費税の増税分は大企業・富裕層への減税で消えた
99%の国民に顔を向けた政治に切り替えましょう
 安倍さんの政治でもっとも歪みがあらわれているのが、税金の集め方です。
 安倍首相はこんどの選挙で、8%に引き上げた消費税を10%に引き上げると公約しました。消費税は、所得が少ない人ほど負担が重い弱い者いじめの税金です。消費税増税に頼らなくても財源はある、と国会で何度も提案してきました。
 国の税収は年間55兆円台です。25年前、消費税が3%だったときとほとんど変わっていないんです。消費税収だけは12兆円も増えました。しかし同じ期間に、大企業への減税や富裕層への減税が拡大されて、消費税で増えた分が消えてしまいました。増税するときは「社会保障のため」といいながら、社会保障に回る前に大企業や富めるみなさんの減税に消えてしまった。こんな政治をこれ以上続けさせるわけにはいかないではありませんか。
 企業・団体献金にどっぷりつかった自民党政治が、みなさんの暮らしを苦しめているおおもとです。1%の大企業・富裕層に顔を向けた政治から、99%の国民に顔を向けた政治に切り替えようではありませんか。大企業・富裕層に元通りの負担をお願いすれば、私のライフワークである教育の無償化もできます。社会保障を拡充することもできるんです。そういう政治をご一緒につくっていこうではありませんか。
 企業・団体献金をもらっていない日本共産党を大きく伸ばしていただきたいと思います。

日本共産党が伸びれば政治が変わります
比例は共産党
 前回の総選挙で、日本共産党は3倍近くに伸ばしていただきました。この力が、市民と野党の力で政治を変える新しい流れを日本の政治につくりだしました。今月1日に投開票された武蔵野市長選挙でも、野党共闘がみごとに勝利して、市民が主役の市政になっています。
 この総選挙で日本共産党がさらに伸びれば、野党共闘がさらに発展して自民党政治変わる新しい政治をつくる受け皿になります。
 平和を守る、暮らしを守る、憲法を守る新しい政治へ、比例代表では日本共産党を大きく伸ばしてください。

東京20区 宮本徹を勝たせてください
 ここ東京20区では、私、宮本徹を勝ち抜かしてください。私と自民党との争いになっています。どうか、みなさんの思いはこぞって宮本徹にお寄せいただいて、勝ち抜かせてください。よろしくお願いいたします。


山添拓参院議員(右)も応援

b0190576_14410689.jpg

私もいっしょに訴え

b0190576_14411310.jpg
b0190576_14412284.jpg
b0190576_14412767.jpg
b0190576_12424694.jpg






by hara-noriko | 2017-10-19 14:43 | Comments(0)

熱気と感動 東京・立川の共産党街頭演説   

雨の中、人、人、人
 10月16日、東京・立川駅北口にて、日本共産党の街頭演説がありました。雨も降り、寒い中、デッキの上も下もギッシリ。立ち止まって聞いてくださる方も多く、はるか遠くにも足を止めてこちらを見ていたり、大きく手を振って「がんばれ」と合図をしてくださる方がいたり。私は司会をしたのですが、まさに、市民と野党の共同を真剣に追求するなかでの街頭演説になり、感動的でした。

市民連合の広渡清吾さん 「共産党へ絶大な支持を」

 まず最初に、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の呼びかけ人のひとり、広渡清吾さん(元東京大学副学長)のごあいさつ。広渡さんは、共産党が誠実に、たじろがず、市民と野党の共闘路線を断固として維持し、安倍政権打倒の先頭に立ってくれたと述べ、「共産党へ絶大な支持を」とよびかけてくださいました。

立憲民主党 菅直人さんからメッセージ
 続いて、東京18区候補、立憲民主党・菅直人さんからの「安倍政権を打倒するためともに頑張りましょう」とのメッセージを紹介。

東京21区の野党共同候補 社民党の小糸けんすけさんがあいさつ
 そして、野党共同候補・社民党小選挙区東京21区候補の小糸けんすけさんが駆け付け、あいさつをしてくださいました。憲法を守る熱い思い、野党共同候補として勝ち抜く決意を述べられました。21区での野党共同を実現するために、立候補をとりやめた共産党の田川豊さんも隣にならび、聴衆から大きな拍手が!
 民進党の希望の党への合流の動きにより、いったんは市民と野党の共同が分断される動きがあったところから、よくここまでみんなでおしかえしたな…共同をこわさないために共産党として役割を果たせたことを誇りに思いました。

共産党の比例候補 谷川智行さんの訴えに感動
 次に、日本共産党の谷川智行比例代表候補が訴え。胸を打たれました。医師として庶民の痛みに寄り添い続けている話に、みんな聞き入りました。子どもさんが過労自殺をしたお母さんが、ずっと自分を責め続けている姿…。ホームレスの方たちへの継続した支援…。政治を変える熱いい思い。こういう人を国会に送らなければ、と強く思いました。谷川さんは比例の4番目。なんとしても「比例は共産党」で押し上げたい。

東京20区野党共同候補 共産党の宮本徹さんが「勝ち抜く」と
 そして、東京20区(比例重複)の宮本徹さんが訴え! 市民と野党の共同候補となり、どんどん支援の輪が広がっている。必ず勝ち抜く決意を語りました。

志位和夫委員長 「選挙結果を決めるのはみなさんの1票1票」
 最後の弁士として訴えた志位和夫委員長からも、「20区で勝ち抜かせてほしい」と。「もり・かけ」問題でも追及の先頭に立ってきたことなど、宮本さんの実績を紹介しながらの訴えが。そして、「比例は共産党」を心をこめて訴え。選挙結果を決めるのは世論調査ではなく、みなさんの1票1票だと。大きな拍手、手拍子、声援がしばらく続く状況になりました。

20代の若者から感想が
 20代の若い方から感想が。「志位さんが、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)がノーベル賞をとったこともちゃんと言ってくれて、すごく良かった。世界からみたら、安倍政権が少数派だとわかった」「学費無償化を共産党もちゃんと言っているんだと知った。与党がポスター貼っているから、与党だけなのかな、と思っていたので…。しかも消費税に頼らない提案なんだ、と知ってうれしかった」


ぎっしり人で埋まった東京・立川駅前(16日)
b0190576_23281740.jpg
「ご支持の輪を広げてください」(16日)
b0190576_23283916.jpg

東京・清瀬駅前で訴える宮本徹候補(18日)
宮本さんの左は、ふせ由女(ゆめ)清瀬市議(無所属)
b0190576_23285892.jpg
b0190576_23290311.jpg
b0190576_23290953.jpg

清瀬市民連合から、小林二男・東京外国語大学名誉教授が応援
18日夕、清瀬駅前
b0190576_23293941.jpg
市民連合の呼びかけ人、佐藤学・東京大学名誉教授が応援
18日夕、清瀬駅前
b0190576_23294310.jpg


b0190576_12424694.jpg




by hara-noriko | 2017-10-18 23:31 | 選挙 | Comments(0)

市民のみなさんと共にすすむ共産党と宮本徹さん   

日本共産党街頭演説@東京・東久留米駅前
 10月15日午後、東京・東久留米駅西口でおこなわれた日本共産党街頭演説。雨で寒い中、たくさんの方に来ていただきました。ありがとうございます!
 「選挙で変えよう東久留米市民連合」の内田知行さん(大東文化大学教授)のあいさつに続き、私もスピーチ。都議選で実感した、政治を動かす市民のみなさんの力が、さらに広がっていること。宮本徹さん(前衆院議員、東京20区・比例代表重複候補)が地域にとってもなくてはならない政治家だということ、しかもそのことを無所属の市議の方も応援スピーチしてくださっていること、市民と野党の共同をさらに強めるために比例は共産党を、と訴えました。

宮本徹候補の訴えに「ジーンとした」
 私に続いて宮本候補が訴え。「強気を助け、弱気をくじく政治は許さない、という気持ちが伝わり、ジーンとした」という感想をいただきました。

私も聞き入ってしまった不破哲三さんの訴え
 最後に不破哲三前議長! 本当にすごいです。宣伝カーの急なはしごも昇り降り。不破さんにしか語れないお話。未来まで見据えたスケールの大きさ。宣伝カーの上に一緒に立っていることも忘れそうなぐらい、聞き入ってしまいました。
 19歳の方からのメールをいただきました。「不破さんのICANの話と沖縄の話が良かったです。憲法に触れ世界平和の思いが沁々と伝わりました。消費税って経団連が言い出したんですね。希望の党の話が分かりやすかったです」と。
 ICAN(アイキャン)は、「核兵器廃絶国際キャンペーン」という国際NGOです。先日、ノーベル平和賞を受賞しました。

動画もアップされています
 当日の動画がネットに紹介されています。この記事の下にリンクを貼りました。ぜひ、ご覧ください。


【私のスピーチを紹介します】

都議選の結果が総選挙につながっています
 7月に行われました都議会議員選挙では、本当に大きなお力添えをいただきまして、都政の場に送り出していただきました。定数2のこの地域から、その壁をみなさんと一緒に乗り越えることができました。
 きょう司会をしている尾崎あや子都議会議員は、北多摩1区(東村山市、武蔵村山市、東大和市)で再選をかちとり、北多摩4区(清瀬市、東久留米市)では私が初めて選出していただきました。この結果、衆院東京20区(5市)の地域には、自民党の都議会議員はいなくなりました。
 それが今度の都議選の1つの結果になり、いまの衆院議員選挙につながっています。

市民のみなさんの議席
 都議選のなかでたくさんのことを学びました。なかでも確信になったことは、市民のみなさんの力は本当にすごい、ということです。市民のみなさんの力によって、定数2の壁を突破する。そういうところにまでなりました。
 都議選が終わったあとに、地元の方たちから声をかけられました。「原さんを応援すると決めて、名前を出して応援した。このことは勇気が必要だったんだよ」といわれました。そういう何人もの方の決断で、この地域で共産党の議席をかちとったわけですが、これはまさに、市民のみなさんの議席だと実感しています。市民のみなさんの議席に恥じない活動に全力をつくしていきたい、と決意しています。

共同の輪がさらに広がっています
 都議選の経験を踏まえて、きょう一番いいたいことは、そのときの共同の輪がさらにさらに広がって今に至っている、ということなんです。
 「宮本徹さんを応援しよう」という人たちは、市民連合のみなさんや、さまざまな地域の市民団体のみなさんなど、垣根を越えて広がっています。5市の地域の社民党の市議会議員の方、無所属の市議会議員のみなさん、無所属市議のなかには民主党総支部の代表をされていた方もいらっしゃいます。

共同の輪がさらに広がって
宮本徹さんを東京20区から押し上げることができる
 こういう方たちで、「宮本さんをこの地域から押し上げよう」「安倍政権をやめさせて、憲法9条を暮らしを守ろう」の声が大きく広がっています。こんな大きな広がりは、これまでなかったことではないでしょうか。この力をもってすれば、必ず宮本さんを東京20区から押し上げることができる、と日々その気持ちを強くしています。
 第一声のときも、無所属の市議の方がこういうふうにいってくれました。「宮本さんを送り出したい。宮本さんは地域にとってかけがえのない人なんだ」と。私は感動しました。私自身も、宮本さんと一緒に活動していて、この方は本当に地域にとって欠かせない、必要な国会議員だ、ということを毎日感じています。

小児医療、周産期医療、高齢者福祉、障害者福祉
国にどんどん働きかけています
 宮本さんは、どんな小さな声にも耳を傾けてくれて、「その声を実現する、あるいは問題を解決するためには、国にもどんどん働きかけようと」といつもいってくれます。
 清瀬小児病院廃止後の問題でも、まだまだ小児医療や周産期医療が不足しています。そういうなかで、宮本さんと尾崎都議、5市の市議が協力して、病院を訪ねています。以前は会ってくれなかった病院も、地元の国会議員の宮本さんが来るということで、会ってくれました。地域の要求や問題を実現・解決するために先頭に立っているのが、宮本徹さんです。
 この地域の高齢者福祉、障害者福祉を充実していくために宮本さんは、直接国と交渉する場を何度も設けてくれています。

公立保育園全廃計画に対しても
 東久留米市では公立保育園の全廃計画が立ち上がっています。宮本さんは「とんでもない計画だ。児童福祉法にもかかわる問題だから、国にも話した方がいいよ」といってくれました。実際に国との話し合いの場をもってみたら、国の担当者でさえも「保護者のみなさんに知らせもしないで廃止計画を決めてしまう。これは信義則に反するのではないか」といわざるを得ない。こういう発言を引き出してくれたのが、宮本徹さんなんです。

地域の代表としてもっともふさわしい
 私は、この方は地域の問題を解決するために真剣なんだ、と実感しました。こういう方こそ、地域の代表としてふさわしいのではないでしょうか。
 今度は宮本徹さんをなんとしても東京20区、この地域の代表として、みなさん一緒に送り出していきましょう。心から呼びかけます。

比例は共産党 この党を大きく伸ばしてください
 宮本徹さんに存分に働いてもらうためにも、比例代表は共産党、比例代表で共産党を大きく伸ばしてください。私たちは市民のみなさんとともに運動し、行動していく、要求を実現するために一貫して取り組む、そこからブレずにがんばってまいります。この日本共産党を大きく伸ばしていただきますよう、重ねてお願い申し上げます。


日本共産党街頭演説のライブ録画です




(前列右から)宮本徹候補、不破哲三さん、原のり子

b0190576_03402644.jpg


左は尾崎あや子都議

b0190576_03411406.jpg
b0190576_03403236.jpg
b0190576_03412964.jpg
b0190576_03413552.jpg

(撮影:長島可純 上の5枚 転載はお控えください)

スピーチする東久留米市民連合の内田知行さん

b0190576_00560412.jpg
b0190576_03414173.jpg
b0190576_12424694.jpg






by hara-noriko | 2017-10-17 12:36 | Comments(0)

宮本徹さんは市民と野党の共同候補   

 総選挙が始まり、ここ東京20区(東村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市)で必勝を期す宮本徹さんとともに訴えています。東京20区は、市民と野党の共同候補・宮本徹さんのほか、自民前職、希望の党新人の3人が1議席を争っています。自民・希望とも憲法9条を変えようとしている改憲勢力です。安倍暴走政治を支える勢力には負けられない。市民と野党、無所属の市議が力を合わせて宮本徹さんを応援しています。そうした新しい状況を紹介しながらスピーチしました。

☆    ☆    ☆    ☆

市民が動けば政治を変えられる

 みなさんこんにちは。都議会議員の原のり子です。7月におこなわれた都議会議員選挙では、みなさんの大きなお力添えをいただいて、都政の場に送り出していただきました。いま、強く確信していることがあります。市民のみなさんの力はすごい。市民のみなさんが動けば必ず政治は変わる、ということです。このことを定数2の都議選のときに実感しました。

都議選より幅広い共同が実現

 そしてみなさん、都議選のときよりも市民のみなさんの共同の輪が大きく広がっているのが、今なんです。宮本徹さんを応援しようという人たちは、都議選のとき以上に広がっています。市民連合をはじめとした幅広い市民のみなさん。社民党のみなさん。立憲民主党の応援もあります。さらには、無所属の市議の方々も宮本さんを応援しています。

無所属の市議たちが「宮本さんを勝たせてほしい」と
 無所属の東大和市議、中野しのぶさんは、以前、5市で構成する東京20区の民主党総支部を代表していた方です。その中野さんは、「この20区で安倍政権にノーといえるのは宮本さんしかいない。私は共産党とは立場は違うが、宮本さんをぜひ勝たせていただきたい」と街頭で訴えています。清瀬市議のふせ由女(ゆめ)さん、東村山市議の島崎よう子さん、朝木直子さん、いずれも無所属の市議さんが宮本さんを応援しています。
 これだけ広がったのは、初めてのことではないでしょうか。この力をもってすれば、必ず宮本さんを国会に送り出すことができる、ということを心から訴えたいと思います。力を合わせてがんばりましょう。

宮本徹さんは地域の代表にふさわしい
 宮本徹さんをどうしても国会に押し上げたい。東久留米市を含む東京20区の代表として送り出したい。その思いをのべます。
 私はこの間、宮本さんと一緒に活動しています。何か問題が起きて宮本さんに相談すると、「それは、すぐ国に行って話をした方がいいよ」と言ってくれ、すぐに交渉の場を設けてくれるんです。都市農業を守る問題でも、高齢者のみなさんや障害者のみなさんの福祉を守っていく問題でも、宮本さんが間に入って国と話し合いを繰り返してきました。

公立保育園全廃計画が1年ストップ
 なかでも、宮本さんの力がすごいと思ったのは、東久留米市がすすめる公立保育園の全廃計画をめぐってアドバイスをしてくれたことです。「この問題も国に行って話をしてきた方がいい」と言ってくれたんです。国会にある宮本さんの部屋に国の担当者を呼んでくれて、話し合いをしました。そのとき厚生労働省や総務省の担当者も、思わず「保護者のみなさんに知らせもしないで保育園を廃止する計画を立ててしまう。これは信義則に反するのではないか」といいました。
 この話をすぐに、「廃止しないで」と運動しているお父さん、お母さんに伝え、市議会でも議論を積み重ねてきました。この公立保育園の廃止計画は、1年ストップしています。この1年の間に、この衆院選挙があり、市長選挙、市議補欠選挙があります。国政・都政・市政としっかり手をつないで、政治を変えていく。公立保育園を守っていく。
 保育園の問題は、若い世代や子どもたちだけの問題ではありません。公の大事な施設を守っていけるかどうか、が問われています。みんなで守っていきましょう。
 そのためにも、どうしても今度の衆院議員選挙で、宮本徹さんをこの地域の代表として国会に送り出したい、と心から訴えます。

比例は日本共産党へ
 こんどの選挙は、2つの投票があります。まずは小選挙区です。この地域、東京20区は宮本徹さん。そして、比例代表はぜひとも共産党とお書きください。
 私は都議会に行って、びっくりしました。いま、街のなかに教育費の負担軽減のポスターが見えるようになりましたよね。実は都議会では、共産党都議団が給食費の負担を軽減するために助成の提案をしました。残念なことなんですが、都民ファースト、公明、自民、民進党が反対して否決になってしまいました。
 宮本徹さんは、教育費の無償化をライフワークとし一貫して取り組んでいる政治家です。この人を本当にこの地域から送り出したいし、筋を通す日本共産党を比例代表で伸ばしていただきますよう、心からお願い申し上げます。


宮本徹さんへの支持を訴える中野しのぶ・東大和市議(無所属)
右は尾崎あや子都議(共産党)
b0190576_02245745.jpg
東大和市で
b0190576_02214267.jpg
東久留米市で私もスピーチ
b0190576_02303740.jpg
b0190576_02214621.jpg
東久留米市民連合と政策協定を調印
b0190576_02220824.jpg
身を乗り出して支持を呼びかける宮本さん
b0190576_02321797.jpg
(撮影:長島可純 5~6枚目 転載はお控えください)



【ボランティア大募集 宮本徹事務所】
人手が足りません! ぜひご協力を!
東京都東村山市栄町2-25-8 エリナスビル1階
西武新宿線・久米川駅南口から徒歩約4分
電話 042(396)6050

b0190576_22450225.jpg




by hara-noriko | 2017-10-12 02:37 | 選挙 | Comments(0)

東京20区 宮本徹候補 気迫の訴え   

 10月10日、総選挙が公示されました。市民と野党の共同で安倍内閣を退陣させましょう。22日が投開票です。
 ここ東京20区(東村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市)は、日本共産党公認の宮本徹候補が、市民と野党の統一候補として自民党の議席に挑みます。希望の党を含めて候補者は3人。「自民党も希望の党も9条改憲を掲げています。憲法を守る候補者は私しかいません。必ず勝ち抜く」と力をこめて訴える宮本さん。この日、東大和市、清瀬市、東村山市では、無所属の市議会議員が応援に立ってくださいました。みんなの力で宮本さんを国会に押し上げましょう。
 東久留米市での第一声は、宮本徹さんが決意の訴えをしました。応援スピーチのなかから吉良よし子参院議員、原のり子を加えた動画を「原のり子チャンネル」で公開しました。ぜひ見てください。

 選挙区は宮本徹さんへ 比例は共産党へ


宮本徹候補(東京20区) 東久留米市での第一声



(右から)宮本徹候補、吉良よし子参院議員、原のり子
b0190576_23090470.jpg
b0190576_23085813.jpg
b0190576_23091261.jpg
b0190576_23091692.jpg
b0190576_23095903.jpg



【ボランティア大募集 宮本徹事務所】
あなたの力をかしてください!
東京都東村山市栄町2-25-8 エリナスビル1階
西武新宿線・久米川駅南口から徒歩約4分
電話 042(396)6050

b0190576_22450225.jpg




by hara-noriko | 2017-10-10 23:10 | 選挙 | Comments(0)

政治を変えるカナメは宮本徹さんと日本共産党   

 9日、衆院東京20区(東村山市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市)から挑戦する宮本徹さんと一緒に東久留米市内の街頭で訴えました。10日はいよいよ総選挙の公示です。私のスピーチを紹介します。

市民と野党の共同で
 日本共産党の都議会議員、原のり子です。7月に行われました都議会議員選挙では、みなさんの大きなお力添えをいただき、都政の場へ送り出していただきました。公約実現のために全力を尽くします。
 この東久留米市、そして清瀬市の地域は、定数2でしたが、市民の力が集まればこういう結果が出せる。私は、市民のみなさんの力を改めて実感しています。
 今度は、総選挙です。都議選以上の市民のみなさんと野党の共同で、この地域からなんとしても宮本徹さんをご一緒に国会へ送り出していきましょう。

宮本徹さんはこの地域に欠かせない人
 宮本徹・前衆院議員は、この地域でみなさんの声を届ける役割を果たしてきた人です。
 とくに、東久留米市がすすめる公立保育園の全廃計画について、この問題をどうやって押し返していくかというときに、宮本さんがアドバイスをしてくれました。「公立保育園をなくすというとんでもない計画については、国にもちゃんと話をした方がいい」といってくれたんです。そして、厚生労働省、総務省と交渉する場を設定してくれて、交渉が実現しました。
 交渉の中で、「保護者のみなさんに知らせもしないで廃止を決めてしまうなどというのは信義則に反するのではないか」と国の役人でさえ認めました。こうした取り組みが力になって、市民の取り組みも進みました。廃止計画は今年4月から1年ストップしています。その間に都議選が終わり、続いて総選挙があり、市長選挙、市議補欠選挙があります。
 国政・都政・市政を担う党議員団としっかり手をつないで政治の流れを変えていく。公立保育園全廃計画にストップをかけていく。そのためにも、ここ衆院東京20区から市民のみなさんの声をまっすぐに国政に届けることができる宮本徹さんをなんとしても押し上げていただきたいと思います。

都議会で給食費の助成提案を葬った自民、公明、都民ファ
 私がもう一つみなさんに訴えたいのは、都議会と小池都知事の問題です。
 今回、都議として都議会に行ってみて、一般の常識とは違うところが都議会にはあることを実感しました。たとえば税金の使い方一つにしても、議員のための黒塗りの車=公用車を22台も用意しています。その維持費などにに2億円近くもかけています。私はこういうことはやめようと取り組んでいます。
 共産党都議団は9月議会で、小・中学生の給食費に対する助成を実現しようと提案しました。月々1000円の助成を東京都の財政から出そうという提案です。これにはネットも賛成してくれました。ところがみなさん、自民党や公明党、都民ファーストの会のみなさんが反対の態度をとりました。公明、自民、民進は、都議選で給食費の無償化を公約していたのに、反対したんです。私はたいへん驚きました。これが都議会の実態です。

9条含む改憲を計画する小池新党
 小池知事は、新しく自分の党=希望の党を立ち上げました。国政に手を伸ばそうとしていたため、共産党都議団は9月議会で質問しました。憲法9条について小池知事は、「9条に限らず改憲を前に進める」と都議会の議場で答弁しました。こういう人たちが総選挙で議席を伸ばしたとしても、自民党の補完勢力が増えるだけで、9条を守る方向には結び付かないことをみなさんに訴えたいと思います。
 憲法9条をしっかり守る。平和な社会を続けていく。そのために力を合わせようではありませんか。そのためにも宮本徹さんを押し上げてください。

比例代表は日本共産党
 そして大事なのは、比例代表でも日本共産党を伸ばしていただくことです。
 前回も共産党を大きく伸ばしていただいて、宮本さんを先頭に消費税の増税にストップをかけてきました。市民と野党の共同の要でもある日本共産党へ、みなさんの大きなお力添えをいただきますよう、重ねてお願いを申し上げます。

【宮本徹さん 10日の行動予定】

10:00 宮本徹事務所前(東村山市栄町2-25-8)
    (尾崎あや子都議)
11:00 東大和市ヨーカドー前
    (応援 中野しのぶ・東大和市議=無所属)
    (尾崎あや子都議)
12:10 武蔵村山市村山団地1101号棟西側
    (応援 中野しのぶ市議)
    (尾崎あや子都議)
14:10 東久留米市 西団地スーパーヤマザキ前 
15:00 東久留米市イトーヨーカドー前
    (吉良よし子参院議員)
    (原のり子都議)
16:10 清瀬駅北口西友前
    (吉良よし子参院議員)
    (原のり子都議)
16:45 清瀬市竹丘緑地公園
18:00 久米川駅南口
    (応援 島崎よう子・東村山市議=無所属)
    (応援 市民連合の広渡清吾元東大副学長)
    (尾崎あや子都議)
19:15 東村山駅東口
    (尾崎あや子都議)
(予定が変更になる場合もあります)


ごいっしょに政治を変えましょう
b0190576_23122762.jpg
b0190576_22391309.jpg
b0190576_00254093.jpg
b0190576_00254520.jpg
(撮影:長島可純 下の2枚 転載はお控えください)





【ボランティア大募集 宮本徹事務所】
人手が足りません! ぜひご協力を!
東京都東村山市栄町2-25-8 エリナスビル1階
西武新宿線・久米川駅南口から徒歩約4分
電話 042(396)6050

b0190576_22450225.jpg




by hara-noriko | 2017-10-09 23:02 | 選挙 | Comments(0)

市民と野党の共同代表 宮本徹さんのスピーチ   

 東京20区(東村山市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市)から総選挙に挑む宮本徹さんは、市民と野党の統一候補になりました。毎日、街頭で力いっぱい訴えています。みなさんに訴えの内容を知っていただきたくて、スピーチの大要を紹介します。文字にすると長いですが、ぜひお読みください。

☆    ☆    ☆    ☆    ☆

市民と野党の共同の代表として勝ち抜く
 宮本徹でございます。いよいよ来週の10日から衆院議員選挙が始まります。先日、私、宮本徹の事務所びらきもさせていただきました。元民主党20区総支部長の中野しのぶさん(東大和市の無所属市議)や、社民党の東久留米市議・桜木善生さん、無所属の東村山市議・島崎よう子さんからも熱いエールをいただきました。ここ東京20区で、憲法9条を守る市民と野党の共同の代表として、なんとしても勝ち上がっていく決意です。大きなご支援を賜りますことを心からお願い申し上げます。

憲法変える「大政翼賛会」(自民党と希望の党)はつくらせない
 きょう(10月6日)の毎日新聞の1面トップに、「希望 自民と連立排除せず」の大きな見出しが躍っていました。希望の党は、民進党のリベラル派のみなさんには対抗馬を立てる一方で、自民党には門戸を開いていることが小池百合子さんの言明でも明らかになりました。
 安倍政権が憲法9条を変えるといっているもとで、安倍政権が少々議席を減らしたとしても、その分を小池新党=希望の党が補って、選挙が終われば憲法9条を変える大連立政権が生まれる可能性すらある、とメディアも報じる状況になってきました。
 憲法を変える「大政翼賛会」など、絶対につくらせるわけにはいきません。
 憲法9条を守りたい。これは多くのみなさんの願いだと思います。私たちのこの国が、戦後72年間、1人の戦死者も出すことなく、アメリカの戦争に巻き込まれることもなかったのは、憲法9条があり、いままでのどんな悪い自民党政治でも「海外での武力行使はできない」という憲法解釈をせざるを得なかったからです。
 この解釈を変えてしまうのが、安倍首相がいう「憲法に自衛隊を明記する」という改憲案です。自民党と希望の党の大連立による憲法9条を変える道をなんとしてもくい止めていかなければなりません。

東京20区から憲法9条守る議席を
 その思いで、いま日本共産党は、立憲民主党のみなさん、社民党のみなさん、無所属のみなさんと候補者の一本化をすすめてきました。市民と野党の共闘候補は、289ある小選挙区のうち240を超える選挙区で実現しています。
 ここ東京20区では、私、宮本徹が憲法を守る野党の共同代表としてがんばってまいります。憲法を守る全国の野党共闘が勝利していけば、安倍政権がたくらむ改憲勢力3分の2の議席獲得を必ずくい止めることができると確信しています。この東京20区では、野党の共同候補となりました私、宮本徹をなんとしても勝ち抜かせてください。

憲法も守れない。疑惑隠しにひた走る安倍政権
 今度の総選挙、安倍さんには辞めていただかなければならないと考えています。あの安保法制を数の力で強行しました。共謀罪も数の力で強行しました。原発の再稼働も数の力で強行してきました。数さえあれば何だってできるんだ。このおごりの行きついた先が、あの「森友学園」「加計学園」というとんでもない政治の私物化です。
 先日、商店街を歩いていましたら、お店のおかみさんから「私たちはお客さんから消費税を預かっている。その税金を8億円というデタラメな値引きをやられたら、お客さんに消費税をお願いできなくなるじゃないか。こんなことは絶対に許されない。あいまいにすることは許されない」というお話をいただきました。
 しかし、安倍さんはどうでしょうか。「ていねいに説明する」といいながら、臨時国会で冒頭解散。何一つ国民に説明することなく、野党の追及を逃れるために解散に踏み切る。疑惑隠しにひた走る。
 政治は、総理のものでも、総理のお友だちのものでも、総理のご夫人のものでもありません。政治は国民のものなんだ、ということをはっきり示す衆院選挙にしていきたいと思います。

宮本徹が自民党から議席を奪う
安倍政権にもっとも手痛い審判
 憲法も守れない。疑惑隠しにひた走る。この総理にはお辞めいただく。この審判をご一緒に下そうじゃありませんか。
 この20区では、森友学園・加計学園の問題を徹底追及してきた私、宮本徹が自民党から議席を奪うことこそ、安倍さんに対するもっとも手痛い審判になってまいります。どうか押し上げてください。よろしくお願い申し上げます。

非正規雇用の雇い止め 許すわけにはいかない
 今朝、東久留米駅前で宣伝をしていましたら、非正規雇用で働いている方が、私に話しかけてきました。「正社員と非正規との格差が本当にひどいんだ、どうにかしてほしい。なんとかしてくれるならあなたを支持する」という話でした。
 私は、草の根で雇用の問題も取り組んでまいりました。国会でも雇用の問題を取り上げてきました。いま、「2018年問題」というのが非正規雇用のみなさんの中でおきています。非正規雇用の方が5年続けて働いたら無期契約の雇用になる道が開かれる法改正がやられました。ところが大学をはじめいろいろなところで、法律を悪用して、5年たつまえに雇い止めにすることが横行しようとしております。雇い止めが大量に起きる危険があるのが2018年なんです。
 先日、母校である東京大学の労働組合のみなさんとも相談して、非正規雇用のみなさんの大変な実態もうかがい、厚生労働省とも交渉したところです。非正規雇用のみなさんが無期契約雇用になる道をつくったはずの法律を悪用して、大規模な雇い止めが起こるなど、絶対に許すわけにはいかない。この立場で、引き続き国会で働いていきたいと思います。

共産党は働く者の味方
 非正規雇用のみなさんは、景気の波で首を切られるなど、大変なことが繰り返されています。かつてのリーマン・ショックのあと、私は共産党の武蔵野・三鷹地域の責任者をやっておりました。日本無線で派遣切り・雇い止めにあうみなさんが次からつぎに私どもの事務所に相談にみえました。私も労働組合と一緒になって、この無法をただすためにたたかいました。東京労働局などにも行きました。
 私たち日本共産党は、働く者の味方の政党です。企業・団体献金をもらっていない働く者の味方、日本共産党が大きく伸びることが、非正規雇用で働くみなさんの安定した仕事に道を開くいちばんの力になると確信しています。どうかこの仕事、引き続き私にやらせてください。日本共産党を大きく伸ばしてください。

税金は暮らしの応援いちばんに
教育の無償化はライフワーク

 この3年間、私は「税金は暮らしの応援いちばんに」をモットーに活動してまいりました。とりわけ教育の無償化は、私のライフワークです。学生時代、国立大学理系の授業料を私立みたいにしようと、1.5倍くらいに引き上げるとんでもない計画が持ち上がりました。私は学生自治会の役員をやっていて、多くの仲間と一緒にこの計画をやめさせるためのストライキなどをやりました。
 その活動を見ていた大学の恩師が、卒業論文のテーマに「教育の無償化」を与えてくれました。お金のあるなしによって子どもたちの人生・未来が左右されるようなことがあってはならない。これが共産党の職員になり、政治家を志した動機です。

予算委員会で授業料引き下げ・給付制奨学金の拡大を要求

 今年の予算委員会でも、総理に対して「高すぎる授業料は引き下げが必要だ」「給付制奨学金の対象をもっと拡大しなければならない」と迫りました。やっと自民党の側も選挙を前に野党の主張を少し認めて、教育費の負担軽減を口にするところまで追いこむことができました。
 しかし、対象者はあまりにも限られています。高い授業料で困っているのは、住民税非課税世帯だけではないはずです。給付制奨学金の対象も、授業料減免の対象も、もっと大きく広げなければなりません。この仕事を、消費税の増税に頼らず進めていきたいと考えています。

大企業・富裕層には減税 庶民には消費税増税
庶民いじめの政治を終らせましょう
 安倍首相は、財源といえば消費税増税といいますが、消費税ほど庶民いじめの税金はありません。所得が少ない人ほど負担が重い。その一方で安倍政権は、黒字の大企業にはこの間、4兆円もの減税をばらまいてきました。歴代自民党政権は、富裕層のみなさんの所得税、相続税の最高税率を大きく引き下げてきました。
 いまの日本の税収がいくらか、ごぞんじでしょうか。55兆円台です。消費税が3%だった25年前の税収は、54兆円台です。消費税を5%、8%と引き上げてきて、消費税の税収は十数兆円増えました。ところが日本の税収は1兆円しか増えていないんです。歴代自民党政権が、黒字の大企業の減税、富裕層のみなさんの減税にばらまいてきたからじゃありませんか。こんな不公平、庶民いじめの政治は、こんどの衆院選で終りにしましょう。
 どうかそのために日本共産党を伸ばしていただきたいと思います。

共産党の躍進が消費税に頼らない道を開きます
 前回の衆院選挙で日本共産党は3倍近くに議席を伸ばしていただきました。その力が、昨年は消費税増税2度目の先送りへと追いこみました。企業・団体献金をもらわず、消費税増税に頼らない財源提案をもって、暮らし・社会保障をよくする提案をしている日本共産党が伸びることが、消費税10%増税をやめさせ、それに代わる道を切り開くいちばんの力となります。比例代表では日本共産党を大きく伸ばしてください。ここ東京20区は、私、宮本徹が憲法を守る野党の統一候補となりました。立場の違いを超えて宮本徹を引き続き国会へ押し上げていだたき、働かせてください。心からお願い申し上げます。


毎日、街頭で訴える宮本徹さん
左は村山順次郎・東久留米市議、右は原のり子
b0190576_10235833.jpg
b0190576_10234734.jpg
b0190576_10295815.jpg
b0190576_10244019.jpg
b0190576_10241822.jpg


【宮本徹事務所】
東京都東村山市栄町2-25-8 エリナスビル1階
西武新宿線・久米川駅南口から徒歩約4分
電話 042(396)6050
ボランティア募集中!

b0190576_22450225.jpg





by hara-noriko | 2017-10-07 10:31 | 選挙 | Comments(0)

宮本徹さんの事務所開き 幅広い方々が参加して   

「野党統一候補の宮本さんを押し上げよう」と
 10月4日、総選挙で東京比例ブロック・東京20区から立候補を予定している宮本徹・前衆院議員の事務所開きが、昼の部と夜の部の2回に分けておこなわれました。私は昼の部に参加。事務所は人であふれ、たくさんの方が外で話を聞いてくださいました。
 昼の事務所開きには、辰巳孝太郎太郎参院議員(共産党)、中野しのぶ東大和市議(やまとみどり・元民主党衆院候補)、桜木善生(よしお)東久留米市議(社民党)、尾崎利一東大和市議(共産党)も参加して、応援のスピーチをしました。「この20区の野党統一候補として宮本さんをなんとしても押し上げよう」という訴えが続き、胸が熱くなりました。
 宮本さんは、20区から立候補を予定している自民党も「希望の党」も9条改憲の勢力であることなどを指摘しながら、「短期決戦です。ありとあらゆる知恵を発揮して、必ず勝ち抜くためにがんばりぬく」と決意を語りました。
 夜の部には、尾崎あや子都議(共産党)、斉藤くるみ日本社会事業大学教授、島崎よう子東村山市議(市民自治の会代表)、小野塚洋行氏(清瀬市民連合)、渡辺貞雄氏(東京土建村山大和支部委員長)がスピーチしました。

【私のスピーチ】
都議選で議席を獲得 市民の議席だと実感
 北多摩4区、清瀬市・東久留米市の地域から7月の都議会議員選挙で当選させていただいた原のり子です。きょうは、北多摩1区の尾崎あや子都議が公務で参加されておりませんが、夜の部は尾崎さんが来ますのでよろしくお願いいたします。
 都議選を振り返っていちばん確信になっていることは、市民のみなさんの力はすごい、ということです。市民のみなさんと力を合わせれば本当に政治は変えられる、と実感しました。あとでごあいさつされる社民党の桜木善生(よしお)市議(東久留米市)をはじめ、都議選のなかで「憲法を守ろう」「暮らしを守ろう」「政治を変えよう」とわがことのように取り組んでくださったたくさんのみなさんの運動の結果、定数2で16年ぶりに共産党が議席を獲得することができました。この議席は市民の議席だと実感しています。それに恥じないよう、公約実現に向けて全力で取り組んでいきたいと思っています。
当たり前の声が政治を変える
 7月の都議会議員選挙の結果、衆院20区のこの地域(東村山市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市)は、みなさんご存知のとおり自民党の都議会議員はいなくなりました。都議会の自民党は半分に減っています。「憲法9条を守ろう」「暮らしを守ろう」という当たり前の声がこの結果を生み出した、といえると思います。
小池都知事 築地市場の豊洲移転を強行
 私たち共産党都議団は、さまざまな提案をしながら取り組んでいますが、1つだけ紹介したいのは、小池都知事のことなんです。
 都議選のあと、都民ファーストの会が議席を大量獲得したことに胡坐(あぐら)をかいているのか、公約に反することを連続して起こしています。築地市場の豊洲移転の問題でも、移転を強行する方にすすめていて、市場関係者はカンカンです。
「希望の党」は改憲政党
 国政につながる問題として決定的だと思ったのは、憲法に対する姿勢です。共産党の都議団が代表質問で「憲法を守るのか」と質問しました。再質問も含めて追及しました。国政の「希望の党」というのを立ち上げて、その代表になるというのですから、国政の焦点を聞きました。そうしたら、こういうふうにいいました。「憲法9条に限らず、憲法改定の議論を前に進める」と。憲法9条を含めて変えていこうということをはっきりと、それも都議会の場で発言しているんです。この人が代表の「希望の党」が総選挙で伸びたとしても「憲法9条を守る」ということはできないことがはっきりしているのではないでしょうか。
市民の声が政治を動かしている
 私は改めて、自民・公明そして「希望の党」、こういう人たちが議席を伸ばすのではなくて、市民と野党の共同で「憲法9条を守る」という声を大きくしていきたいと思います。
 若者たちの集会などでも「憲法9条を守りたい」という声があがっていて、共産党の山添拓参院議員と、民進党の枝野幸男代表代行が出てきた集会とデモが10月1日に東京・新宿でありました。ツイッターで見たんですが、若い人たちが一生懸命「がんばれ!」「がんばれ!」って言っているんですね。枝野さんは「もうちょっと待ってほしい」といって、もうちょっと待った結果、2日に立憲民主党ができました。
 この例を見ても、やっぱり市民の声が動かすんだな、ということを実感しました。
 この20区では、いちはやく社民党のみさんと共同してたたかいをすすめていくことになりました。憲法9条を守る老舗の党が前進できるように全力でがんばります。
宮本徹さん この地域になくてはならない人
 宮本徹さんの紹介をします。宮本さんはこの地域になくてはならない国会議員です。宮本さんから何度もアドバイスをいただいて、国と交渉してきました。
 たとえば、東久留米市では公立保育園全廃計画が出ているんですが、宮本さんは「大事な問題だからちゃんと国と話し合ったらどうか」とアドバイスをしてくれました。私は本当に視野が広がりました。国と交渉したときに「保護者に知らせないで廃止の計画を決めるなんていうのは、信義則に反する」と国の担当者が言ったんです。宮本さんと一緒に交渉して、国からそういう言葉を引き出せて、運動の力にすることができました。
国政・都政・市政をつなぐ
 この経験から、国政・都政・市政をしっかりつないで、みなさんの暮らしを守り願いを実現することが必要だと思います。そのためにも、宮本さんをこの地域からどうしても国会へ送り出し、引き続き国会議員としての仕事をしていただきたい。そのために私も全力を尽くします。どうぞみなさん、ご支持の輪を広げてください。

みんなで「がんばるぞ!」
b0190576_00104834.jpg
(右から)
辰巳孝太郎参院議員(共産党)
桜木善生(よしお)東久留米市議(社民党)
宮本徹・衆院東京比例・東京20区予定候補
中野しのぶ東大和市議(やまとみどり・元民主党衆院候補)
原のり子
尾崎利一東大和市議(共産党)

b0190576_00121391.jpg
b0190576_00121807.jpg


【宮本徹事務所】
東京都東村山市栄町2-25-8 エリナスビル1階
西武新宿線・久米川駅南口から徒歩約4分
電話 042(396)6050
ボランティア募集中!





by hara-noriko | 2017-10-05 00:14 | 選挙 | Comments(0)

宮本徹さんは こんな人   

 総選挙で東京比例ブロック・東京20区から再選をめざす日本共産党の宮本徹さん。いま、20区(東村山市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市)を駆け巡り、「この町から共産党の議席を」と訴えています。力強い訴えが評判です。そんな宮本さんの人となりを、大学の後輩、坂井希(のぞみ)さんがつづってくださいました。

坂井 希

 宮本徹さんは大学の1年上の先輩です。私が入学した当時は、東大教養学部学生自治会委員長という大役をつとめていました。

 宮本さんといえば、まずは「不屈」の言葉を思い浮かべます。大学当局や政府などの大きな相手に対し、正しいことは正しい、間違っていることは間違っていると、主張を貫き通す。学内集会や国会デモでは、ブルーハーツの楽曲を熱唱し盛り上げる。どんな困難にぶつかっても、学生の要求実現という原点から逃げない。宮本さんがいるだけで、まわりはいつも鼓舞されました。

 同時に「こわい」人ではありません。悩みを相談すれば、とことん寄り添い、話をきいて元気づけてくれる、頼りになる先輩でした。女性の後輩に「のぞみ号」(私)、「そーめん」(妻 ゆう子さん)などとセンスのない愛称をつけ、周囲に一切浸透しなくても自分は呼び続けるという謎の習性がありましたが、こちらも何だかペースにのせられてしまう。憎めない人柄は、フーテンの寅さんに重なるものがありました。

 中学生の頃は、沖縄の米軍基地の実態に怒りを燃やし、愛国主義者だったそうです。軍事雑誌も読み込んでいたとか。その後、思想的には変わったわけですが、不正に怒り、常に弱者の側に身を置き、社会変革に生きようとする純粋さは、筋金入りだと思います。

 国会議員になってからの活躍ぶりは、さすがの一言。首相質問を11回もおこない、安保法制、消費税など、国の重要問題で、臆せず国民の怒りや疑問の声をぶつけ、論戦を切り開いてきました。

 これだけパワーのある人を、必ず再び国会へ送りたい。今度は東京20区から当選し、地域の代表としても活躍してほしいです。地元の皆さんのお力添えをお願いします。私も全力で応援します。


妻 ゆう子さんの「夫を語る」が宮本徹さんのブログに掲載されています


「きよせ平和と健康まつり」で
b0190576_23482467.jpg
b0190576_23483377.jpg
b0190576_23484731.jpg
b0190576_23490612.jpg
b0190576_23491289.jpg


宮本徹さんの街頭演説です





by hara-noriko | 2017-10-02 23:49 | 選挙 | Comments(0)