タグ:憲法 ( 7 ) タグの人気記事   

都議選 最後の訴え   

 あす7月2日は東京都議会議員選挙の投票日。訴えができる最後の日となった1日は、フル回転で原のり子へのご支持を呼びかけました。最後の訴えを紹介します。

大切な一票を原のり子へ
 日本共産党の都議会議員候補、原のり子です。お集まりいただいたみなさん、足を止めていただいたみなさん、本当にありがとうございます。みなさんに直接訴えることができる最後の日になりました。明日は投票日です。どうかみなさん、ご支持の輪を最後まで広げていただき、暮らし・福祉・教育を守る大切な一票一票を原のり子にお寄せいただきますよう、心からお願い申し上げます。

清瀬・東久留米から共産党の議席を
 私は、「今度の選挙で本当に都政を変えていこう」と訴えてきました。東京都は石原都政以来、福祉がどんどん悪くなりました。いまでも忘れられないのは、石原元知事がいった「何が贅沢かといえば福祉」という言葉です。こういって福祉を切ってきました。さらに、絶対に忘れられないのが、重度の障害の方を目の前にして「人格あるのかね」といったことです。それ以来ずっと、福祉が削られてきた。
 でも、前回の都議会議員選挙で日本共産党を伸ばしていただいて、ようやく都政を変えていく光が少しずつ見えてきています。清瀬市・東久留米市からもぜひとも日本共産党の都議会議員を出していただいて、みなさんの声が届く都政にしていきたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。(大きな拍手)

税金をみんなのために使えばできる
大学生や専門学生に返済不要の奨学金を
 私は、みなさんが納めた税金をみなさんのために使っていくことについて提案しています。特養ホームや認可保育園を増設していくことはもちろんです。辻々で訴えていますと、「学費が本当に高い」ということがたくさん寄せられています。共産党が提案している「返済不要の奨学金」を大学生や専門学校生にもぜひやってほしい、という切実な声があります。
シルバーパスの改善も
 70歳以上のみなさんのシルバーパスについても、1000円か2万510円かのどちらかしかないために、1000円のパスを買えなかった方たちが「外出をしないようにがまんしています」という切ない声をあげています。
 こういう問題をすぐにでも改善できるんだ、ということが私たちの提案です。

一般会計7兆円の4%を使うだけで可能

 東京都は13兆円の財政力をもっていて、そのなかの7兆円が一般会計です。7兆円の4%を使うだけで、いま紹介した課題を一つ一つすすめていくことができるんです。
 東京都にはお金はあります。問題は使い方です。1㍍1億円もする道路建設をすすめてきた大企業への大盤振る舞い、大型開発優先、このあり方をここで切り替えれば、みなさんの願いがもっと実現できます。
 東京都にないのはお金ではありません。福祉の心です。この福祉の心を取り戻そう、とうのが私のいちばんの訴えです。(大きな拍手)

東京に福祉の心を取り戻す
 自民・公明のみなさんがシルバーパス改善の提案に反対してしまいました。3000円のパスをつくるという提案は否決されていますけれど、私を都議会に送り出していただいて、また提案をする。そして必ず通すために力を尽くしたいと思っています。
 この点でとても心配なのが、都民ファーストの会派の代表の方が、シルバーパス制度を廃止してもいいんじゃないか、と持論を展開していることです。高齢者にかけてきたお金を若い世代に、という主張のようです。しかし、この問題の立て方は違う、といいたいと思います。(「そうだ」の声と拍手)
 高齢者か若い人か。こんなふうに天秤にかけて対立を持ち込むような議論は、まちがっています。必要なところに必要な手立てをちゃんととっていくのが福祉の本当の考え方だ、ということを心から訴えます。東京都政を、この当たり前の福祉のあり方に切り替えていく。その仕事を、私、原のり子にやらせてください。(「よし」の声)

市民のみなさんと一緒に運動してきた経験を生かして

 私は、18年間、東久留米で市議会議員をしてきました。このなかで、清瀬小児病院存続の運動や、公立保育園をみんなで守っていこうという運動、また障害児学級増設の取り組みなどを市民のみなさん、お父さん・お母さんたちと一緒にやってきました。こんどは、そのとりくみを都政の場からみなさんの声を実現していくために働かせてください。(大きな拍手)

切実な小児医療充実の課題
 昨日の夜、都立清瀬小児病院跡地のそばで演説しました。清瀬・東久留米のみなさんと力を合わせて10年来、小児病院存続の運動に参加してきました。小児病院は廃止されてしまいましたけれど、存続を求めて20万人以上の人がした署名は、多摩北部医療センター(東村山市)の充実につながったり、公立昭和病院(小平市)にNICU(新生児集中治療室)ができたりする道を切り開きました。
 私はこの選挙戦の中で、この問題は道半ばであることを痛感させられています。演説をしているときにも、障害児を育てているお母さんから訴えがありました。小児病院の廃止が決まったときに、多摩北部医療センターが障害児の受け入れを積極的にする、という約束があったんです。ところが受け入れてもらえなくて、府中市の小児総合医療センターまでいっているご家庭がたくさんあることを知りました。なかには、助かる命も助からないことになったら困るからといって、府中に引っ越した方もいらっしゃいました。
 そういう方たちから、小児医療の充実をこの地域でもっとやってほしいという声が強く寄せられています。

清瀬小児病院廃止のとき、存続を主張する都議がいなかった

 都議会議押し上げていただいて、小児医療充実の課題に取り組ませていただきたいと思っています。NICU(新生児集中治療室)が昭和病院にできたとはいっても、23区と比べたら、この地域は半分以下です。一日も早く充実させなければなりません。
 都立清瀬小児病院存続の運動で学んだことを都政の場でしっかり活かしていきたいと思います。
 廃止がきまったときに、みなさん同じ思いだったのではないでしょうか。この地域から、小児病院存続の声を上げる都議会議員がいなかった。みなさんと一緒に取り組み、ぶれずにみなさんの声を届ける、私、原のり子を押し上げてください。必ずみなさんの期待に応えてがんばります。(大きな拍手)

都議選で「憲法9条を守る」意思を示しましょう
 最後に訴えたいのは、いま憲法9条を守っていくことが都議選でも大きな課題になっていることです。都議選の最中も、安倍首相は今年中に改憲案をまとめるという発言をしました。そうであれば、私たちはこの都議選でしっかり意思表示していくことが必要ではないでしょうか。憲法9条を守り、平和な社会を子どもたちに引き継いでいく。その声を首都・東京からあげていきましょう。(「そうだ」の声と拍手)

党派を超えて原のり子にご支援を

 この問題で国政与党の人たちが、「それは都政と関係ない」といっているようですが、とんでもありません。憲法は、私たちの暮らしのもっとも基本です。安倍首相が「9条を変えよう」といっているもとで、一人ひとりの候補者が憲法についてどういう態度をとるのかが問われています。私は、「憲法9条を守る」としっかり公約に掲げて訴えています。どうかみなさん、ご一緒に憲法9条を守りましょう。党派を超えて原のり子にご支援いただきますようお願い申し上げまして、私の訴えとさせていただきます。ありがとうございました。がんばります。(「がんばれ!」の声と大きな拍手)

田村智子副委員長(中央)ととともに
b0190576_23010220.jpg
b0190576_23010811.jpg
b0190576_23011239.jpg

b0190576_23011889.jpg

おかえりなさい宣伝には宮本徹衆院議員(右)も
b0190576_23012358.jpg


日本共産党街頭演説 2017/06/30 東久留米市
原のり子都議候補 with 志位和夫委員長





日本共産党街頭演説 2017/06/25 清瀬駅前
原のり子都議候補 with 志位和夫委員長




PON PON さん制作のイメージビデオ






homepage  twitter  facebook  YouTube






by hara-noriko | 2017-07-01 23:06 | 都議選 | Comments(0)

都議選で9条改憲の安倍政権に審判を   

いま、どうしてもいいたいこと
 きょうは、どうしても訴えたいことがあります。それは、安倍首相が憲法9条を変える、と明言したことです。しかも、2020年、オリンピックを契機に日本を生まれ変わらせるために憲法9条を変える。9条には1項、2項がありますが、3項目を加えて自衛隊を明記するというのです。

 【憲法9条】
 第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法尊重義務に違反
 安倍首相の改憲案はとんでもないものです。自民党には「日本国憲法改正草案」というものがありますが、その草案にも書いていないものを、安倍首相が突然、言い出しました。
 総理大臣はもちろんのこと、国会議員も含めて、憲法をきちんと遵守しなければならない、尊重義務というものがあります。憲法99条には「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と書いてあります。それをまったく踏みにじる首相の発言に驚きを禁じえませんでした。
 安倍政権による改憲を絶対にさせない。その審判をこんどの都議選ではっきりと下していく必要があるのではないかと思います。

自衛隊 海外での武力行使が無制限に
 NHKが実施した世論調査を見ても、8割を超える人が、憲法9条は日本の平和と安全に「役立っている」と答えています。
 多くのみなさんは、平和で安心して暮らせる社会を望んでいます。にもかかわらず、首相みずから「憲法9条を変える」「自衛隊を明記する」と言っています。これは本当に危険です。9条に自衛隊を書き込んでしまうと、「自衛のための最小限の実力組織」という枠がはずれてしまいます。日本共産党の小池晃書記局長(参院議員)は、国会で安倍首相を追及しました。「3項に自衛隊の存在理由が書かれれば、3項に基づき海外での武力行使は文字通り無制限となり、2項は“空文化”する」と。安倍首相はまともに答弁できませんでした。

教育勅語や「共謀罪」まで
 安倍政権は、憲法や教育基本法に反しない限り教育勅語を教材として使っていい、という閣議決定までしました。「天皇のために命をささげよ」という教育勅語自体が、憲法と教育基本法に違反しているにもかかわらず、です。
 さらにいま、「共謀罪」法案の成立も安倍政権はねらっています。2人、3人と集まって何かを相談していれば、最初から悪いことを計画してると決めつけて罰することができる法案です。盗聴、メールやラインの監視、こんなことまで政府ができるようになってしまいます。
 安倍政権は「一般の人は関係ありません」といっていましたが、一般の人かそうでないかを見極めるために全員が対象になる、ということまではっきりしてきました。疑われた時点で、「一般の人ではない」というのが政府の説明です。どうしてもストップをかけなければなりません。

保守の方たちが「安倍政権は危険だ」と
 安倍政権のもとで、多くの良心的な保守の方たちが、「これは危険だ」という声をあげています。
 先日、「自分は保守だ」とおっしゃっている方と話をしました。「戦争だけは絶対にダメだ、という保守だ」と話してくれました。戦争へ、戦争へと国民を駆り立てていく危険な安倍政権に対して、「安倍政権だけはダメだ」といっています。
 私は、こういう方たちとしっかり手をつないで、多くの人たちと力を合わせて、「憲法改定は絶対に許さない」という声を大きくあげていきたいと思います。
 都議選で安倍政権に審判を下し、市民と野党の共闘で国の政治も変えていきましょう。

「まちかどスピーチ」でもこの問題を訴えています

b0190576_14392479.jpg


by hara-noriko | 2017-05-12 14:39 | 国政 | Comments(0)

みんなで「共謀罪に反対」と宣伝しました   

「戦争はイヤ! 声をあげよう実行委員会」がよびかけ
 きょう5月7日は、東久留米駅に近いイトーヨーカドー前で、「共謀罪」法案に反対する宣伝・署名行動に参加しました。「戦争はイヤ! 声をあげよう実行委員会」がよびかけた行動です。

リレートークで訴え
 市民の方々がリレートークしながら、「共謀罪は戦争するために政府が必要としているもの。絶対に廃案にしよう」「スマホや携帯が監視される社会にしたくありません」「共謀罪は、戦争中の治安維持法の再来だ。日本を暗い時代に戻してはならない」と訴えました。
 7日付「しんぶん赤旗」に掲載された「共謀罪」反対の漫画をプラカードにして持参し、それを持ってスピーチした方も。うれしくて、一緒に写真を撮らせてもらいました。

私もスピーチ
 私もスピーチしました。「2人、3人と集まって話し合ったら、悪い企みをしていると政府が勝手に決め付けて罰することができる。ラインやメールも監視する。人の心に踏み込んで、内心の自由も奪う共謀罪法案をみんなの声で廃案にしましょう」と。

うれしい声も聞けました
 チラシを見ながら「憲法を守ろうということかしら?」と話している女性と話ができたり、小さな子が手を伸ばしてきたので、渡してもいいですか、と聞くと、「ありがとうございます、あとで読みます!」と若いお母さんからうれしい声が聞けたり。力を合わせて必ず廃案! パレードにもぜひご参加を!

5月27日に「戦争はいや! 共謀罪反対」市民パレード
【お知らせです】
 「戦争はイヤ! 声をあげよう実行委員会」は5月27日(土)に「戦争はいや! 共謀罪反対」市民パレードをおこないます。午後2時、東久留米市役所前の屋外広場で集会を開き、そのあとパレードをします。

b0190576_23480145.jpg
b0190576_23475787.jpg
b0190576_23480563.jpg
b0190576_23481053.jpg

by hara-noriko | 2017-05-07 23:49 | 活動日誌 | Comments(0)

平和と憲法を子どもたちにつなげたい   

 5月3日は憲法記念日。日本共産党清瀬市議団のみなさんといっしょに、清瀬市内で憲法記念日宣伝をしました。ぽかぽか陽気。とても声援が多く、嬉しい宣伝でした。清瀬駅北口ロータリーでも、ずっと聞いてくださった方々がいらして、終わったあと握手しましした。私のスピーチ(要旨)を紹介します。

だれのこどももころさせない
 5月1日のメーデーに参加して、その帰りに1冊の絵本を買いました。「安保関連法に反対するママの会」がつくった絵本です。題名に『だれのこどももころさせない』とありました。これは憲法9条の精神そのものです。9条があったからこそ、これまで日本は一度も、戦争で誰かを殺したり・殺されたりということはありませんでした。
 この平和を子どもたちにしっかり受け継いでもらうために、大人の責任を果たしていきたいと思います。

「共謀罪」はなんとしても廃案に

 いま「共謀罪」(テロ等準備罪)法案の審議が国会でおこなわれています。やり方も・進め方も・その内容も、本当に問題です。
 2人・3人と集まって話し合いをしていると、あたかも悪いことを企んでいるかのように決めつけて罰することができるというのです。政府がラインやメール、電話を監視することが可能になります。「一般の人は関係ない」と政府はいっていましたが、審議がすすむなかで、一般の人が監視の対象になることが明らかになりました。これはまさに、「現代版治安維持法」ともいうべき内容です。みなさんの心の中に入っていく、内心の自由を侵していく、そういう法案です。
 これには絶対にストップをかけなければなりません。

ここに希望がある
 国会の中では、野党4党が共同して、共謀罪を廃案にしよう、安倍政権のもとでの憲法改悪は許さない、という点で合意をし、来る衆院選挙では力を合わせて押し返そう、安倍政権を倒そう、と約束しました。市民連合のみなさんと一緒に共同で記者会見もしました。ここにこそ、希望の光があるのではないでしょうか。
 【4野党の考え方】
☆「共謀罪」法案の廃案、森友学園問題の徹底追及
☆安保法制廃止、集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回、憲法改悪阻止
☆「原発ゼロ」、再生可能エネルギーの飛躍的増強
☆就学前教育から大学まで原則無償化、子育て・教育への投資の劇的拡大
☆残業代ゼロ法案の阻止、長時間労働規制法の早期成立、最低賃金の大幅引き上げ
☆国民皆保険制度を維持し、年金の最低保障機能を強化する

大きな意味持つ東京都議選
 この流れを強めていくためにも、こんどの都議会議員選挙はとても重要だと訴えたいと思います。もっとも間近にある選挙が、首都・東京で行われる都議選です。この選挙で「9条守ろう」「憲法守ろう」「平和をしっかり守ろう」「横田基地にオスプレイの配備はさせない」と訴えている人たちが増えることが大事ではないでしょうか。日本共産党は、その先頭に立ってがんばります。ぜひ、日本共産党を大きくしてください。

思想・信条の違いを超えて政治を変える
 4月17日に行われた日本共産党の演説会に元公明党副委員長の二見伸明さんがいらして、「共産党がんばれ!」と演説をしてくださいました。おだやかでまともな保守の人たちは戦争をしてはいけないと思っている。憲法9条・平和を守ると考えている。ところが安倍首相はそうではない。あの人は本当の保守ではないんだ。そういう話をしてくださいました。
 保守層の方々を含めて、「戦争だけは絶対にやってはいけない」と思っている人たちが思想・信条の違いを超えて手をつなぎ、政治を変えていく。そのために私も全力を尽くしたいと思います。


たくさん声援をいただきながら訴えました(清瀬駅北口)
(左から)佐々木市議、山崎市議、私、原田市議
b0190576_20252474.jpg







homepage  twitter  facebook  YouTube





by hara-noriko | 2017-05-03 20:28 | 活動日誌 | Comments(0)

シンポジウム「女性参政権70年の荒野で叫ぶ」に参加   

女性都議に向けられた「やじ事件」をきっかけに
 4月23日、東京新聞主催のシンポジウム「女性参政権70年の荒野で叫ぶ」に参加しました。このシンポは、『女たちの情熱政治』(明石書店)出版記念として行われました。
 2014年、東京都議会で塩村都議に向けられた「早く結婚した方がいいんじゃないか」との「やじ事件」。そのことをきっかけに、東京新聞は、女性議員にアンケートを実施。私もそのアンケートに回答しました。
 その生の声をふまえて、さらに取材が行われ、それをまとめたのが、「おんなの議会みち」という連載です。このブログでも2015年3月7日に紹介しましたが、私も取材を受け、その内容が一部紹介されました。今回出版された「女たちの情熱政治」には、アンケートの内容もくわしく載せられ、また連載も掲載。そして、ほかにも、東京新聞・北陸中日新聞の記事や記者の方の思い、学識者への取材などとても充実した内容です。
「おまかせ民主主義じゃだめなんだ」
 シンポでは、「PeaceにVote!ママの会@いしかわ」呼びかけ人の市井早苗さんのお話しが印象に残りました。安保関連法について説明してほしいと石川県の国会議員や県議会、市議会に働きかけてきたこと、その中で、ある国会議員の報告会に出たら後援会長の人から「こんなところまでくるなんて、あんたら普通の主婦じゃないだろう」といわれたこと、市議会に傍聴に行ったら「何のために来るのか?」「子どもを預けてくればいいのに」「意見があるなら議員になればいい」といわれたこと、「ママの会には、ある団体からお金が出ている」といわれなき誹謗中傷も受けてぺしゃんこになったこと…。でも、そのなかで「おまかせ民主主義じゃだめなんだと気付かされた」。国民の権利を守るには、不断の努力が必要だと規定した、憲法第12条が大事だと。「不断の努力を普段から」を合言葉にやっていきたい。……
しなやかにしたたかに
 当たり前のことが通らない壁にぶつかりながらも、しなやかにしたたかに、等身大で一歩一歩前進し、憲法第12条に行きついたママたち。「情熱政治が始まっていると実感する話し」と林寛子さん(中日新聞社取締役・東海本社代表)。私もそう思いました。同時に、それは、70年のたくさんの運動の積み重ねが今につながっているんだと思いました。
 パネリストは他に、塩村文夏都議、岡田憲治専修大学教授。いろいろ学べた、有意義な時間でした。フロア発言、記者の方の発言も含め、本音で語り合う雰囲気でとてもよかったです。
本の帯より
「女に何ができる?」「女のくせに生意気」…。ずっとそう言われ続けてきました。でも、私たちは黙らない。女性たちの高まる政治意識。議会で、路上で、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、女性たちが声を上げ始めた。もうこの流れはとめられない。

シンポジウム「女性参政権70年の荒野で叫ぶ」
b0190576_14144177.jpg

by hara-noriko | 2016-04-24 14:14 | 活動日誌 | Comments(0)

人間らしく生きる権利・学童保育・憲法を学ぶ   

生活と健康を守る会の総会へ
 11月29日、午前中は東久留米生活と健康を守る会の総会へ。2001年の創立以来、会長として会を引っ張って来てくれた横田幸子さんから、井口信治さんへバトンタッチ。体調を崩されていた横田さんが、久しぶりに出席され、あいさつをしてくださりとてもうれしかったです。弱い立場に立たされた人たちに、お母さん、あるいはお姉さんのように、自然に寄り添う姿を尊敬していました。本当にお疲れさまでした。これからもよろしくお願いします。

三多摩学童保育フォーラムへ
 午後は、第26回三多摩学童保育フォーラム(主催=三多摩学童保育連絡協議会)へ。東京農工大(府中)を会場に、保護者や指導員のみなさんがスタッフとして運営。すごい力です!
 私は、「子ども子育て支援新制度」と求められる学童保育、と題したシンポジウムに参加しました。まず、全国学童保育連絡協議会の木田保男会長が、ますます学童保育の役割が大きくなっていることをわかりやすく話されました。そして、厚労省雇用均等・児童家庭局総務課少子化総合対策室室長補佐の竹中大綱氏が、「厚労省からの参加は初めて。こういう機会をいただけてよかった。一緒により良い学童保育へ進めていきたい」とあいさつし、新制度における学童保育の位置づけについて話されました。
 質疑応答も活発におこなわれ、充実したシンポジウムになり、参加できて本当によかったです。放課後子ども教室との関係や障害児の受け入れなど、さまざま考えさせられとても有意義でした。三多摩学童保育フォーラムは、多摩26市の状況をふまえながら考え合える貴重な場であることを実感です。スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

東久留米9条の会の憲法学習会へ
 夜は、東久留米九条の会の憲法学習会へ。「戦争法と憲法」と題し、立正大学名誉教授の金子勝先生が講師でした。戦争法反対、憲法を守る、との熱い思いが伝わってきました。いろいろと学ぶことがありましたが、金子先生が、憲法第12条「この憲法が保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」というところに触れて話されたことに改めてハッとさせられました。私たち自身が、どう生きるのかが問われているのだと…。戦争法(安保関連法)の廃止を求める2000万人署名を語り、広げていきたいです。

東久留米九条の会の学習会で語る金子勝さん
b0190576_00580916.jpg

by hara-noriko | 2015-12-02 00:58 | 活動日誌 | Comments(0)

「憲法守ろう」の輪を広げましょう   

 4月9日夕方、東久留米憲法共同行動でした。「憲法を守ろう!」を一致点にさまざまな団体・個人が一緒に宣伝します。冬のように寒い日…でも20名を超える人たちで元気にアピール! 一人ひとりのスピーチは、「戦争立法を絶対にくい止めよう」「憲法9条を守ろう」という思いにあふれていました。いつも議員にもよびかけてくださり、今回は、共産党市議団から篠原重信さんと私が参加。生のギターとアコーディオン演奏にのって、スピーチしました。この輪が大きく広がるように、一緒にとりくみに参加していきたいと思います。

こんな横断幕を掲げて訴えました
b0190576_00034394.jpg
スピーチする篠原重信市議
b0190576_00035295.jpg
私もマイクを握りました
b0190576_00034943.jpg

by hara-noriko | 2015-04-10 00:04 | 活動日誌 | Comments(0)