タグ:東久留米市議団 ( 4 ) タグの人気記事   

垣根を越えて手をつなげば政治は変えられる   

年内最後の街頭宣伝
 12月29日、東京・東久留米市内で年内最後の街頭宣伝をしました。市議団の篠原重信さん、村山順次郎さん、永田まさ子さん、そして補選で新しい市議会議員になった北村りゅうたさんと一緒です。訴える先々で「がんばって」の声援をいただき、来年もしっかりがんばろう、と気持ちを新たにしました。
 北村りゅうた市議は、「市民のみなさんの大きなご支援をいただいて、市議会に送り出していただきました」とのべ、「市議として公立保育園全廃計画の撤回、家庭ごみ有料化の見直し、コミュニティバス早期実現に向け全力で取り組みます」と公約実現に向けた決意を表明しました。

【私もスピーチ】

 私もスピーチしました。その要旨を紹介します。
私の議席は市民みなさんの議席
 この1年、みなさんに大きなお力添え、ご支援をいただきました。7月の都議会議員選挙では、定数2(北多摩4区)で都政の場へ送り出していただきました。この議席は、市民みなさんの議席だということを実感しています。みなさんの声と願いが1つでも2つでも多く前進できるように、全力を尽くします。とくに、都政と市政を結んでこそさまざまな願いを実現できると確信しています。

国民健康保険税の引き上げにストップを
 同時に、解決しなければいけない問題がたくさん出てきています。
 その1つは、来年度から国民健康保険税の制度が変わることです。国保税が大きく引き上げられるのではないかと心配されています。何も手だてが講じられなければ、1人当たり平均年3万4000円もの負担増になります。私たち日本共産党は、引き上げをさせないための取り組みを強めています。

小池都知事に直接、申し入れ
 先日、共産党都議団は小池都知事に直接、申し入れました。「国保税はいまでも高いのに、これ以上引き上げられたら暮らしていけない」という声がたくさんあること、国保税を払いきれずに差し押さえにあっている状況に追い込まれている人たちもたくさんいることを訴えました。

共産党東久留米市議団提案の意見書 各会派の賛成で可決
東京都に財政支援求める
 東久留米市の共産党市議団は、市議会の場からこの問題を訴えています。共産党市議団は、国民健康保険税が引き上げにならないように東京都が財政支援をおこなうべきだ、という意見書を提案し、各会派の賛成賛同を得て可決されました。東京都は豊かな財政力をもっているのですから、都の財政支援で国民健康保険税が引き上げにならないように、国保税の引き上げにストップをかけられるように、全力を尽くしていきたいと思います。
 東京都はスウェーデン1国と同じだけの財政力をもっています。この財政力があれば、もっとやれることがあることは、はっきりしています。

黒塗りの公用車22台は無駄遣い
3年間で9台まで減らすことが各会派の合意に
 都議会議員になってみて驚いたのは、とても無駄が多いということです。
 都庁に行って最初に驚いたのは、都議会議員のための黒塗りの公用車が22台もあるんです。私たち共産党の議員団はもちろん使っていません。22台の公用車のために毎年、2億円近いお金をかけているんです。こんな無駄なことはありません。このようなことをやっているのは、全国の都道府県のなかでも東京都だけです。この公用車を1台から2台にまで減らそうと共産党は提案してきました。ようやく各会派の合意ができ、3年間で9台まで減らそうというところまできました。都民のみなさんの目線で無駄を省いていく取り組みを共産党都議団の一員としてしっかり続け、みなさんの福祉や暮らし、教育を大事にするところへお金を使うようにがんばっていきたいと思っています。
 都政の問題もこれからも報告していきますので、力を合わせて暮らしを守る政治を実現していきましょう。

市長選・市議補選が示したもの

市民と野党が本気で力を合わせれば政治は変えられる
 年末に東久留米の市長選挙・市議補欠選挙(12月17日告示、24日投開票)がおこなわれました。その結果は、本当に力を合わせれば必ず政治は変えられる、という展望をしっかり示すことができたと思います。
 市長選は本当に悔しい。市民と野党が推した桜木よしおさんは惜敗でした。あと一歩のところまで、現職の並木かつみさんを追い込みました。市民と野党が本気で共同していけば必ず道は切り開ける。このことを東久留米の市長選の結果が示しています。ここに確信をもって、さらにみなさんと力を合わせて政治を変えていくために努力を続けます。
 市議補選(定数2)では、共産党の北村りゅうたさんが当選できました。

来年は憲法を守る正念場
「戦争だけはやってはいけない」の思いに垣根はない
 来年、なんといっても重要になるのは、憲法を守れるかどうかという問題です。安倍政権は、憲法9条を変えるためにぐっと踏み出そうとしています。私たち日本共産党は、市民と野党の共同をさらに広げながら、「平和が絶対に大事」「戦争だけはやってはいけない」という国民の思いを大事にして、憲法9条をしっかり守る取り組みを大きくすすめたいと思っています。垣根を越えて手をつなげば政治は変えられる。これが都議選、市長選・市議補選の結果です。
 10月におこなわれた衆院議員選挙(総選挙)。この地域では、比例代表の枠で共産党の宮本徹さんを再び国会に送り出していただきました。小選挙区(東京20区)では勝つことができませんでしたが、野党や無所属市議のみなさんが共同候補として宮本さんを支援してくださいました。大きな財産です。
 国政・都政・市政と結んで、みなさん力を合わせて、政治を変えていきましょう。


東久留米市長選挙の結果(投票率37.05%)敬称略
並木かつみ 18,847  無所属 自民党・公明党推薦
桜木よしお 16,507  無所属
              幅広い市民と社民党・共産党・自由党など

東久留米市議補欠選挙(定数2)の結果(投票率37.03%)敬称略
細川まさよ 14,221  無所属 自民党推薦
北村りゅうた12,487  日本共産党公認
ひきま太一  7,770  無所属 都民ファースト都議が応援



29日は東久留米市議団と一緒に今年最後の街頭宣伝
b0190576_00162875.jpg
b0190576_00163672.jpg

27日は清瀬市議団と一緒に朝の宣伝
(撮影:長島可純 ↓ 転載はお控えください)
b0190576_00164979.jpg
b0190576_00164546.jpg





by hara-noriko | 2017-12-30 00:17 | 活動日誌 | Comments(0)

5月8日 市政報告懇談会を開催します   

 5月8日(月)午後6時半~8時半、スペース105(東久留米市役所向かい)にて、日本共産党東久留米市議団の「市政報告懇談会」を行います。
 3月議会では、家庭ごみ有料化をめぐって、問題が噴出。有料化実施は、3カ月延期の10月からとなりました。そして、並木市長任期最後の当初予算が否決になりました。並木市政のほころびが次々と…。
 共産党市議団は、3カ月延期しても、家庭ごみ有料化は混乱必至ではないか、中止すべき、と主張しています。市民不在の市政のあり方をきりかえていくことが必要です。
 今の市政の状況について詳しくお伝えします。また、都政についてもお話しします。ぜひ、いらしてください。恐れ入りますが、資料代100円ご用意ください。

b0190576_00175634.jpg


homepage  twitter  facebook  YouTube










by hara-noriko | 2017-05-03 00:02 | お知らせ | Comments(0)

うれしかった! 永田まさ子市議のスピーチ   

 東京・東久留米市で開かれた「国政都政報告会」(4月8日)で、私との出会いを紹介しながら、都議選にのぞむ決意を語った永田まさ子市議。うれしかったです。永田さんのスピーチ(要旨)を紹介します。

清瀬小児病院を守る運動で出会って
 私が原さんと初めて出会ったのは、今から約13年ぐらい前のことでした。当時、私の子どもは上の子が幼稚園、下の子は3歳でした。骨折で手術をしたり、インフルエンザなどで清瀬小児病院に入院することを繰り返していたころでした。そのときに清瀬小児病院を守る運動の中心だった原さんに出会って、私も「都立清瀬小児病院を守る会」に加わりました。

共産党を知った
 当時、原さんはすでに市議会議員でした。本当に忙しい毎日を送っていたんですけれども、「守る会」の定例の打ち合わせや都庁前での座り込み、また駅頭などでの署名活動、シンポジウム、学習会と、小児病院を守るために全力で向きあってくれていました。
 こうしたなか、東京都の担当課と交渉する機会もつくってもらいました。お子さんが小さくて都庁の交渉に参加できなかった若いお母さんから原さんが手紙を託されて、都の職員の前で代読をしたことがあります。思いのこもった切々とした代読に対し、目の前にいた都の職員は何も返す言葉もなく、静まり返っていたという状況もありました。原さんのその姿勢に本当に感動しました。信頼を寄せることができました。
 共産党だけは一貫して小児病院廃止反対という声をずっとずっと上げ続けてきました。私は、原さんの姿勢を見て共産党を知り、入党しました。

障害者をはじめ困難をかかえた人の立場で
 さて、原さんといえば今申し上げたように、「小児病院を守る会」の運動や、保育園の待機児や民営化、そして廃止問題などに取り組んでいます。それだけでなく、幅広い分野を取り上げて市議会の中で奮闘してきました。
 直近でおこなわれた3月議会では、障害者福祉サービスの問題について、市民の方から切実な声を受け止めて、市に対して問いただしていました。高齢者福祉や差し押さえ問題、また特別支援教育など、国や東京都の制度があるもとで、東久留米市独自で改善が可能な問題を具体的に提案し、前進させています。
 原さんは議会で、困難な思いを抱えている市民の声を届けるので、行政も無視できないんです。私は今の時代、リストラや病気、介護などで会社を辞めなくてはいけないような事態が誰に起きてもおかしくない状況だと思います。困難を抱えたときに安心してくらしていける、そういう国と自治体でなければいけないと思います。

今度は都政へ
 7月2日投開票でおこなわれる都議会議員選挙は、首都東京から大きく政治の流れを変えていくことができる重要なチャンスだと思っています。どうかみなさまのお力で原のり子さんを今度は都政へ、都民の声を、市民の声を都政にまっすぐに届ける仕事をさせていただきたいと思います。市議団、篠原重信、村山順次郎、私永田まさ子、3名もその先頭に立つ決意を申し上げ、私からの訴えとさせていただきます。

スピーチする永田まさ子市議
b0190576_21561747.jpg
イチリンソウ
b0190576_21562571.jpg


homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-04-16 21:59 | 東京都政 | Comments(0)

2月11日 市政報告懇談会を開催します   

 日本共産党東久留米市議団は2月11日、恒例の市政報告懇談会を開催します。昨年の12月議会では、3件もの補正予算案が提出されたり市長が陳謝したり、市政の問題点が浮き彫りになりました。市議団から市政の現状を報告しながら、市民のみなさんからご意見をうかがいたいと思います。ぜひ参加してください。

 東久留米 市政報告懇談会
 2月11日(土・休日) 午前9時半から11時半まで
 生涯学習センター(旧中央公民館)2階集会学習室1・2(地図)
 磁気ループを用意します
 資料代100円をご用意ください
 主催:日本共産党東久留米市議団


咲き始めた白梅
b0190576_23570399.jpg
b0190576_23570789.jpg


homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2017-02-02 00:01 | お知らせ | Comments(0)