タグ:豊洲 ( 9 ) タグの人気記事   

さっそく小池知事も都議会も問われる事態に   

 8月8日、都議会臨時会が行われました。

議会運営は公平、民主的に
 日本共産党都議団は、議会運営は公平、民主的に行われるべきとの立場から、議長・副議長・監査委員2名について、議席数に応じて第1会派から順に選ぶべきと求めてきました。
 投票による選挙により、議長は尾崎大介氏(都民ファ)、副議長は長橋桂一氏(公明)が満票で選出されました。しかし、監査委員2名については、第3・第4会派ではなく第1・第2会派で独占する提案となったため、共産党は反対しました。

私の所属常任委員会は、総務委員会です
 そして、議会運営委員会、常任委員会(9委員会)の委員が決まりました。私は、総務委員会の委員になりました。とくとめ道信議員と一緒です。総務委員会は、東京都の基本的な構想や計画について、組織・人事について、多摩・島しょ振興について、人権、選挙管理、首都大学東京などがテーマになっていきます。今後、詳しい説明を受けます。勉強して、とりくんでいきます。
 (共産党都議団全員の委員会所属はこのページの下部に)

市場移転問題特別委員会設置に都民ファと公明が反対して否決
 さて、小池知事のあいさつには、市場問題は何もなく。さらに、市場移転問題特別委員会設置に関する動議(自民・共産・民進)は、都民ファーストの会と公明などの反対で否決。どういうことでしょう。
 知事は、いまだに、議会に対し移転についての基本方針を説明していません。「無害化」できない豊洲へ移転するとの判断は、これまでの都議会の付帯決議からも逸脱しています。そして、築地ブランドを守るといいますが、どうやって守るのか。築地市場あっての築地ブランドではないのか。何をもって「守る」というのか。…全く不透明です。
 自民党と共産党は市場問題に対する立場は全く異なります。しかし、十分に検討をしていくために特別委員会が必要であり、設置すべきだという点では一致します。都議会がチェック機能を果たすためには当然のことです。

見当違いのヤジが
 驚いたのは、尾崎あや子都議が討論で、「築地市場は現在地で再整備すべき」との共産党の見解について発言したときに、「自民党! 共産党と一緒でいいのか?」「全然考えが違うじゃないか」という野次を飛ばす議員がいたことです。考えが違うからこそ、特別委員会で調査・検討・議論することが必要なんじゃないですか? 特別委員会設置について、市場問題で立場が違う者同士が提案することはおかしいという…全く見当違いの野次です。
 (尾崎都議の討論は都議団ホームページに。ぜひご覧ください)

都民の立場で筋を通します
  さらに! 小池知事は、臨時議会2日後の10日に記者会見し、8月28日に臨時都議会を招集し、豊洲の追加対策や築地再開発のために55億円の補正予算を提案することを明らかにしました。数の力でおしきっていく都政に戻ってしまうのか。早くも、知事も、そして議会も問われる事態になりました。都民の立場で筋を通し、がんばります。

各議員の委員会所属(◎委員長、〇副委員長、△理事)
【常任委員会】
総務委員会     とくとめ道信 原のり子
財政委員会     曽根はじめ△ いび匡利
文教委員会     里吉ゆみ◎  米倉春奈△
          池川友一
都市整備委員会   白石たみお〇 星見てい子
厚生委員会     和泉なおみ〇 藤田りょうこ
経済・港湾委員会  尾崎あや子△ あぜ上三和子
環境・建設委員会  河野ゆりえ〇 原田あきら
公営企業委員会   とや英津子△ 斉藤まりこ
警察・消防委員会  清水ひで子  大山とも子
【議会運営委員会】
議会運営委員会   大山とも子△ 清水ひで子
          和泉なおみ  白石たみお
【特別委員会】
オリンピック・パラリンピック及びラグビーワールドカップ推進対策特別委員会
          あぜ上三和子△ とくとめ道信
          里吉ゆみ いび匡利
【議会改革検討委員会】
議会改革検討委員会 大山とも子  清水ひで子


多摩地域から選出された5人の共産党都議です
(長島可純さん撮影)

b0190576_16291055.jpg

(左から)
池川友一(町田市)
尾崎あや子=北多摩1区(東村山市・東大和市・武蔵村山市)
清水ひで子=八王子市
原のり子=北多摩4区(清瀬市・東久留米市)
いび匡利(まさとし)=北多摩3区(調布市・狛江市)


築地市場は今の場所で再整備するのがもっとも現実的です

b0190576_16291739.jpg
b0190576_16292159.jpg



リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます

写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります



by hara-noriko | 2017-08-10 16:32 | 東京都政 | Comments(0)

都政で仕事をしたい 私の街頭演説(下)   

 6月7日の夕方、東久留米駅西口で、小池晃書記局長(参院議員)を迎えた日本共産党街頭演説を開催しました。私のスピーチを2回に分けて紹介しています。後半の今回は、「築地市場の豊洲移転を中止して築地を再整備をしよう」という訴えと、「党派を超えて安倍政権ノーの声を日本共産党と原のり子へ」という訴えです。

豊洲の無害化はできていない、と小池知事が認める
 都政の問題で、もう一つ訴えたい問題があります。築地市場の豊洲移転問題です。
 この問題では、大きな変化が起きました。いままで小池知事は、地上は安全だといっていました。だから都議会自民党のみなさんが、安全なら早く豊洲に行け、といっていました。6月1日、小池知事は所信表明演説のなかで、土壌汚染対策が十分できていないこと、無害化は実現できていない、豊洲は汚染された状態だということを公式に認めて、安全と安心の総点検をすると表明しました。

築地市場の豊洲移転はありえない
 私は、これを表明した時点で豊洲移転はありえない、といいたい。生鮮食料品を扱う市場を土壌汚染対策がとりきれていないところにもっていくことはありえない話です。
 都議会自民党のみなさんは、汚染は地下だから大丈夫といっています。でも都の専門家会議では、その汚染は地震などが起きて亀裂が生じれば気化して地上まで汚染するリスク(危険)が十分あることをはっきり認めています。リスクがあるところにもっていけるわけがないではありませんか。
 豊洲移転は中止して、都民のみなさんの健康、そして食品の安全を守っていくことが絶対に必要だと思っています。

生鮮食料品を扱う市場を豊洲にもっていくことはやめる
 こうしたスピーチを街角でやっているのですが、先日、訴えをしているときに、「じゃあ豊洲を無駄にしちゃうんですか」と聞かれました。そうではありません。生鮮食料品を扱う市場を豊洲にもっていくことはやめよう。このことを決めましょう、と共産党は提案しているんです。

豊洲の使い方は都民と相談して決める
 豊洲の使い方については、情報公開もちゃんとして、都民のみなさんと相談して、きちんと決めていけばいいことではないでしょうか。
 私は、都政をこの当たり前の方向に転換させるために、豊洲移転問題にここできっぱり決着をつける。そのために全力を尽くしたいと思います。

地域の魚屋さんが「なんとか築地でがんばってね」と
 実は、地域の魚屋さんとも話をしましたけれど、「なんとか築地でがんばってね」といわれました。「豊洲から来た魚といったら売れないよ」とおっしゃっていました。本当にそうだと思います。
 築地は、東京都がお金をかけてこなかったから、たしかに古いので整備が必要です。でも、業者のみなさんの大変な努力で守られてきた。食品の汚染の事故は一度も起こしていない。この築地を守って働いているみなさんの声にしっかり耳を傾けて、築地市場の豊洲移転はきっぱり中止。このことをどうしても実現したいとみなさんに訴えます。

日本共産党だからできること
 私は思うんですが、この問題で結局、だれがもうかったのか。やっぱり大企業なんです。こういうところにメスを入れられるのが、共産党です。共産党は、大企業などから1円も献金を受け取っていません。だからこそ、みなさんの立場に立ってこの問題を解決することができます。どうかお力添えを日本共産党に、そしてこの地域では私、原のり子を押し上げていただきますよう、心からお願いを申し上げます。

「安倍政権ノー」の声をあげていく選挙に

 こんどの都議会議員選挙は、「安倍政権ノー」の声をしっかりあげていくうえで、本当に重要な選挙だと思っています。
 いま、テレビを見ていても、安倍首相は国会で野党の質問にまったく答えることができない。自分みずからヤジをとばしている。許せないと思ったのは、民進党の質問の後に、「くだらない質問で終わっちゃったね、また」なんていうヤジを飛ばしていることです。こんな首相がいままでいたでしょうか。
 そして安倍首相は、なにがなんでも憲法を変える方向で政治を進めています。3分の2の与党の議席があるうちに改憲を実現しようとしています。それならば、こんどの都議会議員選挙できっぱり審判を下していくことが必要ではないかと思います。

党派を超えて「9条守ろう」の声を共産党と原のり子へ

 憲法9条を守ろう。平和の思いをぜひとも党派を超えて、私、原のり子にお寄せください。地域のみなさんと話していても、立場の違いを超えて、「安倍政権だけは危険だ」「もうやめさせよう」という声があります。ある保守の方が、「自分は、戦争だけはしてはいけない、そいう保守なんだよ」と話をしてくれました。そういう方たちとしっかり手をつないで、憲法を守り、平和な社会を子どもたちに引き継ぐ声を、この首都東京から発信していきたいと思います。
 今度の都議会議員選挙で、日本共産党を大きく伸ばしてください。この地域で日本共産党の議席を取り戻し、みなさんの声をまっすぐ都政に届ける役割を、私、原のり子に果たさせてください。みなさん、よろしくお願いします。

演説を終えて、みなさんと交流
左端が小池晃書記局長です
b0190576_22380809.jpg
みなさんの熱気に私が元気をいただきました
b0190576_22382500.jpg
熱い握手を交わして
b0190576_22383000.jpg


私のスピーチを動画でご覧いただけます





市民のみなさんと一緒に「共謀罪ノー」の声をあげています




私のリーフレットです



都市農業への思いをまとめました



homepage  twitter  facebook  YouTube





by hara-noriko | 2017-06-08 22:44 | 東京都政 | Comments(0)

豊洲移転は中止して築地で再整備を   

 6月23日告示、7月2日投票でおこなわれる東京都議会議員選挙は、今後の都政がどうなっていくのか、国政を含めて大変な状況になっている政治をどうやって変えていくのかに都民の判断を下す機会になります。憲法9条を変えようとまでいっている安倍政権にきっぱり審判を下し、都民本位の都政を取り戻すために大事な選挙になります。

共産党の前進が流れを変えた
 日本共産党は、前回の都議選で8議席から17議席へと倍増させていただきました。それを力に、築地市場の移転先とされた豊洲新市場には、土壌汚染対策の盛り土がされていない事実を突き止め、豊洲移転ありきの流れを大きく変えました。その結果、土壌汚染の調査が改めて繰り返されました。そのなかでベンゼンが基準値の100倍を超えていることがわかり、シアン化合物やヒ素などまで検出されています。

豊洲の無害化できていない―小池知事が認める

 豊洲の土壌汚染は深刻で、小池都知事も6月の都議会の所信表明で、豊洲の無害化は達成できていないことを認め、「約束を守れていないことをおわびする」といって陳謝しました。
 こうした経過からみても、築地市場を豊洲に移転することはありえないことは明らかではないでしょうか。
 国会で日本共産党議員に対して、土壌汚染対策法をもってしても、汚染が深刻な場所に盛り土をしただけで生鮮食料品を使う市場をもってくることは想定していない、と政府ははきり答弁しています。法に照らしても、豊洲移転はありえません。

深刻な豊洲の汚染―生鮮食料品を扱う市場は無理

 そうはいっても築地も汚染されているのではないか、と思われている方もいらっしゃると思います。しかし、豊洲と築地のデータを比べてみると、豊洲の汚染がはるかに深刻であることがわかります。築地についてはベンゼンなどの基準を超えたのはわずか1カ所で、0.003ミリグラムに対して0.0031ミリグラムなど、十分対策がとれることが明らかになりました。豊洲の土壌汚染は本当に深刻で、ここに生鮮食料品を扱う市場をもってくることはできないことをぜひ知っていただきたいと思います。
 都議会自民党のみなさんは、豊洲は地下が汚染されているだけだから大丈夫だといいます。しかし、都の専門家会議では、地震などで亀裂が生じて有害物質が地上に出てきて汚染が広がる十分なリスク(危険)があることを認めています。

築地での再整備こそ

 私たちがいま決めなければいけないと思っているのは、豊洲に生鮮食料品を扱う市場をもっていくことは中止しましょう、ということです。豊洲ついては、都民のみなさんの健康や食品の安全に影響のない使い道を都民のみなさんと一緒に考えて決めていくべきだ、と思います。豊洲を無駄にしてしまうわけではなくて、生鮮食料品を扱う市場をもっていくのはやめましょう、と提案しています。都民のみなさんの健康にリスクがあることをやるわけにはいきません。
 築地市場の豊洲移転はきっぱり中止する。豊洲は市場以外の使い道をみなさんと考える。築地は現在地で再整備する。これをすすめていきたいと思っています。みなさんの大きなお力添えを日本共産党と原のり子にお寄せください。

地域の魚屋さんからも

 清瀬市・東久留米市の魚屋さんなどからも、「なんとか築地で営業を続けてほしい」という声があがっています。築地で働いている人たちの圧倒的多数は、「豊洲移転反対」「築地で再整備してほしい」です。地域の魚屋さんは「築地ブランドだからみなさんが安心して買ってくださる。汚染がひどい豊洲からきた魚だよといわれたら、もう売れない。なんとか築地で再整備してほしい」といっていました。
 日本共産党の志位和夫委員長が築地の現地調査に行ったときも、働いているみなさんから「築地で再整備の方向ですすめたい」という訴えがたくさんあったということです。

もっとも現実的でリーズナブル

 築地で再整備する場合には7年間で734億円程度でできることもあきらかになっています。豊洲に移転すれば毎年毎年の赤字が膨れ上がっていく。土壌汚染対策を抜本的におこなうとなれば、建物がすでに建ってしまっている現状をどうするのか。一から建て直すのか。そこに税金を投入するのか。
 もっとも現実的でリーズナブル、そして安全な築地の再整備をすすめるべきだと日本共産党は提案します。

態度を明らかにできない都民ファーストの会

 こうした方向で小池知事が判断できるかどうか。これが問われています。
 6月1日、小池知事は自民党に離党届を出し、都民ファーストの会の代表に就任しました。残念ながら都民ファーストは、移転問題の結論を決めていません。政党として、どういう考えをもっているかを明らかにしていません。
 1日夜、テレビで都民ファーストの都議予定候補のインタビューを報道していました。質問には答えないようにいわれているという方や、小池知事がきちんとした判断をしてくれると信じているという方がいました。
 都政の最大の争点になっている築地市場の豊洲移転問題で自らの提案・考えを示せないのは問題だ、と指摘せざるを得ません。ぜひ、みなさんの確かな目で判断していただきたいと思います。

移転推進の自公に審判を

 日本共産党は、都議会がオール与党体制のときから、豊洲移転はすべきでない、と一貫して主張してきました。豊洲への移転を推進し、いまでも早期移転を主張しているのが自民党と公明党です。共産党の前進で自民・公明の両党に審判を下しましょう。


6月2日の朝、清瀬市議団のみなさんと一緒に宣伝(清瀬駅南口)
b0190576_23434606.jpg
力いっぱい訴えました
左手に持っているのは新しいリーフレットです
b0190576_23505168.jpg


6月4日に事務所開きをおこないます ぜひご参加を
b0190576_23450699.jpg


6月7日は、小池晃書記局長が東久留米駅西口で訴えます
b0190576_23452812.jpg



新しいリーフレットをお読みください



YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ1
「2人区から風穴あける 歴史を後戻りさせない」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ2
「自己紹介 『都政の壁』を破る」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ3
「豊洲移転は中止を 築地の再整備こそ」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ4
「日本共産党とご一緒に政治を変えよう」



homepage  twitter  facebook  YouTube


by hara-noriko | 2017-06-02 23:52 | 東京都政 | Comments(0)

都政に挑む 私の決意(4)豊洲移転は中止し築地を再整備   

 東京・東久留米市で開かれた「国政・都政報告会」。私のスピーチの4回目です。都政に出ていってで何をやるのか。まずやりたいのは、築地市場の豊洲移転問題に決着をつけることです。

築地市場の豊洲移転問題に決着をつける
 都政で何をやりたいのか。まずは、なんといっても、築地市場の豊洲移転問題に決着をつけることです。
 共産党は、都議会がオール与党体制のときから、豊洲移転はすべきでない、と一貫して主張してきました。当時は、共産党が質問すると野次や怒号が飛んだということですが、そういう中でも筋を曲げずに追及してきました。いま豊洲の土壌汚染は、ベンゼンが基準値の100倍、27ある井戸のうち25からヒ素やシアン化合物が出たということで、深刻な事態が明らかになっています。
 ここに食を扱う市場を移転させるわけにはいかないということで、日本共産党は小池知事に豊洲移転はきっぱり中止しましょう、築地は現在地での再整備を本格的に検討しましょう、と改めて申し入れました。

豊洲 深刻な土壌汚染に加え設計にも無理が
 豊洲移転に6000億円もかけてきたのが無駄になってしまうのではないか、という心配の声も寄せられています。しかし、だからといって食の安全や健康をないがしろにするわけにはいかないと思っています。
 もしも豊洲に移転したとする場合、土壌汚染が深刻です。抜本的に対策をとるとしたらどれだけお金がかかるかわかりません。対策がとれるかどうかもわかりません。さらに、業者のみなさんの意見を聞かずに強行してきたために、設計にも無理があることが明らかになっています。

尾崎都議と一緒に築地を視察
 私も築地を視察しました。尾崎あや子都議に案内をしてもらって細かく見てきました。ターレーという立ち乗りの小さなトラックがあります。業者のみなさんが上手に運転して場内を回っています。豊洲の中にはヘアピンカーブのようなところがあるので、曲がり切れずに事故になると業者の方たちが指摘しています。
 いま築地でもちょっと手狭だなという感じはあります。でも聞いてみたら、豊洲はもっと狭くなるそうです。今のままでは仕事にならない、と指摘もされています。では、そのための改修もするのでしょうか? 土壌の状態も、豊洲の深刻な汚染状態とは比較になりません。このことは専門家も指摘している通りです。

責任問われる 移転を推進してきた政党と議員
 また、築地は古くて不衛生だ、と自民党の人たちが都議会でくりかえし質問しました。これに対し、業者のみなさんから、「営業妨害だ」「風評被害が心配だ」と抗議の声があがっています。古いまま放置してきた責任は、豊洲移転強行に同調・推進してきた政党と議員にもあるじゃないか、と。本当にその通りです。

築地ブランドを守る
 そして、重要なのは、市場問題プロジェクトチームの試案で、築地は営業しながらの再整備が可能であり、500億~800億円の範囲でできるということも明らかにされました。小池知事も検討する1案と述べています。食の安全と健康を守り、築地ブランドを守る立場から、豊洲移転は中止すべきです。つくってしまった豊洲の建物は、専門家を交え、都民にオープンな形で、活用方法を検討すべきではないでしょうか。

築地の再整備 安全で経費も抑えられる現実的な道

 自民党は、豊洲移転を急げと主張し、都議選でも公約に入れると明言しています。構図ははっきりしています。そうしたなか、先日、世論調査で、豊洲移転推進の声が多かった、55%との結果を見て心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、このうち、今の状態で移転してよいという人は29%しかなく、68%の人がさらに安全対策をとったうえで、と答えています。さらに、全体で6割の方が豊洲は安心ではないと答えています。安全で経費も抑えられる現実的な道は築地の再整備であることを多くの方に伝えていきたいと思います。

利権の構造にメスを入れて都政を刷新
 豊洲問題でのもう1つの問題は、利権構造にメスを入れられるかどうかです。ここにきて、共産党がずっと求めてきた、入札の改善も行われることになりました。入札に手をあげた業者が1社だけの場合は入札をおこなわない、などの改善です。
 豊洲の建設業者は99%の落札率で仕事を得て、さらに、地下水のモニタリング調査まで行っていました。また、百条委員会でも明らかになってきていますが、東京ガスに東京都側が便宜をはかってきた疑惑もはっきりしてきて、さらに浜渦元副知事の偽証の疑いが濃厚となりました。こうした問題をしっかりここで追及することなしに、都政の刷新はありません。

日本共産党が伸びてこそ
 都議選をへて、問題をしっかり解明できる都議会になるのかどうかが問われています。共産党は、たとえ、まわりは豊洲移転推進のオール与党体制であっても、間違っていることは間違っていると指摘し正していくためにとりくんできました。そして、問題解明のためには百条委員会設置をとすべての政党によびかけもしてきました。都民の立場で筋を通し、共同もすすめる、この日本共産党を伸ばしていただくことが、問題解決にとって重要ではないでしょうか。ぜひ、みなさんのお力をおかしください。


尾崎あや子都議(中央)とともに築地を視察
b0190576_23161214.jpg
報告会ではたくさんの励ましをいただきました
左奥は宮本徹衆院議員
b0190576_23170499.jpg

homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-04-12 23:19 | 東京都政 | Comments(0)

都議会で共産党の代表質問を傍聴しました   

あぜ上三和子都議が質問
築地市場の豊洲移転
「現在地での再整備を含め、抜本的に検討すべきだ

 2月28日、東京都議会で日本共産党の代表質問を傍聴しました。質問に立ったのは、あぜ上三和子都議。「築地市場の豊洲移転問題を、現在地での再整備を含め、抜本的に検討すべきだ」「『何がぜいたくかといえば、まず福祉』といって福祉を削減してきた石原都政。ここを切り替えるとき。大型開発優先都政の転換を」と正面からの質問。そして、その多くに小池知事自らが答弁しました。
突然、自民党席あたりがざわついて…
 驚いたのは、あぜ上都議が豊洲問題について、「現在地での再整備を本格的に検討すべき時にきているのでは?」と質問したときです。突然、自民党席のあたりがざわつき、ことばは十分聞き取れませんでしたが、野次があったことです。質問中、一番うるさくなったのはこのときでした。豊洲の土壌汚染が深刻であることが明らかになった以上、抜本的な検討は避けられず、そのなかには当然現在地での再整備も含めて考えるべきです。野次を飛ばしている人たちは、抜本的な解決を本気ですすめようと思っていないのではないか、と感じました。
小池知事 「移転問題は、安全・安心の確保を最優先に」と答弁
 しかし、知事の答弁は明快でした。「市場移転問題は、安全・安心の確保を最優先に考える必要がある」「移転は都民の意見をふまえて判断することが必要。そのために正確な情報を提供していくことが大事」。そして、築地市場の再整備については、断念した経過もある一方、新たな手法等もあることを承知している、と述べ、市場プロジェクトチームでの検討もみて判断していきたい、と。議場は静かに聞き入っていました。
 また、大型開発優先の転換についての質問のなかで、地下化された外環道の地上に計画している「外環の2」について、住民の合意が得られていない、再検討が必要、との質問に対し、「いろいろな意見があることは承知している。現地視察も状況ふまえて判断する」と答えています。
 全体として、見直すべきは見直す、都民の意見を聞く、という姿勢が示された答弁になっていることは重要だと感じました。
あぜ上都議 公立保育園への支援強化を求める
 私がとてもうれしかったのは、あぜ上都議が保育園待機児の深刻な状況の解決に触れたところです。北区では緊急対策として公立保育園をふやしたら、保育士さんの募集に殺到している。待機児解消という点でも、働きたい人にとっても効果がある。しかし、安心してあずけられる公立保育園が大きく減っている。その背景に、公立保育園の施設整備費や運営費に対する補助が、国からも都からも出なくなっていること。支援強化が必要…と。
さらに声をあげていきましょう
 残念ながら、知事ではなく局長答弁。公立保育園については、自治体がそれぞれの実情をふまえて考えていくもの。多様な保育サービスを支援する…という従来の枠をこえませんでした。ただ、来年度、東京都の保育にかける予算は過去最高とのこと。待機児解消をさらに強力にすすめる、そして、安心して利用できる保育施設であるように都としても指導していくことを位置付けています。そうした点で、今回のあぜ上都議の質問は、新しい都政になっての重要な提起です。知事自身に検討をすすめてほしいと思います。さらに声を上げていかなければ!


東京都議会議事堂入り口で
b0190576_01005533.jpg
モズ
b0190576_01010059.jpg

homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-03-05 01:04 | 東京都政 | Comments(0)

百条委員会設置へ 共産党都議団が果たした役割   

 2月21日、東久留米駅北口で党市議団、後援会の人たちといっしょに朝の宣伝をしました。「豊洲百条委設置で合意」と1面トップで報じた「しんぶん赤旗」を手に、日本共産党都議団が果たした役割や都議会の変化などを訴えました。

12月には反対だった政党・会派の態度が変わり
 築地市場の豊洲移転問題で、都議会に百条委員会が設置されることになりました。日本共産党都議団が12月に提案したときは、自民党、公明党、民進党系2会派(現在の東京改革)、生活者ネット、かがやけ(現在の都民ファーストの会)などの反対で百条委員会を設置できませんでした。しかしここにきて、ほぼ全会派が一致する形で設置されることになり、大きな前進です。実りある質疑がおこなわれるように、しっかり注視したいと思います。
なぜ百条委員会が必要なのか
 なぜ百条委員会が必要なのでしょうか。それは、利権・私物化・情報隠しという都政の闇を象徴しているからです。
 石原元知事が東京ガスの工場跡地を高値で買い取りました。土壌汚染が心配されていた土地です。石原元知事は、それまで築地の再整備で進んでいた方向を転換させました。ここから問題が始まりました。東京ガスへの便宜が図られてきたことも明らかになっています。豊洲新市場建設にかかわる談合疑惑も指摘されています。石原元知事を証人喚問することがどうしても必要です。さらに舛添元知事、猪瀬元知事、浜渦元副知事、歴代市場長、東京ガスの会長、日水コンの社長、建物建設を受注した鹿島建設、清水建設、大成建設の社長ら関係者をしっかり証人喚問することが求められています。
 百条委員会は地方自治法100条にもとづく強力な権限をもっています。偽証には罰則規定もあります。理由もなく出席を拒否することも認められていません。この百条委員会でこそ、問題を解明していくことができると思っています。
十数年前から追及してきた共産党都議団
 同時にここで、各政党も問われていくことになります。
 日本共産党は十数年前から移転問題を追及してきました。東京ガスの土地は土壌汚染が心配であり、ここに食を扱う市場を持ってくることはふさわしくない、と訴えてきました。しかし、当時「オール与党」の都議会は、圧倒的多数の都議が移転に賛成し、移転を推進・応援してきました。
事態を一変させた力―都民の運動と倍増した共産党の議席
 日本共産党は前回の都議会議員選挙で8議席から17議席へ倍増させていただき、その力で豊洲問題をさらに追及してきました。豊洲市場の地下は盛り土もされていない、地下には巨大な空間ができていることを突き止めました。ここから大きく事態が変わりました。地下水はコントロールされておらず、地下水を解析する会社(日水コン)は、地下水を解析できる実験研究施設を持っていないことまで明らかにしました。この問題で虚偽の答弁をした市場長は更迭されました。9回目のモニタリング調査もおこなわれ、ベンゼンが基準値の79倍、ヒ素やシアン化合物など、本来検出されてはいけないものまで検出されました。
 こうしたことが明らかになったのが1月半ばです。共産党都議団は直ちに小池知事に会って申し入れをおこない、豊洲新市場の汚染状況の全面調査、豊洲移転の抜本的再検討を求めました。小池知事は「共有できる部分もある」と認め、「しっかり考えたい」と語りました。その直後、都はモニタリング調査を改めておこなうことを明らかにしました。
 都民のみなさんの世論と運動、共産党都議団の追及のなかで、事態が一変したのです。移転を推進してきた議員の人たちも、この問題に正面から取り組むことが求められていると思います。
 同時に、これまでの経緯はともかく、解決に向けて力を合わせることが必要です。
中止を含めた移転計画の抜本的な再検討こそ
 いま大事なのは、豊洲の土壌汚染が深刻であることが明らかになったのですから、直ちに移転することはできない、ということではないでしょうか。この点では多くの方が一致できるのではないでしょうか。そして、中止を含めた抜本的な再検討を十分におこなうことが求められていると思います。食の安全を確保し、都民の健康を守っていく、築地ブランドを守っていく立場で取り組みをさらに強めていきたいと思います。


【日本共産党都議団】
 調査特別委員会(百条委員会)設置要綱案
 証人喚問要求名簿(第一次分)


「しんぶん赤旗」の報道を紹介しながら訴えました
b0190576_23570904.jpg
永田まさ子市議(左)といっしょに
b0190576_23571309.jpg

homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-02-22 00:01 | 東京都政 | Comments(0)

築地移転 百条委員会の設置が焦点に   

 築地市場の豊洲への移転計画をめぐって、東京都議会で新たな進展が生まれています。このブログでもすでにお知らせしたこと(下のリンクをご覧ください)に加えて、百条委員会の設置の機運が生まれてきました。
全会一致で石原元知事らを参考人招致
 日本共産党都議団はかねてから、百条委員会を設置して築地移転をめぐる疑惑を解明することが必要だ、といってきました。しかし、他の党の反対で実現していませんでした。でも、移転問題を審議する特別委員会は2月7日、石原慎太郎元知事、浜渦武生元副知事をはじめ、関係者を参考人として招致することを全会一致で決めました。共産党都議団の提案が実ったもので、招致に後ろ向きだった自民、公明両党も世論の高まりに押されて賛成せざるをえなくなりました。一歩前進です。
強力な調査権限もつ百条委員会こそ
 さまざまな問題・疑惑を解明するためには、都議会に百条委員会を設置できるかどうかが焦点になってきました。百条委員会は地方自治法100条にもとづく強力な調査権限をもった特別委員会です。証人喚問や記録の提出を求めることができます。偽証罪などを問うこともできます。
共産党都議団 設置実現へ他会派と共同
 共産党都議団は2月6日、改めて百条委員会の設置と石原元知事ら19人の証人喚問要求名簿を提案し、都議会議長と各会派に申し入れました。これまで反対してきた民進党や一部の自民党都議からも設置を求める声があがっています。共産党都議団の大山とも子幹事長は、「他党・他会派とも可能な限り共同し、一刻も早く設置を実現したい」と語っています。
 志位和夫委員長は6日の記者会見で、「この問題は、都政に関する各党・各会派の姿勢が根本から問われる“試金石”ともなると思う」と語り、「ぜひとも前向きの合意をつくって、『百条委員会』設置、真相究明をはかっていきたい」と表明しました。
何を調査するのか
 共産党都議団が提案する設置要綱は、次のことを調査事項に掲げています。
 (1)築地市場の移転先を豊洲の東京ガス工場跡地に決定した経緯、土地取得の経緯
 (2)豊洲新市場の土壌汚染対策の経緯
 (3)豊洲新市場における建物の設計・施行の経緯
 (4)豊洲新市場の主な建物下に盛り土がされず地下空間がつくられた経緯
 (5)地下水管理システムの機能ならびに設計および運転保守契約の経緯
 (6)地下水モニタリング調査の経緯
 (7)その他調査に必要な事項
だれを証人喚問するのか
 証人喚問すべき人として共産党都議団は、石原元知事、浜渦元副知事、猪瀬直樹元知事、舛添要一元知事をはじめ、東京ガスの会長、技術会議の座長、歴代市場長、土壌汚染対策や建物などの工事を受注した鹿島建設、清水建設、大成建設、日水コン、日建設計の社長ら19人の名前をあげています。
ご一緒に声をあげていきましょう
 共産党都議団は、この問題が起きた15年前から豊洲移転先にありきの姿勢をはじめ、豊洲の汚染問題や談合疑惑などの追及を続けてきました。築地市場の卸売り業者のみなさんと力を合わせて取り組んできました。つい最近まで、共産党議員が「豊洲は心配だ」と質問すると、他の会派から「もう決まっていることだ」とヤジが飛ぶような状況でした。筋を通して都民のみなさんと一緒に取り組んできたことで、「豊洲の問題を解明しなければならない」「直ちに移転は無理だ」ということが多くの会派の共通認識になってきました。
 筋を通し、共同をすすめる共産党の役割はますます大きくなっていると実感しています。みなさん、ごいっしょに百条委員会の設置を求めていきましょう。

【過去記事 築地市場をめぐる最近の動きについて】
築地移転(上)〝このまま豊洲に〟はありえない
築地移転(下)都議会に百条委員会設置を

街頭で訴えていても豊洲の問題は関心が高いです
b0190576_21402460.jpg
あちこちで激励をいただいています
b0190576_21402992.jpg
山茶花とメジロ
b0190576_21404259.jpg


homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-02-11 21:42 | 東京都政 | Comments(0)

2月18日 築地大デモンストレーションに行きましょう   

 「豊洲移転中止署名をすすめる会」は2月18日(土曜日)午前10時から、築地市場周辺で署名・宣伝に取り組む「豊洲市場移転中止!! 築地大デモンストレーション」を行います。リレートーク、都政・国会報告などがあります。
 午後12時半から、労働組合が主催するデモ行進も計画されています。
 私も参加します。みんなで参加しましょう。東久留米駅から参加される方は、駅改札前に午前9時集合で、ぜひご一緒に!

■豊洲市場移転中止!! 築地大デモンストレーション
 日時 2月18日(土)午前10時半から11時半
 場所 「築地4丁目」交差点

■築地市場を包みこむデモ
 午後12時半、「あかつき公園」出発
 東京都中央区築地7丁目19番1号

■豊洲移転中止署名をすすめる会
 この会について詳しい説明や「豊洲市場移転中止!! 築地大デモンストレーション」の詳細については、ホームページをご覧ください。

築地移転の抜本的見直しを訴えています
b0190576_23304734.jpg
水仙
b0190576_23305282.jpg


homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-02-09 23:33 | 東京都政 | Comments(0)

築地移転(下)都議会に百条委員会設置を   

東京ガス豊洲工場跡地の土地購入めぐって
 築地市場の豊洲移転問題は、もう1つ大きな進展がありました。豊洲新市場として開発された東京ガス豊洲工場跡地の土地購入をめぐり、小池知事は住民訴訟に対する姿勢を変え、石原元知事の責任も含めて追及していく立場に転換しました。これまで都は、問題はなかったという主張で、石原都知事を擁護していました。
 住民訴訟というのは、どんなものなのでしょうか。深刻な土壌汚染のある東京ガス工場跡地を高価で購入したことは違法だと訴えて、石原元知事に土地購入費576億円の損害賠償を請求するよう東京都に求めている訴訟です。
 小池知事は、「土地購入契約の経過が不透明で、不適正ではないかとの疑惑が指摘されている」として、弁護士もすべて入れ替えて、この問題を究明をしていくことになりました。日本共産党としては歓迎するという立場です。
都議会の姿勢が問われている
 私は改めて、いよいよ都議会の姿勢が問われていると指摘したい。小池知事が住民訴訟への対応を変えたり、地下水のモニタリング調査についても疑問を呈して、これをきちんと解決をしていくといいっています。しかしこれだけでは解決はできません。都議会がしっかりと百条委員会を立ち上げて、問題の徹底究明を行うことがどうしても必要です。都政は、都知事だけで進んでいるものではなく、都議会がどう考えていくのか、都民の立場に立つのか、このことが問われています。
 築地市場の豊洲移転問題というのは、都政の闇を象徴する問題です。移転の進め方にしても、税金の使い方にしてもいえることです。建設業者については落札率は100%近い、もう談合が疑われても仕方がないという事態です。大企業には大盤振る舞いをしているという状況も明らかになっています。こうした問題をきちんと解明していく。このことなしに都政の改革は進められません。
百条委員会とは
 百条委員会というのは、地方自治法第100条にもとづいて都道府県議会、市町村議会に設置される特別委員会のことです。調査を行うために関係者の出頭、証言、記録の提出を請求することができます。正当な理由がないのに、議会に出頭しない、記録を提出しない、証言しないときは、6カ月以下の禁錮または10万円以下の罰金に処せられます。罰則付きの強力な権限をもった委員会なのです。
自民党は移転推進のビラを配布
 都議会自民党は、新聞の折り込みなどで一日も早く豊洲を開場すべきだ、というビラを配布しているということが分かりました。清瀬市・東久留米市の地域でも、新聞折り込みで配られていたことが分かっています。
 これは本当に驚くべき状況だといえるのではないでしょうか。いままでたとえ豊洲への移転を推進をしてきたとしても、都民のみなさんの健康、食の安全を考えれば、このまま移転はありえません。きちんと調査・解明すべきだ。これが、当たり前の都議会議員、都議会各会派がとるべき姿ではないでしょうか。
 私たち日本共産党は、この問題をしっかり指摘しながら、命にかかわる、安全にかかわる重大な問題では都民のみなさんと力を合わせて、また、他の政党のみなさんにもしっかり呼びかけて、百条委員会設置へ向けて引き続き取り組んでいきます。

訴えに声援をいただいて(清瀬駅南口)
b0190576_22504771.jpg

仕事に向かう人たちに政策を訴えて(東久留米東口)
b0190576_22505485.jpg

ロウバイ
b0190576_22510418.jpg


homepage   twitter   facebook






by hara-noriko | 2017-01-31 22:53 | 東京都政 | Comments(0)