タグ:2人区 ( 3 ) タグの人気記事   

法政大学の先輩 ふたみ伸吾さんのスピーチ   

 前回のブログで、法政大学時代の友人、先輩、後輩8人が応援に駆けつけてくれたことを紹介しました。その一人、広島県府中町の町議、ふたみ伸吾さんが、大学時代のことを取り上げて演説してくださいました。まさか、私の卒論が出てくるとは思いませんでした。びっくりしながら感動してしまいました。ありがとうございます。ふたみさんの演説をぜひ―。

卒論は、ロバート・オーエンの保育について
 原のり子さんは、法政大学で私の後輩です。原さんの卒業論文は、ロバート・オーエン(1771年-1858年)の保育についてです。ロバート・オーエンは、イギリスの空想的社会主義者で、世界で初めて保育園をつくった人です。自分の工場に保育園をつくりました。

なぜ保育園が必要なのか

 去年の春、「保育園落ちた 日本死ね」ということが大きな話題になりました。原さんは、保育園がなぜ必要なのかを深くとらえ、肌身で知っている人です。
 1つは、お父さんやお母さんが子育てしながら安心して暮らせるため。
 2つめには、子どもたちの健やかな成長のため。
 3つめに、お父さんやお母さんが安心して働ける社会をつくるため。
 原さんは、こういうふうに保育園を非常に大事なものとして位置づけています。保育園をつくることを学問的に根本から考えることができる人です。

2人区からの挑戦に感動して
 大学では私が先輩です。しかし、政治家としては原さんの方が大先輩なんです。私は昨年の9月に町議会議員になった新米です。原さんは東久留米市議5期18年の大ベテラン。市議会副議長までされている。そして今回、都政に挑戦します。これはなかなか大変なことです。自分のことだけを考えているのなら、市議のままの方がよかったのかもしれません。しかし原さんは、東久留米や清瀬のみなさん、ひいては都民の幸せのために、2人区からあえて困難な挑戦をする。私は、このことにたいへん感動しました。ですから、自分ができることは何でもしたい。この思いで広島からやってきました。

マイクで訴える、ふたみ伸吾さん(左)と法政の友人たち
b0190576_20531621.jpg

ふたみ伸吾町議の公式WEBサイト「ふふふ」もあわせてごらんください



大学時代のことはこちらをお読みください


5月20日の演説会のご案内
b0190576_21153247.jpg



【動画の紹介です】


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ1
「2人区から風穴あける 歴史を後戻りさせない」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ2
「自己紹介 『都政の壁』を破る」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ3
「豊洲移転は中止を 築地の再整備こそ」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ4
「日本共産党とご一緒に政治を変えよう」




homepage  twitter  facebook  YouTube



by hara-noriko | 2017-05-17 21:11 | 東京都政 | Comments(0)

2人区で勝ち抜く   

 東京・清瀬市と東久留米市を回って共産党の政策や私の思いを訴える「まちかどスピーチ」。そのなかで、市民と野党の共同をすすめて安倍政権の暴走政治を終わらせるためにも、都議選が大事になっていることを強調しています。

時代を後戻りさせる政治にしてはなりません
 いま安倍政権は、電話やメール、ラインを盗聴するなどして監視社会をつくる「共謀罪」(テロ等準備罪)法案を成立させようとしています。現代版・治安維持法とよばれているものです。森友疑惑にフタをしたいという姿勢もありありです。1948年に排除決議があがっているにもかかわらず、教育勅語を憲法や教育基本法に反しない範囲であれば、教材として使っていいということをわざわざ閣議決定しました。時代を後戻りさせるような、そういう政治にしてはいけません。

共産党が伸びれば野党共闘の流れも強まる
 安倍暴走政治をここで終わりにさせる。そのためにも今度の都議選が実はすごく大事だということをみなさんに訴えたいと思います。いま、日程が決まっている直近の大きな選挙は都議会議員選挙です。首都東京で行われる都議選で、安倍暴走政治にストップをかける結果を出していきたいと思っています。
 ぶれずにみなさんの立場でとりくむ共産党が伸びれば、必ず野党共闘の流れも強まっていくと確信しています。先日、市民連合のみなさんと野党4党の代表が記者会見しました。このなかでは、いまの安倍暴走政治にストップをかけよう、「共謀罪」法案も廃案にしよう、安保法制も廃止をしていこう、原発ゼロに向けてしっかりとりくもう、また、学費無償化も進めていこうということで、本当に大事な問題で一致できる画期的な成果が生まれました。

胸が熱くなった二見伸明さん(元公明党副委員長)の言葉
 元公明党副委員長の二見伸明さんが4月17日に行われた日本共産党の演説会で、胸にしみる話をしてくださいました。戦争体験を語り、「本当にまともな穏やかな保守は、憲法と人権を大事にする。安倍首相は、保守じゃない」と。私も、今まで出会ってきた穏やかな保守の方たちの顔が思い浮かんで胸が熱くりました。
 二見さんは、「今度の都議選は、今までとは歴史的意義が違う」と強調しました。都議選の次に行われる衆院選で野党統一候補を立てて成功させなければならない、それを占うのが都議選で、共産党に期待する以外にない、と。そして―。
 「憲法を守って豊かな国をつくろう、世界の平和に貢献しようと考える点では、保守も革新も根っこは同じ。手を結ばないといけない」
 「その手を結ぶ要になっているのが共産党だと思うし、誇りと自覚と確信を持って頑張ってもらいたい」
 市民と野党の共同、野党共闘を進めていくために、都議会議員選挙で共産党と私、原のり子にみなさんの大きなお力添えをいただきたいと思います。北多摩4区(清瀬市・東久留米市)は定数2。この2人区で勝ち抜くために、私は全力をあげます。

あす22日、「女性のつどい」にぜひご参加を
 いよいよ明日22日、清瀬・東久留米地域の「女性のつどい」です。田村智子党副委員長(参院議員)の元気のでるお話がたっぷり聞けます。
 午後2時から。アミューホール(清瀬駅北口から徒歩1分)です。
 ぜひ、いらしてください!
b0190576_10441963.jpg
地域を回って「まちかどスピーチ」
b0190576_10484434.jpg


homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2017-04-21 10:53 | 東京都政 | Comments(0)

都政に挑む 私の決意(1)都政の闇にきりこむ   

 4月8日、東京・東久留米市で日本共産党の「国政・都政報告会」が開かれました。足もとが悪い中、250人もの方が参加してくださいました。ありがとうございました! 保育、障害福祉の分野からのスピーチをいただきました。まさにみなさんの運動が政治を動かしている、と実感した報告会でした。永田まさ子市議の心のこもった決意もうれしかったです。宮本徹衆院議員の話、面白くてわかりやすい! 政治が身近になります。私は、都政に挑む決意をのべました。主な内容を5回に分けて紹介します。ぜひお読みください。

暮らし・福祉・教育を取り戻す
 ご紹介いただきました、北多摩4区都議予定候補の原のり子です。6月23日告示、7月2日投票で行われる都議選に、この東久留米・清瀬地域から挑戦します。都議選まで3カ月を切り、もう目の前です。
 前回の都議選で日本共産党は、17議席へと議席を倍増させていただきました。それを力に、築地市場の豊洲移転問題で、共産党が豊洲の地下に巨大な空間がある、盛り土がされるべきところにされていない、という問題を突き止め、それを契機に状況が一変しました。小池知事も立ち止まって検討し、都議会でもようやく共産党が提案してきた百条委員会が設置され、今追及しているまっただなかです。
 都議会議員の報酬削減など、都議会自体の改革も前進しはじめました。ようやく、まともな議論や検討ができるようになってきました。いよいよ都政の闇にきりこみ、石原都政以来きりくずされてきた、くらし・福祉・教育を取り戻していく絶好のチャンスです。
2人区で勝ち抜きたい
 この地域では、1997年に前沢のぶひろさんが議席を獲得し、そのときの共産党の議席は27議席で、子どもの医療費無料化が大きく前進しました。私はそのとき以来の議席獲得へ全力を尽くし、2人区のこの地域から、必ず風穴をあける、必ず勝ち抜く決意です。みなさんのご支援を心からお願い申し上げます。(つづく)

宮本徹衆院議員(左)と一緒に訴えました
b0190576_20522341.jpg
みなさんからたくさんの声援や激励をいただきました
b0190576_20522827.jpg



homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-04-09 20:55 | 東京都政 | Comments(0)