タグ:9条 ( 4 ) タグの人気記事   

心を込めて不戦を誓う   

 きょう8月15日は、72回目の終戦記念日。日本共産党清瀬市議団の佐々木あつ子団長、山崎美和市議といっしょに清瀬市内をまわって訴えました。団地のベランダから、バス停から、たくさんの方が手を振ってくださいました。「こういう宣伝をやっているのは、共産党だけだもんなあ」と声をかけてくださった方もいて、感激です。佐々木さんと私のスピーチを紹介します。ぜひ、お読みください。


【佐々木あつ子市議団長 あいさつを兼ねたスピーチ】

 8月15日の終戦日、日本共産党清瀬市議会議員団として毎年欠かさず宣伝させていただき、不戦の誓いをみなさんと一緒にする、本当に大事な日だと思っています。
 私の父親は15歳で海軍に志願し、五島列島で終戦を迎え、18歳で無事に帰ってきました。元気なころは、「戦争は絶対にダメだ。こんなことは本当に許されない」という話を私や兄にしてくれていたものです。父は82歳で他界しましたけれど、8月15日を迎えるたびに、父の話を思い出します。
 いま、安倍政権の下で日本の国が「戦争する国づくり」へと進むなか、戦争を経験した人たちは高齢化して、若い人たちが体験を聞く機会が少なくなってきています。しかし、いま、私たちに任されていることの一つに、戦争の体験を風化させないことがあるのではないかと思います。
 歴史をしっかりと振り返って、二度と戦争をしない国をつくる決意を、みなさんと一緒にしたいと思っております。


【原のり子のスピーチ】

「二度と戦争はしない」の誓いを新たに
 先に行われました都議会議員選挙では、みなさんの大きなお力添えをいただきました。みなさんのご声援にお応えして、全力でとりくんでまいります。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
 毎年8月15日に行われている清瀬市議団の宣伝に初参加させていただきました。改めて、二度と戦争はしない、この誓いをみなさんと一緒に新たにしていきたいと思います。

9条改憲のノーの審判下した都議会議員選挙
 今年の終戦記念日は、平和か戦争かの岐路に立っていることを実感しています。
 しかし、都議会議員選挙を振り返ると、みなさんの判断ははっきりしているのではないでしょうか。憲法9条を変えることを明言している自民党は、議席を半分に減らしました。日本共産党は、都議選のなかでも、「憲法9条をしっかり守り抜く声を東京から発信していきましょう」と訴えました。その日本共産党は、前回の都議選で議席を倍増させていただき、今回はさらに議席を伸ばして19議席となりました。この地域(北多摩4区=清瀬市・東久留米市)でも、私、原のり子を押し上げていただきました。
 憲法9条をしっかり守る。平和と命を守る。そういう当たり前の政治に切り替えていく。都民のみなさんは、きっぱりと判断を示したと感じています。

若い人から「憲法9条は本当に守れるんですか」と聞かれ
 都議選のなかで、若い人からいわれた言葉が忘れられません。「憲法9条は本当に守れるんですか」という質問でした。特定秘密保護法、安保法制(戦争法)、さらには「共謀罪」。国民の多くが反対しているにもかかわらず、安倍政権がどんどん強行採決をしてきました。この流れを見ていると、憲法9条も変えられてしまうのではないか、本当に不安だ、という声でした。
 私はこの声を受け止めて、「憲法9条は岐路に立っているけれども、必ず守れます」と訴えました。なぜかといえば、戦後72年間、私たち日本国民は憲法9条をずっと守り続けてきたからです。「この力をもってすれば、必ずこの先も守れる」と確信しています。

吉永小百合さんの言葉
 女優の吉永小百合さんが、こういうふうにいっていました。戦後という言葉をこれからもずっと続けたい、と。みなさん、同じ思いではないでしょうか。
 この「戦後」をずっと続けるためにも、私たちの力で、市民と野党の共同で、安倍政権を倒し、憲法9条を守り抜きましょう。

世界の流れは核兵器禁止・違法化
 さてみなさん、世界の流れを見れば、一目瞭然ではないでしょうか。先日、国連で核兵器禁止条約が採択されました。核兵器は違法だということが条約にはっきりと示されました。広島・長崎に原爆が落とされてたくさんの命が奪われました。「核兵器をなくそう」「二度と戦争はダメだ」とずっといい続けてきた被爆者のみなさんの運動が、禁止条約にはっきりと位置づけられました。「ヒバクシャ」という言葉もはっきり入っているんです。

被爆国の首相が背を向ける異常
 ところが安倍首相は、核兵器禁止条約にさえ背を向けています。これに対して、被爆者の方々がやむにやまれぬ思いで、首相に面と向かっていいました。「あなたはどこの国の首相なんですか」と。こんなことを被爆者のみなさんにいわせる政治は、ここで変えなくてはなりません。
 世界の流れは、核兵器禁止条約を採択するところにまでになったんです。唯一の被爆国である日本は、安倍首相が首相のままでいいのでしょうか。力を合わせて、安倍政権を退陣に追い込みましょう。
 来るべき衆院議員選挙では、みなさんと力を合わせ、野党共闘を強めて、憲法9条を守る政治に切り替えていくために、日本共産党は全力を尽くしてまいります。

私が共産党に入ったわけ

 私は18歳のときに日本共産党に入党しました。その日本共産党は今年95周年を迎えました。侵略戦争に反対し、それを歴史に刻んできた政党です。その歴史に感銘を受けたことと同時に、政治を変えるために共同して政権をとろうという構想を持っていることを知って、この党に入りました。
 みなさんとの共同の力を強めて、二度戦争をさせない。日本共産党は党創立の原点に立って力を尽くす決意です。
 みなさんと力を合わせて政治を変える日本共産党へ、大きなお力添えもこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

横田基地にオスプレイはいりません

 東京都議会も、8月8日に臨時議会が開かれ、動き出しています。この首都・東京でも、憲法を守り平和を守ることが焦眉の課題になっています。東京には、米軍横田基地があります。ここには、CV22という特殊作戦用のオスプレイを配備する計画があります。これにストップをかけていくことも心から訴えまして、私の話とさせていただきます。ありがとうございました。


反響の多さに感激しながら訴えました
b0190576_23084705.jpg
《撮影:長島可純さん》↑


清瀬駅北口のビルには非核清瀬市宣言が
(左から)山崎美和市議、原のり子、佐々木あつ子市議
b0190576_23085669.jpg

あいにくの雨でしたが元気いっぱい
b0190576_23091186.jpg
b0190576_23090246.jpg
b0190576_23090723.jpg




リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます
写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります


by hara-noriko | 2017-08-15 23:12 | 活動日誌 | Comments(0)

「共謀罪」強行成立させた自民・公明・維新に審判下そう   

内容もやり方も民主主義を否定
 6月23日に告示される都議会議員選挙まで1週間。「共謀罪」法の廃止とともに、強行成立させた自民・公明・維新に都議選で審判を下そう、と訴えています。「共謀罪」法の内容も、成立させた与党などのやり方も、民主主義を踏みにじるものです。「廃止」と「審判」の声を大きくあげていきましょう。

立ち向かう野党4党
 6月15日午前7時45分、参院本会議で「共謀罪」法の採決が強行されました。断じて許されません。自民党、公明党、維新の会が賛成。日本共産党、民進党、自由党、社民党の野党4党は内閣不信任決議案を共同提案するなど結束して立ち向かい、「共謀罪」法案に反対しました。

ものをいわせない社会をつくる法律
 「共謀罪」法は、2人・3人と集まって話し合いをしているだけでも、悪いたくらみをしていると勝手に決めつけて罰することが可能になる恐ろしい法律です。しかも、メールやライン、電話を監視することができる。すべての国民が監視の対象にされます。国民同士が監視しあう社会、政府にものをいわせない社会をつくっていく。これが「共謀罪」です。「現代版治安維持法」「平成の治安維持法」といわれています。
 国会審議の中で「共謀罪」法案の問題点が日に日に明らかになっていきました。これ以上審議を続けたら問題点がさらに国民のみなさんに伝わってしまう。そういう中での強行可決でした。

「禁じ手」まで使って
 今回の特徴は、法務委員会での審議を一方的に打ち切り、いきなり本会議に持ち込むという「禁じ手」をつかっての強行可決・成立です。野党議員が法務委員長だったわけではありません。与党・公明党の議員が法務委員長でした。採決でもめている状況を国民の前にさらせば批判が高まる。それが都議選にも影響していくだろう。それを避けるために委員会の採決を省略して進めてしまう。本当に許されないやり方です。

「共謀罪」は一日も早く廃止しましょう
 「共謀罪」法は、内容もやり方も認められません。「共謀罪は一日も早く廃止を」の声を声をあげていきましょう。来週からおこなわれる都議会議員選挙では、民主主義を踏みにじるやり方をして強行可決する人たちに厳しい審判を下していきましょう。平和と民主主義を守る。憲法を守る。これは政治の土台です。そこを踏みにじって強行していく安倍政権を退陣に追い込んでいきましょう。

今、声をあげるとき
 振り返ってみれば、安倍政権は、国民の「知る権利」秘密保護法、自衛隊の海外での武力行使に道を開く憲法違反の法律=戦争法(安保法制)などを通してきました。さらにここで「共謀罪」を通す。しかしこれで終わりではありません。安倍首相は「2020年には憲法9条を変える」といっています。9条に手を付けて戦争へ戦争へと駆り立てる流れを強めています。自民党は、都議選で勝ってはずみをつけていくとあからさまにいっています。
 この流れにストップをかけるのは今です。後で振り返ったとにき、「あのときに声をあげればよかった」「あのときが曲がり角だったんだ」と後悔することのないように、一緒に声をあげていきましょう。

民主主義と平和を次世代に引き継ぐために
 かつて、治安維持法でものをいわせない社会につくりかえられていくなかで戦争がすすめられました。治安維持法による弾圧・拷問で多くの方が犠牲となり、作家の小林多喜二は虐殺されました。秘密保護法、戦争法、「共謀罪」法を必ず廃止する。そして9条改憲という安倍首相の企てを止める。民主主義と平和を次の世代に引き継いでいけるように、今、ご一緒に声をあげましょう。こころから呼びかけます。


「共謀罪」の廃止を訴えています
(東京・清瀬駅北口)

b0190576_14373612.jpg
b0190576_14374192.jpg
b0190576_14374576.jpg



by hara-noriko | 2017-06-16 14:38 | 国政 | Comments(0)

都議選で9条改憲の安倍政権に審判を   

いま、どうしてもいいたいこと
 きょうは、どうしても訴えたいことがあります。それは、安倍首相が憲法9条を変える、と明言したことです。しかも、2020年、オリンピックを契機に日本を生まれ変わらせるために憲法9条を変える。9条には1項、2項がありますが、3項目を加えて自衛隊を明記するというのです。

 【憲法9条】
 第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法尊重義務に違反
 安倍首相の改憲案はとんでもないものです。自民党には「日本国憲法改正草案」というものがありますが、その草案にも書いていないものを、安倍首相が突然、言い出しました。
 総理大臣はもちろんのこと、国会議員も含めて、憲法をきちんと遵守しなければならない、尊重義務というものがあります。憲法99条には「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と書いてあります。それをまったく踏みにじる首相の発言に驚きを禁じえませんでした。
 安倍政権による改憲を絶対にさせない。その審判をこんどの都議選ではっきりと下していく必要があるのではないかと思います。

自衛隊 海外での武力行使が無制限に
 NHKが実施した世論調査を見ても、8割を超える人が、憲法9条は日本の平和と安全に「役立っている」と答えています。
 多くのみなさんは、平和で安心して暮らせる社会を望んでいます。にもかかわらず、首相みずから「憲法9条を変える」「自衛隊を明記する」と言っています。これは本当に危険です。9条に自衛隊を書き込んでしまうと、「自衛のための最小限の実力組織」という枠がはずれてしまいます。日本共産党の小池晃書記局長(参院議員)は、国会で安倍首相を追及しました。「3項に自衛隊の存在理由が書かれれば、3項に基づき海外での武力行使は文字通り無制限となり、2項は“空文化”する」と。安倍首相はまともに答弁できませんでした。

教育勅語や「共謀罪」まで
 安倍政権は、憲法や教育基本法に反しない限り教育勅語を教材として使っていい、という閣議決定までしました。「天皇のために命をささげよ」という教育勅語自体が、憲法と教育基本法に違反しているにもかかわらず、です。
 さらにいま、「共謀罪」法案の成立も安倍政権はねらっています。2人、3人と集まって何かを相談していれば、最初から悪いことを計画してると決めつけて罰することができる法案です。盗聴、メールやラインの監視、こんなことまで政府ができるようになってしまいます。
 安倍政権は「一般の人は関係ありません」といっていましたが、一般の人かそうでないかを見極めるために全員が対象になる、ということまではっきりしてきました。疑われた時点で、「一般の人ではない」というのが政府の説明です。どうしてもストップをかけなければなりません。

保守の方たちが「安倍政権は危険だ」と
 安倍政権のもとで、多くの良心的な保守の方たちが、「これは危険だ」という声をあげています。
 先日、「自分は保守だ」とおっしゃっている方と話をしました。「戦争だけは絶対にダメだ、という保守だ」と話してくれました。戦争へ、戦争へと国民を駆り立てていく危険な安倍政権に対して、「安倍政権だけはダメだ」といっています。
 私は、こういう方たちとしっかり手をつないで、多くの人たちと力を合わせて、「憲法改定は絶対に許さない」という声を大きくあげていきたいと思います。
 都議選で安倍政権に審判を下し、市民と野党の共闘で国の政治も変えていきましょう。

「まちかどスピーチ」でもこの問題を訴えています

b0190576_14392479.jpg


by hara-noriko | 2017-05-12 14:39 | 国政 | Comments(0)

「憲法守ろう」の輪を広げましょう   

 4月9日夕方、東久留米憲法共同行動でした。「憲法を守ろう!」を一致点にさまざまな団体・個人が一緒に宣伝します。冬のように寒い日…でも20名を超える人たちで元気にアピール! 一人ひとりのスピーチは、「戦争立法を絶対にくい止めよう」「憲法9条を守ろう」という思いにあふれていました。いつも議員にもよびかけてくださり、今回は、共産党市議団から篠原重信さんと私が参加。生のギターとアコーディオン演奏にのって、スピーチしました。この輪が大きく広がるように、一緒にとりくみに参加していきたいと思います。

こんな横断幕を掲げて訴えました
b0190576_00034394.jpg
スピーチする篠原重信市議
b0190576_00035295.jpg
私もマイクを握りました
b0190576_00034943.jpg

by hara-noriko | 2015-04-10 00:04 | 活動日誌 | Comments(0)