タグ:NICU ( 2 ) タグの人気記事   

多摩の医療充実へ 3つの病院と懇談   

 8月8日のブログで報告した多摩北部医療センターにつづき、9日には公立昭和病院(小平市)と災害医療センター(立川市)、10日には立川病院(立川市)をそれぞれ訪問しました。宮本徹衆院議員、尾崎あや子都議、各市議のみなさんと一緒です。

公立昭和病院 地域に役立つ病院への熱意

 公立昭和病院では、院長・小児科部長の両先生が対応してくださいました。昭和病院は、周産期医療の充実に積極的にとりくんできています。NICU(新生児集中治療室)6床、GCU(継続保育治療室)が9床だったところ、昨年の11月にはGCUを12床に増やし、さらにMFICU(母体胎児集中治療室)を3床設置する、と。
 医師や看護師確保のために処遇改善をはじめ、さまざまな努力を行なってきていることがよくわかりました。また、妊婦健診を受けないまま救急車で運ばれてくるケースもある、と。望まない妊娠で相談できないケースや、妊婦さんが精神疾患を抱えているケースへの対応、海外の方などへの対応の大事さ、児童相談所との連携が必要なケースもある、などの実態を聞かせていただきました。地域に役に立つ病院として役割を果たそうという熱意に、頭が下がります。
 清瀬小児病院を守る会では、当時から、ただ反対するというだけではなく、地域の小児医療充実のためにとりくもうと、昭和病院にも周産期医療の充実について申し入れに行き、院長先生と懇談させていただきました。廃止後、もし公立昭和病院がなかったら…と思うと、本当に感謝に耐えません。
 《訪問者=宮本徹衆院議員、尾崎あや子都議、原のり子、尾崎りいち東大和市議、さとう直子東村山市議、深沢まさ子清瀬市議、永田雅子東久留米市議、村山順次郎東久留米市議》
 公立昭和病院のホームページ

災害医療センター もっと国の支援を
 立川市にある災害医療センターは、副院長先生お2人が対応してくださいました。今年の4月に婦人科が再開されました。7年ぶりとのこと。婦人科の医師を確保するために、大変な努力があったことがよくわかりました。本来、産科も含めて実施できればいいが、そのためには、人の確保や財政面を考えなければできない。災害医療の予算自体も減らされている中、非常に厳しい…。
 災害医療センターは、国立だったところ、独立行政法人化し独立採算になっています。DMAT(災害派遣医療チーム)の訓練も含め支えている重要な病院です。もっと国の支援が必要なのではないか、と思いました。
 《訪問者=宮本徹、尾崎あや子、原のり子、さとう直子、尾崎りいち、内野なおき武蔵村山市議》
 災害医療センターのホームページ

立川病院 印象的だった院長先生の話
 立川病院は、国家公務員共済組合連合会の病院。院長、小児科部長の両先生が対応して下さいました。NICU(新生児集中治療室)は6床だが、GCU(継続保育治療室)はこれまでなかった。新棟のなかで位置付け、6床設置する、と。
 医師確保などは苦労もあるが、大学病院との連携のなかでなんとか対応してきている。小児科は不採算部門。NICUがあることでむしろ経営的には安定するともいえる。ぜひ、周産期医療への国都からの支援をふやしてほしい…。
 共済組合の病院とはいっても、そこからお金がでているわけではないので厳しい、と。ただ、院長先生の最後のお話は印象的でした。「もうけを目指している病院ではなく、市民病院として経営していこうという考え。もうかる部門しか残らないという病院にしたくない」「高齢者は多くが複数の病気をもっている。高齢者であるほど、実は総合病院が必要ともいえる」と。
 《訪問者=宮本徹、尾崎あや子、原のり子、さとう直子、尾崎りいち、内野なおき、渡辺一雄武蔵村山市議)
 立川病院のホームページ

「政治の力」が試されている
 今回訪問した病院はどこも、患者さん本位の病院として努力されていました。診療報酬の改善や周産期医療実施病院への支援の拡充など、急がれていると実感しました。
 ある病院の先生は、「私たちは現場でギリギリ頑張っている。あとは政治の力ではないでしょうか」と。今回訪問して学んだことを整理し、これだけ現場が努力していてもなお、多摩地域の周産期医療が不足していることを解決していくために、取り組みを強めていきたいと改めて思いました。

公立昭和病院で(左から)
尾崎りいち東大和市議、尾崎あや子都議、
さとう直子東村山市議、宮本徹衆院議員、
永田まさ子東久留米市議、原のり子、
深沢まさ子清瀬市議 (撮影:村山順次郎東久留米市議)
b0190576_16365722.jpg
b0190576_16370129.jpg




リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます

写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります




by hara-noriko | 2017-08-16 16:39 | 東京都政 | Comments(0)

小児医療充実へ 多摩北部医療センターの院長と懇談   

宮本衆院議員、尾崎都議らと一緒に
 8月7日、多摩北部医療センター(東京都東村山市)の院長先生(松本潤氏)と懇談させていただきました。宮本徹衆院議員、尾崎あや子都議、清瀬の原田ひろみ市議と深沢まさ子市議、東久留米の永田まさ子市議、東村山のさとう直子市議、東大和の尾崎りいち市議、そして私です。

NICU(新生児集中治療室)と産科
「足りていない現状は理解している」

 多摩格差の大きな問題の一つである、NICU(新生児集中治療室)の不足。あわせて、産科病院も地域で不足している現状もあり、多摩北部医療センターに設置してもらえないのか、という要望が強くあります。
 院長先生も、「足りていない現状は理解している」。しかし、「NICU、産科を設置するにはハード面も人的な面も壁があるうえ、センターだけの意思では決められない」と。また、遅れている多摩北部医療センターの大規模改修の進め方や、広い敷地の活用の仕方など、「どう考えていくかが重要」との認識も話されました。

障害児の受け入れへ前向きな検討が
 私は、選挙中にもみなさんと懇談しつつ訴えてきた、障害児の受け入れの問題をうかがいました。清瀬小児病院廃止後の受け皿となった多摩北部医療センターは、積極的に障害児者を受けいれることが約束となっていました。しかし、実際には、府中小児総合医療センターまで行かなければならなくなった方たちもあります。
 院長先生は、「障害児は積極的に受けているつもりだったが、たしかに、外科系が弱いという課題があり、受け入れられないケースもある。小児外科を経験しているドクターの配置などが必要ではないかと検討している」というお話をされました。
 地域の小児医療を良くする会などでも、くりかえし、小児外科の設置を求めてきました。前向きな検討が進められていることがわかり、とてもうれしかったです。

子どものリハビリ実現 問題意識は共通
 また、子どもさんの脳梗塞などのリハビリができるようにしてほしい、との要望もこれまでも伝えてきました。民間では採算がとれない分野であり、公的なところでやる必要があるのではないか、という問題意識は共通していました。同時に、大人のリハビリもなかなか人が配置されず困っているとの現状もお聞きしました。

市民のみなさんの運動と結んで
 総じて、地域の市民の声を聞きながら、地域の病院として役割を果たしていきたいと真剣に考えられていることを感じ、とても有意義な懇談となりました。やはり、市民のみなさんの声と運動が重要とつくづく実感です。市民のみなさんの運動とむすんで、都議会でとりくんでいきたいと思いました


懇談にうかがったメンバー
b0190576_03172988.jpg
院長先生(右)と懇談
b0190576_03173349.jpg


リーフレット「都市農業への思い」は
こちらからダウンロードできます

写真をクリックするとリーフが表示されます
その画面の右上にダウンロードの矢印があります




by hara-noriko | 2017-08-08 03:19 | 活動日誌 | Comments(0)