都の障害者雇用 特性にあった仕事の創出を   

都議会総務委員会で質問
 東京都議会はいま、第4回定例会(12月議会)の真っ最中です。これに先立つ11月には、各常任委員会が開かれて質疑が行われました。私も、所属する総務委員会で質問しました。このうち、障害者雇用にかかわる質問(11月15日)を紹介します。

量も質も伴った障害者の雇用の拡充こそ

 中央省庁が雇用する障害者の人数を「水増し」「偽装」していた実態は、障害者の人権と尊厳を傷つけ、雇用の機会を奪ったものであり、許されません。東京都においては、水増しの実態はありませんでしたが、雇用率は東京都として掲げた3%の目標には届いていません。量も質も伴った障害者の雇用の拡充が求められています。

知的障害の方の合格者がいない
 障害者を対象とする東京都職員Ⅲ類採用選考(18歳~39歳の方を対象にした採用選考)は、2016年度までは身体障害者のみを対象にしていましたが、17年度からは、精神障害と知的障害の方も対象になりました。しかし、知的障害の方は合格者がありません。
 試験は、高校卒業程度の内容になっています。実際に試験を受けた方の保護者からは、「途中でやる気を失った」との声が聞かれます。知的障害の方が試験を受けられるとはしたが、果たして十分な合理的配慮がなされているといえるでしょうか。
 「合理的配慮の提供は行政も民間も義務」とした東京都障害者差別解消条例に立てば、障害の特性に応じた仕事を創出することが必要ではないでしょうか。

障害の特性に応じた採用試験を提案
 愛知県では、「知的障害者を対象とした職員選考」を毎年おこなっています。ふさわしい仕事を創出し、その内容や仕事をする場所についてもくわしく説明をして、安心して受験できるように配慮されています。東京都でも、知的障害をはじめ、障害の特性に応じた仕事の創出と採用試験の検討をすすめることを提案しました。

磁気ループも要約筆記もないなんて
 また、Ⅲ類採用選考、および採用後の合理的配慮を充実させることが必要です。
 選考試験の際、聴覚障害の方への要約筆記や磁気ループの実施、また、「自力通勤」の表示を見直すだけではなく、介助者同行の場合の交通費補助をはじめ必要な支援を行なうことを求めました。
 合理的配慮は、障害者を特別扱いすることではありません。困難を軽減し、力を発揮してもらうための当然のサポートです。
 合理的配慮の改善について求めたところ、最初は、「これまでにもうやってきた」というような答弁。それでは困る、絶えず改善していく姿勢に立ってもらう必要があると考え、再度答弁を求めたところ、今後も進めていく旨の答弁が。引き続き、改善を働きかけていきます。
 もちろん、障害のある方々の仕事は、他にも一般就労、福祉事業所などもあり、一人ひとりが力を発揮できる場所に出合えるように、応援していきたいと思います。

都知事の所信表明では
 11月の総務委員会質疑では、多くの議員が障害者雇用についてとりあげました。そして、12月議会初日の知事の所信表明では、「ソーシャル・インクルージョン」の考え方にもとづき、すべての都民の就労を応援する条例制定にとりくむ、との表明がありました。すでに有識者会議が始まっています。今後、どういう方向にすすんでいくのか、注目し、意見を言っていきたいと思います。

就労をゴールと決めつけない
 私は、ゴールは一般就労だけではなく、一人ひとりの特性に応じて、力を発揮できる場の創出が重要であること、民間頼みではなく、東京都自身の努力も必要であることは、引き続き訴えていきたいと思います。
 同時に、「就労しなければ価値がない」というようなことにならないように、とも思います。この間、ひきこもりの方の支援を考える中でも、単純に就労をゴールと決めつけない、ということが大事だと実感してきました。こうした視点も引き続き大事にしながらとりくみます。


障害者雇用について総務委員会で質問(11月15日)
b0190576_02481875.jpg
(撮影:長島可純 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)


蔦紅葉
b0190576_02482269.jpg

スズメ
b0190576_02482548.jpg



# by hara-noriko | 2018-12-07 02:52 | 都議会 | Comments(0)

都議会 4日から第4回定例会(12月議会)   

 12月3日、私が所属する総務委員会が開かれ、監査事務局の事務事業質疑と第4回定例会(12月議会)に提出される議案の説明が行われました。いよいよ4日から12月議会がはじまります。

●補正予算案
 学校体育館や特別教室へのエアコン設置推進、ブロック塀対策を盛り込んだ補正予算案が提出されます。規模は92億円。項目別に常任委員会にかかります。中心は文教委員会です。総務委員会にも市区町村庁舎の非常電源の予算がかかります。
 補正予算案についての関連記事は こちら から。
 補正予算案についての都の説明は こちら から。

●総務委員会に提出される主な議案は
 総務委員会に提出される主な議案は、都の職員に1年任用の「会計年度任用職員制度」が導入されることに伴い、期末手当や育児休業などを決めていくものです。本来、正規職員を原則とする地方公務員法に、非正規職員を制度化するという中身。正規化をすすめるべきなのに、その対策もないことから、共産党は国会で反対していますが可決され、どこの自治体でも実施されることになっています。
 この間、東京都においても労使協議が重ねられ、妥結したもとで今回の提案になっています。非正規職員の方々が不利益を被ることのないように、現場の意見も聞きながら、慎重に検討していきます。

【日程(予定)】
 12月議会の日程(予定)は次のとおりです。
 4日(火)本会議(知事の所信表明)
 11日(火)本会議(代表質問)
    共産党の質問者は決まり次第お知らせします
 12日(水)本会議(一般質問)
    共産党の質問者は決まり次第お知らせします
 14日(金)総務委員会(質疑)
 17日(月)総務委員会(決定)
 19日(水)本会議(討論・採決)

*議会はすべて午後1時から。傍聴は、議事堂2階で傍聴券を午後1時間前から配布。
*託児サービス、磁気ループなどは都議会事務局へ。
*本会議と総務委員会はインターネット中継があります。


朝の宣伝 ビラを手から手へ
b0190576_23323232.jpg
b0190576_23323655.jpg

夕方の宣伝で対話
b0190576_23324040.jpg
宮本徹衆院議員と一緒に
b0190576_23324469.jpg




# by hara-noriko | 2018-12-03 23:33 | 都議会 | Comments(0)

さいわい保育園 若いお母さんの訴え   

 12月2日、共産党の北村りゅうた・東久留米市議と一緒に、市政都政報告会を開きました。宮本徹衆院議員も駆け付けてくださいました。会場は満員! 参加されたみなさんから、たくさんのご意見が出され、勉強になるとともに、力をあわせてがんばりたいと改めて思いました。

 市立さいわい保育園(東久留米市幸町)は今年度、最後の園児が卒園します。そのこと自体、本当に胸がつまりますが、その後のさいわい保育園園舎や今行われている園庭開放・子育て支援(地域活動事業)はどうなるのかが課題になっています。
 市が非公開でおこなってきた「公共施設マネジメント推進委員会」が11月に報告書をまとめ、結論は「施設を解体し土地を売却することが適当」というものでした。これを受け、市長がどう判断するかということになります。
 今回の報告会には、幼稚園入園前の子どもさんと毎日さいわい保育園に行って、園庭開放(地域子育て支援事業)を利用しているお母さん(28歳)が参加してくれ、思いを話してくださいました。そのお話は、さいわい保育園が在籍園児だけでなく、地域の親子にとってもかけがえのない役割を果たしていることがとてもよくわかる内容で、胸があつくなりました。ご本人から了解をいただいたので、スピーチを紹介します。
 さいわい保育園については、いちばん下の関連記事のリンクをご覧ください。


地域の子育て支援
かけがえのない役割を果たしているさいわい保育園
若いお母さんの訴え


 私からお話しするのは、今年度いっぱいで閉園するさいわい保育園についてです。
 この件の結論を申し上げますと、保育園閉園後も、現在さいわい保育園の保育士さんが行っている園庭開放を続けていただきたいです。

 保育士さんが行っている園庭開放というのは、平日9時30分から16時30分まで、園舎と園庭で地域の親子も自由に遊んでくださいというものです。電子レンジやポットも貸し出してくれてお弁当を持っていけば一日中遊べて、乳児のお子さんが来た時には布団を出してくれます。

 園庭開放を継続してほしい一つ目の理由は、東久留米市北部に児童館や子育て支援センターがなく、乳幼児が安心して遊べる場所がないということです。
 このことについては何年も前から東久留米の政策に上がっておりますが、いまだに実現されていません。
 私は東久留米市北部に住んでおりますが、新たに施設を造れるような空き地がないように感じるので、さいわい保育園の跡地を利用しない限りこの政策は実現されないのではないかと思います。

 二つ目の理由は、さいわい保育園の園舎と園庭が、乳幼児にとって非常に過ごしやすいつくりになっていることです。
 砂場も三輪車も沢山あり危険な遊具もありません。子どもが勝手に道路に出られないような門とフェンスで囲まれているので、公園と違って車の事故の心配がなく、ボール遊びも思い切りできます。

 三つめの理由は、さいわい保育園の園庭開放を利用している市民が年間3000人以上もいることです。
 なぜこれだけ多くの利用者がいるのかというと、常駐している職員とのかかわり方が児童館などとは全く異なるからです。
 さいわい保育園の園庭開放では保育士さんがお出迎えとお見送りをしてくれます。
 室内でも屋外でも一緒に子どもと遊んでくれて、慣れない育児で孤独感や不安抱えたお母さん方の話し相手にもなってくれます。

 私自身、育児ノイローゼになりそうになった時や、病気がわかり手術をすることになった時も、体調を気遣ってくれたり、娘の子守をしてくれたり、私たち親子を心から支えてくれました。

 毎日園庭開放に来ていた親子が遠くに引っ越すことになった時にも園児と先生方がお別れ会を開いてくれました。これだけ市民の親子に寄り添った環境は児童館にも子育て支援センターにもありません。

 遊びに来るのは地域の親子だけではありません。
 東久留米市が進めた民間保育園もさいわい保育園の園庭にたくさん遊びに来ています。
 民間の小規模保育園には園庭がないので、園児を公園に連れて行っても他の保育園の子どもたちが先に遊んでいると込み合ってしまうのでそのまま帰ったり、空いている違う公園を探すことがあるそうです。
 こういう問題をなくすためにも、さいわい保育園の園庭開放を利用するべきではないでしょうか。

 さいわい保育園の保育士さんが園庭開放を行ってくれたことで、地域のお母さん方とも交流することができ、子どもにもたくさん友達ができました。
 東久留米市の政策にある「地域のつながり」「子育てしやすいまちに」「北部地域の子育て支援機能」を果たしてくれているのは、さいわい保育園の方々のおかげです。

 10月の市議会で、さいわい保育園の子育て施設計画は「中央児童館とさいわい保育園の距離が近いため必要ない」「子育て支援施設として残すには老朽化が懸念点」「子育て支援施設としては狭い」などの理由で不採択でした。

 老朽化を問題視するのであれば、在園児がいる今すぐに補修工事を行うべきだと思います。
 また「中央児童館に遊びに行けばいい」ということではなく、小山地区や氷川台、野火止に住む市民が徒歩でも利用できるさいわい保育園の場所に、子育て支援施設を必要としています。広くて綺麗な施設を必要としているわけではありません。古い建物を長く大事に利用することは良いことではないのでしょうか。

 何年も前から東久留米市北部に子育て支援機能が必要と分かっていながら計画を進めず、その機能を果たしてくれているさいわい保育園の園庭開放を閉園とともに終わらせるのは納得がいきません。

 今、小山地区には新しい住宅がどんどん増えていきます。
 家が増えれば子どもも増えます。
 私たち乳幼児を持つ市民は、子育て世代が住みやすい街づくり、子育て世代が住みたくなる街づくりを心から願っております。

【さいわい保育園関連記事】
さいわい保育園 保護者の思い
「いのち守る」 2つの保育園で今
東久留米市の市長座談会に参加して
市長選・市議補選で考えたい公立保育園の役割
胸が熱くなった さいわい保育園保護者の請願


たくさんのご意見をいただいた市政都政報告会
b0190576_23280114.jpg
東久留米市政について報告する北村りゅうた市議
b0190576_23280953.jpg
国政について報告する宮本徹衆院議員
b0190576_23281416.jpg
私も都政について報告
b0190576_23282663.jpg







# by hara-noriko | 2018-12-02 23:29 | 市政報告 | Comments(0)

共産党島しょ議員団が都に予算要望   

 11月27日、日本共産党島しょ議員団のみなさんが東京都に予算要望を提出。大島の橋本博之町議、利島の笹岡寿一村議、新島の綾とおる村議予定候補。そして、共産党都委員会の自治体部長や島しょ担当の方々も。都議団から、とくとめ議員と私が同席しました。(大島の山田ただたか・小池渉の両町議、三宅の平川大作村議、御蔵島の黒田正道村議は公務のため欠席)
 約1時間にわたり、要望書への回答と懇談が行われました。どの問題も本当に切実です。とりわけ、命にかかわる医療問題では大事なやりとりがありました。

島外に通院する際の交通費等の補助
「交通費は医療問題です」
 島外に通院する際の交通費等の補助を都としておこなってほしい、との要望について。
 都の回答は、交通費は保健・医療行政としては考えていないとの趣旨。それに対し、
「大島の医師から都立病院に行くようにいわれたら、たった20分ほどの診察に2日かけることになる。もし島に都立病院をつくってくれればこんなことはしなくていい。それができないのだから、考えてほしい。交通費のことは医療問題です」と橋本町議。
 「10年前に島に移住し、漁業の手伝いをして半年で足がただれてしまった。島の診療所で診てもらったら、島外の病院に行くようにいわれ通院しつづけた。時間も経済的負担もあるので、必要な医療をためらってしまう島民もいる。福祉・保健医療行政としては考えないというなら、どこかできちんと対応してほしい」と綾予定候補。

都立広尾病院を今後も都立直営で充実をはかること
 島民が島外の病院に行く必要が出た場合の先であり、かけがえのない役割を果たしている都立広尾病院を今後も都立直営で充実をはかること、との要望について。
 都は、島の医療はどういう形態になろうときちんとおこなう。独立行政法人化するということは決まっているわけではない、と。

救急ヘリコプターの運行
著しい苦痛がある場合も利用できるように
 救急ヘリコプターの運行について、「生命に緊急を要しない」と診断されている場合であっても、著しい苦痛がある場合などに運行できるように基準を緩和すること、との要望について。
 「離島であるがゆえの問題が、救急車で病院に行けないということ」と切り出したのは笹岡村議。「緊急の場合は救急ヘリを呼ぶことになるが、骨折していても、どんなに苦痛でも、命の危険があるかどうかで判断される。緊急の基準はどうなっているのか。考えを変えてほしい」と。
 私も、この基準はどこに書いてあるのかたずねました。すると、「書いているものがあるわけではなく、あくまで医師の判断だ」と。そうであれば、必要なときにヘリを要請することについて医師に伝えることはできるのではないか? 「医師にこうしろとはいえないが、意見を伝えることはできる」と。

島の人たちに寄り添っているからこその要望
 みなさんの話は具体的で、胸にグッときました。島民の方々に寄り添っているからこそですね。
 綾予定候補は、「島の人は都民なのか? 都でも島に光をあてたという事業もあるが、島民そのものを支える施策がなかなか見えてこない」と指摘。島には総合病院がなく、高校がない島もある。物価も高いなど、島の状況や特性に対応した独自の支援策を充実することは、当然やらなければならないことなんだ、と実感しました。
 やりとりのなかでは、前進面を確認できたこともありました。これらのことが来年度予算のなかでも反映されるように都議会でも求めていきたいと思います。


予算要望する共産党島しょ議員団
(奥左から)橋本博之町議、笹岡寿一村議、
綾綾とおる村議予定候補、とくとめ道信都議、原のり子

b0190576_16163520.jpg

北村りゅうた東久留米市議(左)と一緒に朝の宣伝

b0190576_11411970.jpg

香川やすのり清瀬市議予定候補(右)と一緒に朝の宣伝

b0190576_16243775.jpg

輝く川面とダイサギ

b0190576_11412576.jpg





# by hara-noriko | 2018-11-30 11:42 | 東京都政 | Comments(0)

議会改革検討委員会の有識者ヒアリングに出席   

 11月26日、都議会・議会改革検討委員会の有識者ヒアリングに出席しました。各会派からたくさんの議員が。講師は、元衆議院法制局参事で、現在は法令解説・著述業・議会アドバイザーの吉田利宏氏。とても勉強になりました。
公開の委員会に
 議会改革検討委員会は、各会派から委員が出ています。共産党からは、大山とも子幹事長と清水ひで子政調委員長が委員です。私が都議になった以降、かねてから共産党からも強く求めてきた公開での委員会になりました。
一致点をつくりながら
 そして、公用車の台数を減らす、政務活動費を飲食には使わない、委員会のネット中継を総務委員会で試行開始など、共産党も提案してきた内容が、一致点をつくりながら進められてきました。民主的な運営で、都民に開かれた議会にしていくことは、活発な議論をしていくうえでの大前提です。
「今、政務活動費の危機だ」と
 その議会改革検討委員会では、各会派からの提案にもとづき検討をすすめていますが、今回の有識者ヒアリングは、「議会基本条例」がテーマでした。議会基本条例をつくった場合のメリットと課題が話され、その後の各会派との質疑応答もとても重要でした。
 清水都議との質疑応答では、「今、政務活動費の危機だ」と。この間、政務活動費の使い方が問題になっていますが、一部の使い方を誤る人がいることで、なくしてもいい、ということにならないようにしないといけない、と。私もそう思います。政務活動費は、議員活動のための調査や勉強、また都民のみなさんに議会活動を報告していくために使えます。どんな経済状況の人が議員になっても、きちんと勉強しながら活動ができる保障です。
一緒に学び合う
 議員活動の原点、議会のあり方を改めて考える良い機会となりました。改めて、さまざまな会派が一緒に学び合うことも大事だということも実感です。ひきつづき、都民に開かれた議会になるよう、取り組んでいきたいと思います。


総務委員会以外もネット中継の方向
 うれしいお知らせです。今、総務委員会で試行されているネット中継ですが、人権条例の質疑のときに多くのアクセスがあり、他の委員会でも実施していく方向になりました! くわしくはまた報告します。


朝の宣伝で
b0190576_02260393.jpg
都政市政報告会で
b0190576_02153025.jpg

カワセミ
b0190576_02153475.jpg




# by hara-noriko | 2018-11-27 02:26 | 都議会 | Comments(0)

学校体育館へのエアコン設置 うれしい報告です   

都が補正予算で推進 12月議会に提案
 みなさんに、うれしい報告をさせていただきたいと思います。小学校・中学校の体育館や特別教室にエアコンがつくというということについて、東京都から日本共産党の都議団にも説明がありました。12月に行われる都議会第4回定例会(12月議会)で補正予算が提案されることが決まりました。

エアコン設置やブロック塀対策

都が市区町村に補助して推進
 この補正予算は、ざっと次のような内容です。
 ▽特別教室へのエアコンの設置は、これまでずっと進んできました。市区町村に対する補助について、都は今年度までということになっていましたが、補助を継続します。
 ▽小学校、中学校の体育館にエアコンをつける場合の都補助もおこなう。
 ▽小学校、中学校のブロック塀対策についても、東京都が補助を出していくことになりました。民間の住宅であっても危険なブロック塀を撤去して新しいものを取り付けるときには一定の基準のなかで補助する。
 あらためて、みなさんの声、そして市区町村の共産党議員団も力を合わせて取り組んできたことが、一つここで前進をすることになります。みなさんと力を合わせて、さらに確実に進むように取り組みを強めていきたいと思います。

共産党清瀬市議団が市長に申し入れ
 私たち日本共産党は、この問題で地元の自治体の市長さんたちにも申し入れを行っています。
 10月30日、清瀬市の共産党市議団は、来年度予算に向けて市長に予算要望をおこない、小中学校体育館へのエアコン設置などの実現を申し入れました。市長・副市長もよく動きを把握されていて、「課題と認識している。相当お金がかかる問題。少人数教室やランチルームなどまだエアコンを付けられていない教室を優先する。体育館もなんとかしたいが、国・都の補助の充実を求めたい」という趣旨のお話でした。

共産党東久留米市議団が市長に申し入れ
 東久留米市の共産党市議団は11月16日、市長に予算要望をおこない、小中学校の全特別教室と体育館にエアコン設置することなどを申し入れました。これに先立つ13日には教育長にも直接申し入れを行いました。
 東久留米市の教育長さんもエアコンを設置する必要がある、猛暑のなか子どもたちが勉強するという状態を改善をしていかなければいけない、この点については違いはないと話していました。問題は、どういう優先順位をつけていくのか、また、ランニングコストは大丈夫なのか、この辺の検討を十分に進めたいとおっしゃいました。
 市長への申し入れでも、さまざまな大きな課題では市長とは私たち大きな隔たりがあります。しかし、エアコン設置の問題については、時期を逃さずに進めていかなければならないということについては理解している、いま鋭意検討しているということでした。

避難所にもなる体育館 すべての市民にかかわる
党派超えて力を合わせるとき
 子どもたちの命を守っていくという点でも、そして災害で市民の方が体育館を使わなければならない、避難所にしなければならないときに、安心して利用できるようにするという点でも、冷暖房がしっかりと整っている、そういう当たり前の体育館に変えていくということはすべての人にとって重要な問題だと思います。ですから、党派を超えて力を合わせることが必要です。各自治体の議会が積極的に取り組んでいけるのかどうか、このことが問われています。私たち日本共産党も全力を尽くしたいと思います。

新しい流れをつくった共産党都議団の努力
一石を投じた条例提案
 さて、エアコン設置の問題が簡単に進んだのかといえば、実はそうではありません。
 私たち日本共産党都議団は、7月17日に被災地支援と東京の災害対策について知事に申し入れ、避難所のエアコン設置への取り組みを求めました。7月27日には熱中症についての緊急対策を知事に申し入れ、学校体育館へのエアコン設置を推進するよう求めました。
 9月議会では、とくとめ道信都議が代表質問で取り上げ、小学校・中学校の体育館のエアコン設置について条例提案を行いました。しかし、共産党提案の条例は他の会派のみなさん、自民、公明のみなさんをはじめ、すべての会派のみなさんが賛成しない、反対するということで否決になってしまっています。本当に残念でした。しかし、代表質問で小池知事から、補正を組んででも実施をしていきたいという答弁を引き出すことができ、12月議会に補正予算案を提出する流れになっています。
 最初は一致点があまり十分でなくても、条例提案できる議員団の権利を行使して条例を提案する。それによって一石を投じ、議論になっていく。これがきっかけになってこういう問題が進んでいくということがいえると思います。
 清瀬市でも東久留米市でも、小学校・中学校へのエアコン設置が確実に進んでいくように引き続き市議団と連携して取り組んでいきたいと思います。この問題は統一地方選挙でも大事なテーマです。みなさんと力を合わせる。そして積極的に条例提案もしながら実現を図っていく。そんな取り組みをする日本共産党をぜひとも伸ばしていただきたいと思います。

【関連情報】
西日本豪雨災害の被災地支援と東京都の災害対策に関する申し入れ(7月17日)
熱中症に関する緊急対策の申し入れ(7月27日)
小中学校の体育館等の冷房化を補助する条例提案(9月議会)
とくとめ道信都議の代表質問該当部分(9月議会)
代表質問に対する小池知事の答弁(9月議会)
12月補正予算(案)について都の発表(11月16日)


朝の宣伝で都政・市政報告
b0190576_17193260.jpg
b0190576_17193688.jpg
晩秋の雑木林
b0190576_17193967.jpg
スズメたち
b0190576_17194438.jpg

# by hara-noriko | 2018-11-23 17:20 | Comments(0)