保育について学ぶ   

 全国保育団体合同研究集会から(1)
 8月7、8、9日は、第42回全国保育団体合同研究集会に参加しました。今年の開催地は、岩手県。会場は、盛岡市。…とても暑い! 分科会で会った関西の保育士さんは、「東北だから涼しさを期待してたのに」。たまたまタクシーで相乗りした、盛岡の保育士さんは「今年は異常…東北人は、ヘトヘトです。盛岡の保育園は、乳児クラスしかクーラーがないので、本当に大変です…」と。
 この暑さの中、全国から保育士、父母、研究者、関係者など、6191人も集まりました!
 私は今回、国が進めていこうとしている「子ども・子育て新システム」はどういうものなのか、保育の公的責任はどうなっていくのか、しっかり学びたいな、と考えて参加しました。また、後日報告します。

                      黒目川のアオサギです
b0190576_14302777.jpg

by hara-noriko | 2010-08-10 11:46 | 活動日誌 | Comments(0)

<< ふと考えたこと 高齢者の所在不明 >>