ふと思いかえしたこと   

 8月22~24日、共産党の全都地方議員研修会でした。都議、区市町村議員を中心に、285名が参加し、学びあいました。
 議員になってから出産したが保育園に入れず、赤ちゃん連れで議会へ行き、知り合いの人に別室でみてもらいながら、議会をのりきった、という1期目の議員。街頭演説をしていると、「うちでお茶飲みながらしゃべっていけ」と声がかかる島の議員。…それぞれがそれぞれの場所で、取り組んでいることにジーンときます。
 私も、11年の議員としての活動を、ふと思いかえしました。初めての議会で時間が延びて、途中で休憩をとってもらい、近所の方に電話して保育園に子ども達を迎えに行ってもらったこと。初めての農業委員会で「素人に出てきてもらっても困る」と言われてしまい、意を決して「素人ですが、消費者の一人としても、市民としても東久留米の農業が大事と思っているので、勉強しながら頑張ります。よろしくお願いします」と発言。何人もの方が、そっと「頑張って」と声をかけてくださったこと…など、たくさんの出会いとたくさんの支えがありました。
 市民の皆さんと共に考え、共に歩んでいく姿勢で、これからも努力していかなければ、とあらためて思いました。
 研修会の帰りに、八ツ場ダムの視察をしました。このことは、また後日、書きたいと思います。

                   オイカワをとったゴイサギ(黒目川)
b0190576_14452634.jpg

by hara-noriko | 2010-08-25 14:34 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 八ツ場ダムをたずねて 乱暴な幼保一元化ではなく >>