09年度の決算には反対しました   

 前回のブログから、少し時間が空いてしまい、すみません。
 6日に決算特別委員会が終わりました。9月議会から連続していたので、さすがに少し疲れた感じ…。でも、障がい児者による「いのちかがやけ作品展」や、自主保育グループかるがもの「障害のある子どもの放課後活動の役割を改めて考える」学習会、日本共産党都議団主催の「地域小売商業の再生とまちづくり」と題した学習会などに参加しながら、新たなエネルギーももらいました。また、報告していきたいと思います。
 さて、決算特別委員会ですが、昨年度の予算がどのように使われていったのか、チェックし、認定します。共産党としては認定に反対しました。
 そもそも私たちは、野崎前市長が提案した、2009年度(昨年度)予算には反対し、予算組み替え案を提案しています。その理由は、▽財政が厳しいといいながら、4本の都市計画道路を同時建設していくということ▽一方で75歳以上の高齢者の健診料を有料にしたまま(26市で有料なのは2市のみ)など、市民のくらしと福祉にしわ寄せがいっていること▽また、イオン誘致を推進する予算であること--などです。残念ながら、この予算の問題点は、引き継がれたままになっています。
 こうしたことから、共産党としては反対しました。決算特別委員会は、委員長(公明)を除く自民3、公明2、共産2、社会市民1、民主1で賛否をとりましたが、共産党以外は賛成しました。12月議会で、決算について最終的な討論を行い、全議員で採決することになっています。

                 クルミの木にとまったカワセミ(黒目川)
b0190576_2252252.jpg

by hara-noriko | 2010-10-08 22:05 | 市政報告 | Comments(0)

<< 東久留米市の財政を考える まちづくりを根本から学ぶ >>