わかくさ学園の運動会   

 10月17日は、市立わかくさ学園(就学前の障がい児の通園施設)の運動会でした。思わず、見入ってしまいます。子どもたちの障がいは様々ですが、意欲的に課題に取り組んでいきます。
 狭いところを腹這いでくぐっていくところで立ち止まり、どうしようかな…としばらく考え、挑戦していく子。平均台を何度も落ちながらも、渡りきっていく子…。そうした子どもたちの姿を、じっくり待ちながら見守る先生と父母。やらせるのでなく、自分でやりきる気持ちを大切にしていることが伝わってきます。
 乳幼児期から、適切な療育を、たくさんのお友達と育ちあいながら受けられることの大切さを、あらためて実感。そして、子どもたちが、安心して東久留米で過ごし、大人になっていけるように、障がい児者福祉の充実へ、力をあわせていきたいと思いました。

                     羽をつくろうコサギ(黒目川)
b0190576_15594765.jpg

by hara-noriko | 2010-10-18 13:18 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 「事業仕分け」傍聴記 東久留米市の財政を考える >>