赤旗まつりに参加して   

 第40回赤旗まつりが、6~7日で開かれ(東京都江東区の「夢の島公園」)、10万人を超す参加者で大きく成功しました。すがすがしい秋晴れのなか、とても楽しいまつりとなりました。
 東久留米からもたくさんの方が参加していて、会場で出会うこともたびたびでした。また、学生時代の友人や、子どものときにお世話になった方など、なつかしい方とも出会い、握手をかわしました。
 6日は、わが家の三女と会場に行き、両親と合流。そして、来年4月のいっせい地方選挙の候補者紹介に参加しました。私は、議員になる前、日本共産党千代田地区委員会で専従職員として働いていたのですが、そのとき、学生だった冨田君と牛尾君に会い、握手。今では2人とも、小さい子どものいる若いパパです。それぞれ頑張っていこうね、とエールの交換をしました。
 私も、初めて市議選に出たときは、子どもたちは4歳、2歳、0歳でした。そのときの赤旗まつりでは、三女に会場でミルクを飲ませたなあ、帰りはみんな眠くなっちゃって、夫と一緒におんぶにだっこだったなあ、とふと思い出しました。子どもたちや夫の支え、党支部・後援会・市議団はじめ、たくさんの人のサポートあっての議員生活だな・・・と改めて思います。本当に、ありがとうございます。
 7日は、東久留米から貸し切りバスで現地へ。初めて参加する80歳をこえるHさんをお誘いし、下は小学生から上は90歳を超える方までのみなさんで、楽しく参加しました。
 党北多摩北部地区委員会で、東久留米・清瀬・東村山・東大和・武蔵村山5市の候補者紹介と乾杯がありました。写真は、篠原さんが、「私はこんな風貌ですが、50代なんです。30代(村山さん)、40代(永田さん、原)、そして50代と力をあわせてがんばります」と挨拶したところで、どっと笑いがおきたところです。
 一緒に、4年間活動してきた糸魚川さんは、永田さんにバトンタッチすることになりました。糸魚川さんは、1期目の議員ですが、議会では最年長。気さくで飾らない人柄と、まっすぐな質問で、「いつも、弱い人の立場に立って質問していて、糸魚川さんの大ファンなんです」という職員の方も。また、市民の生活相談もたくさん寄せられています。糸魚川さんとも力をあわせ、共産党の議員団を3人から4人にふやし、命とくらしを守る市政の実現のため、力いっぱい頑張っていきたいと思います。
         党北多摩北部地区の候補者紹介で。(左から)しのはら重信さん、私、
         新人予定候補の村山順次郎さんと永田まさ子さん
b0190576_21583873.jpg

         衆議院東京1区候補者として奮闘した、冨田なおきさん(左)と、
         千代田区議選予定候補の牛尾こうじろうさん(右)
b0190576_2202982.jpg

by hara-noriko | 2010-11-08 21:44 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 来年度予算で市長に申し入れ 介護の苦労と老後の不安 >>