12月議会 指定管理者の指定をどう考えるか   

 11月17日は、12月議会(12月1日~21日)の議案説明でした。現時点で、市長から提出される議案は13本とのことです。その多数が、各施設の指定管理者の指定です。スポーツセンター、子どもセンターひばり、さいわい福祉センター、地域センター、地区センターが、指定管理者の運営期間5年目になることから、来年度以降について再選定します。それに加え、けやき児童館と滝山児童館を新たに指定管理者の運営とする、としています。
 市民に直接かかわる分野を、次々指定管理者に委ねていくことについてどう思うのか、市としての責任はどうあるべきか、市民サービスの質はどうなのか…など、原点にかえってしっかり議論したいと思います。
 また、12月議会の初日に、イオン誘致を前提にした、地域貢献施設検討委員会のまとめについて、馬場市長が行政報告をすることがわかりました。市長は、市長選の公約を逸脱し、イオン計画を進める立場に変わりました。そして、12月議会において、イオンの中に地域スペースを入れていくことについて報告をことなうことを通して、イオン誘致の具体的な一歩を進めることになったのです。私は、市長の姿勢を決して認めることはできません。イオン計画ストップのため、とりくみを強めたいと思います。
                                  伸びをするカルガモ(黒目川)
b0190576_19313985.jpg
《12月市議会の予定》
12月1日(水) 本会議(初日)
   3日(金) 本会議(2日)
   6日(月) 本会議(3日)
   7日(火) 本会議(4日)
    8日(水) 本会議(5日)
   10日(金) 常任委員会
   13日(月) 常任委員会
   14日(火) 予算特別委員会
   21日(火) 本会議(最終日)

            ハナミズキの実です(東久留米駅西口のロータリーで)
b0190576_19193548.jpg

by hara-noriko | 2010-11-19 15:43 | 市政報告 | Comments(0)

<< 来年度予算に対する日本共産党市... 来年度予算で市長に申し入れ >>