「マラソンスピーチ」に参加して   

 11月27日、「生きていきたい、この街で。マラソンスピーチ11・27」に参加しました。
 これは、社会福祉法人イリアンソスが主催し、新生活寮建設を進めるためのアピールです。市議会厚生委員全員にお手紙をいただき、私は趣旨に賛同する立場から参加して、スピーチしました。
 場所は、市役所前の東和銀行前。お天気にも恵まれ、障がい者の方々、家族の方々、職員の方々…たくさん参加し、明るくなごやかな楽しいアピールでした。
 家族の方々のスピーチには、やはり胸を打たれました。長年運動してきたお母さんがスピーチ台に立つと、それだけで声援も。あるお母さんは、スピーチの後、改めてこんなことを話してくださいました。「障害をもった我が子を前に、昔はこういうスピーチのときも泣いて話していた。でも、職員の人たちが、家族だけで背負わないで、障がい者福祉の問題は地域・社会全体で考えて行こう、といつも言ってくれたから、本当にすーっと楽になったんですよ」と。
 障害者が安心して住みつづけられるまちは、誰にとっても住みやすいまち。きょう、12月1日から議会です。そうした視点でとりくみたいと思います。

                    雑木林の紅葉(野火止2丁目)
b0190576_0251490.jpg

by hara-noriko | 2010-12-01 00:26 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 馬場市長の行政報告 問われるものは? 続 ケア東久留米を訪ねました >>