馬場市長の行政報告 問われるものは?   

 12月議会が始まり、1日に馬場市長の行政報告がありました。事業仕分けの結果について、児童館の市民懇談会報告書について、イオンの地域貢献施設検討会中間まとめについて、報告されました。
 報告に対する質疑は、野島議員(自民)、宮川議員、私(共産)、津田議員(公明)、篠原議員(共産)、沢田議員(公明)、池田議員、の順で行いました。
 私は、児童館とイオンについて、不明な点を質しました。そのなかで感じたことは…。
 (1)けやき、滝山児童館の民営化が突然6月から進められ、その後、市民懇談会が設置された。指定管理者の選定は10月15日におこなわれたが、懇談会の報告書は10月20日に決まっている…。つまり、今回の指定管理者選定に懇談会の報告は反映されていないことがはっきりしました。この事実をもとに、厚生委員会で議論します。
 (2)イオンについては、イオンとの協議を12月中にまとめたいと、市長自らが発言。本当に、イオン推進への具体的一歩をふみだそうとしているのです。地域住民の反対の声を無視しての暴挙、ゆるされません!
 今議会、あらゆる機会を逃さず、論戦していきたいと思います。馬場市長の公約、市民参加と市民合意、が問われています。

 日本共産党の一般質問(本会議での質問)は、7日午後の見込みです。
  《12月市議会の予定》
   12月1日(水) 本会議
   3日(金) 本会議
   6日(月) 本会議
   7日(火) 本会議
   8日(水) 本会議
   10日(金) 常任委員会
   13日(月) 常任委員会
   14日(火) 予算特別委員会
   21日(火) 本会議(最終日)

               朝日に輝く黒目川の川霧(幸橋から下流を望む)
b0190576_054637.jpg

by hara-noriko | 2010-12-03 00:56 | 市政報告 | Comments(0)

<< 12月議会 共産党市議団の質問予定 「マラソンスピーチ」に参加して >>