命にかかわる請願を採択   

 10日に市議会厚生委員会が開かれました。議案5件、請願13件の審査で、午後1時から7時過ぎまでかかりました。とても重要かつ切実な案件ばかり…。緊張して臨みました。
 よかったのは、「慢性疲労症候群についての意見書提出についての請願」「ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、および子宮けいがんワクチンへの公費助成を求める請願」、そして、昨年の6月議会以来継続審査になっていた「細菌性髄膜炎ワクチンの公費による定期接種化を早期に求める意見書提出に関する請願」が全会一致採択になったことです。命にかかわる問題が、市民のみなさんの運動によりきちんと通ったことは大きな成果です。
 しかし…、一方で、保育園の待機児解消、みなみ保育園の民営化の見直し、上の原保育園廃園の検証などを求める請願はことごとく不採択。馬場市長は、みなみ保育園の民営化については、前市長時代の計画どおり推進していく姿勢を明確にしました。
 市長は、次世代育成支援行動計画を尊重する、ということを言っていますが、計画作りの協議会では、民営化計画については市長の方針との整合性を確認したうえで、計画としていくことが確認されていたのです。(このとき、私も傍聴していました)
 ですから、市長は、市長選での公約、民営化計画については市民参加の保育園の在り方検討委員会で検証していく、という方向性を鮮明にすることはできたはずなのです。にもかかわらず、計画は市長として尊重しなければならないから、みなみ保育園は民営化せざるをえない、自分にはどうすることもできない、ととられるような発言をすることは、私にはどうしても納得することができません。私は、みなみ保育園を含め、市民参加の検討委員会できちんと議論することを改めて強く求めました。
 このほか、国保税、障がい者施設の問題など、大きな課題となっています。また、改めて報告します。7日の一般質問についても、細かくお知らせする予定です。
 
                       黒目川上空をゆくアオサギ
b0190576_13491251.jpg

by hara-noriko | 2010-12-11 13:35 | 市政報告 | Comments(0)

<< 予算特別委員会 保育園民営化・... 12月議会 共産党市議団の質問予定 >>