湧水保全フォーラム全国大会inひがしくるめ   

 12月17日は、「湧水保全フォーラム全国大会inひがしくるめ」でした。全国から、湧水保全にとりくむ方々も参加され、熱心に発表や交流が行われました。
 まとめの質疑応答では、現在東久留米が進めている、湧水・清流保全都市宣言のとりくみについて、貴重な意見がかわされました。改めて、なぜ宣言が必要なのか、その事を通じて何を守りたいのか、そしてその先にどういう展望をもつのか…。
 私は、環境を守るとりくみをされている方々の努力とともに、忘れてはならないのは、農家の方々の努力だと強く思います。農地の緑がなくては、湧水は守ってこられなかったでしょう。農業の果たしている役割は本当に大きい!
 環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加問題で、農業経営が脅かされていますが、みんなで力をあわせて押し返したいと強く思います。そんなことも考えながら、市民の手による素晴らしい宣言になるといいな…と思います。
 18日には市民イベントも企画され、実行委員会のみなさんの熱意に頭が下がります。ありがとうございました。
 (TPPについては、こちらをごらんください)

                           南沢湧水
b0190576_1331428.jpg

by hara-noriko | 2010-12-19 01:18 | 市政報告 | Comments(0)

<< 緊迫! イオン誘致問題 問われ... 予算特別委員会 保育園民営化・... >>