バス路線の拡充をもとめ 西武バスに要請(3)   

 バス路線の拡充を求めて西武バス本社に要請した報告の3回目です。
コミュニティバスとの住み分けも課題
 もうひとつ課題だと思ったのは、コミュニティバスとの住み分けです。
 西武バスとしては、当然ながら、今路線バスを走らせているところと、競合しないようにしてほしい、と。たしかに、住み分けは必要です。すべてをコミバスで、というのは無理な話。路線バスを走らせることができない細い道や不便地域にコミバスをいかに走らせるか…。場所によっては、コミバスで、路線バスの停留所に行けるようにする、という方法もあります。
 また、一言でコミバス、といっても、場所や用途によって工夫も必要です。先日、乳幼児健診などに行く時に、ドア・ツー・ドアで利用できるタクシータイプのものを自治体でやってくれないか、という声もありました。
市の対応は?
 こうした問題を整理して、調査・検討することが急がれます。ところが、昨日発表された来年度予算案ではコミバス関連は何も入っていませんでした。
 今回の要請項目について十分な前向きの回答は残念ながら得られませんでした。が、それこそコミバスとの連携で改善できるのでは、と感じました。3月議会でとりくんでいきます。
イオン問題が影落とす
 話し合いのなかで西武バス側は、イオンがもしできた場合の渋滞などについても心配していることがわかりました。ここでも、イオン問題が課題になっているんですね。やはり、南沢の細い道路しかないあの場所に、巨大ショッピングセンターを進出させるのは、無理な話だと思います。

バス路線の拡充をもとめ 西武バスに要請(1)
バス路線の拡充をもとめ 西武バスに要請(2)

日本共産党 国政市政報告会のお知らせ
 日本共産党は、東久留米市で国政と市政の報告会を開催します。雇用・介護・子育て支援など、命と暮らしをまもる政治の実現をめざして、日本共産党の考えや政治の展望をお話しさせていただきます。ぜひご参加ください。参加は無料です。
 日時:2月11日(休日) 午後1時半開場
 場所:生涯学習センターホール(旧中央公民館)
 弁士:小池晃(日本共産党政策委員長)
     しのはら重信(市議)
     原のり子(市議)
     糸魚川知子(市議)
     永田まさ子(市議予定候補)
     村山順次郎(市議予定候補)

                          ヒヨドリ(落合川)
b0190576_1939474.jpg

by hara-noriko | 2011-02-09 19:40 | 活動日誌 | Comments(0)

<< 国政市政報告会 バス路線の拡充をもとめ 西武バ... >>