小学校給食の調理委託は約束違反ではないか   

3月議会一般質問から(3)

 市議会本会議でおこなった一般質問(3月7日)の詳報3回目です。小学校給食の調理委託について、市長は「市民参加で見直す」と表明してきました。市民との約束違反を問いました。
 
市民参加による検討がおこなわれたのか?
 市長は、小学校給食調理の民間委託について、市民参加で再検討する、と市民に約束しています。野崎前市長が退任直前に、委託業者を決定した7小については、1年かけて検証をすること、それ以降の計画については市民参加で再検討することを私たちも強く求めてきました。
 今回の予算案には、来年度1小・9小、再来年度小山小の民間委託がもりこまれていますが、市民参加での再検討はいつ、どこで行なわれたのですか?
 また、先日示された、行財政改革アクションプランでは、小学校給食調理業務への外部委託導入について、平成24年度(2012年度)と25年度(2013年度)に次期計画を検討すると示されています。これまでの計画にとどまらず、新たな検討をすすめるというのは、市民との約束違反ではないですか? 説明してください。

【答弁と感想】
 市長は、「7小について、様々な検証を行なったと聞いている。私も試食した。十分大丈夫だと報告も受けているので、1小・9小・小山小の民間委託を予算計上した」「もともと学校給食民間委託の教育委員会のプランで、給食調理員の退職者の推移を勘案しながら導入進める、となっているので、平成24・25年度で小山小以降の計画について検討する」と。
市民参加の検討はおこなわれていなかった
 要するに、市民参加での再検討は行なわれていないのです。しかも、給食調理員の人数が不足していくことを強調していますが、来年度2校も民間委託をしなければならない状況ではないのです。私は、予算特別委員会に職員数の今後の推移(見込み)を提出するように求めました。
 このあと、予算特別委員会において、9小の民間委託先にきまっていた業者が、他の自治体で食中毒を出し、業務停止処分になったことが判明したため、急きょ契約を解除したことが報告されました。正規調理員の人数も足りており、当面直営で給食を継続し、その間に今後どうしていくのか、市民とともに検討すべきだと求めました。…しかし、結局、7小の委託業者が9小も受託することになりました。

3月議会一般質問から(1) イオン誘致推進に市民合意があるのか
3月議会一般質問から(2) 「保育園民営化」 結論先にありきではないのか
3月議会一般質問から(4) 旧保健福祉センターの跡利用 市民の声を聞いたのか
3月議会一般質問から(5) 市民生活を直撃する国保税の引き上げ
3月議会一般質問から(6) 障がい者福祉は削減でなく充実を

                          満開の桜
b0190576_21472154.jpg

by hara-noriko | 2011-04-10 21:48 | 市政報告 | Comments(0)

<< 旧保健福祉センターの跡利用 市... 「保育園民営化」 結論先にあり... >>