6月議会 日本共産党の反対討論(3)   

 6月議会で日本共産党を代表して私がおこなった反対討論の3回目(最終回)です。

日本共産党市議団の立ち位置
 最後に、共産党市議団としての立ち位置について述べます。共産党市議団としては、市長の公約中の公約であったイオン誘致問題で、市長が推進の立場に転じ、再三にわたり公約に立ち戻るように求めましたが、市長は推進の態度を変えませんでした。そのため、今後は、是々非々を貫くことを3月議会において表明しました。
「市民参加による検証」を市長が反故にすることは認められない
 共産党としては、保育園の民営化問題に象徴されるように、市長とは考えを異にしています。しかし、この問題で何より大事なのは、市長が市民との間で、市民参加で再検証する、と約束したことを守るのか、破るのか、なのです。民営化の是非以前の市民とともに話し合い、計画を再検証していくということをきちんとやるのかどうか、ということなのです。私たちは、そこを問うているのであり、そのあたりまえの入り口の問題を反故にしてしまうことは認められません。
市長は公約に立ち戻るべきです
 今議会で方向転換しようとしている保育園について、もう一度、自らの公約に立ち戻る判断をすべきであることを強く指摘するものです。以上の意見を述べて、予算にたいする反対討論といたします。(おわり)

【関連記事】
一般質問終わる 東日本大震災が市政に問うもの
6月議会一般質問から(1) 障害者福祉の前進へ
6月議会一般質問から(2) 高齢者福祉について
6月議会一般質問から(3) 検証なしの保育園の民営化
6月議会一般質問から(4) まちづくり(上)
6月議会一般質問から(5) まちづくり(下)
予算特別委員会で予算案否決
6月議会 日本共産党の反対討論(1)
6月議会 日本共産党の反対討論(2
6月議会 日本共産党の反対討論(3)(このページ)

                          ネムの花(黒目川遊歩道)
b0190576_15335827.jpg

by hara-noriko | 2011-07-06 15:34 | 市政報告 | Comments(0)

<< 6月議会一般質問から(3) 検... 6月議会 日本共産党の反対討論(2) >>